私が高校3年生の時の話です。






当時、私はソフトテニス部に所属していました。



顧問はK先生と言って、32歳の美術教師でした。



若かりし日の中村雅之をもっとスマートにした感じで無口。



女子には「暑苦しい、くっつくな!」とか平気で言う人でしたが、人気のある先生でした。



特に直接指導を受けていた部員には大人気で、仲間は皆ファンでした。






もちろん私もファン。



だけど、バレンタインの日に「いつ渡すー?キャー」なんて皆で固まって相談してる感じが、当時純過ぎた私には恥ずかしくて「K先生よりハイド君の方がいい」なんて強がった発言をしていました。



本当は、授業中顔も見れないし、話しかけられてもモゴモゴしちゃうし、テニスの素振り練習で、自分の背中にピッタリ先生がくっついちゃう時なんかドキドキしすぎて、まともに動けない程でした。






バレンタインも過ぎたある日、美術の課題として私が書いたポスターが町の観光賞を受賞。



放課後に、その報告と打ち合わせを兼ねてとの事で、美術室横の教員準備室に呼ばれました。






憧れのK先生と密室で2人きり!



そう思うだけで、足がガクガク、顔はニヤニヤしていたくせに、クラスメイトには「放課後K先生のトコ呼ばれてるの、メンドー!」。






「SはK先生が苦手だもんね、まぁ頑張んなよ」なんて励まされつつ部屋へ。






部屋であった話というのは、『ポスターは駅前に何ヶ月間か掲示される事』、『何日か後に、授賞式があるので2人で出席する事』という内容でした。






すると突然K先生が、私の座っていた椅子をクイッと自分の方へ引き寄せ・・・。






「軽いね。ちゃんと食べてる?」






驚いて声も出ませんでした。



顔が凄く近くに!






確かに、その当時163cmの42kgだったので華奢な方だったかも知れません。



普段から『腕が細すぎるから、もっと食べて筋肉を付けろ』と口煩く注意を受けていました。






私は「すいません・・・」としか言えませんでした。






「Sは、先生が話し掛けると逃げるよね。なんで?」






「に、逃げてないです」






「・・・先生の事、嫌いなん?」






「・・・」






「バレンタインもSだけくれんかった・・・」






その一言に少しカチンときた私は、「皆が皆、先生の事を好きなわけじゃないと思います!」と怒ったような口調で言ってしまいました。



すると、K先生は凄く悲しそうな顔をして、「何でそんな事を言うんだ・・・?」と思いっきり抱き締められました。






驚いて硬直している私に気付いたのか・・・。






「ご・・・!ごめん!もう帰っていいよ」






言われた通り、猛スピードで帰宅しました。






しかし、後日の授賞式の日、車の中で一線を越えてしまいました。



先生が我慢できず、キス→押し倒してきた格好。



処女だった私を気遣ってのHでしたが車の中は狭かった。



先生の厚い胸板を眺めながら、大好きな人と結ばれるって幸せなんだなと単純に考えていました。



とにかく痛かった事と、先生の腰って凄い!と思った記憶があります。






あと、何度も、「ごめんな。ずっと好きだったんだよ」と言ってました。






それからはもう猿のようで、放課後・部活中・制服のまま・スコートのまま・・・と、あらゆる場所でヤリまくりました。



先生はさすがに大人で、手テクが凄くてとにかく器用なんです。



美術教師だから?



手で何度かイカされて、その後挿入というパターンが多かったです。






1番思い出に残ってるのは、野球部の部室横で声を★してやった事。



隣では同級生の男子が着替えなんかしてるんです。



天井は開いてるので、もしイタズラで覗かれたりしたら1発でアウトです。






壁に手を付かされて、耳元で、「声出したらバレちゃうよ」とか言われながら立ちバック。






ガンガン突かれるんです。



しかもイク寸前で抜かれるの。



それを何度も繰り返されたら、もう気が狂っちゃうみたいになって、自分から腰振ったりしてた。



いやぁ、若かった。



最後は口で受けて飲んでた。



それでも飽き足らず、自分が上になって腰振ってた。



隣の野球部員は、テニス部の私がこんな格好で男の上に跨って腰振ってるなんて想像もしないんだろうな・・・、なんて事を考えたら異常に燃えました。



エロの素質があったんでしょうね。



1回始めたら平均3発はしてた。






あと、先生に言われてオナニーも見せた。



先生のイスの前に自分のイス持って行って、脚をM字開脚して弄るの。



先生はタバコ吸いながら、足組んで見てた。






「やらしい子だね」とかクールに言うだけ。






クリちょっと触るだけでイケる子になっちゃってたので、先生に見られてたら、ものの2分くらいで体がビクビク。



その後、ご褒美にハメてもらって・・・。






「先生のおちんぽ大好き」とか。






今思うと笑えますが。



ほんと、あの先生はH上手でした。






先生は、私が高校卒業したら結婚したいと言いましたが、私は先生と寝た事によって心に大きな変化が生まれていて、同年代の男の子に惹かれるようになっていました。



結局、卒業して6ヶ月程でお別れしました。



原因は、先生がしつこく結婚を迫ってきた事と、私はもっと遊びたかった事でした。






現在卒業して10年が経ち、今度会社の同僚と結婚しますが、この話は誰にも言った事ありません。



旦那になる人にも言えません。



今思えば、猿並みに毎日やりまくった事。



体を物凄く開発された事。



先生との甘酸っぱいやり取り、良い思い出です。






冷静に考えたらK先生は変態教師ですが、あんな良かったセックスは未だにありません。