彼女との約束場所の池袋へ仕事が終わって行ったんだわ。



ま、行く先は居酒屋なんだけどな。



前回のこともあるんで、なんか女に呼ばれてファミレスって訳にもいかないし。



酒でも入れば口も滑らかになるし(半分はまた・・って期待感もあったか?)彼女の本音も聞けると思ってさ。



呑みながら聞いているとやっぱりあの夜のことは姉貴に喋ったみたいだな。



俺に色々相談に乗ってもらった(だけでなく俺の上にも乗ったけど)って。



姉貴、割と勘がいい方だから「それだけじゃないでしょ?」って、突っ込み入れられて白状させられたらしい。



姉貴に今の男と別れて俺と付き合いたいって言ったらしい。






当然姉貴は「弟に手を出さないで」って断ったらしいけど。



なんか彼女は姉貴の弱みを握っているらしく、結論は本人(俺)次第だからってことで月曜日の呼び出しになったんだ。






姉貴の弱みってのも気になるけど、姉貴の許可貰ったんだって、えらい強気で付き合ってくれって迫るわけ。



ちょっと腰が引けたけど、最初の紹介しろって言い出しっぺは俺だから「ま、姉貴も許可したことだし・・」と、セフレ位でいいかって感覚でOKしたよ。






それからだ、トロンとした目で「今日は酔っ払わないからお酒は控えめにしとく」なんて、その後の期待感ありありの態度だよ。






もう全然、恋人気取りでいやがんの。



ダメ男の話を延々と聞かされるよりはましかと。



前回に散々ダメ男を愚痴ったから今日は全く出なかったのも俺の気を良くしたのかも。



で、結論の出たところで居酒屋を後に外へ出たら早速に腕組んできたさ。






「これからどうする?」






俺も野暮な質問したもんだよ。






「どうする?」






潤んだ目で見上げられたら、もう行くところは決まってるよな。



西口の◯Iの裏手方向へ足が向いていくが、彼女の腕はがっちり俺に組まれたまま。






ホテルの入口って足踏み入れるとなんで「キーンコン」なんて鳴るんだろうな?



理由は判ってるけど、いかにも遣りに来ましたよ~って感じで嫌だね。



今日の彼女はホロ酔いの所為か入口じゃ「彼に怒られる~」とは騒がなかったけど。



なんか、けなげに俺に腕を組んだまま後ろに隠れるようにして付いてきた。






部屋に入ってすぐ彼女の方から抱きついて、俺の胸に顔を埋めて「いいんだよね」。






いいも悪いもここまで来て悪い訳ね~だろ。



俺の息子だって涎流して居酒屋出る時から立ちっぱなしだもん。



顔を上げさせて唇を貪ったさ。



アルコールは女に色気とその気を出させる媚薬だな。



時々開いて俺を見上げる彼女の潤んだ目は、色気とその気を感じさせるには十分よ。



その気ってのはこの段階じゃ俺の方が勝ってたけど。






立ったままパンティーの中へ入れた俺の指先は、あの濃いめのヘアーを掻き分けて割れ目をなぞってみた。



もう既にヌルヌル状態だよ。



指先を動かすたびに彼女は腰を蠢かしてた。



腰を捻るたびに指先が的を外れるんだよね。



的を射た時は「ウフン・・」とか言うから判るんだけど。






お互いに服の脱がしっこして俺はブリーフ1枚、彼女はブラとパンティー姿。



今日の彼女の下着は前と同じブルーの上下のお揃い、変に勝負下着で来られるより、俺的にはいいけどね。



後ろへ回してブラのホックを外す時なんか、一気にポロッといかないように両手で胸押さえていたけど、直ぐに俺の手で外されてベッドの上さ。



さすがにパンティーは自分で片足ずつ足元から抜いてた。



そしてブラと同じくベッドの上へ。



今日は前と違って嫌に純情ぶってんの。






その姿でまた、割れ目に手を入れて悪戯の続き。



彼女もブリーフの上から息子に今日初めてのご挨拶に握ってきた。






「立ってる・・・。固い・・」






前は酔っ払ってて13cmの息子のことは覚えてないみたい。



彼女の胸は俺的にはCカップ位が大きさ的にはちょうどいい、手のひらからちょっとハミ出す位の大きさ。



結構形もいいし、乳輪、乳首の色、大きさも気に入ったね。



この胸をあのヘタレ彼氏は諦められるのかな?なんて思ったりして。






軽く両方の胸をシャブッてから、オレ「シャワーにする?」






彼女「もう?」






彼女の心残りな気持ちは判るけど、ラブホは時間があるからさ。






シャワーを浴びながら彼女の心残りの続きさ、後ろから泡だらけの胸を揉んでやった。



ボディーソープで手の滑りがいいんだよね。



片手は胸、片手は割れ目の分担。



浴室って声の反響が大きくてさ、喘ぎ声が響くし、隣にも聞こえてんだろ?






ご同輩も経験あんだろ?



泡だらけの身体の洗いっこさ。



彼女は俺の下半身にボディーソープ塗りたくって息子を集中的に攻めてくるんだけど、こんなので発射する訳にいかね。



逆に彼女の割れ目の俺の指での集中攻撃の方が有効だったな。






お~、肝心の彼女の的のことを紹介してなかった。



大きさは小豆位、大納言とかいう種類くらいで剥けてる。



色は薄いピンクといったところ。



これが俺の指先で小納言から大納言に変わっていくのがなんとも楽しいんだね。






オレ「大きくなってきた」






彼女「ヤン・・・」






勿論喘ぎ声は続いてたけど。



洗いっこはここまでで、浴槽の縁に座らせ、彼女の脚をM字開脚にさせて・・・。






オレ「もっと開いて」






彼女「恥ずかしいょ・・・」






言いながら、でも俺の頭が入るくらいは開いてくれた。






ボディーソープは完全に流してあるんで、このヌルヌルは泡の所為じゃないことは確かなんだが、最初から中納言にチロッと舌先でご挨拶だ。



彼女の腰が後ろへ逃げて危うく浴槽の縁から後ろへ尻を落とすとこだった。






大納言くらいになったところで攻守交替だ。



俺が浴槽の縁に腰掛けて息子を晒す番にまわった。



これって守る方だよな?



天に向かってそびえる・・・ほどじゃなくて、上に向かってビンビンに立っている13cmの息子をだよ。



もっと成長してくれてればいいのに・・・って思ったけどな。






床に女座りした彼女が片手で息子を軽く握って、上下に何回かしごいて上目使いで俺を見上げやがんの。



こんな時の女って妙に色っぽいっていうか、目が潤んでいて期待感持ってるな、って感じる時だな。



で、いきなりパクッときた。






「おっ、あったけ~」






女の口の中ってこんなに暖かったっけ?






「フゥンゴ・・・、フゥンゴ・・・チュパ・・・」






上から見下ろす彼女の口元を見てて、女がバナナ食ったり、ソフトクリーム舐めてるのを想像してた。



上から見る彼女の背中から腰、ヒップのラインはいいね~。



彼女だけでなく女のこのラインはいつ見ても綺麗だと思うよ。



ただし、何んでも例外はあってさ、くびれのね~ズン胴はダメだな。



彼女は快楽を与えられた時は尻を後ろへ落としそうになったけど、俺は前へ落としそうになったよ。






ご同輩も経験あるよな?



男って高ぶって来ると腰を前に突き出すんだよな。



彼女、俺に喉の奥まで突かれて「ゲホッ・・ゲホ」って涙目で見上げてさ。



可哀想になったのと、ここは堪えなきゃと思って、場所変えてベッドの上へ。



彼女の浴衣姿って結構色っぽかった。



特に尻、ヒップの形がパンと張ってくっきり出てんだ。



あの浴衣の下は・・・想像しただけで息子も、より力が入って、以前より膨らみを増したよ。



両手を後ろについて、足を投げ出した格好の俺の息子は天に向かってた。



横座りになって息子を咥えている彼女の背中、腰からヒップに掛けてのラインも良かったよ。



さっきの尻の中身が見たくなってね、尻に手を掛けて俺の方に引き寄せたぜ。



捲るのは当然だよな。



この場面で捲らない奴いる?



彼女、自分から紐を解いて全裸になってくれたね。



なんだパンティー着けてね~、だから浴衣のヒップが綺麗に見えたんだ。






全裸で見る背中、腰からヒップのラインは堪らね~な、特にヒップなんか綺麗なハート型でさ。



暫く息子の面倒をみた彼女、俺の顔の上に尻をもってきて跨ってきやがんの。



滴り落ちるかと思うほどヌレヌレなった割れ目の花びらは、左右に開いて(舐めて・・)って誘ってるみたいだ。






これも当然舐めるだろ?ご同輩。



舐め方はそれぞれ違ってもさ。






彼女が腰を振ったのは、尻の穴と大納言に俺の舌がいった時だな。



勿論、割れ目の中にも舌先を丸めて入れてやったさ。



この頃は喘ぎっぱなしで隣に聞こえるくらいの声を上げてた。



なんか言葉にならない言葉を口走っていたけど、向きを変えてそのまま俺の息子を割れ目にあてがって腰を落としたよ。



あれだけ濡れてりゃなんの抵抗もなくニュルって感じで入っても不思議じゃないよな。



そのまま対面座位って体位で彼女が上下に腰を使って。



この体位って女主導の体位だよな?



時々息子の出入りを確認するように結合部分を覗いては腰使ってた。



俺の両手はハート型のヒップに掛って彼女の上下運動に協力したよ。






暫くイヤらしい音と喘ぎ声が部屋に続いてたけど、案外男って無言でことを進めるよな?ご同輩はどう?






八回の裏、攻守交替だな。



そのまま抜かずに彼女を後ろへ倒せば普通の型、ま、世間で言う正常位だよな。



俺、だいぶ手抜きしたな、今回は。



濃いめのヘアーなんか濡れまみれてヘバリ付いてんだ。



掻き分ける手間も毛切れの心配もなくて楽だな、この態勢移動は。






深く、浅く、ゆっくりと、早く、前後左右に俺は腰を使ったぜ。



なに言ってんだか判んね~喘ぎ声をあげて、シーツを鷲掴みにして、頭は髪の毛振り乱して左右に振ってた、彼女。






「いい・・もっと・・」とか「そこ・・いい・・」とかは判ったけど、あとは何言ってんだか。






突然「漏れるッ・・洩れる~・・」って声上げた。



(何が漏れるんだ?潮吹き?)






俺の初めての体験だからさ潮吹きって、「いいよ、漏らしていいよ」って耳元で囁いてやったよ。






「いや~っだめー」とか言って腰を2、3度上下にガクガクさせて、持ち上げた腰をストンと落としたらそのまま声も出さなくなって、「ハーハー」肩で息してる。






九回の表だな、ワンワンスタイル、世間ではなんて言うんだっけ?



ま、俗にバック、正式には後背位ってやつ。



例のハート型の尻、ヒップを眺めながら・・・なんて俺、さっきから考えてたんだよな。



彼女、頭を枕に押し付けて背中落して尻を高く掲げた。



この位置から見るヒップはハート型じゃないんだよ。



なんかアワビにワカメがくっついて今、磯から上げたようなあそこばっかりが目についてさ。



しかも灯に照らされてヌメヌメ光ってるし。



息子を繋がなきゃ話にならないから、膝立ちすると脚の長めの彼女のあそこと息子の位置はぴったり、背の低い子だとどうしても高さ調整で片膝立ち姿勢になるんだけど、ご同輩には経験ない?






その姿勢で割れ目に息子を宛てがって、息子にヌルヌルを分けてもらったよ。



入る時の彼女、「アァッ」だか「ワァッ」だか判らない声出して自分で腰使ってた。



奥まで入ったあとは自分で尻を前後に動かしたり、もっと奥までってな感じで押しつけてきたり。






今度は今までと違った角度の肩、くびれ、逆ハート型の尻が良く見えるようになったよ。



この角度もいいね~。



ハートの凹んだ部分に出入りする息子を、出入りさせる番に廻ったさ。



彼女のあそこに刺し入れる度に、キュッと締まるの、抜く時は締まりが緩むの。



タイミングがいいっていうか、自然にそうなるように女の身体が出来ているのか知んないけど。



頭を枕に押し付けた彼女の髪の毛は左右に広がっててさ、その中で頭だけが首を中心にして左右に振られてたよ。



もちろん、何だか訳の判らない言葉の喘ぎはさっきから出っぱなしだけど。






お腹の下から回した手でCカップを揉んだ時はクビレだけ捩って感じてる。



クリを責めた時は尻ごと左右に振って感じてたさ。



この回はこっちの大量得点だったな。






いよいよ九回の裏に入ったよ。



このまま逝ってもいいんだが彼女の希望も聞いてみたさ。






「どの型で逝く?」って。






この時だけはハッキリと「正常位・・・」って言ったな。






最後は女それぞれで希望が違うからね、ね?ご同輩、経験あるでしょッ。






ワカメの貼りついた赤貝の真ん中に息子を挿し込んだよ。



前後に息子を抜き差しする度に小さい方の唇が息子にまとわりついて捲れたり、見えなくなったりで楽しめたな。



鷲掴みしてた彼女の両手がブルブル震えてお腹が反って、これも震えてた。



この時のお腹のライン、好きだネ、俺。






耐えていたのが限界にきたのか「逝く~逝く・・・」って、それまで反って上がってたお腹、尻が一気にガクッと落ちた。



と同時に俺の息子は凄い力で締められてた。



その所為で俺も限界を超えて一気に発射完了さ。



重なり合ったまましばらく二人の荒い息遣いが「ハーハー」してた。






セックスはやっぱり歳上の女がいい。



ま、こっちもそれなりの経験はいるけど。



童貞だったら溺れるだろうな、手慣れ女にすぐ結婚に持ち込まれてしまうだろ。



俺の姉貴の友達ってこともあるし、これだけセックス慣れした姿態をみたんじゃ前カレの躾(?)も想像しちゃうと俺的には結婚はゴメンだな。



それに俺まだそんな歳じゃね~し。






姉貴の弱みを聞き出すまで、しばらく付き合ってみるわ。