俺は当時、大学一年で一人暮らし。



中学・高校と彼女を作ることができなかった俺。



当時は周りには派手なやつが居なかったせいもあって、彼女が居ないとか、童貞であるとか、全く気にしてなかった。



だが大学に入り、クラスとかサークルで新しい出会いがあり、童貞であることが嫌になって彼女を何とか作る事を決めた。



そして、無事になんとか彼女もできて、約一ヶ月後に童貞を捨てる事もでき、幸せを感じながら生活していた。






だが、セックスの快感を知ってしまった俺は、他の女の子がどんなエッチするんだろうとか、どんな体しているんだろうとか、そんなことを考えるようになって、それと同時に友達が出会い系サイトで女とヤッたって話を聞いてそれに手を出してみたんだ。



(この辺で彼女とは別れている)






実際やってみたら結構すぐに年下のギャル(仮名・アキナ16歳)がつかまったんだけど、俺はその当時ギャルなんて全くタイプじゃなかったからほどほどにメールを続けていた。



だけどメールしていくうちに結構いいやつって事が判明して、メールをかなり頻繁にやりとりするようになったんだ。



この時ぐらいになると俺は今まで床屋に行ってたのが美容院に変わったり、服とかも気を使うようになって、見てくれはまあまあ良くなって自信もついてきた頃で、でも中身は高校時代とあまり変わらず大人しかったから、大学の女の子に手を出したりするような勇気は無かったんだ。



そんな時、アキナならギャルだし、全く知らない女(そーゆー女のほうが手出しやすくない?)だし、やらせてくれるじゃないかって思って、アキナに会う約束を取りつけたんだ。






俺とアキナは車で一時間ぐらいかかってかなり遠いんだけど、頑張って運転して待ち合わせ場所に到着して、でも度胸の無い俺はアキナに発見される前に発見しようと一生懸命。






そしたら、想像以上のギャルがいてビックリ。



なんていうか凄いんだよ。



髪は白に近い金で、メイクはアイラインが多めだけどそれ以外はまあまあ普通。



でもカッコがジャージなのか、お姉なのかギャルなのか、とにかく凄いミックスでビックリ。






マジ圧倒されて、ビビッて帰ろうか思ったけど、もう後には引き下がれなくなって、二人で車に乗った。



とりあえずアキナが「海見たい」って言うから、海に向かってドライブしながら顔を改めて見てみる。



すると、よく見るとすげ-可愛いんだよ。



元の顔は深田恭子にそっくり。



身長も俺好みで小さめ。



ジャージに上からでも良く分かるぐらいチチもでかい(後でFカップって教えてくれた)。



メイクがもっと普通なら・・・orz






そして、メールでも知っていたけど話してみるとすげーイイやつで、なんていうかアキナは親父と二人暮しで家庭環境がかなり悪くて、後から知ったんだけどお金に凄い苦労していて、援交とか万引きとかしてなんとかお金と生活必需品を手に入れて生活していたんだ。



まあ、そん時はそんなこと知らないから、なんか住む世界が違うな~とか思いながら話を聞いてるうちに海に到着。






アキナは真夜中なのに、もうめちゃくちゃはしゃいで踊ったり、歌ったり、走り回ったり、変なとこに登ったり・・・。



見ているこっちが楽しくなってきて、俺もキャラじゃないのにめちゃくちゃ騒いでたんだ。



そしたら、浜辺にちょっと小高く盛り上がっている場所があったから、アキナと一緒に登ったら、星空の下でまたアキナが踊りだして、なんかうまく表現できないけど凄いアキナが幻想的で不思議な子だなで思って、その瞬間アキナに軽く惚れてしまったんだよね。



だから、当初の目標だったエッチするって目標が、なんとしても達成したいモノになったんだ。






そして、二人とも海に飽きたから車に戻ったらアキナがいきなりキスしてきてビックリ。



それも経験人数一人の俺には未知の世界のようないやらしいキスで、俺の頭はめちゃパニック。



キスしているときのあえぎ声とかも16歳とは思えないぐらいセクシーで、俺のアレは我慢汁出しまくりで収拾がつかなくなって、キスしながら勇気を出して「ホテル行こ?」って誘ったら紅潮しためっちゃ可愛い顔で「アキナも行きたい」って言ってくれたから、ラブホへダッシュ!






でも俺は当然ラブホなんて使ったこと無いから、アキナに色々教えられて何とかチェックインをしたんだ。



経験少ないながら何とか無事に事も終えて、二人でマッタリしていたらアキナが「経験人数何人?」って聞いてきたから、「アキナで二人目だよ」って答えたら、アキナ凄いビックリしていた。






「何人なん?」って聞き返したら「26人目だよ」って言って、俺引きつつビックリ。






そん時にアキナの複雑な家庭事情を聞いて俺はかなり引いてしまったけど、それ以上に同情の気持ちがすごくて、アキナを守ってやりたい気持ちが凄い出てきて・・・。



その気持ち伝えつつ、告ったらめっちゃ喜んでくれてアッサリOK。



もちろんこの時に援交とか万引きとかやめて、コンビニとかで働く事を約束させてバイバイしたんだ。






その後アキナはちゃんとコンビニでバイトを始めて、安心しつつ週末はいつも一緒にいれて幸せだった。



アキナはギャルで元ヤンだからタバコとか酒とか様々な遊びを俺に教えて、いい意味でも悪い意味でも俺を成長させてくれた。



でも、やっぱりアキナの収入は激減して生活が苦しくなって、だけど俺は大学一年で経済力は全くなかったから援助することも出来ず、そのへんのごたごたで別れてしまったんだ。






これは3年前くらいの話でアキナと出会ったことで俺は性格は明るくなったし、結果周りの友達のタイプも変わって、それからの生活はホントに楽しいものになったんだ。






なんか上手く言えないけど、ありがとう。アキナ。