転職した会社で女ボスがいる部署に配属された。



彼女は四十路の熟女で、上司や相手の年齢関係なく平気で怒鳴りちらす怖いおばさんOL。



身長160cmぐらい、胸はEカップぐらいで色白、芸能人で言うと山瀬まみぽい感じ。






このお局OLとも次第に話すようになり、仕事中に子供の話を聞いてあげてるとニコニコしてるのだが、仕事の段取りが悪いと超怒られる。



まじで超怖いんだけど、なぜかこのおばさんに惹かれてしまった。



どうにかしてエッチできねーかなーって。



元々熟女フェチってのはあったんだけど、こういう怖いおばさんが枕元でどんな表情や喘ぎ声あげるのが気になってしょうがない。



想像するだけで勃起するレベルに興奮してしまうんだよ。






そしてある日、俺の隣に車を停めてた熟女OLと仕事帰りが一緒になり、車に乗り込もうとする熟女に声をかけた。



断られ、怒られるかと思ったらあっさりとOKが出て、近くの喫茶店で色々と話すが話題は仕事の事ばかり。



この熟女OLの会社に対する不満を散々聞かされウンザリしてたので気分転換にドライブへ誘ったが、「帰って家族の晩御飯を作らなきゃ」と断られた。



食べたケーキ代を割り勘にしようとする熟女OLにドライブの約束をして、その日は帰った。






それから2週間後の土曜日、仕事中にドライブに誘うと、「少しなら」とOKをもらう。



元々土曜日は休日出勤のため仕事は昼過ぎに終わる。



駐車場で相談して近くの病院の駐車場で待ち合わせ。



俺の愛車は軽四、熟女は普通車のワゴン。



結局ドライブに誘ったのに熟女OLの車でドライブ。






運転してる熟女の横顔とシートベルトで締め付けられ飛び出ている両バストを助手席から見ながら、話題はやっぱり会社のことが多く、熟の愚痴をボーッと聞きながらバストを眺めてると、「どこ見てるの?」と指摘され、慌てて話を切り出すがとっさに質問した内容は下ネタ。



怒られるかと思ったが照れながらも答えてくれた熟女が意外にも可愛く見えた。



海岸にある公園の駐車場に車を停めると熟女は、「疲れた~!」と携帯を取り出し、「パパ、今日は残業だから後はお願いね」とだけ言って電話を切った。






「ちょっと休もうか?」






その言葉にドキッとしたが、熟女は外に出て背伸びしながら、「車の運転ってあまり好きじゃないんだよね~、コーヒー飲む?」と。



熟女について行き缶コーヒーを買ってもらい、一緒に車の後部座席へ乗り込む。






「ねぇねぇ、なんで私を誘ったりしたの?」






改めて聞かれて、急いで答えを探しした。



素直に「気になったから」と真剣に言ったつもりだったが、熟女には笑われてしまった。






「私って怖いでしょう?」






核心を突かれたが、ひるまず熟女の太ももに手を置いた。



すると熟女は急に黙ってしまい、手を払い除けることもしないので手をスカートの中に入れた。






指がアソコに到達する直前、熟女の唇を奪った。



舌を入れると口を開けて俺の舌を受け入れてくれた。



同時に下着の中に指を入れようとしたら・・・。






「ダメッ、奥さんに怒られる」






そんな言葉は無視して下着の中に指を入れ、柔らかな陰毛の感触を楽しみながら脚を開かせた。



下着を脱がそうとした時、熟女は腰を浮かしてくれた。



指で愛撫してるうちに車内にはクチャって音がして、熟女も「はーっん」って感じてくれた。



そしてフル勃起したモノを熟女から手を伸ばし握ってくれた。






熟女の顔が股間に近付くときに、「旦那さんにしてるみたいに舐めて」と言った。



熟女は俺の顔を見ると「バカッ」とだけ言って咥えた。



今までに体験したことのないような舌の動きにイキそうになり、慌てて熟女を押し倒し、生で挿入のカーセックス。






「旦那さんのより大っきい?」



「旦那さんのより太い?」



「旦那さんのより感じる?」






前から熟女に言ってみたかったことを全て言って答えさせると、いつも怖いおばさんがエッチの最中だけは可愛かったww



そのギャップに俺は超萌えてしまい、ヤバいなぁ~と思いつつも射精。



その後も舌を絡ませ合いベロチューしまくり。



いつもは鬼のように怖い年上のOLに、俺は本気で惹かれてしまっていた。






この情事の後、何度もデートに誘ってみたけど、「ダメ、あんたも私も既婚者なんだからもうちょっとしっかりしなさい!」とピシっと怒られて一度きりの関係になってしまった。






怖い熟女も良いものです。