このお正月に、友人夫婦と私達夫婦で温泉へ行きました。



宿泊費を安くする為に、4人で1部屋を取りました。






私は34歳で、妻は32歳。



友人は42歳で、その奥さん(えみこ)は35歳です。



前々から、えみちゃんとは話が合い、時々下ネタで盛り上がったりもしました。






初日の夜、友人は酔ってさっさと寝てしまい、妻は露天風呂に入りに行ってしまいました。



えみちゃんと他愛もない話をしているうちに、またもや下ネタになり、最近友人とエッチしてるのか聞いたところ、「全然してないよ。最後にやったのはいつだか思い出せない」と言ってきた。






私「じゃあ、体が寂しがっているんじゃない?」






えみこ「でも、相手にしてもらえる年じゃないじゃない」






そう言ってえみちゃんは笑った。






私「そうかな~、えみちゃんは子供も産んでいないし、年より若く見られるでしょ~」






えみこ「確かに、子供は出来ない体質だけど、そんなに若くは見られないよ~」






二人とも酔っていたので、私は勢いに任せてえみちゃんの浴衣の胸元へとを入れて、「おっぱいだって結構張りがあるじゃん」と言った。



えみちゃんはびっくりして身をよけたが、それがなおさら浴衣を肌蹴させてしまった。






えみこ「やだ~、急に・・・ビックリするじゃないの」






私「あっ、ごめんね。さっきから胸元が気になってしょうがなかったんだ」






えみこ「やっぱり~、なんだかいやらしい視線を感じてたんだ」






相変わらず笑顔のままだ。



肌蹴た浴衣の隙間からEカップ(後に聞いた)の乳房が見えていた。



その乳房の上にちょこんと乗った乳首は綺麗なピンク色をしていて硬く勃起していた。






私「えみちゃんって、巨乳なんだね」






えみこ「そうだよ。知らなかったの?」






私「知っていたら、もっと早く触っていたよ」






えみこ「そんなこと言って誘っちゃダメだよ」






私「誘いたいのは山々だけど・・・」






えみこ「そうだよね、ココじゃ出来ないものね」






相変わらず笑顔。



その時、女房が風呂から戻ってきた。






女房「誰もいなくて貸切だったよ」






私「じゃ、俺も入ってこようかな」






女房「えみちゃんも入ってくれば?」






えみこ「そうだね、入ってくる」






そうして私とえみちゃんは、一緒に風呂へ向かった。



女房は当然、男女それぞれの風呂に行くと思っていたのだろうが、私達が向かったのは家族風呂。



そうです、貸切タイプの風呂でした。



何も話さぬままに私が家族風呂に入っていくと、「私も」と言ってえみこも家族風呂へ入ってきた。






私「えっ、いいの?」






えみこ「うん、オッパイ触られてなんだか変な気分なのよ。しっかり鍵を掛けなきゃね」






初めて見るえみちゃんの身体は想像をはるかに越えた素晴らしいものだった。






私「こんなにいい体してるのに、あいつは手を出さないの?」






えみこ「釣った魚にはエサをやらないんだって」






私「じゃ、俺がエサをやっちゃうよ」






そう言ってえみちゃんの巨乳に貪りついた。






えみこ「ダメよ。ちゃんと洗わせて」






私「じゃ、俺見てるよ」






えみこ「恥ずかしいな~」






オマンコを丁寧に洗っていたえみちゃんが、「あなたのも洗ってあげるよ」と言うので遠慮なく横に立った。






えみこ「すごく元気だね」






石鹸で洗ってくれるのかと思いきや、えみちゃんはパクッと咥えてしまった。



そしてピチャピチャと音を立てながら、「久しぶり、おちんちんを舐めるの・・・」と息を荒げだした。






私「気持ちいいよ。口だけでイッちゃいそうだよ」






えみこ「いいのよ、イッても」






私「でも、勿体無い・・・」






えみこ「大丈夫、時間はたっぷりあるんだから」






情けなくも、そのままえみちゃんの口の中に出してしまった。



えみちゃんは私の射精が終わるのを待って、亀頭に舌を絡ませて綺麗にして半口を開きながら、「いっぱい出たね」とすべてを飲み干した。



二人で湯船に浸かってじゃれ合っているうちにペニスが復活してきた。






えみこ「元気が出てきたね」






私「今度は、えみちゃんのオマンコに入れたいな~」






えみこ「早く、私も欲しいの・・・」






まずは壁に手をつかせバックから挿入。






えみこ「あ~・・・大きい・・・、久しぶりよ・・・いっぱい突いて・・・」






えみちゃんの中はとても締まっていて、深さも浅く、すぐに子宮口に先が届いた。






えみこ「あ~、そこいいの・・・もっと・・・深く・・・突いて・・・」






私「そんなに突いたら、子宮に入っちゃうよ」






えみこ「いいの、気持ちいいの・・・もっと・・・」






私は試しにペニスを根元まで挿入してみた。



すると今まで味わった事の無い刺激が亀頭を包んだ。






えみこ「イヤ~~~すごい~~」






えみちゃんは気絶するのではないかと思うくらいの絶叫を上げた。






えみこ「入ってる・・・子宮の中に入ってる・・・、ウソみたい・・・こんなの初めて・・・苦しいよ~」






私も亀頭がすっぽり包まれて、本当に子宮の中に入っている感じがした。



大きくグラインドをすると抜けてしまいそうなので小刻みに挿入を繰り返した。






えみこ「熱い・・・あなたのペニス・・・熱いよ~」






私もペニスの先に熱さを感じていた。






えみこ「イクっ・・・イッちゃうよ~・・・あっ・・・ダメ・・・イク~」






えみちゃんは達してしまった。



その途端に亀頭を締め付ける力が強くなり、私のペニスは千切られる気がして・・・。






私「ダメだよ、俺もイッちゃうよ・・・」






えみこ「来て・・・来て来て・・・出して・・・」






私「このままイッちゃうよ」






えみこ「出して・・・このまま中で出して・・・」






私「うっ・・・イク・・・」






私は気が遠くなるほどの射精を繰り返した。






えみこ「熱い!・・・熱いのが入って来る~~~」






えみちゃんも2度目の絶頂を感じたらしい。



しばらく後ろからえみちゃんを抱いたまま息を整えた。



私のペニスが萎み、オマンコから締め出された。



しかし、あんなに大量に出したはずの精液は一向に出てくる気配がない。






「本当に子宮の中に出しちゃったみたいだよ」と言うと、「これなら妊娠できるかな?」とえみちゃんは笑っていた。






私もだが、えみちゃんにとっても相当気持ちいいセックスが出来たらしく、今日もさっきまでラブホテルで楽しんでました。