前にコンビニで店長やってました。



3年半で、自分だけでも8人を万引の現行犯で捕まえました。



そのほとんどが中高生。






俺の中で、特に印象が強かったのが42歳のおばさん。



ショーツをあるだけ手提げ鞄に入れたのを事務所のモニターでばっちり確認。



で、カウンターでガム1個を買って店を出たので、即店前で捕獲。



意外と素直に観念して事務所に。



手こずったがなんとか身元を確認して、警察に電話しようとしたら泣き出した。



そして俺にすがりついて、「ごめんなさい」の連呼。



終いには座ってる俺の股座に顔をうずめて泣きじゃくりつつ・・・。






「なんでもしますから、警察と家族にだけは・・・」






で、説教しまくって、とりあえずショーツを買ってもらってその日は帰した。






それから半年後、その店を辞めて、他の地区のコンビニに再度務めた。



夜勤だったけど、暇な時間にふと万引きおばさんのことを思い出した。



手帳に電話番号と名前、そして住所が控えてあったの確認して、それを見ながら思った。






(いただくか・・・)






9時に上がり、帰宅。



携帯から電話してみた。



留守だった。



ひと眠りし、昼過ぎに一度目が覚めたので再度電話してみた。






ビンゴ!






おばさんが出たので、正体を明かさず、「一度でいいからデートしてください」と話してみた。



俺がおばさんの名前も年齢も知ってたので不思議がって、「誰?えっ、誰?」としつこく聞いてきたが、その感じは満更でもなさそうだった。



結局、「コンビニのことですが」と言うと、すっごく驚いて声が震えだし、呂律も回らなくなった。



そこで、「1回だけだから!」と強くプッシュしたら、あっさりOK。






翌々日、某駅の裏口で待ち合わせ。



お互いすぐに確認できた。



向こうは会釈して運転席の横に立った。



窓を開け、「どうぞ」と乗ってもらった。



しばらく無言が続いた。






特におしゃれはしてなかった。



ジーンズに黄色のTシャツ、サンダル。



マニキュアはしていた。



薄化粧で茶髪のパーマ。



顔の染みや小じわは年を感じさせたが、目と口が大きくて鼻ペチャな顔は、俺としては完全にストライク。



その上、栄養失調かと思うくらいスレンダーというかガリガリ体型。



乳の盛り上がりはほとんどなかった。






急に彼女が口を開いた。






「本当に1回だけですよね?」と。






俺は頷いた。



で、今度は俺から、「ラブホに行っていいですか?」と聞くと、彼女は頷いた。






ホテルに入ってもしばらくは無言。



埒が明かない状態。



何か俺、悪いことをした感じがして、言ってしまった。






「出ますか?」と。






そしたら彼女はすごく驚いた顔をした。



そして次の彼女の言葉は意外だった。






「私、ホテルなんて10年以上も来てないから、もう少し休んでいきません?」






この言葉でその場の思い空気が一変した。



ランチを頼んで2人で食べて、食べ終わって少し無言・・・。



俺は意を決して彼女が座ってるイスの後ろにまわり、軽く抱き締めてみた。



これで拒否反応があったら帰ろうと決めてた。



しかし、彼女は俺の方に仰け反って、ハーッとため息のような声を発した。



すぐに彼女の後ろから頭を回してキスをしてみた。



彼女の腕が俺の頭に回ってきて激しいキスになっていった。






それから恥ずかしがる彼女の衣服を1つずつ脱がし、ブラとショーツ姿にまでした。



やはりガリガリのペチャパイが相当コンプレックスのようだ。



俺は彼女のスレンダーなボティを誉めて誉めて、やっと全裸にした。



椅子に座って全裸の彼女のマンコを眺めた。



もうあそこから汁がこぼれて濡れて光ってる。






我慢できず、そのままクンニ!



すぐに彼女の手が俺の頭を押し返した。






(どうして?)と思ったが彼女は、「トイレに行かせて」と椅子から立った。






(あ、そういうことね)と納得。






シャワーもしてないから匂うであろうマンコが彼女自身気になったのだろう。



そう思った。



しかし・・・少しトイレが長い。



水で濡らしたティッシュで丹念にマンコを拭き取ってる光景は想像できた。



で、水を流す音がして、彼女が出てきた。



時間が空いた分、なんだか少ししらけた雰囲気になってしまった。



彼女は元の椅子には座らず、バスルームを覗きに行った。






そして、「やっぱり先にシャワーしたい」と一言。






「ちょっと待ったー」と俺。






彼女に近づき、ガリガリの体を後ろから舌で舐めた。



首筋、背筋、腕、脇、さらに腰からお尻、ふくらはぎから足首と一通り舌を這わせた。



控えめな声で時々「ハーッ、アッ」と漏らす程度だったが、尻肉を広げてマンコを観察。



小陰唇を広げてみる。



やはりヌレヌレ状態。



ちょっと匂いもきつい・・・。



拒まれる前に一気に顔を押し付けてマンコを舐め回した。



わざと大きな音を立ててマン汁をすすってやった。



流石に我慢できなかったのか膝がガクガク震えだして中腰状態に。






「もう・・・だめ・・・」






彼女が俺のクンニを遮った。



そして1人でスタスタとバスルームに入った。



俺は速攻で服を脱ぎ、ペニスを勃起させたままバスルームに全力疾走。



俺が入った瞬間、胸を腕で隠したが、彼女の目は確かに俺の勃起ペニスを見ていた。



しかしすぐに俺に背を向けると、シャワーをして、さっとバスルームを後にした。



フェラくらいして欲しかったが・・・まぁいいか。






俺も素早く洗い、彼女を追った。



バスタオルを巻いて椅子にかけている彼女。



首筋までのショートヘアが少し濡れて、しきりに髪を触っている。



俺はベッドの端に腰を下ろし、彼女の細すぎる脚を眺めては、挿入時の彼女の乱れる姿を想像してた。



しかし彼女から一向にアクションがない、当たり前か・・・。



なので俺は彼女が座っている椅子の横に立って、首筋を指で軽く撫でるように愛撫してみた。






「くすぐったい・・・」






いまいち雰囲気が出ない。



仕方なく向き合って座る。



脚で彼女の脚をさする感じで愛撫をするも、特に反応なし。



しかし、彼女の背後に回り、バスタオルを外して肩越しに貧乳を撫で回し、乳首を軽く摘んだりしていると、たちまち真っ黒の大きめ乳首が硬くなり、見事に勃起した。






そのまま手を股に下げてマンコの濡れ具合を確認。



脚を強く閉じてなかなか局部を開放しない。



耳元で「力を抜いて」と囁き、何とかマンコに指を持っていった。



完全にヌルヌル状態だった。



これで彼女も望んでいることがわかった。



後は突き進むしかない。






前に回って彼女を抱き締めた。



少し抵抗したが、すぐに大人しくなった。



ベッドに寝かせ、クンニから始めた。



すると自分から腰をくねらせ始め、喘ぐというより、すすり泣きな感じ。



その声だけでイキそうなくらい卑猥に感じた。






舌と指で徹底的にクリと膣を攻めた。



そしてアナルに指を滑らせる。



3点攻めで、すすり泣きが絶叫に近い声に変化した。



白濁のマン汁がドロッって感じで時々膣から出てくる。






そろそろ挿入しようと優しく彼女の上に覆い被さる姿勢をとった。



マン汁をマンコ全体に伸ばしておいたから、ペニスを滑られば簡単に挿入できるはずだ。



でも、なかなか膣に滑り込まない。






(あれっ?どうして?)と思っていると、彼女がペニスを掴み膣まで導いてくれて無事に挿入。






種明かしをすれば、かなりの下付きのマンコだった。






正常位でしばらくゆっくりピストンを続けながら彼女の顔を観察。



目を閉じて時々すすり泣く顔がエロい。



彼女の口を塞ぐように俺の唇を重ね、舌を彼女の口内に這わせた。



彼女も積極的に応えてくれて、お互いの唾液で口周りが濡れた。



俺が唇を離しても彼女からキスを求めてくる。






「キスが好きなの?」






「うん」と頷くように返事をする。






唾液を垂らすと、自然に飲み干す。



本当に好きなんだと思う。



かれこれ15分か20分はこの状況が続き、口周りが痛くなってきた。



ここで体位を騎乗位に持っていき彼女に腰を振らせてみた。



正直、あまり上手くない。



ただ前後に振っているだけだ。



彼女は一生懸命にクリを擦りつけてるようだ。



でもそれでは俺は全く感じないので、バックスタイルで1発放つことに。






「バックになって」






俺の言葉に彼女は素直に応じた。



腰を沈ませてケツを突き出す、俺が好きな姿勢をとらせていよいよ挿入。



俺の陰毛はマン汁でベトベト。



彼女の陰毛はかなり濃くて、ケツ穴までビッシリ生えている。



ゆっくり、そしてロングストロークでピストンを繰り返す。



ペチャペチャとマン汁が音を奏でるように・・・。



これ、好きなんです。



そして時に、一気に子宮を突き上げるように激しくピストン。



このときはズンとくるのか、「アゥー」って声で吠える。



ピストンを激しくしていき、いよいよ発射準備に。



くびれた腰から突き出る肉無しのケツ、そこに突き刺さるマン汁まみれのペニス。






「イク!」






最初の一発は膣の中に。



タイミングギリギリまで遅らせたのがまずかった。



でも、たぶん気付いてないはず。



ほとんどは外に出して、彼女の腰辺りに流れてるから。






しばらく彼女はうつ伏せで動かない。



精子がたらりと腰を伝わってシーツに流れる。



ふとシーツを見ると、直径20cmくらいの染み。



正常位のときにできたマン汁の染みだった。






腰の精子を拭き取ってやり、彼女と並んでうつ伏せになる。



彼女がこちらに顔を向けてニコッと不敵な笑みを浮かべた。



ある程度は満足した様子が窺えた。



するとなんと、彼女の方からキスの催促。



またまた長いキスになってしまった。



彼女が頻繁に唾液をくれるので、その都度飲み干してやる。



彼女の舌技はかなりいけるものだった。



だんだん半勃起のペニスに血流が蘇ってきた。






(そうだ、フェラをしてもらわねば!)






俺は上半身を起こし、彼女の口元にペニスが行くように姿勢を変えた。



彼女は指でペニスを掴み、色々と観察している。



彼女の口にペニスを押し込むとしっかり咥えてくれて、口の中でも舌を使って亀頭を舐めてくれた。



そして舌先でペニスを一通り舐め上げると、なんと睾丸にまで舌を這わせてくれた。



くすぐったいが我慢。



彼女の舌使いはまだ続いた。



なんとその舌は肛門まで辿り着いたのだ。



流石にくすぐったいと訴えた。



彼女はニコッと笑い、初めて要望を言ってきた。






「ねえー、おっぱい舐めるのは嫌い?」






奉仕の精神で黒い乳首に吸い付いた。



途端に彼女の鼻息が荒くなり、例のすすり泣きが始まった。



そして時々俺が乳首に吸い付いてるところを確認しては、声が一段と激しくなっていく。



そしてなんとなんと、乳首から白い液体が滲んできた。



まじで驚いた。



聞いてみると、小さい子どもがいて、まだ母乳が出るらしい。



こんな機会はそうそうないので、舌先で母乳を味わってみた。



無味無臭に近い。



これはいい体験だった。






ちょっと一休みして、俺は冷蔵庫からビールを取り出した。



彼女も飲みたいと言うのでグラスに注いだ。



かなり打ち解けた感じになったので、彼女に尋ねた。






「玩具、使ったことある?」






「ない」という返事だったので、玩具のカタログを見せると、「へぇー・・・いやらしいね」と満更でもない様子。






バイブを即注文、6000円也。






しばらくしてチャイムが鳴り、入り口にケースに入ったバイブが置いてあった。



早速梱包を解き、スイッチオン。



ジージーという音を出しながらクネクネと擬似ペニスがくねる。



クリ用の小さな突起物も激しく振動している。



彼女は恐る恐る眺めているが、その顔は『いつでも試して』と言っていた。






シリコンの硬さも勃起ペニスそっくりだった。



彼女をベッドに寝かせ、脚を開かせた。



まずはクリから刺激開始。



ものの1分ですすり泣きが悲鳴になった。



そのうち開いた脚がきつく閉じられ、下半身が痙攣。



イッたみたいだ。



聞くと、「うん」と頷いた。






インターバルを取って、今度はバイブをだらしなく濡れてる膣に挿入。



バイブをピストンしてやると最高に気持ちいいようだ。



悲鳴が鳴り止まず、顔は真っ赤。



彼女がバイブを抜こうとするが俺はそれをさせずに超高速ピストンを続た。



失神寸前で悶えに悶える体を押さえながらのバイブピストン。



さすがに手首が疲れてきたのでバイブを抜いた。



その途端、膣内に溜まってた小便が潮噴きのごとく激しく飛び散った。



かなりの量だった。






「良かった?」と聞くと、「本当に★にそうだったんだから・・・」と一言。






彼女はベッドから立とうとしたが、腰にも来てるのかすぐには立てなかった。



足元がふらついて、ショーツすらなかなか穿けないくらいだった。






部屋を出る前に彼女に確認してみた。






「本当に今日だけ?残念だな~」と。






「また会いたい」と言わせたかったのだが、彼女は無言だった。






帰りの車中も無言だった。



待ち合わせの場所について車を停めた。



彼女は何か言いたそうにして、すぐには降りなかった。



意を決したように彼女が口を開いた。






「ひとつだけ約束してくれる?家には絶対電話しないで、私から電話するから」






それだけで俺には意味がわかった。



彼女に携帯のメモを渡して、その日は別れた。



しかし、1週間も経たぬうちに彼女から留守電メッセージ。






「来週の水曜か、木曜の午前中は空いてますか?」






結局、初セックスから1ヶ月で4回も彼女は求めてきた。



俺はパイブの力も借りて応じた。



飲精もしてくれるまでになった。