オレの部下には可愛くてからかいやすい女がいる。



まだ入社2年目で仕事の覚えも悪いのだが、愛嬌でカバーしているというのが本音だろう。



上司のオレとしては仕事も教えていきながら、彼女で楽しんでいる部分もある。



カオリと言うその子は22歳で短大卒。



可愛い顔をしているのにちょっと天然なところもあって、もしかしたらまだ誰とも付き合ったことがないのかもしれない。






「処女」という噂もある。






まあそこまでは確かめる気もないが、カオリをからかっていたら、偶然にもそれを確かめてしまう機会が訪れてしまった。






いつものようにカオリを弄っていた時のこと、たまたまオレ達はデスクで2人しかいなかったので、かなり気を抜いて残業をしていた。






「カオリ、あの書類はもう送った?」






「あ、それは明日送ろうと・・・」






「えー、明日だと先方の都合が悪いから、だから今日がいいよって部長が言っていたんだよー」






こんなことが日常茶飯事なのである。



そしてオレがそこから弄り始めるというパターンだ。






「ごめんなさい、先輩!今送ってきました!」






「そか、良かった。もーカオリはネジが2本は抜けてるからなー」






「すみません・・・またあたしやっちゃった・・・」






「まーいつも通り笑顔でさ、カオリはうちのアイドルと言っても良いくらいに可愛いからね」






そんな感じで途中からおだてに入るオレ。



いつもならこの辺でカオリが、「またまたー!」みたいな感じで終わる。



しかし、その日はちょっと違った。



オレがカオリを褒め倒すと、カオリはおだてに乗ってしまいすぎたのか、話を続けてくる。






「もう・・・先輩、そんなにあたしを褒めて、何が狙いですかー?」






「そうだなー、カオリの体かな(笑)」






「やだー、先輩エッチなこと言って・・・あたしの体に魅力なんてないですよ・・・」






「あるよ、オレいつもカオリの体を想像してるし、っていうか今すぐ触りたい」






そんな冗談も言い合えるくらいの仲なのだ。



そこでオレは実際にカオリの胸を軽く触る。






「あん・・・先輩・・・!そういうことはもっと深い関係になってからですよ!」






いつもならこの辺でオレはこのトークパターンを終わらせる。



しかしオレも調子に乗ってカオリの言葉に乗ってみた。






「じゃあ深い関係になろうか」






そして勢いでオレはカオリにキスをした。



抱き締めながらカオリの口に舌を入れて絡ませた。






「ア、アァぁん・・・先輩・・・ほんとにそんなこと・・・」






「これならいいだろ、カオリのおっぱいは本当にキレイだもんな」






オレは堂々とカオリの胸を揉む。



ふとカオリが悩ましい顔をしたのをオレは見逃さなかった。



その表情は官能的でいやらしい。



こんな顔もするのかと思いながらムスコがどんどん勃起していく。






「先輩・・・そんなことしたら・・・あたし変になります・・・あん・・・」






「カオリがセクシーだから、ついしたくなるんだよ」






「え・・・ほんとですか・・・?」






「ほんとだよ。ほら、オレのがこんなになっちゃってさ。カオリ舐めてよ」






「あん・・・先輩があたしの体でこんなに・・・」






オレはカオリの手を取って自分の股間に当てる。



そこには勃起しているオレの肉棒があった。






「カオリがこうしたんだから、ほら、フェラして」






オレが椅子に座ってパンツを脱ぐと、カオリはムスコを両手でそっと握った。






「先輩・・・硬いです・・・」






「カオリに早くフェラしてもらいたいからカチカチだよ」






その言葉に乗せられて、カオリはオレのムスコをしゃぶり始めた。



チュポチュポっと優しい音を立てながらカオリはムスコを優しく舐める。



口いっぱいに肉棒を含んだかと思ったら、口内で舌をムスコに絡ませるというテクニシャンなこともしてきた。






「カオリ、すごい気持ちいいよ」






「う、嬉しい・・・先輩のおチンチンを気持ちよくさせることができるなんて・・・」






カオリはどんどん調子に乗ってフェラを大胆にしていった。



それはオレにとっては昇天に近づくことであり、もう我慢汁が止まらない。






「カオリ、オレ、イキそうだわ」






「うん、いいですよ・・・いっぱい出してください・・・」






カオリはオレのムスコをしっかりと咥えると、昇天したオレの精子を口内で受け止めた。






「先輩・・・こんなにたくさん出たんですね・・・すごい・・・」






「カオリが上手いからだよ、オレもカオリのマンコが見たい」






「え、それは恥ずかしいです・・・」






「どうしてもカオリの体が見たいんだよ」






オレはカオリの服を脱がし、パンティーも脱がせて全裸にした。



そして机に座らせて足を広げる。






「カオリのマンコ・・・綺麗だよ」






「ヤダ・・・先輩・・・そんなに見ないでください・・・恥ずかしい・・・」






顔を赤くしてオレの顔を見れないカオリ。



そのマンコをオレはそっと舐める。






「アァっぁん・・・セ、先輩・・・あハァァん・・・」






カオリの体が落ち着かない。



自分のしていることが今までにないくらいエロいことだと感じているのだろう。



オレはそんな可愛いカオリのクリトリスを音を立ててクンニした。






「キャぁぁん・・・!ア、アァぁん・・・!ダメェぇ・・・あんん・・・」






カオリの体が反応してしまう。



マン汁が流れ出してデスクに垂れていった。






「カオリのクリトリス、オレ好みだ」






「やぁぁんア、アッぁ・・・セ、先輩・・・!!」






「オレにクンニされるためにあるような可愛いクリトリスだ」






オレはカオリの下半身をロックして、マンコに吸いつきながらクンニを続ける。



カオリの体は悶えまくってしまい、思わず机から落ちてしまいそうだった。



そんなカオリをオレは机から下して、自分の股間の上に跨がらせる。



そして勃起しているムスコをそのままマンコに挿入して前座位のスタイルとなった。






「ひゃぁぁ・・・ハァァァん・・・き、気持ちいい・・・!」






カオリはオレのムスコがマンコに入っていくと、これ以上ないくらい艶のあるエロい表情になった。



そして無意識なのだろう、自ら腰を振って絶頂に向かっている。






「先輩・・・!おチンチンが・・・気持ちいいです・・・!!あぁぁぁ・・・んん・・・!」






カオリのマンコは今にもマックスの熱を発しようとしている。



オレのムスコがカオリのマンコの締まりを感じた。






「ああぁっぁん・・・!も、もうあたし・・・あ、アッぁ・・・イッちゃう・・・!!」






カオリは見事に絶頂に達して、そして同時に処女ではないことをオレに証明した。