中学一年の頃、私は、『お尻を叩かれたい』という願望を持っていました。



その願望を叶えるため、小学校低学年の弟を利用しました。



私はわざと弟の大事にしていたおもちゃを壊してしまったのです。



弟は壊れたおもちゃを見て、よほどショックだったのか泣き出してしまいました。



泣きじゃくる弟に私は言いました。






私「ごめんね。お姉ちゃんが悪いの。悪いお姉ちゃんのお尻を叩いて」






私は弟に背中を向け、スカートを捲くり上げます。



弟の前でお尻とショーツを晒し、これからお仕置きされるのだと思うと、恥ずかしさの伴うなんとも言えないドキドキする気持ち。



弟は少しビックリしたようでしたが、私に対する怒りの方が勝ったのでしょう。






弟「ホントに叩くよ?」






弟が確認してきます。



当たり前だ、そのためにおもちゃを壊したのだから。






私「うん、悪いお姉ちゃんを叩いて」






そう言って私は四つん這いになり、お尻を突き出しました。



弟はまだ遠慮しているようでした。



しかし、ようやく決心して、小さな手の平で私のお尻を叩き始めたのです。






弟「お姉ちゃんのせいだからな!」






最初は遠慮がちでしたが、だんだんと強くなっていきます。



叩く音が次第に強くなり、弟の怒りがお尻に伝わります。






弟「ごめんなさいは?」






バシィ!






怒りの収まらない弟が謝罪を要求してきます。






私「おもちゃ壊してごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」






私は叩かれるたびに謝りました。



弟に許して貰えるように、弟の気が晴れるように、みっともなく這いつくばって謝罪を繰り返します。



数十回ほど叩かれたでしょうか?



情けなく許しを乞う私に振り下ろされる手が止まりました。



お尻が熱を持ち、痛みが後を引きます。



気がつくと私は涙を流していました。






弟「ちゃんと謝ってよ」






弟は改めて謝罪の言葉を求めてきます。



私は弟に向き直り、深々と下げた頭を床に擦り付けながら謝ります。






私「おもぢゃごわじてごめんなざい」






泣きじゃくりながら弟に土下座しました。






弟「お姉ちゃんが反省してないようだったら、この事みんなに言いふらしちゃうから」






この事とはつまり、弟にお仕置きをされ、泣きじゃくりながら土下座したことだ。



写真があるわけでもなければ、強制力があるわけでもないが、Mっ気のある私は今日から大いに“反省”することにしたのだ。






この日から私は弟の奴隷になりました。



弟の機嫌を取り、頭を下げ、『お願い』という名の命令を喜んで聞き、弟に媚びを売る毎日。



弟の宿題を代わりにやり、道を空け、毎日マッサージをし、機嫌がよくない日は叩かれる始末。



弟も何でも言うことを聞くおもちゃが手に入ったことで、次第に調子に乗り横暴になっていきました。






奴隷になって以来、私は事あるごとに弟にお尻叩きの躾をして頂いてます。



弟の宿題をさせて頂く時は、時間内にドリルを終わらせられなかったら『尻ピン』という規則を作り、お尻叩きの口実を作り、躾をして頂きました。



また、わざと弟との約束を破り、お尻を叩いて頂きました。



弟の横暴はだんだんエスカレートしていき、ついにはショーツを下ろして躾をして頂けるようになったのです・・・。