上司の奥さん(A子、元同僚)を同僚Bと輪姦した。



A子はゴルフ好きのヤリマンで、車で送迎した男は必ず帰りにラブホでヤレたらしい。



実は同僚Bは上司とA子が結婚する前に、何度かゴルフ帰りにヤッたと言っていた。



で、上司のC係長は部下イビリの嫌われ者で、俺と同僚Bは復讐の方法を練った。






計画は単純。



C係長を2人で誘って睡眠薬入りの酒で潰してC係長の自宅に送り届け、その際に奥さんのA子を2人で襲って、あわよくば孕ませちまおうと。



初めて部下に誘われたC係長は嬉々として居酒屋で人生訓を垂れていた。






「俺みたいに早く結婚しろ。家庭を持つと出世も早いぞ」とか・・・。






うざかったが聞き流し、トイレに立った隙にビールに睡眠薬を入れた。



まんまと寝始めたC係長を、「係長、家までお送りしますよ」とタクシーで送迎。



C係長はフラフラしながら、「酔っ払ったみたいだ。ありがとな」と家に着いたら女房が輪姦されちまうなんて想像もせずご機嫌だった。






やがてタクシーは郊外の一軒家に着いた。



無理して買ったんだろうなと思いつつ、C係長を両脇で支えてチャイムを押すと、中からA子が出てきた。






「B君、俺君、わざわざ送ってくれてありがとね」






OL時代は化粧が派手だったが、専業主婦のA子はすっぴんで狸みたいな顔だ。



もう寝ようとしていたのかラフなTシャツに短パン姿で呑気に現れた。



体は少々太ったようで、Fカップがさらに爆乳になっていた。



C係長は爆酔で起きる気配がなく、A子に「ごめん、寝室まで連れて行って」と頼まれた。



2階の寝室にC係長を転がしてから1階に戻り、タクシーを呼ぶと嘘をついた。



嘘のタクシーを待っている間、A子が「何か飲む?」と聞くのでビールを頼んだ。



昔話をしながらA子にもビールを勧めた。



OL時代の話が出来て楽しそうだった。



隙を見てA子のビールにも睡眠薬を入れて、しばし歓談。



嘘のタクシー待って20分。






「遅いわねー。待ちくたびれて寝ちゃいそう」






睡眠薬を盛られたとも知らないA子がうとうとし始めた。



それから5分くらいでA子も爆酔状態に突入したので、2人でキッチンから居間に運ぶ。



バンザイさせてA子のTシャツを脱がすと巨乳用のオバさんみたいな白いブラ。



ロケット乳が左右に大きく尖がっていて、すぐにBがむしゃぶりついた。






「前より絶対デカくなってんぞ!100センチは越えてんじゃねぇか?」






「俺にも触らせてくれよ」






ワイヤーの固いゴワゴワのブラ越しにA子の爆乳を両手で鷲んだ。



巨乳好きの俺は密かにA子に惚れていたのだが、当時は全く相手にされなかった。



直にA子の爆乳を堪能したくなった俺は巨乳ブラを強引にズリ上げると、生乳がぶるんとこぼれて、爆乳はだらしなく左右に流れた。






「ダメだなー。デカくはなったけど張りがなくなっちまった。前は乳首がツンと上を向いてたんだけどな」






Bが自慢げにA子の乳史を語り出した。



憎たらしいが、独身時代のプリンプリン乳を知ってるBが羨ましい。






「確かに制服のベストのボタンがはち切れそうなくらいツンと尖がっていたな」






制服の下に隠されたA子の爆乳を妄想してズリネタにしていた俺は惨めに返した。






「でも、これはこれでタルンタルンしていて超やわらけーぞ」






A子の垂れた柔らか乳を俺が揉み続けると乳首が立った。



ピンクで小粒。



乳首をコリコリに立たせて吸いつくと、「ふーん」とA子が吐息を漏らす。






「目を覚ましちまう前に、とりあえずハメて携帯で記念撮影しちまおうぜ」






隣でBが急き立てる。



すでに俺のチンチンはビンビン状態でOKだった。






「まだ濡れてないかもしれないから、上手く入らねぇかもしれないぞ」






黒の短パンを脱がしにかかる。



真っ青のTバックでエロかった。



パンティ越しにマン筋を擦ってみるが、あまり濡れてない。



パンティも剥いで、ついにA子のマンコにご対面。



ヤリマンらしくやっぱり黒い・・・。



毛は薄いので正面から具が丸見え。



黒いビラビラもクリもデカい。






「やっぱ濡れてねぇのか?ま、いいや。唾でもつけて挿入しちまえば、そのうち濡れてくるよ」






Bに促され、唾をつけて手マン。



そのうちチャポチャポと音を立てだしたので、A子のマンコにチンポをあてがって挿入した。



意外とニュルッとスムースに入ったので腰を激しく打ち付けて亀頭で膣壁を擦る。



ビラビラがチンチンに絡み付き、ジョボジョボと卑猥な音を立てた。






「こいつ、昔っから入れてやるとすぐにベチョベチョになるんだよ!潮も吹いたぜ!」






Bの自慢話を聞き流しながら射精に向けて一気にピストン運動を激しくした。



Bはスマホでハメ撮り連射。



当初の計画通り、生中出しで果てた。






「まじで中に出しちゃったの?お前、病気持ってねぇよな。あ~あ、お前の精子まみれの中に突っ込むのか。仕方ねぇな。じゃあ俺も生ハメ!」






今度は俺が撮影係、ついA子の爆乳に目が行ってしまう。






「お前が濡らしてくれたから中がいい具体になってるよ、サンキュー」






Bに打ち込まれて爆乳を揺らしまくっているA子を見て俺のチンチンも復活。



意識のないA子の口をこじ開けてイラマチオ。



早漏の俺はすぐにA子の顔にぶっかけてしまった。



もちそん顔射シーンも連射した。



あとで写真を見直すと、これが一番エッチだった。






「お前、またイッちまったの?早過ぎ!高校生みてぇだな」






そう言うBも激しく振って中出しでフィニッシュ。



その後もA子をダッチワイフにして色んな体位でハメ撮りをした。



2時間くらい中出しセックスを楽しんだが、A子もC係長もまったく目を覚ます気配はなし。



しっかり後始末をして帰ったんで、たぶん2人は何も知らないはず。