家の母親は信じられないくらい天然です。






というか、発達障害だと思います。



50歳になろうとしていながら、未だに「世の中の人に悪い人はいない」とか言い切ります。



電車で痴漢に会っても「あら、何か用かしら?」、干してあった下着を泥されても「着るものなくて困っている人がいるのね」と言う始末。






まるで幼稚園児の頭のまま大人になったような人で、特に性の事については全く無知で、どうやって俺が産まれたのか不思議なくらいです。






父親は単身赴任を10年以上続けていて、今では二ヶ月に一度くらいしか帰ってきません。



おっとりし過ぎで、何をしでかすか分からないような母親なので、放ってはおけないんです。



洋服なんかは今でもフリルがついているような七五三衣装を好んで着てますし、ミニスカを穿いている事も多いのです。



とにかく自分が可愛いと思うものを身につける為、下着も10代の小娘が着けるようなものばかりを平気で穿いてます。



きっと他人がみたら、「キモッ!」て言うでしょうね。






見た目は確かに年齢よりはだいぶ若くは見られていて、顔も笑い皺が少し出るくらいですし、生足も綺麗なほうだとは思います。



こんな母親のエピソードは数え切れないくらいあり、愕然とさせられたのは悪戯電話に真面目に応対しだした時でした。



居間でテレビを観ていた俺は、母親が電話に出たとこを見ていました。






「はい◯◯です。はい、そうです。はい・・・、はい・・・いいですよ。・・・いいえ、小さいです。・・・今日は黄色っぽいのです。・・・いいえ、スカートです」






ここまで聞こえたところで、(ん?なんか変な会話だな)と思いましたが、テレビを観続けてました。






その後・・・。






「はい。・・・いいえ、随分してませんよ。主人は単身赴任ですから・・・。はい・・・はい、いいえ、あ、はい、いいですよ。はい、あ、はい、ご苦労様でした」






・・・と、母は電話を切りました。






俺「誰から?」






母「◯◯のアンケート調査だって」






そう言いながら、洗い物の続きをしに台所に行きました。



そんなことがあってから二日目、俺が家に帰った時に母は電話をしていて・・・。






「あ、はい、それじゃ次ですね。今度は何回ですか?はい・・・はい・・・、じゃ~言いますよ、オナニー、オナニー、オナニー」






指折り数えながらゆっくりと言い放っていました。






(え!?)






慌てた俺は母の目の前に行きましたが、母は俺を見てニコッとしながらも続けていました。






「あ、はい、30回ですね、はい・・・おまんこに入れて、おまんこに入れて」






驚いた俺は電話を毟り取って切りました。






母「あら、何するの?相手の人に悪いでしょ」






そう言って、俺を睨みました。






俺は、「何してたんだ!?」と睨み返すと・・・。






母「この前のアンケート調査の続きで、とっても助かるっていつも言われて感謝されるのよ!」






平然とそう答えてきます。



その電話のことを問いただすと、二日前の電話の後、俺が風呂に入っていた時にまた電話がきて、他では断られてしまうからお願いしますと言われて、15分くらい卑猥な言葉を続けていたそうだ。



翌日には二回、二日目のその日も二回目で、既に30分は言わされていたそうだ。






何を言わされていたか聞くと、『おちんちん』『おちんぽ』『きんたま』『おまんこ』『セックス』など、単語ばかりだったみたいだが、さっきの電話から熟語や文章になってきていた。



ここまで話して、母が「ねぇ、◯◯ちゃんオナニーって何?」と聞いてきました。






ア然とした俺は真顔の母に説明をしてから、「なんで?」と聞くと、「さっき◯◯ちゃんが帰って来る前までずっと『あたしは毎日オナニーしてます』とか『あたしはオナニー大好きよ』とかばかり言うように言われてたから」だそうです。






「へぇ、そうなのか~、したことないから、気持ちいい仕方とか聞かれても分からないわよね」と笑っていました。






そんな母に呆れながら、とにかくこれは悪戯電話なんだから相手にしないようにときつく言いましたが、「でも、アンケート調査なのよ!?答えてあげないと可哀相でしょ」と言う母に、再びきつく言っておきました。



それから一週間は過ぎていた日、テレビを観ていた俺に母が突然「ねぇ、◯◯ちゃん、クリトリスって何?あと、アナルって何?」と聞いてきました。



まさかいくらなんでも、とは思いながら答えると、「あー、やっぱりそっかぁ」と頷いていました。






「それから、バイブとかローターって?」と聞くので、ネットで見つけてこれだよと教えてから、「普通はこんなこと息子には聞かないんだよ」と言うと、「だって分からないんだもの」と、口を尖らせていました。






この後にも展開がありました。



あれから母が電話をしていることも見なくなり、母からも変な質問をして来なくなったので忘れかけてた頃でした。



俺が家にいて、母が買い物に出掛けている時でした。






宅配が母宛てに届いたので受け取り、居間のテーブルに置きました。



差し出しは『有限会社◯◯◯』、品名は『衣類、他』となってました。



母が帰ってきて、宅配のことを言うと「あれ~、また?」と言うのです。






経緯を聞くと、例の悪戯電話(母は未だにアンケート調査と言ってる)野郎から「御礼の粗品を贈ります」と言われて、住所も名前も伝えていたそうで、母が言うアンケート調査野郎からの電話は数日おきに続いていました。



しかも、母はそいつとのやり取りは午前中にしてもらってると言い出した。






母「だって、いつも1時間にはなるから、忙しい時間じゃ困るでしょ。だから午前中だけにしてもらったの」






そう明るく答えられてしまいました。






母への宅配は三回目で、全部見せてもらいました。



初めての粗品はローターとバイブのセット。



しばらく茫然としましたが、使ってる形跡があったので・・・。






俺「使い方知ってるの?」






母「電話で教えてもらったの。あたし何にも知らなくて・・・。世の中の人達のほとんどが、これ使ってオナニーしてるんでしょ?◯◯ちゃんは知ってた?これ物凄く気持ちいいのね」






そこまで話されて、母に恥ずかしくないの?と聞くと・・・。






母「だって、みんなが普通にご飯食べるのと同じようにしているんでしょ、あたし知らなかったの。それにエッチがあんなに色々しなくちゃならなくて、でもそれが物凄く気持ちいいなんて初めて知ったのよ。誰も教えてくれなかったんだもん」






俺「えー!そいつとエッチしたのか?」






母「うん。大事な資料になる調査だからって3回したのよ。いつも終わってから、アンケートに書くの。恥ずかしかったけど大事な調査らしいし・・・。思い切って、してみてよかったわ。人の役に立てたんだもの。それに男の人のおちんちんって皆違うのね。驚いちゃったわ」






俺「え?一人じゃないの?」






母「大事な調査だからって、調査員の人達が、いつも3人なの」






俺は絶句して、何も考えられなくなった。



二回目に送ってきたのは、母の話を聞いていると、どう考えてもすけべ下着を様々7セット。



毎日履き替えて、感想を書いて、言われた通りに下着を洗わないまま三回目の調査の日に渡したそうだ。






「ナイロンに負けて痒かった」というのが感想だったそうだ。






その日に届いたのは、透け透けヒラヒラのネグリジェとDVDと手紙。



手紙には『翌日、下着未着でネグリジェを着ているように』と書いてあり、DVDは『調査中の姿』と書いてありました。