俺は実家を離れ、ある県で1人暮らしをしている。



ある連休の最中、地元の高校時代からの友達であるN美から連絡があった。



旦那の実家が俺の住まいと隣県なので、旦那家を訪問後に久しぶりに会おうとの事。



彼女は既に2人の子持ちだったので、「旦那と子供はどうするの?」と聞いた。



すると旦那は仕事で先に帰り、子供は春休み中ずっと旦那の実家に預ける事になったそうだ。






「昼過ぎにはそっち行くから、ガイドをよろしく」






そう言われたので、合流する駅を決めて彼女の到着を待った。



3日ほどこっちに泊まる予定なので、のんびり出来るそうだ。






予定通りの時間に駅で合流し、「久しぶり」とお決まりの会話をしてから観光に出掛けた。



N美は相変わらずのほほんとした可愛らしい雰囲気で、ママになった事を感じさせなかった。



ちなみに俺とN美は25歳である。






夜までに一通りの観光を終えて、俺の家で飲むことにした。



束の間の子育てからの解放からか、N美のペースは早く、2人してかなりいい感じに酔っぱらった。



地元の連れという事もあり、子育てや仕事の愚痴などお互いに盛り上がった。



冗談や下ネタも満載の会話の中で、気になる話題が出た。



N美は早くに2人も生んだので、もう子作りは止めて避妊はピルに切り替えたそうだ。






俺「いいなぁ。俺も生でヤラせてくれる女欲しいよ(笑)」






冗談っぽく言った。






N美「男ってホント生でヤルの好きだよね」






実はそれまで俺はナマの経験が無くて、生膣の感触を味わってみたいと思っていた。



かといって彼女とは妊娠が怖いし、風俗でのナマなんて以ての外。



N美とは冗談も通じる仲なので半分マジで、「2日間タダで泊めてやるから、代わりに1回ナマ体験させてよ(笑)」と言ってみた。






N美「なーに?私に頼むほど女に飢えてんの?(笑)」






俺「彼女とは無理だし、風俗は怖いし。N美ちゃんなら病気とか気にせず秘密も守れるからいいじゃん(笑)」






N美「ていうか一応人妻だし、Yくんとそんな事したらヤバいよ(笑)」






俺「でももう電車ないからここに泊まるしかないよ。嫌なら見知らぬ土地で女の子1人野宿かぁ(笑)」






N美「ずるーい。それ言われたら私断れないじゃん!!」






などなどシラフじゃとても考えられない会話をしつつ、押しに弱いN美を説得にかかった。



結局いくつかの条件を飲むことで、ついに彼女は折れた。






N美「絶対に秘密を守ること。それから1回したら終わりにすること。ちゃんとシャワーを浴びてすること」






最後の条件がなんとも女の子らしい条件で思わず笑ってしまった。






俺は、「じゃあ、さっそくヤラせてよ。お先にシャワーどうぞ」とN美を急かした。






もうこの時点で俺はギンギンになってたから、この場ですぐにでもN美に挿れたかった。






N美「ちょっと、目がケダモノになってるよ。いい年してバカじゃないの(笑)」






そう言ってN美は風呂場に向かった。



N美が風呂に入っている間、俺は今から始まることが待ち遠しく興奮がヤバかった。






しばらくして、「Yくんも早くシャワーしてね」とN美が出てきた。






俺は、「もう1つお願いしたい事があるんだけど(笑)」と切り出した。






N美「変なコスプレとかならお断りだよ(笑)」






俺「そんなんじゃなくてさ、N美ちゃんが寝てる時にしていい?」






N美「なにそれ(笑)」






風呂に入る前にN美にプレイの設定を伝えた。






俺「N美ちゃんは電気消してそのまま寝ててね。俺は寝ているN美ちゃんを襲っちゃうから(笑)」






N美「えっ、服はどうするの?」






俺「着たままヤリたいからそのままで。あとこれも仕込んどいてね(笑)」






と、ローションを手渡した。






N美「ここまでするの?(笑)変態!!」






そんなやり取りの後、俺は風呂場に向かった。



興奮のあまり急いでシャワーを済ませ、脱衣所で髪を乾かした。



その間も今からの変態プレイ、しかも女友達に生中出しというシチュエーションに興奮が抑え切れなかった。



風呂上がりのN美を見てから萎えることなく俺のモノはギンギンのままであった。






一旦気持ちを落ち着け、頭をプレイモードに切り替えてゆっくり部屋のドアを開けた。



そーっとベッドに近づくと暗さに目が慣れ、薄っすらN美の存在が確認出来た。






俺がベッドに入るとN美は完全に寝入っていた。



既にヤッちゃう許可は貰っているので、リアル度の増したプレイを続行する事にした。



布団を剥ぎ取り、仰向けに寝るN美のスウェットの裾から手を入れた。



薄手のキャミソールの上から胸の感触を確かめると、程よい大きさの膨らみに当たった。



我慢出来ずにキャミの中に手を伸ばし、スベスベしたN美のお腹や柔らかいおっぱいを堪能した。



昔からの女友達を好きにしている状況が俺を異常に興奮させた。






その後、起こさないようゆっくりとN美に馬乗りになり、胸を揉みながら柔らかい唇にかなりディープなキスをした。



無抵抗に寝ている女の子、しかも仲良しの女友達の体を欲望のままに好き放題できるのである。



そんな事を考えるだけでもうとっくに我慢の限界は超えていた。



俺は一旦ベッドを下りてズボンを脱ぎ、ガマン汁でベトベトになった股間を剥き出しにしてベッドに戻った。



心臓がバクバクしながら俺の頭の中は、(早くN美ちゃんの生膣を犯したい。好き放題中に出してやりたい!)という本能の叫びに支配されていた。






そしてN美のズボンとパンツに手を掛けてゆっくりずり下ろした。



たまらず下半身だけ裸になったN美の局部に指を這わすと、ばっちりローションでヌルヌルになっていた。



もっとじっくりN美の体を堪能しようかとも思ったが、もう限界だった。



俺はN美の膝をゆっくり持ち上げ、両足をM字に開いた。



そしてN美に覆いかぶさってギンギンのモノを押し付けると一気に挿入した。



無意識ながらも突然の挿入にN美の中は俺をギュッと締め付けた。



初めて味わう生膣の温もりやヒダヒダの感触が気持ちよく、俺は本能のままに腰を振った。



激しく突き上げられたN美は時々、「あぁっ、うっ」と声を出すものの起きることは無かった。






この時の俺はひたすら自分の快感だけを求めていた。



手をキャミに突っ込んで柔肌を堪能し、腰を振りながらN美と唇を重ね、そのとろけるような快楽に身を任せた。



まだ挿入して2分と経っていないが、すぐに体の奥から凄まじい射精感が込み上げてきた。






俺「あぁ・・・N美ちゃんヤバい!」






そう無意識に口走っていた。






絡み付くN美の生膣に擦れてどんどん絶頂に近づいていった。



ついに限界に達した俺は、躊躇うことなくN美の中にかなりの量をぶちまけた。



頭が真っ白になり、意識が飛びそうな瞬間であった。



何とも言えない開放感と女友達を犯した征服感を味わいつつ、しばらくはN美の中に挿れたまま余韻に浸った。



あまりの気持ちよさに、そのままN美の横で寝入ってしまった。






どれくらい時間が過ぎたか分からないが、「喉が乾いた」とN美に起こされた。



俺はテーブルの上のミネラルウォーターを渡した。






水を飲むとN美は、「凄い量出てるね(笑)ホントにヤッたんだ」と下半身を拭きながら言った。






俺「マジ興奮したよ。そんな格好のN美ちゃんに挿れたんだから(笑)」






俺はさっきの興奮を思い出し、ギンギンになってしまった。






俺「N美ちゃん、もう1回挿れさせてよ(笑)」






N美「えー、1回で終わる約束だったじゃん」






俺「まだローション付いてるから入るでしょ」






そう言って俺は強引にN美を寝かせると足を広げて一気に挿入した。



挿れた瞬間、「キャッ」と驚いたN美だったが、「これで最後だよ。出したら終わりにしてね」と諦めて俺に身を委ねた。



今度は起きてる女を犯している状況に興奮して、またもひたすら腰を振り続けた。






俺「N美ちゃんの中、最高。まとわりついてくるよ」






からかうようにそう言うと、「バカな事言わなくていいから」と恥ずかしそうにしていた。






俺の興奮も最高潮になり、無我夢中でN美にキスしながら腰を振った。



そして再度N美の中にぶちまけた。






俺「ふースッキリした。マジで女友達犯してるみたいで興奮したわ」






N美「実際犯してるようなもんじゃん(笑)。あんまり身勝手なエッチしてるとモテないよ」






そんな話をしつつ、酒の入った2人はそのまま寝てしまった。






『さっきのが最後』とN美は言っていたが、結局2日間で十数回、押しに弱いN美の生膣を堪能させてもらった(笑)