真帆と結婚して1年半が経った。



子供はまだいない。



特に大仰な避妊はしていないが、お互いに仕事が楽しく、積極的に子供を作るという訳ではない。



真帆(25歳)は、技術課に顔を出しながら、人手不足気味の事務室を手伝っている。






そんな4月のある日、俺(29歳)は実家のある町に帰った。



本家筋の法事と言うことで、ここまで出てきたのだ。



いつもはこの駅から車で40分ぐらい離れた豪壮な本家で法事を行っているが、今回は駅前の大手シティホテルで行うようだ。



ここに来るのは、友達の結婚式で数年前に来て以来。



駅まで迎えに来ていた両親と徒歩でホテルに入った。






受付を済ませ、俺と両親は指定された席に着いた。



分家なので、末席に近い方である。



席次表を見ると、本家の跡取り息子ヒロシが夫婦で参加している。






(あの乱暴者の従兄も嫁さんをもらったのか・・・)






ヒロシは元々乱暴な性格である上、事あるごとに本家の権威を振りかざすので、俺は大嫌いだった。



都会の大学に進学したときは、彼と顔を合せなくて良かったと思ったぐらいだ。






(どんな嫁さんなんだろう?)






気になったが、かといって、わざわざ挨拶に行くのも嫌だ。






法事の会食が始まった。



両親は、伯父伯母連中を集めて談笑している。



高校を出てから何年も故郷を後にしていた俺は、全く話についていけない。



従兄弟や従姉妹たちは、本家の従兄ヒロシのところに集まり、何やら盛り上がっている。



俺はこちらにもついて行けない。



婿養子に行った俺は、すでにこの家の人間ではないのだ。






(まあ、ロビーで息抜きするか)






俺は、ノートパソコンの入ったケースを手に、トイレに行くふりをして会場を後にした。



ロビーに座り、ネットサーフィンをしていると、女性が一人座っていたのを見つけた。






(あれ?どこかで見たことがあるぞ)






俺「弓美(ゆみ)、お久しぶり」






弓美「あら、ケンちゃん」






高校時代、俺には洋子という彼女がいたが、洋子の友人が弓美である。



ぽっちゃりとした躰、丸顔に大きなメガネをかけ、当時は男とは無縁そうな娘だった。



いつも図書委員として図書室のカウンターにいて、友人の彼氏である俺に対しては、気軽に声を掛けてくれていた。



聞くと、俺と同じ法事に出ているという。






さりげなく、席次表を見ると・・・あの、暴れん坊の従兄ヒロシの奥さんになっていた。






全然想像が付かない。



どうやら、勤務先で知り合って結婚したようだ。



旦那には俺と知人であることは特に話していないという。






弓美「(席次表に)あんたの名前もないじゃん。出るなんて知らなかったよ」






俺は、勤め先の社長の一人娘、真帆と結婚。



婿養子に入った形なので妻の姓を名乗った。



だから苗字が違っているわけだ。






俺たちは、会場入口のドアから★角となる場所に席を移し、話を続けた。






俺「ヒロシとはどうなの?」






弓美「普段は優しくしてくれるけど、言うことを聞かなかったり、怒るととても怖いの」






大人しい弓美のことだ。



きっと奴に見初められたか、手を付けられて強引に結婚に持ち込まれたに違いない。






俺「戻らなくていいの?」






弓美「あの人、親戚が集まると、いつも従兄弟で馬鹿騒ぎをするの。私のことは放ったらかしで・・・もう少しケンと居たいな。奥さんは連れてこなかったの?」






俺「うち、分家だし、俺は婿養子だから」






弓美「そう、お婿さんじゃ大変でしょ?」






友達の消息を聞いたりしているうちに、弓美はだんだん俺に近づいてきている。



さっきの席は向かい合わせのソファだったが、今度の席は二人並びのソファだった。






俺「弓美?んっ?」






弓美は俺の手の上に自分の手を重ねた。






弓美「私もケンのことが好きだったんだけど、洋子に悪くて言えなかったの。もう少し早く洋子と違う大学に行くと知ってたら、あなたについて私も都会に行きたかった」






そう言うと、がばっと抱きついてきた。



俺も、幼児体型の洋子より、むっちりとした弓美の方がいいなぁ、と思ったこともある。



3人で遊園地に行ったとき、洋子がどうしても嫌がったので、弓美と二人でお化け屋敷に入ったことがある。



その時、腕に胸が押しつけられたが、あの感触は今でも忘れられない。






弓美は目を瞑り、唇を俺の方に突き出してきた。






(いくら何でもロビーでキスはまずい・・・)






俺は、弓美に耳打ちすると、二人でロビーを横切り、階段を上がった。



このホテルは1~3階が宴会場、4階が親族や新郎新婦の控室となっている。



結婚式があるときはフル活動する控室も、法事会席では全く使用されない。



今日は仏滅なので、控室のある4階はエレベーターも通過扱いとなっている。



仏滅だから、スタッフも最低限必要な人を残して皆休んでいるはず。



(結婚式をやっているホテル、仏滅の日曜日は休みの奪い合いなのだ。結婚式場でバイトしたことがあるので、その辺の事情は詳しい)






誰も居ないフロアにスタッフが来る心配はない。



階段で4階に上がると、非常灯だけが薄暗く点る廊下に、控室の扉がずらりと並んでいる。



親族控室の一つを選び、中に入る。






(錠がかかってなくてよかった・・・)






錠がかかっていたらトイレに行こうと思っていた。



入口の前に衝立を置き、中のソファに二人並んで腰掛けた。






俺は上着を脱ぐと、弓美の肩に左手を回し、右手で顔を寄せた。



弓美は目を瞑って心持ち顎を上げている。



唇を合わせ、しばらくたって舌を入れると、弓美も絡め返してきた。



そのまま左手をバストにまわすと、予想していたより大きく、片手で余るぐらいだ。



ワンピースの上から揉み始めると「暑い・・・」と弓美。



フォーマルウエア(喪服)のワンピースは、背中ファスナーになっているので、ホックを外し、ファスナーを下ろす。



むちむちの肌に、真っ白なレースのブラが食い込んでいる。



そのままブラホックも外し、ワンピースの上半身をはだけると、Cカップはありそうなバストが現れた。



乳輪は大きめのピンク。



カーテン越しの光がぼんやりと入るだけの薄暗い控室で、弓美の真っ白な肌が輝いている。






弓美ともう少し話すことができれば、大学生活はバラ色だったはず。



こんな魅力的な躰の女性だったら、二人きりで都会で暮らしていたかもしれなかった。



ふと、そう思った。






俺は弓美の背中に回ると、豊かなバストを横側から揉み上げた。



バストの外側に刺激を与えるように・・・たぷたぷと震えながら形を変えるバストは、Aカップの妻では味わえないものだ。






弓美の息遣いが荒くなってくる。



そのまま乳首にタッチすると「あん、あん」と悶えるようになった。



俺は弓美の前にまわり込むと、マシュマロのような乳首にしゃぶりつき、吸った。



弓美は、「ああんっ」と喘ぎ、足をもぞもぞさせている。






俺は、スカート部分を捲って股間に触ろうとしたが、「シワになっちゃう」と弓美は自分から腰を浮かせ、ワンピースを足下にはらりと落とした。






黒タイツに包まれた脚は、地元の人が皆そうであるように、むっちりとしている。



ソファに座っているから、なおさらむっちり感が際だっている。



タイツから透けて見えるパンツは真っ白のおばさんパンツ。






俺の視線に気が付いたのか、弓美は「まさか、人前でパンツ見せる事なんてないと思ったから・・・」と言い訳をしているのが可愛い。






まあ、法事に行くのに、紫の勝負下着で行く奴なんていないけどね。






俺は黒タイツの上から足を撫で始めたが、「伝線しちゃう」と弓美。



おばさんパンツを見ても仕方がないので、パンツとタイツを一気に下ろした。



むちむちの太ももの付け根にあるヘアと一緒に、盛り上がった土手を優しく撫でる。



弓美はくすぐったそうにしていたが、局部に手を当てるともう、ぬるぬる。



いきなりクリを擦られて、ピクッと反り返った。



そのまま、右手で優しくクリを捏ね、左手で肩越しに乳首を摘むと、「ああああああんっ」と大きな喘ぎ声をあげた。






さらに、指を中に入れて捏ねようとすると、弓美は「ケンのも触らせて」というので、ベルトを外し、下半身を丸出しにして仁王立ちになった。






弓美はおそるおそる両手で握ると、擦りだした。



手で竿を擦ったり、亀頭を捏ねたり。






俺「弓美、気持ちいいよ。どこで覚えたの??」






弓美「・・・」






俺は擦られながら、壁の時計を見た。



部屋を出てからだいぶ時間が経っている。



弓美もそれに気が付いたのか、ソファに横たわると・・・。






「欲しい・・・」






俺は、弓美の両足を抱え、持ち上げると、一気に挿入した。






弓美「痛っ」






俺「大丈夫??」






弓美「うん、ちょっとケンのが大きかったから・・・でも続けて。気持ちいい」






俺のはそんなに大きくないはずだが・・・。



さては、ヒロシのやつ、相当な粗チンに違いない。



(後日、それを確かめることになる事件が起こる)






締まりは妻の方が上だが、柔らかい肉ひだに逸物が包み込まれる感触は俺も初めてだ。



ソファの上は狭く、落ちそうになったので、弓美を絨毯の上に横たえると、引き続きピストン。



脚を大きく広げると、俺の逸物はさらに奥へ押し込まれ、弓美の息はますます荒くなる。



大きなバストは若干横に垂れているが、それでも膨らみは十分に感じられた。



そのまま弓美の手を引いて対面座位に持ち込み、キスをしながら腰を突き上げた後は、俺が後ろに倒れて騎乗位に。



大きなバストがゆさゆさ揺れ、その上で昔の友達が喘いでいる光景。



まさに絶景。






俺は猛然と突き上げると、弓美は「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」とイッてしまった。






少し間を開け、今度はソファに手をついてもらい、バックからずぶりと挿入。



無人の部屋に、パーンパーンとバック独特の音が響き渡る。



一回イッた弓美も、また「あーん、あーん」と喘ぎ声をあげる。



カーテン越しの淡い光の中、真っ白で大きなお尻が目に眩しい。



ふんわりとした抱き心地は、最近、真帆以外の女性を相手にしていないので新鮮だった。



俺は、尻を抱えながらイキそうになった。






俺「イキそうだよ」






弓美「いいわっ。中でイッて」






俺は、ヒロシと血液型が同じだったことを思い出すと、弓美の中にどくどくと射精した。






俺「ごめん、中で出しちゃった」






弓美「いいのよ。血液型同じなんでしょ。親戚だし」






弓美は局部を拭き、ショーツにナプキンを当てると、そのままショーツとタイツを穿いた。



真っ白なバストは、俺が吸ったりしたところが痣になっている。






俺「大丈夫なの?あそこには俺の汁が入ったままだし、おっぱいには痣がついたし・・」






弓美「ええ。きっとあの人、これから場所を変えて、今日集まった人たちと朝まで飲み明かすんだから。私のことは放ったらかしで」






ブラのカップにバストを納めながら弓美は言った。






俺「弓美は行かないの?」






弓美「私が行っても話題について行けないのよねぇー」






弓美が語るところによると、彼らの話は、かつての文学少女には全く相容れないものだった。



また、彼のセックスは力任せの自分本位のもので、あまり気持ちよくないそうだ。



バストも鷲掴みにするだけだし。






弓美「さすが都会仕込みは違うわね。とろけそうだったわ」






俺「そんなことないよ」






(心をこめて愛しただけだ。キミのこと好きになりそうだったから。チャンスさえあれば、一緒の時を過ごせたのに・・・)






後半の言葉は何とか飲み込んだ。



本家の跡取りの嫁を略奪したとあっては、都会の郊外で暮らす俺はともかく、ここしか居るところのない両親は地元で生きて行けないだろう。



もちろん、一番愛している真帆を悲しませることはできない。



服を整え、メールアドレスを交換した俺と弓美は、別々に宴会場に戻った。






法事が終わり、その日の新幹線で自宅に戻った。



法事の翌日から数日は妻と夜を共にする暇もないほど会社も忙しく、何とかバレずに済んだ。



そんな折、弓美からメールが入った(男名前で、できるだけビジネスっぽい文章で書くように言ってある)。






今度、外国に転勤する友達の見送りのために成田まで出て来るそうで、その後に泊まるホテルを探して欲しいそうだ。






(友達の見送りぐらいで地方からわざわざ新幹線代使って成田へ泊まりがけで来るか?)






俺は疑問に思ったが、次の瞬間、ひらめいた。



俺は、リビングのカレンダーに『昔の同級生と呑む。終電で帰る』と書いた。






“終電に間に合わなくなって、ビジネスホテルに泊まってくるよ♪”






・・・というストーリーを、愛する妻、真帆に捧げるために用意した。