両手を骨折し2ヶ月入院していた時のこと。



両手がギプス状態のため、食事は嫁や看護師に食べさせてもらったり、小便の時は、持ってもらわないと出来ない状態だったので嫁や看護師さんしてもらっていた。






嫁は見慣れているせいかごく自然。



看護師さんは慣れている人もいれば、恥ずかしそうに顔を赤くする看護師さんもいた。



慣れている看護師さん中野さん(人妻31才)は3本の指で竿を持ち、尿が出た後も竿を振って残尿を切ってくれる。



高校の時に同級生だった美希も慣れてはいるが、お互い顔見知りのため恥ずかしがっている。






美希「雄太(俺)の看病するなんて思ってなかったよ」






俺「俺も美希にチンポ持たれながら小便するなんて思ってないし。恥ずかしい?」






美希「そりゃ恥ずかしいよ。知らない人ならまだしも同級生で友達の元カレだし」






俺「このチンポで直美(元カノ)を抱いてたんよ。美希も試してみる?」






美希「何を変なこと言ってるの。綺麗な奥さんいるのに」






新米看護師の香織と美咲はまだ慣れてなく、恥ずかしがりながら持っている。






入院して一週間ぐらい経った頃、嫁の理恵が言ってきた。






嫁「雄くん、一週間以上出してないけど大丈夫なの?」






俺「溜まってるからフェラで出してくれ」






ベッドに横たわると理恵が上からしゃぶりついてきた。



理恵も久しぶりで、病院でしているというスリルからなのか、普段以上にチュパチュパと音を出して舐めてくる。



そうしているとカーテンが開いた。



フェラされているところを人妻の中野さんに見られたのだ。






中野さん「検温の時間なので・・・。終わったらコールボタンを押して呼んでください」






そう言ってカーテンを閉め出て行った。






ものの数十秒だったが勃起して大きくなったチンポを見られた。



嫁も恥ずかしそうにしていたが、続けさせ、口の中に発射した。



嫁はよほど恥ずかしかったのか、すぐに洗濯物を持って帰って行った。






しばらくしてコールボタンを押すと、中野さんがやってきた。



しばらく沈黙だったが・・・。






中野さん「若いからしょうがないよね。声は聞いたことあるけど、しているところ見たの初めてよ。邪魔してごめんね」






俺「謝らないでください。こんな所でした俺らが悪いんですから。でも中野さん、俺のチンポ見てたでしょう」






中野さん「びっくりしただけよ」






俺「結局、中野さん出て行った後も嫁にしてもらったけど、イカなかったんですよ(嘘)。1人で出来るならオナニーして出しますが、手がギプスなんで出来ないので・・・。しごくだけでいいので、中野さんしてくれませんか?」






中野さんは困った顔をしていた。



でもやりたくても出来ない俺の状態をわかってくれ、「しごくだけよ」と言ってパジャマを脱がし、しごいてくれた。



だんだん勃起してきて、中野さんも早くイッて欲しいのか、しごきながらキンタマを触ってきた。



しかし、さっきイッたこともありなかなかイカない。






チンポが乾いてきたので、「中野さん、唾液垂らして」と言うと、なかなかイカない俺を見かねて、「絶対誰にも言わないでね。2人だけの内緒よ」と言ってフェラをしてきた。






これが半端なく上手い。



何も言ってないのにキンタマや肛門まで舐めてくる。



イキそうになるとさらにスピードアップし、最後は口内発射した。



2回目とは思えないぐらい大量に出た。






終わったあと中野さんに聞いた。






俺「なんでフェラまでしてくれたの?」






中野さん「奥さんにしてもらってるのを邪魔したし。それに雄太くん、旦那のより凄い大きいし。なんか舐めたくなった。それにナースセンターでも雄太くん有名よ。アソコが大きいって」






俺「誰がそんなこと言ってるの?」






中野さん「美希ちゃん」






俺「美希は高校の同級生ですよ」






中野さん「今日のこと、絶対美希ちゃんには言わないでね」






俺「何で?」






中野さん「誰が雄太くんの担当になるか決める時、美希ちゃんが、『私がします』って言うから。もしかして好意あるのかなって思ってたけど」






俺「誰にも言わないから退院するまで面倒みてね。あっちの方も」






中野さんは、「はい、はい」と言って検温し出て行った。






その日を境に中野さんが夜勤の時はしてもらった。



中野さんと美希はシフトが違うのでバレなかった。






美希が夜勤の時、コールボタンを押した。



すると美希が、「雄太ー、なに?」って言ってやってきた。



モゾモゾしている俺に気付き、「どうしたの?」と聞いてきた。






俺が演技で恥ずかしそうに・・・。






俺「さっきからずっと勃起して収まらない。こんなこと美希に頼むの本当に情けないけど、俺の手がこんなだし、手でしてくれませんか?」






美希「何敬語になってるの?雄太らしくないよ。美希でよければするよ」






そう言って俺のパジャマを脱がしてくれた。



そして勃起してるチンポを見て・・・。






美希「雄太の凄いおっきいんだけど。こんなおっきいの初めて見たよ。どれぐらいあるの?」






俺「20cmくらいかな。これで直美(元カノ)としてたんよ」






美希「今、直美のことは言わないで。私がしてあげる」






美希はいきなり舐めてきた。






俺「美希、手でいいよ」






美希「フェラの方が気持ちいいでしょ」






中野さんも上手かったが美希も上手い。






美希「もっと気持ちよくなりたい?」






俺「どういうこと?」






美希「抱いてもいいよ」






俺「美希、彼氏いるじゃん」






美希「私が高校のとき、雄太のこと好きだったのに。直美と付き合ったから直美にも雄太にも言えなかった」






俺「本当にいいの?」






美希「雄太に抱かれたい。でもここじゃダメだからちょっと待ってて」






そう言って美希は出て行った。



5分ほどして美希が戻ってきて、浴室に行くことになった。



ナースセンターで適当な理由をつけてきたらしい。






浴室に行くとお互い裸になり、中に入り洗ってもらい、美希も自分でマンコを洗っていた。



美希はスタイルもよく、着痩せするタイプで胸も大きく形も良かった。



俺は美希の乳首を舐め回した。



マンコを舐めるとすでに洪水状態。



クリを舐めると痙攣しながらイッた。






美希は勃起しているチンポを手に取り、マンコに押し当て、騎乗位で挿入してきた。



美希は自ら腰をグラインドさせ、俺の名前を呼びながら喘ぐ。



体位を変え、立ちバックで挿入して奥までピストンすると何度も美希はイッた。



俺も嫁より締まりがいい美希のマンコに中出し。



美希は喜んだ。






その後だけど、美希は退院するまで抱かせてもらい、中野さんも退院の前日に抱かせてもらった。



中野さんはかなりの淫乱妻だった。



今もたまにやらせてもらっている。






美希とは、抱いているところを嫁に見られて終了した。