先週の金曜に夜釣りをしました。



友達と2人で広島の某大橋の下で釣りをしました。



そこは車を側に止めて釣りができるので、週末になるとシーバス狙いでルアーをする人が多いのですが、あいにくこの日は風も強く寒かったので釣り人がほとんどいませんでしたが、中年の夫婦がアナゴ&アジ釣りをしていました。



俺達も隣で適当に始めました。



俺もアナゴが結構釣れて、旦那さんに話し掛けて、アナゴが釣れると旦那さんにあげていました。






2時間ぐらいして当たりがなくなり、連れは車の中で寝てしまいました。



中年夫婦の旦那さんも車で寝てしまいました。



結局、俺と奥さん2人で明りのある場所に移動して釣り始めました。



明るい場所に移動して分かったのですが、奥さんは美人でした。



何歳なのか気になって聞いてみると43歳で、名前はゆみこさんという事が分かりました。



俺はもともと人妻や熟女好きだったし、ゆみこさんは色白の巨乳&巨尻で俺好みの熟女でした。



ゆみこさんに俺の年を聞かれ、19歳だと言うとビックリしていました。



25歳前後に見えたようです。



背が180cmあるせいか、普段からよくそう言われます。






俺は、ゆみこさんの息子さんよりも若かったようで、ましてや19歳と話す機会も普段なかったようで色々聞かれました。



俺が人妻や熟女好きだと言うと、「おばさんに気を遣わなくていいから」と言われましたが、本当の事だと言うと・・・。






ゆみこ「じゃあ、私は・・・どうかしら?」






俺「OKですよ!ゆみこさん俺好みだから」(←即答)






ゆみこ「でも43歳よ、おばさんよ・・・」






俺「全然大丈夫ですよ。もっと上の人としたことあるし、今でもたまに友達のおばさんや近所の奥さんとね・・・」






ゆみこさんは驚いていました。






ゆみこ「そんなことビデオの世界だけかと思ったわ。まさか、ヒデ君そんなことして・・・イケない子ねぇ・・」






俺「いや~、一回人妻や熟女の良さを知ったらもう~同年代や20代じゃ・・・。それに俺のカリだと痛がるしねぇ・・・」






ゆみこ「ヒデ君のそんなにカリ太いの?」






興味ありげに聞いてきた。






俺「自分では普通だと思ってたんだけどね。人妻とやっていると大きいってよく言われるんだけど」






ゆみこ「みんなが言うんだから大きいのね」






俺「人妻や熟女ってカリの大きいの好きみたいだけど、ゆみこさんも?」






意味ありげに聞いてみた。






ゆみこ「嫌いじゃないけど・・・でも私、大きいのしたことないから・・・。わからないわぁ・・・」






明らかに惚けた様だった。



俺はここでゆみこさんを試してみることに。



座ったままゆみこさんの手を取り、すでに大きくなってた俺のをズボンの上から触らせた。



最初は「何するの!!」とか「ちょっと」とか言っていたけど、全然手を離そうとせず、俺の大きさを確かめるように手を動かし続けた。



ここで俺はやれると思い、俺もゆみこさんのズボンに手を・・・。



そして、ボタンを外し・・・中に手を入れた。



ゆみこさんは何か言おうとしたけど、俺はそこでキスをした。



そして直でクリやアソコを弄り・・・指を2本入れ、掻き回した。



ゆみこさんは俺の腕にしがみつき感じ始めた。



完全に落ちました。



意外と簡単に・・・。






激しく掻き回すと喘ぎ声までも・・・漏れ始めた・・・。



一気に激しく掻き回すと俺の腕を掴んでる手の力が強くなり、腰もグイグイ自分で動かし始めた。



そこで俺は手の動きを止めた。



するとゆみこさんは、「えっ」というような顔をして俺を見た。



そして、また激しく掻き回した。



寸止めを何回か繰り返し、ゆみこさんの反応を楽しんだ。






ゆみこ「もう~いじわるぅ~イキそうだったのに・・・。おばさんをこんなにしちゃって~悪い子・・・」






俺「簡単にはイカさないよ・・・じっくり楽しまなきゃね」






ゆみこ「人妻とやってるだけあって、おばさんの扱いも上手いわ。若いのに凄い・・・」






流石にこのままだと寒いので近くにあるトイレに行った。



そこのトイレには障害者用があったのでそっちに入った。






俺「ここなら思う存分できるから・・・」






ゆみこ「そうね、こんな夜遅くなら誰も来ないし、少しぐらい声出しても大丈夫だわぁ・・・」






ゆみこさんを便座に座らせM字開脚にし、俺は立ったまま指で掻き回した。



するとゆみこさんは俺のチャックを下ろし、俺のを取り出し手で扱き始めた。



俺は激しく掻き回しながらゆみこさんに言う。






俺「俺のどう?大きい?」






ゆみこ「凄いわ!!カリが・・・本当に大きい~っていうか・・・極太だわぁ・・・」






そしてゆみこさんのアソコを激しく掻き回し続け、イカした。



ゆみこさんは大きな喘ぎ声を出しながら潮を吹いた。






ゆみこ「凄い・・・凄いわぁ、初めて・・・吹いちゃったぁ・・・」






俺「どう?息子より若い男にイカされて」






ゆみこ「いいわぁ若い子!!凄くいいわぁ・・・」






俺「じゃあ今度は俺の咥えてよ」






そう言うと、ゆみこさんはすぐに咥えた。



俺は服の中に手を入れブラをずらし、片乳を揉みしだいた。



揉み応えがあり、乳輪もデカく、乳首も大きかった。



ゆみこさんのフェラはエロい音を出しながら頭の動きが激しくなった。



俺の好きなバキュームフェラだった。



かなり上手くてイキそうになった。



が、なんとか我慢できた。






ゆみこ「ヒデ君すごいわねぇ・・・私ので我慢できるんだぁ~。19歳でこんなに真黒だから・・・かなり使い込んでるみたいね」






俺「ゆみこさん・・・」






ゆみこ「実は私・・・若い子大好きなの。息子の友達・・・近所の大学生を昔ねぇ・・・。ヒデ君見てたら思い出しちゃって・・・我慢できなかったの」






どうやらゆみこさん、本当は淫乱熟女だったみたいで・・・。



こっちにとっても好都合で、ゆみこさんを便座に座らせたまま、両足を俺の腕に掛けさせ、M字開脚に。



そのまま俺は便器の両サイドにあるパイプを掴んで一気にぶち込んだ。



そして一気に抜いた。



すると、ゆみこさんは大きな喘ぎ声を出しながら、「凄~い・・・引っかかるぅ~カリが・・・カリが・・・」と連呼していた。



俺は一気にぶち込み、一気に抜くを数回繰り返し、カリが引っかかるのを確かめた。



ゆみこさんは身動きが取れなくてもどかしそうに、「もっと・・・もっと・・・もっと~」とねだり始めた。



俺は激しく腰を使いガンガン責めた。



ゆみこさんは喘ぎ声が大きくなるばかり。



俺はさらに激しく突きまくった。



これでもかっていうくらい・・・。



ゆみこさんは5分もしないうちにイッた。






俺「まだまだこんなもんじゃないよ・・・。これからだよ・・・」






ゆみこ「うっそ~こんなに激しいのに・・・もっと激しいの?」






俺「まだまだ・・・こんなのじゃあ・・・熟女は満足しないでしょ?」






ゆみこ「っんもう~若いのに・・・19歳でこんなテク覚えて~」






まだ入れたままだってので、また激しく腰を使い、突きまくった。



2回戦突入~。



今度は両乳を鷲掴みして突きまくった。



ゆみこさんのマン汁がいっぱい出てトイレ中にやらしい音が・・・。



奥をガンガン突いたら、ゆみこさんはまたイッた。






俺「はい3回戦~」






その時、ゆみこさんのスマホが鳴った。



着信は友達からだったようで、俺が「出たら?」と言うと、ゆみこさんはスマホに出て話し始めた。



俺はしゃがんでクンニを始めた。



マン汁をいっぱい吸った。



ゆみこさんは手を振ってダメってするけど、クリに吸いつくと体がピクッと反応して感じてしまうようで、俺はそれが面白く、それを繰り返した。



スマホからは、「魚釣れた?今寒いでしょ?」とか聞こえるけど、ゆみこさんは、「うん・・・そう・・・うん」ばかり言って、どうやら感じてうまくしゃべれないようでした。



構わずクリを激しく吸いつくと喘ぎ声を洩らした。



ゆみこさんは喘ぎ声を我慢していたようだけど、クリを責めると・・・。






友人「ゆみこどうしたの?なんか変よ?」






俺は一気にクリを吸いまくった。



するとゆみこさんからついに大きな喘ぎ声が・・・。



俺はついでにイカしたれと思い、激しくクンニを続けた。



ゆみこさんは友人を放っといて、大きな喘ぎ声を出し始めた。






ゆみこ「ダメっ・・・そんなに吸ったら・・・イッちゃう・・。ダメっ~イク・・・イクっ・・・っう~あぁっ・・はあぁ~ん」






イカした。



しかもスマホを握り締めたまま・・・。






友人「ゆみこ・・・ゆみこどうしたの?」






俺はゆみこさんのスマホを取り、そのまま前に置いて、ゆみこさんを便座に手を突かせ、後ろから一気にぶち込んだ。



3回戦突入~!



力強くガンガン突きまくった。



ゆみこさんは我を忘れて感じまくる。



胸を鷲掴みしながら耳元で・・・。






俺「気持ちいいっしょ?」






ゆみこ「いい・・・いいわぁ・・・こんな激しの・・・初めてだよ・・・。私・・・もうおかしくなっちゃう~」






俺「じゃあ、もっとおかしくなっちゃおうか?何回イッてもいいからね、ゆみこさんが満足するまで・・・」






と、2人の会話が友人に聞こえるように・・・。



スマホからはたまに、「ゆみこ・・・ゆみこ・・・どうしたの?」という声が俺には聞こえているけど、ゆみこさんはそれどころじゃないみたい。



大きな喘ぎ声で感じまくりです。






俺「最近の19歳もいいだろ?」






ゆみこ「いい・・・ヒデ君のがいい~ヒデ君がいい・・・。もっともっと・・・もっとして~めちゃくちゃに・・・して~」






そしてまたゆみこさんはイッた。






友人「ゆみこ!!ゆみこ!!何やってんの?あんた今釣りしてるんじゃないの?」






ゆみこさんは我に返って友人に・・・。






ゆみこ「まゆみ・・・これは違うの・・ちょっと」






友人「何が違うの?あんた大きい声出して何が違うの・・・。いいから今何やってるのか教えなさいよぉ~」






俺はまた後ろからぶち込んだ。






俺「もうバレてるから・・・正直に話せば?」






ゆみこさんは喘ぎ声を我慢しながら正直に話しだした。






友人「マジで~ゆみこ何やってのよぉ・・・。19歳?ウソでしょ~。N君より下でしょ?」






微かに聞こえる友人の声。






ゆみこ「ほんと凄いの・・・。19歳で熟女好きなの。私こんなに感じたの初めてなの。主人には黙ってて・・・お願いだから・・・」






俺はまたカリの太いので高速ピストンで責めた。



ゆみこさんはまた喘ぎ声・・・。






友人「ゆみこ、まさか・・・今もやってるんじゃないでしょ?」






ゆみこ「・・・」






俺「まだまだイキ足りないんじゃないの?」






ゆみこ「もっと・・・もっとイカせてぇ~もっとイキたいの・・・極太のカリで~」






そのままゆみこさんは3回目もイッた。



俺はまだイカず・・・。



俺が便座に座り、ゆみこさんが俺の上に跨がり、対面座位で4回戦突入~!



ゆみこさんの乳に吸いつきながら下からガンガン突きあげ、ゆみこさんも腰を使いまくり同時に昇天。



多量の濃いやつを中に・・・。



ゆみこさんに少し腰を振ってもらって、俺のが硬くなって5回戦突入です。



今度は俺は何もせずに、ゆみこさんに腰を振らせた。



さすがは熟女、4回イッてもまだまだ終わりそうな気配はない。



それが熟女のいいところだ。






俺「ゆみこさん・・・俺まだ1回しかイッてないから・・・」






ゆみこ「そうなの?私4回もイッちゃって・・・」






俺「まだ満足してないんだろう?じゃあ、あと2時間は大丈夫だろ?まだ3時だからさぁ・・・」






ゆみこ「ヒデ君の好きにしてぇ~」






また同時昇天・・・2回連続中出し。






友人「あんた達、何回したら気が済むの?おかしんじゃないの?」






ゆみこ「まゆみもヒデ君としたらわかるわ・・・。ほんとヒデ君凄~いから・・・。極太のカリで熟女キラーだし、回数も結構こなすみたいで・・・。まゆみにも・・・」






まゆみ「ゆみこ~、私は無理だからねぇ~」






そして体位を変え、また前から挿入。



で、6回戦突入~。



今度は俺がスマホを持ったままガンガン責める、責める。






俺「今度どこに出して欲しい?」






ゆみこ「口に出して・・・」






俺「聞こえないよ~」






ゆみこ「意地悪しないでぇ~口・・・お口にちょうだい!!」






俺「俺、上の口と下の口にしか出さないから・・・」






ゆみこ「ちょうだい・・・お口に濃いの・・・ああっあぁ~イク~イッちゃう・・・イッちゃ・・・う~っっ・・・」






そして、お望み通り上の口に大量に濃いのを爆射・・・。



ゆみこさんは凄かった。



俺のをごくごく飲み干した。



人の奥さんのお口に爆射しゴックンさせるのも、中出し同様に最高の至福と言っても過言ではないくらいだ。






ゆみこさんはそのまま咥え続け、俺のをまた硬くした。



どうやらまだまだ欲しいようだ。



なら、それに応えなくてはいけない!!



また体位を変え、対面座位で7、8回戦をこなした。



俺はあと2、3回はイケるけど・・・さすがに43歳にはきついようで・・・。






俺「じゃあ、続きは次回ってことで・・・」






ゆみこ「またできるの?」






俺「俺、大学生だから平日の昼間でも、朝からでもOKな日があるからゆみこさんに任せるよ」






ゆみこ「でも・・・ヒデ君激しいから私ひとりじゃあ・・・」






俺「まゆみさん呼んでもいいけど・・・。どうですか?まゆみさんもやりませんか?」






ここまでくれば怖いものなし。



ストレートにまゆみさんに聞いた。






俺「俺とゆみこさんの激しいの聞いて濡れたでしょ?熟女の体は正直だから・・・頭でイケないと思ってても体がすぐ反応しちゃうよねぇ~」






まゆみ「君、何言ってんの!無理に決まってるじゃない」






俺はゆみこさんの体を使って勝負に出た。



なんたって3Pのチャンスだからね。






ゆみこさんのアソコに指を入れ、掻き回した。



ゆみこさんは喘ぐ喘ぐ、大きな声で・・・。



ゆみこさんはまゆみさんに頼んでいる。



1人じゃ無理、でもまたしたいとまゆみさんに頼んでいる。



まゆみさんは最初嫌がっていたけど、ゆみこさんの喘ぎ声を聞いているうち、どうやら少し興味が出てきたようで、1回だけということで今週の水曜の昼から3Pの約束をした。



また熟女をゲット!!



まゆみさんがどうなるか楽しみ・・・。






聞くところによると、まゆみさんもかなりの美人で巨乳らしい。



ということで俺は土曜から抜かずに溜め込んでます。






今、ゆみこさんから明日のメールが来ました。



あと1人連れてくるとのこと。



・・・熟女3人相手は・・・ちょっとキツいかも・・・。






続きはまた。



長々とすみませんでした。