俺が結婚してアパートを借りたときの話。



妻はまだ引っ越して来なかったので一人暮らしみたいになった。



そこのアパートはみんな新婚で、うちを含めて4家族が住んでいた。



大体どこも30歳弱で年齢が近かった。



俺は当時、夜の仕事だったので昼間は家にいることが多く、自然と奥様方と仲良くなっていた。






ある日、隣のR美ちゃんが家の前を掃除してくれていた。



彼女は一つ年下、深田恭子みたいな感じで可愛い。



しかもちょっとラフな胸元とかが開いた服で前屈みに掃いている。






(Dカップはあるだろう)






俺は気づかぬふりをしながら話をしていた。



すると、「さっきから視線を感じるんだけどw」って笑顔で言われた。



一瞬とぼけようとしたけど開き直って、「だってそんなにセクシーなら目に入っちゃうよ」って言った。



するとR美ちゃんは、「奥さんとどっちが大きい?」って聞いてきた。



俺が、「触ってみないとわかんないよーw」と言うと手を引っ張られて、「じゃあちょっと来てー」って家に呼ばれた。






玄関で、「ねえ、私、新婚だけどさあ、付き合い長いからエッチしてないんだよねー」だって。






「へー、じゃあ相手しようか?」って笑いながら言った。






すると、「ほんとー、お願いしちゃおうかな」ってベッドのある部屋に呼ばれた。



R美ちゃんは明るい性格で積極的だった。






R美「ねえ、脱がしてあげるよー」






俺「まじー」






ズボンを下ろされてチンポが出たときにはもうビンビンだった。






R美「おっきいねー」






いきなりパクッってしゃぶられた。






俺「うわっ、気持ちいいー」






ねちょっと舌が絡みついてきて音を立てるフェラだ。






ジュポジュポ・・・。






とにかく激しい。






R美「R美ちゃん、すごい気持ちいいよー」






そう言いながらR美のおっぱいを服の上から触るとノーブラだった。






俺「うわ、すっげー柔らかい」






R美「ん、あーん」






R美はしゃぶりながら感じ始めた。



乳首がビンビンだ。






俺「やらしい女だなー」






R美「だってー、したかったんだもん」






俺「なあ、うちに極太バイブあるから持ってこようか?」






R美「うん、面白そう」






俺は裸のまま玄関を出て、自分の家から速攻でバイブを取ってきた。






R美「うわー、デカい!」






R美が驚いてる。






俺「長さ25cmだよ、俺の倍はあるね。激しくしてやるよ」






R美「あーん、すっごい濡れてる」






R美は興奮を止められない。



R美を四つん這いにさせて後ろからバイブを入れた。






R美「あっ、あっ、んー、はあはあ」






俺「どうだ、すごいだろー、奥に当たるぜー」






R美「いいー、イッちゃうよー」






俺「まだダメだよ」






バイブを抜いて自分のを入れた。






R美「あーんー、気持ちいい、ビクンビクンしてるー」






俺「おらおら、イケ、イッていいぞー」






R美「あーん、イ、イク!」






R美のまんこから潮が吹き出た。






俺「俺もイクぞー、んっ!」






俺はチンポを抜いてR美の顔面に掛けた。



R美はビクンビクン痙攣してる。






「ほら、バイブ咥えろよ」






俺はR美の口にバイブを突っ込み、携帯で写真を撮った。



その日からR美は、俺のしたい時だけに呼ぶ、SEXロボットになった。