お母さんと母子相姦するようになったのは父と夫婦喧嘩をした母が家を飛び出してきて、僕のマンションに転がり込んできたことから。



偶発的というか成り行きで、僕が母を性欲処理のはけ口にして無理やり犯してしまったのです。






夜の8時頃、マンションのインターホーンが鳴り、モニターを見ると、母が1階のエントランスに来ていました。



ロックを解除すると、ワインや食料をどっさりと持った母が上がってきました。



母は部屋に入ると、すぐに父の愚痴をこぼし始め、僕はグラスや食べ物を並べながら母をなだめ、ワインのコルクを開けました。



少し白髪が増えた母と久しぶりにワインを飲みながら話を聞いていて、気が付くと、もう12時近くまでになっていました。






2人ともかなり酔っ払ってしまったので、シャワーを済ませてから寝ようかということになりました。



母が先にシャワーを使うと言って僕の目の前で服を脱ぎ始めました。



僕のマンションはワンルームで脱衣場がなく、母が素裸になるのがモロ見え。



母がバスルームに入ってドアを閉めた後、床に無造作に脱ぎ捨てられた服と薄紫のパンティが目に留まりました。



近寄って薄紫のパンティを、そっと拾い上げて見ると、生温かくて、クロッチは母のおまんこの臭いがするシミ付きパンティ。



僕は酔っていたせいもあって、半透明のガラスの向こうの白い裸を見ながら、生温かいシミがついたパンティの匂いを嗅いでいると、母に対して性的な衝動が起こり、僕のペニスがみるみる大きくなってくるのが分かりました。






僕は、服を脱いで裸になると、バスルームのドアを開けて中を覗き込むようにして、「母さん・・・一緒に入ろうよ」と声を掛けました。






「なによ~狭いじゃないの」






「俺、酔っちゃって、母さんの裸を見てたら興奮してきちゃった」






そう言いながらバスルームの中に僕が入ると、僕の肉棒が大きく反りかえって勃起しているのを見て、母はびっくりした顔をしました。






「な・・・、ど、どうしたの?!」






母は言葉にならないほど驚いていました。



僕はシャワーを使っていた母の背後に回り後ろか抱きついて、母の乳房とアソコを触りながら、「ねぇ、ちょっとだけやらせてよ」と頼みました。



母は僕を振り払うようにして、「何言ってるのよ!」と怒鳴りつけました。



それでも僕はお構いなしに、嫌がる母を後ろから抱き締めて離さず、浴槽の縁に手をつかせ、お尻を高く上げさせて後ろから生姦挿入を試みました。






「もう、やめて・・・」



「そんな事言われても母さんが裸を見せるから勃起しちゃったんだよ」






「だめよ・・・」



「誰にもバレる心配はないし、すぐに終わるから」






この言葉で母も諦めたらしく、抵抗するのを止めて自分から少し足を開いてくれました。



僕は母のアソコを弄り、割れ目と剥き出しのクリトリスを指で責めました。



やはり母も1人の女。



気持ち良くなってきたのか、次第にアソコから愛液が出てきて、「はぁ、・・・はぁ」と息遣いが少しずつ荒くなってきました。






僕は勃起した肉棒の先っちょに母の愛液を塗りつけて、後ろから母の陰部にゆっくりと挿入を始めました。



肉棒を母の膣穴に根元まで全部入れて母の膣穴の感触を味わっていると、母の方から腰を前後に動かし始めました。



僕も母の動きに合わせて、徐々に激しく動かしました。



両手で母の腰を押さえながら前後に動かしていると、母の方も激しく腰を動かしてきました。






「母さん気持ちいい?」






母は無言で首を縦に振りました。






「そろそろ出そうだよ」と言うと、母は無言で頷きました。






僕は、「じゃ一杯出すよ」と言って腰を前後激しく動かし、数分もしないうちに、母の膣穴に沢山の精液を放出してしまいました。






射精した後も僕は、後ろから挿入したままの格好でしばらく息を整えていました。



母も荒い呼吸を整えながら僕の肉棒をギュ~ッ、ギュ~ッと一定の周期で締め付けを繰り返していました。



しばらくすると僕の肉棒が母の膣穴で小さくなってきたので、肉棒を抜くと母の膣口から精液がポタポタと流れ出てきました。



母は、僕の肉棒にシャワーかけて洗い流してくれた後、ザーメンだらけの自分の膣穴も丹念に洗い流していました。



その日は、再び狭いベッドをギシギシさせて母との2回戦を果たしました。






後日、父と母の仲は元に戻りましたが、一度味わってしまった僕と母の関係はもう元には戻れません。



僕は25歳。



母は50歳の高齢熟女ですが、今でも母子相姦をして、毎回膣内射精しています。