俺のオヤジはどうしようもないオヤジで、バクチと酒で給料をみんな使っちまう。



結婚したての頃は普通だったらしいんだけど、結婚10年後くらいからのめり込んだらしい。



何かきっかけがあったのか、もともと意思の弱い性格なのかわからないけど、そんな生活が20年ほど続いて、今ではアル中で体を壊して入院しちゃってる。



まあ自業自得ってやつだ。






困ったのは俺の母だ。



お金が家に入らないから最初は内職していたんだけど、そのうちに俺が弟の面倒を見れるようになると、弟を俺に任せて外に働きに出るようになった。



俺は、俺と弟を育てるために母が必★で働いているのを知っていたから、文句も言わずに弟の面倒を見た。



俺は、こんなクソオヤジと別れちゃえばいいのにと何度も思った。



しかし母は別れなかった。



母子家庭ってだけで、どうしても世間から白い目で見られる時代だったから、母はたぶん、俺たちをそういう境遇にしたくなかったんだろうと思う。



まあクソオヤジだったけど、暴力は振るわないだけまだ良かった。






で、俺が高校3年のときだ。



相変わらずオヤジは酒ばかり飲んでる。



もうその頃には会社もクビになってて、オヤジは朝から酒を飲み続けていた。



母は俺と弟の他に、オヤジの酒代まで稼ぐために外で働いていた。



だけど、その頃になると母はやけに金を持っていた。



それまで質素すぎて惨めなくらいだった食事が、贅沢とまではいかないが栄養たっぷりなものに変わった。



俺や弟に小遣いまでくれるようになったんだ。



母がどこで働いているかは知らなかったけど、働き場所を変えたなってのはわかった。



でも・・・、まさかソープで働いていたなんて想像もできなかった。






貧乏だったけど母はすごく優しくて、俺や弟に愛情を注いでくれた。



どこから見てもいいお母さんだった。



そんな母がソープで働いていたんだ。



俺や弟を養うために。



だけど、ソープ嬢としての母と対面したときはすごいショツクだったくせに、めちやくちや興奮した。



普段は質素すぎる服を着て、化粧っ気もなかった母が、あまりにも艶やかに変身していたからだ。






その日、高校3年の俺が学校から帰ると、いつものようにクソオヤジが酒を飲んでヘロヘロになっていた。



俺はその姿を見るだけでイライラした。



いつもイライラしていたけど、その日は特にムカついた。



オヤジもそれを察して俺に絡んできた。



何の甲斐性もないくせにプライドだけは高いから始末に悪い。



俺は初めてオヤジに手を出した。



もう高校3年だし、腕力だってオヤジよりあった俺は、簡単にオヤジをのしてしまった。



するとオヤジは泣きながら俺に謝ってきた。






「悪かった、勘弁してくれよ、なあっ・・・」






呂律の回らない舌で、涙さえ流しながら謝ってくる。



俺に家を追い出されると思ったのかもしれない。



そんなオヤジの卑屈さが俺は堪らなかった。



オヤジを見ているだけで惨めになってきた。



今まで溜まっていた怒りが体の中で膨らんでくるのを感じた。



だが、この怒りをオヤジにぶつけたら、俺はオヤジを★してしまうかもしれない。



それで俺は家を飛び出した。






(この怒りをどこで発散させようか・・・)






考えた末に俺はソープに行くことに決めた。



怒りを精液とともに吐き出してしまおう。



そう思った。



それが一番おだやかな解決方法だっと思った。






それで着替えて電車に乗って、隣町に行った。



そこには『雅』というソープがある。



俺は平然と受付に立った。



やけくそで開き直っていた俺は、高校生だとバレて追い出されようと、警察を呼ばれようと、どうってことないと思ってた。



どう見てもまだ大人の顔ではなかったが、俺の堂々とした態度と服装のおかげで受付の男はすんなりと待合室に案内してくれた。






「ご指名は?」と聞かれ、「誰でもいいです」と答えた俺。






「ではすぐにご案内します」






俺は受付の男に案内されて個室に歩いていった。



ドアを開けると、きらびやかなドレスっぱい服を着たソープ嬢が三つ指をつき、深々と頭を下げていた。






「ミサキさんです。では、ごゆっくりどうぞ」






受付の男が戻って行き、ソープ嬢が顔を上げた。






「いらっしゃいませ。ミサキです」






そう言った彼女と目が合ったそのとき、俺は心臓が止まるほど驚いてしまった。



そう、俺の母だったのだ。



母も相当驚いたようだ。



俺は驚いて口もきけなかったが、その瞬間にすべてを理解していた。



母はここで働きながら俺や弟を養い、俺を高校にまで通わせてくれていたのだと。



ここで働いていたから、家も多少裕福になったのだと。



しかしまさか母がソープに勤めていて、その母が俺の相手として出てきてしまうなんて・・・。



こんな偶然があるんだろうかと思った。






そのとき俺の頭に浮かんだのは、あの優しくて温かい母が、見も知らない男に体を弄ばれ、俺を産んでくれた穴にチンポを突き刺されている光景だった。



そんなことは想像したくなかったが、どうしても浮かんでしまう。



なぜかものすごい嫉妬が湧いてきて、一瞬胸を焼かれるような気がしたのをはっきり覚えている。






最初は驚いた顔をしていた母だったが、そのうちに呆然とした顔になり、さらに恥ずかしくてたまらないという顔になった。



しかし、思い切ったように立ち上がって俺を個室の中に入れ、ドアを閉めた。






「隆史、ど、どうしてこんなところに・・・?」






オロオロした声で母が言った。



あまりにもオロオロした母を見ながら俺は母に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。






「ご、ごめんお母さん、これには訳があるんだ」






俺はさっき父とあったことを全部言った。



あの流れで、もし父に怒りをぶつけていたら、父を★してしまったかもしれない、そんなことまで正直に話した。



でも、言いながら母に申し訳ない気持ちになった。



こんなところで働いている姿を母は息子の俺にだけは見られたくなかったろう。



でも俺は見てしまった。



母は黙って俺の話を聞いていたが、話し終わると溜息を漏らした。






「そう、お父さんを殴ったの?」






「うん・・・まずかったかな」






「いいのよ・・・お父さんにはいい薬だっと思うわ」






母は優しく言ってくれた。






「でもよかったわ。お父さんを★さないで(笑)。でも隆史は昔から優しい子だから、決してそんなことにはならなかっと思うわ」






そう言って、は俺の頭を撫でてくれた。



俺は胸がいっぱいになってしまった。



頭を撫でてくれる母は、いつもの優しい母のままだ。



この母が、俺を産んでくれた穴や、赤ちゃんの俺を育ててくれたおっぱいを使って、見ず知らずの男に奉仕している。



それを思うと涙が出そうだった。



同時に、母が誰かに奪われてしまったような怒りも俺の胸に渦巻いた。



これはやっぱり嫉妬だったと思う。



それもものすごい嫉妬だ。



最初は本当に驚き、オロオロした母だったが、俺の話を聞いてからは妙に落ち着いた感じになった。



恥ずかしさは相変わらずあったようだが、母はだんだん家にいるときの母の顔になっていった。



そして言った。






「隆史・・・どうする?」






「お、俺、帰るよ・・・」






俺はそう答えた。



だって母とセックスするわけにはいかないと思ったから。



でも、口には出さなかったが、この店を出て、違うソープを見つけようと思っていた。



池袋とか新宿に行けばソープなんかいくらでもあるのは知っていたから。



ところが、そんな俺に母はさらに言った。






「いいのよ、帰らなくて。ここにいなさい」






「えっ・・・?」






なぜか母は思い詰めた顔をしていた。



いや、というより何かを決心したような目をしていた。



こんな母の目を見るのは初めてのことだった。






「隆史、あなたに辛い思いをさせて、お母さん本当に悪かったと思うわ。ごめんなさい」






そう言って息子の俺に頭を下げた。



そして・・・。






「隆史、あなたの心の中に溜まっているものを、お母さんが全部出してあげるわ」






母は、そう言ったのだ。






「えっ・・・えーっ」






俺は最初に母と目が合ったとき以上に驚いてしまった。






(だって、それじゃあ近親相姦になっちゃうじゃないか・・・)






そう思った。



そんなことが許されるとは思わなかった。



しかし母は真剣な目で俺を見つめてきた。



それは息子のことを心から思っている目だった。



いけないことだと思いながらも、俺は母の愛情のこもった目にクラっとした。



そして・・・。






(いけないことだけど、したい)






そう思った。






母の着ているドレスみたいなやつは胸元が大きく開いていて、母の大きなおっぱいが半分見えていた。



母親だろうと何だろうと、こんなに刺激的におっぱいを見せられたら興奮してしまうのは当然だ。






「さあ隆史、服を脱がしてあげるわ」






母の手が伸ばされた。



母は俺の服を全部脱がせると、自分も裸になった。



母の一糸まとわぬ素っ裸に俺は目のやり場に困った。



心臓は苦しいくらいにドキドキしている。



でもやっぱり見てしまう。



俺のチンポはすでにギンギンだった。






(お母さんの裸を見て俺は勃起している!)






そう思うと罪悪感が込み上げる。



それなのにますます興奮してくる俺がいる。



母の裸は子供の頃によく見ていた。



お風呂に入れてもらってたから。



でも、性に目覚めてから見る母の裸は、子供の頃見た体とは全然違って見えた。



母はいい体してた。



スタイルもいいし、おっぱいは大きい。



それにお尻がむちーっと大きくて、太もももやっぱりむちーっとしていた。



まだ40ちょっと過ぎくらいだったから体も引き締まってた。



母の股間に毛が生えているのを見たとき、カーッと頭に血を上らせながら、(お母さんも女だったんだ!)と思った。



もう後戻りできないような気がした。



母は俺の立ったモノを見て、言った。






「隆史も立派に成長してくれたのね。お母さん、嬉しいわ・・・」






恥ずかしかったが、俺も嬉しかった。



目の前で母の巨乳がプルプルと震えていた。






「さあ隆史、こっちへ」






母は俺の手を引っ張り、戸を開けて浴室に連れて行った。



そこには大きなエアマットが敷かれていた。



その横にスケベ椅子が・・・。






「さあ、ここに座って」






スケベ椅子に座ると母はボディシャンプーを泡立たせたタオルで俺の体をゴシゴシと洗い始めた。



最後に俺の前に跪くと、勃起したチンポを手に取り、皮を剥いてシコシコと指で洗ってくれた。



初めて触ってもらった女の手が母の手なんて信じられない。



でも気持ちいい。



なんて気持ちいいんだろう。



硬さをさらに増したチンポと俺の顔を見比べた母はニコニコ笑いながら顔を傾けた。






カプッ。






母の口が俺のチンポを咥えこんだ。



ツーンと痺れるような快感・・・。



あの優しい母がこんなことをするなんて・・・。



今は俺にしてくれてるけど、今じゃないときは、お客の男のチンポを毎日咥えているんだ・・・。



悔しい・・・と思った。



だが、悔しいけど気持ちよかった。






洗い終わると、「そこに横になって、仰向けでね」と、大きなエアマットを指差した。



俺は母に言われた通りにした。



母はプラスチツクの風呂桶に液体を入れてかき混ぜてから、その液を両手ですくって俺の胸や腹にかけた。



すごくヌルヌルしていた。



母もマットの上に乗ってきて、覆い被さるように俺の顔を見つめてきた。






「緊張しなくていいのよ。お母さんが教えてあげるから」






優しい目でそう言われ、俺は「うん」と頷いた。



でも体はブルブル震えていた。



優しくて愛情いっぱいのお母さん。



俺や弟のために必★に働いているお母さん。



そのお母さんとセックスするなんて本当に許されるんだろうか・・・?



罪悪感とともにそういう思いが込み上げてくる。



でも恥ずかしいことに俺は期待感でいっぱいだった。






母が俺を抱き締めてきた。



母の体は柔らかくてとてもいい匂いがした。



オッパイはすごく弾力があってプニプニしている。



でも液体のせいで、母の体は俺の上でツルツル滑っている。



妙な感じだ。



でも気持ちいい。






「仰向けになって」






その通りにする。



母は俺の顔に尻を向けて、俺の体の上に跨がった。



大きく足を広げているから母のおまんこが丸見えだった。



大きく開いた股間の中で、母の少し赤黒いおまんこがぱっくり口を開けてた。






(こんなの見ていいのかな・・・?)






俺は恥ずかしさでたまらなかったが、決心している母は平気でおまんこを俺に見せつけてきた。



やがて母は俺の体の上を滑るように体を動かし始めた。



俺の足首を両手で握って、つつーっと股間を大きく移動させる。



母の体が俺の足先に遠のいたと思うと、今度は大きなお尻がつつーと俺の顔に迫ってくる。



迫ってくるたびにだんだん母のおまんこが俺の顔に近づいてくる。



母のおまんこがアップで迫ってくる。



ぱっくり割れたその中身まで迫ってくる。






俺は我慢出来なかった。



何度目かに近づいたとき、俺は母のおまんこにむしゃぶりついていた。



その時、母が喘いだような気がしたがよく覚えてない。



母のおまんこは、柔らかくてプニュプニュしてた。



そして石鹸の匂いがした。



俺はべろべろ、べろべろ、犬みたいに母のおまんこを舐め続けた。



母は嫌がるどころかクイクイとお尻を押しつけてきた。



舐めながら興奮で頭のネジが音を立てて吹っ飛んだ気がした。






マット洗いって、それだけじゃなくて色んなことをする。



おっぱいで洗うように俺の体中にスリスリしてきたり・・・。



これもすごい気持ちがよかった。



母の巨乳は柔らかくて弾力があって、その弾力がすごい気持ちいい。



コリッとした乳首がまたたまらなかった。



それから俺の腕や足を股間で挟んで、おまんこで、やはりスリスリして洗ってくる。



柔らかいおまんこが吸い付いてくるようでこれも気持ちよかった。






でも、複雑な気持ちもあった。



あの母が、こんな男を喜ばせるテクニックを持っていた・・・。



悲しいような悔しいような複雑な思いだった。






ひと通りマット洗いが終わると、母は正常位の形になって俺を抱き締めた。



片手を伸ばして俺のギンギンに硬くなったチンポを握り締めるとググッと自分の股間を下に下げた。



そのとき俺は心の中で、『あっ』と声を上げていた。



チンポの先が柔らかいものに触れたと思ったら、にゅるっという感じで中に飲みこまれていった。



とうとう俺は母のおまんこに挿入してしまったのだ。



母はニコニコしながら俺の顔を見つめていた。



母が腰をさらに下げた。



ずぶずぶっとチンポは奥まで届き、きゅうっと締め付けられた。



もう快感が押し寄せてきて俺は声も出なかった。






「気持ちいい?」






母に聞かれて俺はガクガクと首を縦に振った。






「お母さん、隆史の初めての女になっちゃったわね」






「・・・」






俺は何も言えなかった。



だって嬉しそうに言っていたけど、目が笑ってなかったから。



やっぱり母も複雑な心境だったと思う。






母は俺の上で体を上下し始めた。



おっぱいを揺すりながら俺を産んでくれた穴でチンポを擦ってくる。






「ああ」






思わず声を上げた。



なんて気持ちいいんだろう、って思った。



1人でするのとは、わけが違う。



柔らかくて温かい母の穴にシコシコと擦られて、俺はすぐにイキそうになってきた。



と、そのときハッと気づいた。



コンドームをしてないじゃないか・・・!



童貞の俺だって、ゴムなしじゃまずいことくらい知ってる。






「ゴム付けなくてもいいの?」






聞いてみた。



母はやっぱりニコニコしながら・・・。






「いいのよ、そんなの付けなくて。お店の方針なの」と。






後になって気づいたんだけど、今はエイズとかあってコンドームを付けるのは常識だけど、あの当時は“ゴムなし生中出し”ってソープは普通だった。






で、それを聞いたときのこと。



俺はなぜかすごいショックを受けた。



それは、あの優しくて温かい母が、俺を産んでくれたおまんこの穴に毎日、見も知らずの男のチンポを咥え込んで、何人もの男に毎日、精子を子宮に注ぎ込まれてるってことだから。



母が肉便器にされてしまったような怒りと悲しみみたいなものが俺の中を突き上げてきた。



本当に悔しかった。



本当に悲しかった。






ところが、本当に悔しくて悲しかったくせに、そのとき信じられないような快感が押し寄せてきた。



悔しさとか悲しさが快感を増したんだと思う。



俺はすごい威勢で精子を母の子宮に吹き上げた。



ぴゅ、ぴゅっ!って精子を注ぎこんだ。



あの時の快感は言葉では言い表せない。



もう体中が痺れてた。



出し終わったあと、しばらく意識がなかったように思う。



母はやっぱりニコニコしていたが・・・。






「隆史、このことは誰にも言っちゃだめよ。特に浩志(弟)には」






母は、真剣な顔をしていた。






改めて全裸の母を見て、また欲情した俺は、「お母さん、今度はバックからいい?」と聞き、母が「いいわよ」と言ったのでベッドに行き、母にお尻を突き出してもらった。



俺は母の大きな肉付きのいいお尻を両手で抱え、俺の精子を滴らせている穴にちんぽにを押しつけた。






「お母さん・・・」






思わずそう口にしながら腰を突き出すと、またにゅるにゅるとチンポが飲み込まれていった。



さっきまで童貞だった俺が母のお尻を掴んでバコバコ穴を突き上げているのが不思議だった。



結局、俺は何度も体位を変えながら、4回も母に精子を注ぎ込んでしまった。



よく覚えていないのだが、その最中に母は喘ぎ声をひとつもあげなかったと思う。



ただひたすら俺を受け止めてくれていた。



そのときは判らなかったけれど、俺は母に射精したことで、ずいぶんと気持ちが楽になった。



だから母は自分で言ったように、俺の中に溜まっていたドロドロしたものを吸い取ってくれたんだと思う。



快感とともに・・・。



だから母には本当に感謝している。






母と関係を持ったのはその1回だけ。



あれから20年以上、今ではもうおばあちゃんになったけど、あの時の母の愛情を俺は一生忘れないだろう。



そして俺も、いい年になった。



結構何人もの女と関係を持ったし、来年は結婚する予定だ。



けれど、あのとき母のおまんこに射精した時の快感を越える快感はまだ味わったことがない。






ちなみにちょっと触れておくと、クズオヤジはそれからしばらくして肝臓の病気で★んでしまった。



本当は良くないんだろうけど、俺はざまあみろと思った。



そして、あれ以上の快感がなくても、婚約者とは上手くやっていくつもりです。