彼女のいない27歳のサラリ-マンです。



仕事人間の親父と会話のない父子家庭でしたが、1年前に親父から、私より一回り年上の女性を紹介されました。



再婚相手の直子でした。



美人でスタイルも良く、(なぜ親父なんかと?)と疑問に思いつつも、美味しい食事と掃除、洗濯で家の中が明るくなったことに感謝しました。






毎晩、寝室から直子の艶やかな声が漏れてきました。



独身の身には毒でしたが、彼女もいない私は、そんな直子をオカズに自慰に耽りました。



翌朝、「年の離れた兄弟ができそうですね」と直子をからかうと、睨みながらも微笑んでいました。






ある日、親父が突然体調を崩し、入院して手術することに。



親父から、「俺がいない間、直子の話し相手になってくれ」と頼まれ、直子の愚痴を聞いてやり、明るい話題で場を盛り上げるようにしていました。



親父が入院して半年過ぎた頃、夕飯の時にビールを飲みながら、「親父がいないから夜は寂しいね」と直子をからかうと・・・。






「彼女はいるの」



「いないよ。でも風俗へ行く金もないしね」






「じゃぁ自分でするの?勿体無いわね」



「相手してくれる彼女もいないし、俺も直子さんみたいな彼女を探しますよ」






「そうね。私も寂しいわ」



「入院して半年だもんね」






誘い誘われているような会話を楽しみ、夕食を終え部屋に戻ると、「お風呂どうぞ」と直子が声を掛けてきた。






「一緒にお風呂入りましょうか?親子だし」






「もう、何言ってるの」






満更ではない返事。



期待しながらバスに浸かっていると、脱衣場で服を脱ぐ直子の影が見えた。



(えっ、本当に)と驚いていると、「背中流してあげるわ。親子ですものね」と言いながら直子はタオルで前を隠しながら入ってきた。



張りのある乳房、締まったウェスト、抱き心地の良さそうな女体を目の前にし、我が息子は素直に反応してしまった。






「お母さんが洗ったあげるわ」






男根を隠すように向けた背中を洗い始めると、直子が乳房を背中に押し付け、後ろから男根に触れてきた。






「今度はお母さんを洗って」






後ろから乳房を洗っていると、「下も洗って」と手を導かれ、濡れ始めていた女性器に触れた。






「前を向いて」






泡を流しバスタブに座ると・・・。






「恥かかせないで。・・・お父さんより立派ね」






直子は亀頭を舐め、やがて竿を舐め上げると、男根すべてを咥え込んでくれた。






「直子さん気持ちいい」






「ウグッウッウッ、直子って言って、ウグッ」






直子のフェラチオを見下ろしていた。






「イキそうです」






「ウグッ、いいわよそのまま」






「イクっ」






男根を脈動させながら直子に口内射精した。






「ウグッウッウウッウグッムッムムッ」






直子はすべてを口内に受け止め、そしてすべてを飲み干してくれた。






「すごく出たわね、美味しかったわ」






「初めてです」






「もしかして童貞なの?嬉しいっ!」






バスから出る時、男根は再び反り返ってしまった。






「すごいわね・・・。寝室で待ってて」






バスタオルをつけただけで寝室で待っていると直子が横に滑り込んできた。






「若くて硬くてすごいわ」






直子の乳房を吸い揉みまくり、初めて実物の女性器を愛でるように吸いつき舐め始めると・・・。






「アン、久しぶりなの、優しくして」






直子の艶声を聞きながらクニリングスを続けた。






「69しましょう」






直子のフェラチオを気持ちよく受けながら女性器にかぶりついた。






「もう来て」






両足を大きく開き、女性器を露わにしながら、直子は反り返った男根を導いてくれた。






「ゴムは?」






「大丈夫よ、初めてでしょう」






男根を女性器に宛てがい、「入れるよ」と断ってから、ズッズズッズッズッと初めて女性器に我が息子を埋没させた。






「気持ちいい」






「アウッウッウウッ、初めてなのね」






男根を温かく包み込み締まる女性器・・・。



味わう暇もなく腰を激しく打ち付け始めると、「アッ、イイッ~」と直子の艶声。






「もうイキそうです」






「いいわよそのままで」






ドクッドクッドクッドクッ!






男根を脈動させ、直子の女性器深く気持ちよく射精した。



女性器から流れ出てきた精液を拭きながら、「二人だけの内緒よ」と直子は言い、仰向けになるとお掃除フェラを始めてくれた。






「すごい、また硬くなって」






すぐに復活した男根を握り締め、騎乗位で深く咥え込むと腰を激しく動かし始めた。






「私が色々教えてあげる」






艶声を出しながら乳房を揺らし、女性器深く男根を咥え込む直子の痴態は絶景だった。



直子の大きな艶声を聞きながら屈曲位で女性器を突きまくり、奥深く気持ちよく射精した。






翌日から盛りのついた動物のごとく直子の女性器を堪能した。



色々な体位を経て、中出しをし続けた。



最初の頃は直子がイク前に射精してしまっていたが、程なく直子と一緒にイクことを覚えた。






「今日は危ないの」






危険日の時だけは外出しだった。



屈曲位で激しく直子の中で暴れまわり・・・。






「直子イクッ、アウッ、イクッ~外に~」






「中がいい」






「ダメッ、イクッ、そ、外っ!」






射精直前に男根を引き抜き直子に口内射精する。



生理の時は直子のフェラチオをゆったりと楽しみ、そのまま口内へ。



すべて飲み干してくれた。






直子は騎乗位とバックが好きなようで、クニリングスからフェラチオ、そして69となり、正常位で挿入し軽く1度達する。



騎乗位になると気持ちよさそうに腰を振り続け、ここでも1度達する。



バックで激しく突き続けると仰け反り、女性器を締めながらまた達する。



そして屈曲位になる頃には声にならない艶声を出してしがみついてくる。



女性器の締め付けを味わいながら・・・。






「直子、中に出す」






「イックッ~、中に頂戴」






気持ちよく勢いよく子宮口に精液を解き放って直子を堪能する。



親父が退院して来るまで、時と場所を選ばず、お風呂でキッチンで玄関でソファーで、直子の女体を味わい続けた。






「明日、親父が退院して来るから、少しお休みだね」






「二人の秘密よ、いつでもいいわよ」






この日も直子の女体をゆったりたっぷりと2度連続で味わった。



直子は髪を振り乱し、しがみつきながら達するようになっていた。



親父の目を盗んで直子を味わう醍醐味もなかなか良いものである。