20歳くらいの時まで付き合ってた彼女の母親(彩子)と付き合ってます。






中学時代から付き合っていた彼女と別れたのは、大学時代の成人式の翌日の事でした。



しばらくして彩子から連絡があり、会う事になりました。



娘と別れた理由を聞かれた後で、「復活して欲しい」という事を何度も言われたのです。






彩子が俺の事を気に入ってくれてることは以前から知っていました。



結局はお互いにもう気持ちも無かったし、復活することはなかったのですが、それでも食い下がってきた彩子は何度も俺に連絡をしてきました。



娘とも連絡を取ったのですが、同じような事を言われてるみたいでした。



娘はキレて、「だったらママが付き合えば良いじゃん」とまで言ったと聞いて、笑いながらも、内心(その手があったか・・・)と思ってしまいました。






しょっちゅう彩子から連絡が来るので、いつでも会えました。



俺が車を出して彩子を迎えに行った時にとうとう、「そんなに言うんだったら、◯◯(娘)じゃなくて、おばさんと付き合おうかな~」と言ったのです。



運転しながら彩子の太ももに手を置くと、冗談だと思っていた彩子は笑いながら俺の手をはらおうとしました。



俺は人通りが無さそうな山道みたいな所まで走らせると、車を停めました。






「おばさんが思ってるほど、俺は『良い子』じゃないよ」と言うと、彩子から緊張が伝わってきました。






俺が運転席から助手席側へと身を乗り出すようにして彩子の目を見ながら、「おばさんは、本当は俺の事が好きなんでしょ?」と冷静な口調で聞きました。



彩子の体は硬直していて、手を膝の辺りまで伸ばしているような状態でした。



その隙にキスをすると彩子は驚いていました。



体をくねらせるようにして抵抗しようとした彩子の耳に指を這わせると、彩子の体の力が抜け、俺はキスからそのまま右耳に舌を這わせました。



今度は彩子の体に力が入っていくのが分かり、俺は手を彩子のシャツの中に入れました。






性感帯は母も娘も同じでした。






耳を舐めながら乳首を弄ると、彩子の抵抗はなくなりました。



それでも彩子から伝わってくる罪悪の念みたいのは感じていました。






耳を舐めつつ、「俺の事が好きなんでしょ?」と囁きながらシャツを捲りあげて、ブラのホックを外してから助手席のシートを倒しました。



彩子の胸が露わになり、それにむしゃぶりつくと、彩子は口では、「ダメよ・・・」と言っていたくせに、手は頭の上にあげていました。






彩子のズボンを膝の辺りまで下してしまい、ショーツの中に手を入れながら、俺はその時初めて、「彩子」と呼びました。



大きめのクリトリスを指で弄び、キスも重ねると、彩子は両腕を俺の背中へと回してきました。



俺はそれに応じて彩子に覆いかぶさるようにしながら、もう一度、「彩子が俺のこと好きなんだろ?」と上からの口調で言うと、彩子は初めて頷きました。






「じゃあ、俺にキスして」






そう言うと、彩子は俺の頭を強引に自分の顔の前に持って来て、下からキスをしました。






「ここでする?」と聞くと、「別の場所が良い・・・」と恥ずかしそうに言われました。






ホテルに向かう途中の信号待ちでキスを繰り返し、たまにお互いに触りあっていました。






ホテルに着くと、シャワーも浴びずにお互いに貪るように愛撫を重ねて、びちょびちょのマンコに入れました。



結局、休憩時間も延長して、3回ほど求め合いました。



それから彩子は俺と会うと、外では手も繋がないのに、車の中とかではベタベタとくっ付いてくるようになりました。






夏休みのある日、ホテルのフリータイムを利用して朝から二人でホテルにいました。



彩子がシャワーを浴びている間に俺はローションを自販機で買っておきました。



彩子がシャワーから出てくると、「彩子の処女が欲しい」と言いました。



何の事だか分かっていない彩子をそのままベッドに押し倒し、愛撫を重ねました。



四つん這いにさせてから、彩子のアナルに指を入れました。



驚いた彩子はやっと意味が分かったようです。



彩子のアナルに入った指に沿うようにしてローションを垂らしました。






「良いかな?」と聞くと彩子は頷いて、肘を付いての四つん這いの姿勢で尻を突き上げました。






俺が入っていくと彩子は悲鳴にも似た声を発し、枕の端を噛んでいました。



涙まで流していましたが、俺が背中側から上にかぶさり彩子の耳元で、「嬉しい?」と聞くと彩子は頷きました。



すでに娘は経験済みのアナルセックスを母親の彩子も経験したのでした。






そのまま中に出し、彩子のアナルから垂れてきた俺の精液を押し込むように彩子のマンコに入れました。



その後は、会うたびに彩子とアナルセックスをするようになりました。






就職して、ある地方の会社の寮に俺が入ってからも、彩子は月に何度か適当な理由を付けて俺の部屋に泊まっていきました。



何度か娘にバレそうになったのですが、まさか相手が俺だとは夢にも思っていませんでした。






でも俺は彩子の事は“彼女”とは思っておらず、性欲処理班だと思っています。



別に彼女がいるし、すでに婚約もしました。