つい、最近の出来事。



年末の家の大掃除も終わりかけに、1人の来訪者が来た。



嫁が以前勤めていた会社の後輩だった。



名前は『美香』といい、嫁より10歳も年下の25歳。



見た目は痩せていてギャルっぽい感じ。



お世辞にも顔は綺麗とは言えず・・・残念ながら不細工寄り。



だがいつもミニスカを穿いていて、パンチラサービス満点。






来訪時もミニスカだった。



リビングで5歳になる子供と遊んでくれてた。



四つん這いになって馬の格好になると、パンツ丸見え状態だった。



薄い青に水玉模様のパンティだ。



思わず携帯電話のカメラで「子どもをー」と言いつつ、パンティを撮りまくった。






時間は夜の21時を回っていたが、美香はド天然な性格かなかなか帰ろうとせず、嫁は風呂に入った。



子どもははしゃぎ、スカート捲りを始めた。



思わず俺も何気に参加したが、嫌がる事もなく美香はクスクス笑っていた。



スラっとした綺麗な太ももに手が当たっても、ただ笑うだけ。



少しエスカレートし、俺がパンティの上からお尻を触っても美香は、「あん、誰だ?もぉ~っ!」と警戒心ゼロ。






しばらくして風呂からを呼ぶ声がして、子供は風呂へ行った。



リビングは美香と2人きりになった。






美香「楽しかった~、子供って可愛いね」






俺「早く彼氏見つけなよ」






美香「あたしの王子様はどこにいるのかな?」






そう言って美香は立ち上がったが、スカートは捲れたままでパンティ丸見え状態。



しかも本人は気付いてない。



俺の中で制御不能の信号が入った。



ズボンの中は高圧になった。



スカートを直す素振りを見せて、パンティの前からマン筋をなぞった。






美香「こらこら、どこ触りよるん?」






小さい声で俺に言った。






俺「さっきから丸見え状態でたまらんよ」






太ももを擦ったり、お尻を掴んだりした。






美香「あん、ダメっちゃ・・・はん、うん」






パンティにシミが付いている。



少し汗ばむ太もも。



美香は力が抜けたのか、しゃがんでしまった。



パンティの隙間から中指を入れると、湿っぽい。



少し指を折るとヌルヌルとねっとりしていた。



左手でおっぱいを触ると、声を★すように俺の耳元で・・・。






「もぉダメなのに・・・◯◯さんおるやろ?」






吐息掛かった声で嫁の名前を言ってきた。



しかし左手は服を下から持ち上げ、ピンクのブラジャーを下へずらした。



Bカップだろうか、コリコリになった小さい乳首をペロペロ吸う。






(ヤバい・・・)






嫁たちが風呂から上がる時間を高速計算し、ズボンを脱いだ。






俺「ちょっと舐めてよ」






美香は無言で大きくなったアレを口に含んだ。



上手くはないが、口の中は温かくて気持ちいい。



時間も押してるので10秒くらいだろうか、美香のパンティを脱がしてソファに寝かせた。



美香の脚を広げてクンニをする。



少しオシッコの味がするも、すぐに無味無臭になり、クリも丁寧に舐める。






いよいよ連結した。



美香には「ゴム付けて」と言われたが、「ないよ、次は用意するけん」と言い、ぬかるみに入って行った。



締まりはまぁまぁで気持ちいい。



俺も声が出ていた。



時計を見るとヤバい・・・。



早よイカなと高速ピストンし、俺はゴムを付けていると勘違いして、美香の中に大量に出した。



ガクガクと腰と膝が揺れた。






久しぶりのセックスだった。



美香にパンティを穿かせて服を整え、テレビのリモコンを持ったと同時に子供が風呂からあがってきた。



滑り込みセーフだった。






あれから美香と時々デートしたりエッチしたりしたが、美香に彼氏が出来た事をきっかけに会う事をやめました。