俺も馬鹿な義父だ。



息子の嫁としている。






きっかけは息子の浮気。



相談乗ってるうちにムラムラしてやっちゃった。



嫁が言っていたが、今の若い娘は旦那が浮気したら自分もするってのが多いらしい。



若い人達、肝に銘じておけよ。



お義父さんの方がいいってよ。






息子が会社の若い子と浮気しているらしい・・・と嫁から相談された。






「一度息子に確認してみる」ってことで嫁と約束して別れた。






息子に、「どうなんだ?男同士だから正直に言え」って確認したら、やはり社内の子に手を出していた。



関係を持って半年ほどだと言う。






息子も「嫁にバレているみたいだ」と言うので、一応説教をしておいた。






その間にも嫁は、息子の浮気の確証(携帯メール)を握ってスッタモンダしてたらしい。



・・・で、次に嫁に会った時、二人の話は一致し、「息子と別れる」と言う嫁をなだめすかした。



ここまでは喫茶店で素面での話し合いだった。






「気分が滅入っているから酒でも呑んでパーッといこう」と居酒屋へ場所を変えて呑みだした。






最初は嫁にも一応説教じみた話をし、嫁の言い分も聞いていたんだが、酔いが回るにつれ嫁が「私も浮気してやる!」となった訳。






「馬鹿なこと言うもんじゃない」と俺はまだ冷静だった。






「友達はみんな旦那が浮気したら自分もするって言ってる。A子だって実際やってるし、私も浮気して敵をとる」って、嫁は言い始めた。






その頃は俺もかなり出来上がってきてたし、頭の中では、(この嫁なら抱くのも悪くないな)と良からぬ考えが駆け巡り始めた。






結婚して3年、28歳、子供なしの共稼ぎ。



息子には勿体無い(と思った)スレンダーな身体つきで俺好み。



呑んでいたので気が大きくなってたのと、断られたら酒の所為にして誤魔化そうなんて下心もあって、「どうせ浮気するならお義父さんでどう?」って振ってみた。






意外や意外・・・。






「お義父さん本気なんですか??私は良雄さんに敵がとれればお義父さんでもいいんです」と嫁。






(“でも”とはなんだ!)と心の中では思ったが、「本気、本気、瞳さんを喜ばす位の体力はまだあるよ」と呂律の怪しくなった俺。






「場所を変えようか?(もちろんラブホ)」






そう言うと嫁の瞳は、「今晩は遅くなったし、それにあれ(生理)だから今日は帰る。別な日でいいかな?」と言うので、逃げられたかと思いつつも、義父としては無理やりという訳にもいかず、都合のいい日をメールで連絡することで別れた。



タクシーに乗せる時に万札を握らせ、「お釣りは小遣いにしな」っていい格好。






小遣いが効いたのか、5日後の昼休みに瞳からメールの着信。



『今度の休みに逢いたいんですけど都合はどうですか?』と。



もちろん、『OKです』の返信。



息子は嘘か本当か会社の連中とゴルフとのこと。



この歳になると俺なんか休日の外出なんか日常茶飯で特に理由はいらない。






当日、待ち合わせの場所で車で瞳を拾って・・・。






俺「どこ行きたい?」






嫁「どこでもいいです」






朝からいきなりラブホってのもなんだし、一日たっぷり時間があるので房総まで行くことにした。



観光地を2つほど巡って車を走らせていると、ラブホの看板を見つけた。



海辺の方向に矢印がある。



シーサイドホテルとか。



海が見えるのもいいな。



小綺麗なホテルでホッとした俺。






部屋へ入ると、「お義父さん、私なんかで本当にいいんですか?」と可愛らしいことを言う瞳。






俺「瞳こそ俺でいいのか?」






嫁「うん、良雄さんには絶対内緒にして下さい」






こんなこと息子にも誰にも言えたことじゃない。






嫁「二人だけの秘密だね」






先にシャワーを浴びてバスタオルを巻いて出てきた瞳の身体(T165、推定:CかDカップ、W60、H86)に見惚れていると息子はギンギンに。






嫁「お義父さもシャワー浴びたら?」






だんだん言葉使いが馴れ馴れしくなってきた。



シャワーで息子、それに尻の穴の方まで良く洗い、部屋へ戻る。



俺の息子は元気に上を向いて身体に巻いたバスタオルにテントを作っている。



ベッドの中の瞳はそれを見て・・・。






嫁「お義父さん、元気なんですね、精力剤なんか不要ですね」






すっかりババアのかみさん相手じゃないんだから。



28歳が相手なんだからね。



55歳だって元気ですよ。






俺も嫁が空けておいてくれた嫁の右脇に滑り込み、腕枕をしてやりましたよ。



右手はバスタオルの上から瞳の胸の上。



その手に瞳が上から自分の手を重ねてきた。



俺は相手が嫁ということにちょっぴり気を遣って、すぐにバスタオルを剥ぐことを躊躇っていたんだけど、重ねていた嫁の手が挟んでいたバスタオルの端を自分で外したのに俺は気がつかなかった。



バスタオルの上で胸を揉んだり擦ったりしているうちにだんだんバスタオルがズレていくことに気がついた俺は一気にバスタオルを剥ぎ取った。



嫁は同時に、「イヤ!恥ずかしい!」と両手で顔を隠したけど、バスタオルの中は下着も付けてないスッポンポンの状態。






胸の大きさはCよりは大きく、Dまではない釣鐘型の形のいいおっぱいだ。



嫁に問いただすと、顔を覆った手の間から小さな声で、「C・・・です」との答え。



しなびたカミサンのおっぱいなんか比べ物にならない。



見た瞬間、嫁の胸にむしゃぶりついた。






「あっ・・」






嫁の口からの第一声だった。



右胸、左胸をしゃぶり、時々立っている乳首を舌先で転がしたり唇で挟んでみたり、その度に嫁の手で覆った口から、あ行の言葉を主に漏れ出していた。






嫁の顔に当てた両手を外しキスをすると、自分から舌を俺の奥深く入れて舌先を絡ませてきた。



俺の手は胸から臍の下くらいを往復させてた。



いきなり割れ目にいかず、焦らし戦法ってやつかな。



そんなことを15分も続けたろうか。



嫁の腰が股を擦り合わせるようにうねりだした。






嫁「お義父さん・・・」






割れ目への催促だと悟った俺は、腕枕してる左手で嫁の乳首を指先で挟んだり、揉んだり。キスで舌を絡ませたまま右手は割れ目に。



少しお股を広げ気味に俺の手を受け入れた嫁。



もう割れ目の内も外も淫液でグチョグチョになってる。



割れ目に沿って中で指を使ってみると、クリに当たるたびビクッと腰を上げる。



結構クリも感じるんだなと、普段の嫁からは想像もつかない悶え顔に興奮。



集中的にクリを攻めてみるとキスの唇を時々離し、あ行の言葉に、「お義父さん・・・」の言葉がプラスされるようになってきた。



クリを擦りながら時々オマンコにも指を入れてみると、「うご・・・かして・・・」って催促する始末。



息子とはレス半年とは言っていたが嫁も結婚生活3年で息子に仕込まれたか。



馬鹿な息子に感謝しなきゃ。






オマンコに入れた指を前後に動かすと、嫁の腰全体が指の動きに併せて上下する。



指はGスポットを探るように動かしていると、見事Gスポットに当たったのか嫁の声がいきなり大きくなりこっちがビックリ。






嫁「お義父さん・・・いい・・・いい」






横になったまま俺の下半身を瞳の方へもっていくと、瞳はごく自然に俺の息子を咥え、舐め始めた。



そして筋、袋まで舐め回してくれた。






嫁「お、義父さん・・・、指・・・2本、お願い」






2本にした途端、瞳の声が一段と高くなった。



で、手マンをもっと速くしたら腰を上下にガクガクさせて・・・。






嫁「お義父さん、漏れそう・・・漏れそう・・・イク・・・イク」






イッたとみえて、嫁はいきなりストンと腰を落とした。



身動きせず時々全身がヒクつくだけ。



俺はM開脚したグチョ濡れの瞳のオマンコに、ギンギンの息子をあてがって挿入。



正常位で抜き差しを開始。



瞳は俺の腰に両手を回し、抜かせてなるものかみたいに自分に引き寄せる。



嫁のオマンコを出入りする息子。



嫁とって思うだけで興奮もの。






そのまま引き起こし、対面座位。



嫁は両手で俺にしがみ付いて自分でも腰を使ってた。



喘ぎ声はあ行に混じって色々な言葉を出していた。



そのうち嫁自ら抱き合いを解いてバックスタイルに。



息子とのレスで相当飢えていたんだろう。



レスを一気に取り戻すような激しさだった。



自らオマンコを押し付け、息子を少しでも奥へ入れようとするかのように腰を使っていた。



二人で同時にイキ、しばらく休息して、ホテルを後にした。