その日、私はクラスの子と一緒に夏休みの計画を相談をすることになっていて、一度家に帰ってから同じ団地に住むTちゃんの家に行くことになっていた。



学校からの帰り道、急に大粒の雨が降り出して、慌てて走って帰ったんだけど家に着く頃にはびしょ濡れ。



午後3時頃に家に着いたんだけど、階段を上がるときに30代くらいの男の人とすれ違った。



シャツが張り付いて下着が透けてるのが恥ずかしかったから足早に階段を上がると、その男の人は下から私を見上げてた。









家に着いて私服に着替えようとする間もなくチャイムが鳴った。



けれど格好が格好なだけに無視して部屋に行こうとしていたら玄関が開く音がした。



仕方なく見に行くと、さっき階段ですれ違った男の人が立っていて・・・。






「訪問の約束をしている◯◯工務店ですけど、家の間取りを見せてもらうことになっています」






うちは母子家庭で、その日、母は弟の三者面談に出かけていた。






「今、私しかいませんので・・・」






そう言ってしまったのが、すべての間違いだった。



男の人は、「少し中を見るだけですから」と言い、靴を脱いで家の中に入ってきた。






(この人、なんだろう・・・?)






もう一度、声を掛けようとしたら、「あ、君は自分の部屋で待っていていいよ」と言われて、追い返すのも失礼な気がしたし、とりあえず着替えたかったから、言われた通り自分の部屋に入った。



まだ携帯電話もない時代だったから、母に連絡して聞くこともできない。



びしょ濡れの靴下を脱いで髪を拭いて、1分くらい経ったとき。



私の部屋も調べるからと、男の人が私の部屋に入ってきた。



男の人は髪を拭いている私を見るなり一直線に近づいてきて、急に胸のポケットから細いナイフを出すと・・・。






「静かにしろ、声を出したら★すぞ」






そう言って、私の喉にナイフを当ててきた。



大声を出して助けてもらいたかったけれど、本当に刺されてしまうと思って声を出せずにじっとしてた。



それからのことは、私の人生で最悪の時間だった。






男の人は私のベッドに私を座らせ、「そんな格好されたら我慢できないよ」と舐めるように私をしばらく見てから服を脱がせ始めた。



私はその間、震える体を抑えながら、(どうしてこんな事になったのだろう?)と思っていた。






上は下着まで全部脱がされてしまい、スカートだけにされてしまった。



そして胸を揉まれたり吸われたりしたけど怖くて動けなかった。



さらにスカートを捲られて、脚に顔を挟むようにして太ももを舐め回された。



さすがにパンツを下ろされるとき、本当に嫌だったから手で押さえたら、「てめえ、ほんとに★されてえのか!」と怒鳴られ、無理やり手をどかされた。






それから男の人はズボンを脱いでパンツも脱いで、下半身裸になった。



そして急いで私の脚を開かせると、ナイフを私の顔に押し付けて、「大声を上げたら★す」と言って、私のあそこに男の人のモノを当ててきた。



男の人が押してくるんだけどなかなか入らなくて、男の人は何回もやり直してたけれど、全然入らなかった。



今考えると、あんな状態だったから男の人を受け入れる準備ができてなかったんだと思う。






「お前、処女か?」






恥ずかしくて黙っていたらビンタされた。






「セックスしたことあんのか聞いてんだ」






「・・・ありません」






そう答えると、「そうかそうか」と、さらにグイグイ押してきた。



でもやっぱり入らなくて、男の人は持っていたナイフを私の手の届かないところへ置いて、両手を私の腰に回した。






「脚、閉じるなよ」






頷くと腰を両手でしっかりと押さえられて、渾身の力で無理やり腰を突き出された。



メリメリッという感じの凄まじい痛みがあの部分を襲った。



どういう声をあげたのかは思い出せないんだけど、とにかくうめき声を出してしまった。






「デカい声を出すな」






男の人は再び私の頬にビンタをした。



普通にしていると痛くて声が出てしまうので、唇を噛んで我慢した。



それからは、とにかくものすごい痛みに耐え続けることで精一杯。



何度も出したり入れたりされて、その度に痛みで声を出さないように唇を噛んでた。



だんだん速く動くようになってきて、地獄のような痛みに耐えていると・・・。






「俺、処女の子とやったの初めてだよ。こんなに気持ちいいって知らなかった」






そんなことをぶつぶつ言いながら私にビンタして、体全体をものすごくビクビクさせて、ようやく動かなくなった。



しばらく経って、やっと私から離れてくれた。



私は激痛から解放されて放心状態だった。



男の人は部屋を歩き回り、机の引き出しを開けたりして何かしていたと思うんだけど、気がついたら再び私にのしかかってきた。



出血もひどかったし、「痛くて★んじゃう!本当にやめて!」と必★で逃げたけれど、仰向けに押し倒されて、「脚開け」と何度もビンタされた。



仕方なく脚を開くと私の中に入ってきた。






「痛い?俺は最高に気持ちいいよ」






薄ら笑いを浮かべて男が言う。



2度目はさっきよりも痛くて、傷口に唐辛子でも塗って擦られているような激痛だった。






「お願い、もう許して!」






当然、聞き入れてもらえない。



私は必★に痛みに耐えようと頑張ったけど、男はそんなことはお構いなし。



容赦なく腰を動かされて、私は無意識に脚を閉じてしまう。



その度にビンタされて脚を開かされるんだけれど、痛みに耐えかねた私が抵抗すると、男の人は自分の脱いだズボンからベルトを抜き取り、私の両手首をベッドの柱に縛り付けた。



抵抗できなくなった私は、もう相手のなすがまま。



好き勝手に動かれて、泣きながら「まだ・・・するの?」って聞いたら、「★ぬよりはいいだろ?」とまたナイフで脅された。



私は恐怖のあまり、「ごめんなさい、好きなだけ・・・していいから刺さないで!」と言ってしまった。






「お前、可愛いな、もっとしてあげるからね」



「あ~、生のこの感触がたまらない」






また何度も何度も出したり入れたりされた。



男の人は私を痛がらせるのが好きみたいで、私が我慢できずにうめいたり、「痛い」って言うのを待っているみたいだった。



だからなのか、声を出さないで耐えていると、その度にビンタされた。



そうやって男の人はさんざん私を嬲ると・・・。






「処女ってたまんねえ。中に出してやるから顔を見せろ」






私の顔をまっすぐに向かせ、もう涙でボロボロの私の顔を見ながら、私の中でビクビクして射精した。



最後、泣いている私にもう一度キスして離れると、急いでズボンを穿いて部屋から出ていった。



私は、まだあの部分に何か挟まっているような違和感があって、全然動くことができなかった。



スカートとシーツには一面に血が付いていて、どうしようもなかった。