半年ぐらい前、うちには家出をした女の子がいました。



名前は美唯という18歳です。



美唯は高校を卒業後、何もせずフラフラしてたみたいです。



バイトもキャバクラとか援交とか、少しカジってはヤメての繰り返し。



夜な夜な遊びまくっていたら当然親も激怒するわけです。



嫌になってそのまま家を飛び出し、すぐに行くあてが無くなってうちに来たって話。






何でうちに来るようになったかを話します。



当時俺は大学4年で、その頃は就活中でした。



卒論もあってバタバタした毎日のせいで、全く遊ばない状況だったんです。



だから既に内定をもらって遊んでいた友人の誘いに乗って、久し振りに呑みに行きました。



所用があって遅れていくと、なぜか女の子が3人いました。



友達は1人だったから、3対1で呑んでたんです。



聞いてないぞと思いながら近付くと、すげぇ~ギャルギャルしい女の子達だと分かりました。






「おっつ~!」と初対面の俺に馴れ馴れしく挨拶をするギャル達。






「お、おぅ・・・」みたいに返事をして友達を見ました。






「この子達カラオケの前にいてさぁ~、暇なら呑もうよって・・・ねぇ~」






「ねぇ~っ!」






4人は既に元気モリモリ。



その勢いについていけない俺は、とりあえずビールを呑んで話を聞いてた。



そんな俺に一応気を使ってくれていたのが美唯。






美唯「どしたの?お疲れチャン?」






俺「んまぁ~ね・・・っていうか何歳?」






美唯「えぇ~~ひみつぅ~~~」






俺「あっ、そうなんだ・・・大学生?」






美唯「ぷ~だよぉ~、大丈夫、高校生じゃないから!」






誰も教えてくれないから、彼女達が18歳や19歳だとは全く知らなかった。



タダ酒だと言われたらガンガン呑み出し、勝手に一気したりするギャル。



居酒屋の次は当たり前のようにカラオケに行って、踊ったりギャーギャー歌ったり。



遠目で見てたんだけど、黒ギャルってあんまり色気を感じないんですよ。



女らしい感じがまるで無くて、悪いけど、汚い感じがしてたんです。






だけど、目が慣れてきたのか・・・、だんだん可愛らしく見えてきてました。



何と言っても美唯のスタイル。



3人とも生足はパンツが見えるぐらいまで露出してたんだけど、美唯の足が一番綺麗でした。



しかも、どうしても見てしまうほどの胸の谷間。



ジャラジャラ首から変なネックレスを垂らしてたけど、それが胸に乗ったり挟まったりしてた。



その巨乳をブルンブルンさせながら踊るもんだから、やっぱり揺れに目が釘付けでした。






元気に歌いまくってたのも1時間ぐらいで、その後は酔いが回ったらしく、ダルダル状態へ。



友達はと言うと、ギャル2人のオッパイ揉んだり抱き付いたりして、1人で勝手に楽しんでた。



その輪に入らない美唯と俺は自然と会話するようになり、チビチビ呑みながら世間話をしてた。






友達「この後どうする?」






ギャル2人「えぇ~オールでしょぉ~」






さすがにそれにはついていけないので、「俺は帰るよ・・・」と一言。



明らかにシラける空気になったが・・・。






美唯「アタシもぉ~」






ギャル2人「あぁ~っ!そういう事ね?いってらぁ~」






美唯と2人で消えると勘違いしたみたい。



別にどうでも良かったから、「じゃ俺は帰るね~」と金だけ置いて店を出た。



俺の後に美唯も出てきたから、一緒に駅まで歩く事に。






俺「何線で帰るの?」






美唯「えぇ~・・・どうしようっかなぁ・・・」






俺「えっ?何で?」






美唯「だってアタシ、家出中だもん」






俺「はぁ?じゃ友達と一緒の方がイイんじゃね?」






美唯「う~ん、でも眠いからさぁ・・・」






遊んでなかったから欲求不満だったんでしょうね。



思わず言っちゃったんです。






俺「じゃ・・・うち来る?」






美唯「イイの?」






俺「うん・・・明日は昼から出掛けるけど」






美唯「ホントに?じゃ、行きたいっ!」






彼女と別れて1年以上エッチもしてないし、ちょっと期待しちゃってました。



でもそんな下心は関係ないみたいな態度で、美唯は俺について来ました。



コンビニで飲み物とパンとかお菓子を買って行きました。






うちは6畳で、4畳ぐらいのロフトがある部屋です。



汗かいてるし、と交代でシャワーを浴びました。



美唯にはTシャツとハーフパンツを貸してあげましたが、身長が低いからこれまた可愛いんです。



黒ギャルがブカブカの部屋着を着てる姿は、結構ムラムラするほど良いもんでした。



同じベッドで寝るわけで、俺は変にドキドキしてた。



でも結局緊張してたのはムダだったみたいで、すぐに美唯は寝てしまいました。



女の子が隣にいるのに何もしないで寝る苦痛。



ムラムラしつつ朝になり、パンを食べながらダラダラしてました。






俺「家出してるって事は、これからどうするの?」






美唯「う~ん、漫喫かな」






俺「夜そこに泊まるの?」






美唯「うん、そうなるかなぁ~」






当たり前のような言い方をしているので、何とも言えませんでした。



その後、出掛ける準備をしながら考えていた事を伝えました。






俺「卒論とか学校とか面接とかあるけどさ、夜は大体いるから泊まりに来てもイイよ」






美唯「えぇ~、でもそれは悪いし」






俺「どうせ俺も1人だし、まぁ~夜は暇だしさ」






美唯「でも・・・」






俺「とりあえず約束を守ってくれたら別にいいよ」






美唯「約束って?」






俺「勝手に友達を呼ばないとか、汚くしないとか・・・。一応、俺の部屋だって事を気にする事かなぁ」






美唯「それは大丈夫だけど・・・イイの?」






泊まる時は事前にメールするようにして、ダメな時は漫喫に泊まるって事に決まった。






その日の夕方、美唯と待ち合わせをして、近所のスーパーで買い物して帰った。



料理もろくに出来ない美唯に、野菜炒めとか作って食べさせた。



その日から連続で3日間、一緒にいた。



話をしてみるとそんな悪い子でもないみたいで、一応親にも連絡はしてるみたい。



生きてますよ的な報告だけど・・・。






美唯はネイルが得意らしく、夜はネイルばっかりやってた。



臭かったけど静かなもんだから、ホントに邪魔にもならない。






2日目の夜、一緒に寝てたら美唯の方から誘ってきた。






美唯「何でもしていいよ・・・」






そう言って美唯は俺に抱き付いてきた。



キスをして巨乳を揉んで、彼女にするようなエッチをして寝た。



まだあどけないエッチの美唯は、頑張ってフェラをしてる感じがした。



あんあんとデカい声で喘ぐわけでもなく、まったりとしたホント普通のエッチ。






「騎乗位は得意じゃないけど・・・」と言いつつ、頑張って腰も振ってくれた。






じっとり汗をかきながら頑張る姿に、妙な情が湧いてきてる事に気がついた。






部屋を汚くもしないし、むしろ掃除もしてくれていた。



あんまり人とのコミュニケーションは得意じゃないみたいだけど、分かればちゃんと働く子。






「ネイルの資格取って、それを職業にしたらイイじゃん?」と言うと、「どうして良いのか分からない」と言う。






ネットで調べてあげると、必★にそれを読んでた。



学校に行ったりするから、結局お金がかかると分かってガッカリしてたけどね。






1週間で1日か2日以外はうちに泊まりに来てた美唯。



いつもじゃないけど、2、3回に1回程度はエッチするようになってた。



美唯の体は真っ黒だったけど、スタイルは抜群。



家出しているからなのか、太ってもいないし、出るとこは出てて締まってるとこは締まってるスタイル。



いつもノーブラにTシャツでいるから、暇さえあれば巨乳を揉んだりしてた。






うちに泊まるようになって2ヶ月ぐらいした頃、美唯が母親と電話していた事がある。






美唯「代われって・・・」






俺に携帯を差し出すから、なぜか母親と会話する事になった。






「初めまして・・・」から始まった会話は初めこそ緊張したけど、お母さんは終始お礼を言っていた。



何か罪悪感を感じてしまい、その日の夜、美唯と真面目に話をした。






「お母さんに言って、ネイルの学校行かせてもらったら?」と。






「バイトもしながら頑張ればイイじゃん、今のままだと何も出来ないぞ?」って。






さすがに長い間家出をしてた美唯は、生きていくのが厳しいことを分かっていたみたい。






その日、初めて美唯から積極的なキスをしてきた。



舌をベロベロ絡めてきて、俺の体を丁寧に舐めてくるような。



今まではそんなにキスとかしなかったから、少しビックリもしてた。



たぶんそれが美唯なりのお礼だったんだと思う。



得意じゃないフェラもいつも以上に頑張ってたし、イッた後のチンコも丁寧に舐めてくれてたし。



裸のまま、俺に抱き付くようにして寝てた。






次の日に美唯は、「実家に行ってくる」と言って帰っていった。



でも2日後にまた戻ってきて、ビール飲んでる俺に正座して話をしてきた。



お母さんに言って、ネイル頑張る事にしたって。






美唯「だから今日で家出は終わりにします。今日泊めてもらうのが最後だから・・・今までありがとう」






思わずホロリとしそうになった。



あぁ~、巣立って行くってこういう事かぁ~みたいなw



その日の夜も、また美唯は積極的にキスをしてきて丁寧に俺に奉仕してきた。



俺も最後かもと思って、いつもより長めに前戯をしてた。






10時頃家を一緒に出て、新宿で別れた。






美唯「バイバイ、またね」






笑顔で黒ギャルが手を振ってて、この時もホロリとしそうになった。






それから何の音沙汰も無かったんだけど、2ヶ月ぐらいしてメールが来た。



ネイルの学校に行く事になり、ネイルサロンでのバイトも決まったと。






『バイトは雑用係だけど、それでもネイル好きだから楽しい』って書いてあった。



『彼女がいないのにエッチしたくなったらメールしてね!』とも書いてあって笑えたw






あれから数ヶ月経つけど、辞めたとかメールが来ないのでまだ頑張ってるみたい。



エッチしたいからとメールしようかと思ったが、それは無いだろうって事で風俗に行った。



もちろん黒ギャル指名でw





















スポンサーリンク
スポンサーリンク
Hな体験
adminをフォローする
エロうさちゃんねる