今まで3人の女性とSEXした経験はありましたが、すべてゴム出しか生でも外出しでした。






僕が初めて中出しした女性は同じアパートの人妻、里美さんでした。



里美さんは30代中盤ですが、子供がいないせいか外見はとても若く、藤原紀香系の色気のあるグラマラスな感じです。



それまで里美さんとはアパートの通路などで顔を合わせる程度で会話などはありませんでした。






ある日、近所のスーパーの帰りに自転車の前にしゃがんでいる里美さんを見かけました。



初めは通り過ぎようとしましたが、思い切って「どうしました?」と声を掛けました。



里美さんは、「自転車のチェーンが外れちゃって・・・」と困った様子でした。



見てみるとそんなに酷くはなかったのでちょっと調整したら簡単に直りました。






「直してくれてありがとう」






里美さんにお礼を言われて、「じゃ」と立ち去ろうとすると、「待って、手も汚しちゃって悪いから寄っていって」とお誘いを受けました。



(ラッキー!!)と僕は内心有頂天でした。






基本的に同じ造りの里美さんの部屋に入ると、「洗面所で手洗ってきて」と言われて、洗面所に行くとすごくいい匂いがしました。



なかなかチェーンの油が取れなくててこずっていると、お風呂場に干してある洗濯物が目に入りました。



当然のように下着もあり、見るからに大きなカップのブラでした。






居間に行くとお茶とお菓子が用意されていました。



緊張気味に日常会話をすると、旦那さんは仕事で週末に2日ほどしか帰宅しないらしく、「いつも暇してるから会ったら声を掛けて」と言われました。



この日は僕の期待とは裏腹に何もありませんでした。






SEXしちゃったのはそれから半月後です。



すっかり打ち解けた僕たちは平日のお昼から(僕の授業が無い日に)里美さんの部屋で話をしていると、「亮君の部屋に行ってみたい」と里美さんが言ってきました。



ヤレる!と思った僕は喜んで里美さんを部屋に迎えました。






僕の部屋に来た里美さん。






「へー、綺麗にしてるね」などと言いながら部屋を見ている里美さんに後ろからそっと抱きつきました。



抵抗は一切無かったので、(完璧イケる!)と思い、見るからに大きな胸をTシャツの上から触りました。



デカい!



今までCカップが最高記録だった僕には手に余る大きさでした(後から聞くとEカップ!)。






そのままキスをしながらベッドになだれ込み、夢中で里美さんの体に食らい付きました。



明るい日中に里美さんを全裸にするとまさにパーフェクトな体でした。



里美さんのオッパイやオマンコをじっくり指や舌で愛撫するとすぐにビショビショに濡れてきました。






「里美さん、もう入れていいですか?」






「いいよ、入れて」






里美さんはいやらしく自分から指でオマンコを広げてきました。



もうゴムをする余裕もなく、速攻でチンポを里美さんの中に入れました。



中はもうトロトロに濡れていて、里美さんの口からはエッチな喘ぎ声も漏れてきて、「エッチするの久しぶりだから感じちゃう」と嬉しい反応がありました。






エッチな里美さんの声とデカ乳の揺れに興奮して5分もしないでイキそうになったので、いつものようにチンポを抜いて里美さんのお腹の上で出しました。



すると溜まっていたせいや興奮もあり、勢いよく里美さんの顔や胸にいっぱいかかってしまいました。






「あ!すみません、里美さん」






焦ってティッシュを渡して謝りましたが、里美さんはむしろ嬉しそうで、「スゴい勢いいいね~、いっぱい出しちゃって~」と顔にかかった僕の精子を指ですくってペロッと舌で舐めました。



それから自分で胸の谷間に精子を集めて、「凄い濃いね?気持ち良かった?」と聞いてきました。






「今までで最高に気持ちよかったです!」と答えると、「嬉しい、私、もっとエッチしたいな~」とすぐに2回戦目のお誘い!






「もちろん、何回でも里美さんが満足するまでします!」と答えると、「さすが、若い子は違うわね」とニコっと笑って、なんと胸の谷間に溜めた精子を指ですくって自分でオマンコに塗りました!






「え、里美さん!?」






「今日はいっぱいエッチしてね?それと今日、私安全日なの・・・意味わかるよね?」






そう言うと僕の精子で白くなったオマンコを自ら広げて僕を誘いました。



その光景がとてもいやらしく、(中出しできる!)と思うと僕のチンポはすぐに復活しました。






入れてからはもう夢中になって腰を振りました。



バックで激しく突くとまたイキそうになってきたので・・・。






「里美さん、またイキそうです、中でイッていいんですか?」






「いいよ、中に出して、奥に思いっきりちょうだい!」






中出しOKの許可!



初の中出しに向けてさらに激しく腰を振って、出来る限り奥にチンポを突っ込んでドクドク射精しました。



その感覚といったらゴム出しとは全然違って、まさに『膣で精子を吸い出される』感覚でした。



里美さんも、「凄い勢いで出てるよ、中に出されるの久しぶり、精子熱くて気持ちいいよ」と中出しされて満足そうでした。






その後はご飯も食べずに夜までヤリまくりで、結局3回も中出ししました。



僕のベッドは里美さんのオマンコから溢れた精子でベトベトでした。






その後、僕にも彼女ができましたが、彼女は中出しNGな子なので、月に2回ほど里美さんを部屋に呼んで不倫中出ししています。



今は彼女以上に里美さんに好意を抱いています。



年は10歳以上違いますが、里美さんの大人の色気にはどうしようもありません。