今日はかなり涼しい。



26~27度くらいか。



少しぬるい温泉に浸かっても汗があまり出ない。



湯から上がって強い風に当たると少し寒いぐらいだ。



13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。



女湯も音がしない。



一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こえた・・・。






ここは、とある温泉の立ち寄り湯。



月に最低でも1度は入りに来ている所だ。



古い日本旅館なのだが泊まれる部屋は5つしかない。



こじんまりとしているがなかなか風情があって、特に露天風呂が良いのだ。



もちろん源泉掛け流し。






すぐ側を有数の一級河川が流れていた。



川幅はかなり広い、1kmはないと思うが・・・。



若い人には人気がないが、中高年には魅力的だと思う。






妻とは2回泊まった。



妻も気に入っている。



この日、妻は月に一度の趣味の集いがあって出掛けたので、思い立って一人で来てみたのだ。



この宿の面々とは顔馴染みだった。






川下りの船が横切って行った。



下りは追い風で早いが、Uターンすると強いアゲンストとなる為、進みがかなり遅い。



いつもの船より大きいエンジンが2つ付いていた。



今日は風が強いからか?



船客はまばらで6~7人だ。



湯船の中の大きい岩の上に座る。



足を広げて・・・股間は丸見えになるが、船客は誰もこちらを見ていなかった。






汗がすぐ引いて少し寒い。



湯に入ろうとしたら、また船が来た。



今度は通り過ぎず、目の前でUターンし始めた。



船客はさっきより多く10数人いる。



ほとんどが女性、それも熟女ばかり。



向きを川上に・・・距離はかなり近い。



顔が確認出来る程だ。



こちら側に座っていた客と目が合った。



股間のモノも確認出来た様だ。



手を振ってくる熟女が2人いた。






うつ伏せになって腰を伸ばしていると、入り口の木戸の下の隙間から、一人こちらに向かってくる下半身が見えた。



木戸の前で止まる・・・。



躊躇している様だ。



声が掛り、木戸が開く。



白のジーンズの熟女。



同年代?いや、少し上のような気がする。



さっきまでは貸切りだったが・・・。






「素敵な殿方の浴衣姿が入って行くのが見えて・・・」



「それで何か用事でも?」






「いいえ、食事前に隣の女湯に入って・・・。貸切りだから、今度は男湯にと思っていたところに・・・」



「私が先に入ってしまったという事ですか?」






「そうなんです。熟女ばかりの4人なんですが。宜しければ混浴させて頂いて良いですか?」






断る理由も無かったので・・・。



しかし、こんな事もあるのだなと・・・。



一人が隣に来た。



さっきの白ジーンズだった。



後ろの3人を紹介してくれた。



3人は彼女より少し若い感じで、こちらと同年代か、もう少し若い感じ?



こちらも挨拶代わりに、湯の真ん中にある岩に腰掛けて、股間の一物を披露。



4人の熟女の目が・・・。






彼女達は昨日K温泉に泊まったが、台風が接近して露天には入れなかったので、帰り道のここに寄ってランチコースにしたらしい。



バツ1が2人と未亡人が2人、パートナーがいない同士の会らしい。



今は子供達も独立してて一人住まいとのこと。



4人とも禁欲生活を続けているんだろうか?






「生の肉棒は、パートナー以来?」






「随分と久しぶり・・・」






で、興奮を隠しきれない様子。



4人の熟女を前にしても、そこは特に変化無く、普段通りダラーンとしていた。



大きくもなく小さくもない普通の肉棒なのだが、人様と違う所は、少しばかり頭が大きい所か。



ズル剥けでカリの張り出しが大きい。



傘が大きく、少しばかり目立つのだ。



そして、亀頭と竿は随分と黒い色をしている。



金玉はそれ程黒くない。



そこの毛は男にしては極めて薄い方だと思う。



竿の根元から上に逆三角形に生えているが、密度は薄いのだ。



金玉には毛は1本もないツルツルだ。



40年も使い込んだ一物なのだ。



高二で筆下しをした。



相手はそれ程多くはないが、一人一人の関係が長かったから、その回数はかなり多いと思う。



妻は、「黒松茸」と呼んでいる。






今は妻だけだが、週に一度はスキンシップを楽しんでいる。



妻も積極的に楽しむ方だ。



処女ではなかった、私は4人目だった。



二人ともその年代(20台前半)としてはセックスの経験が豊富な方だった。



同年代にはまだまだ処女と童貞が掃いて捨てるほどいた時代だ。



だから結婚の動機はセックスの相性が一番大きかったかも?






最初のセックスから激しかった。



お互い自信があったから・・・。



腰の振り合いが延々と続いて、上になったり下になったりして・・・。






この時期、妻の秘技はまだ完成されていなかった。



それは結婚して1年ぐらいした頃に生み出された。



それで責められると、ほぼ100%イカされた。



それでも肉棒をしっかり捕らえてくる動きは素晴らしかった。



オマンコは中の構造ではないと思った。



その詳細はいずれ別の機会に・・・。






この時もそうなのだが、生嵌めである。



セックスは生が一番、それは私も妻も一致した意見だった。



だから最初のセックスから現在まで、一度もスキンは使用した事が無い(妻以外とも)。



休みなく1時間近く肉弾戦した結果・・・、お互い今までの中で最高のセックスだったと。



そして休憩後、15分でお互い果ててしまった。






熟女達にも披露願った。



岩風呂の岩に腰掛けてもらい、開脚を・・・。



4人共黒々としてかなり毛深い。



それでも3人はオマンコが見えた。



白ジーンズはビラが発達していて少し口を開けていた。



もう2人は縦に亀裂があるだけでしっかり閉じていた、すこし太目のせいか?



一番毛深い彼女はスリムな体形だ。






お願いして指で開いてもらうと、クリのフードがかなり大きい。



ビラは薄いが、かなり黒く、挿入口はぽっかり開いていた。



ひょっとして今でもオナっているのか?



一番エロいオマンコだ。



彼女に目配せをして中指を挿入口に・・・、すんなり入る。



一度抜いて人差し指と2本を上向きにして、指の腹でGスポットをゆっくり・・・。



濡れ出して来る。






「もっと早く・・・そして奥まで!」






そう催促して来る。



抜き挿しを繰り返しながらもう2本を参戦させ、アヌスとクリの3ヶ所責め。



堪らず声が出始める・・・。



すると3人も湯に入り、左右と後ろから肉棒に手が伸びてきた。



白ジーンズが右から亀頭を、太目の一人は左から竿を、もう一人の太目は後ろから金玉とアヌス・・・。



肉棒がムクムク・・・。



尚も抜き挿しを続ける。



クリは完全に露出・・・、大きく硬い豆だ・・・。



やはりオナっている?



中の2本はもうヌルヌルだ。






肉棒はフル勃起してて45度に。



白ジーンズは舌でカリを舐め回して口の中に入れたい様だが、左の太目の指が邪魔で・・・。



後ろは大きいおっぱいを押し付けながら金玉を手の平で転がしている。



3人に目配せをすると、手が肉棒から離れる。



目の前の彼女と目を合わせると・・・。






「入れて!」






にゅるっと入ると思ったが・・・、意外に一気には進めず・・・、ゆっくりと押し進め根元まで入れて彼女を抱きかかえる。



一番スリムな彼女とはこの形でと思っていた。



駅弁スタイルで深い挿入を・・・。



しかし、かなり濡れているのに抜き挿しが思うに任せないのだ。



結論としては彼女の器とのアンマッチだった。



亡夫のは小振りな仮性包茎だったらしく、このサイズには少し慣れが必要なのだ。



今はクリで満足しているらしい。






白ジーンズと交代。



可もなく不可もない器だ。



でも彼女は、奥に当たる感覚と張り出したカリが膣壁を擦るのが良いらしいく、抜き挿しを繰り返していると透明だったモノがだんだん白濁して・・・。



そこで引き抜く。






「あー!駄目!・・・抜いちゃいやー!・・・イカせてー!」






懇願して来たが、小休止して一服つける。



彼女が一番禁欲生活が長いらしい。






太めの2人が、白濁したモノがこびり付いた肉棒を綺麗にして、代わる代わる口に含んで舌を使って来た。



次は自分とばかりに・・・。



勃起を維持させる様だ。



指は自らのものでは無く、相手の中に・・・。



2人を並べて後ろから交互に抜き挿しした。



大きいお尻の弾力があって奥には届かないが、膣が程よく包み込んで来る感じがいい。



一人は三浅一深が良いと、もう一人はカリで中程を擦られるのがとても良いと・・・。



4人とも頂上に登らせる事無く、5~6合目に留める。



露骨に物足りなさを見せる熟女たちだが、後ろ髪を引かれる頃合いがいいのだ。






彼女達から、年に何回かあるこの会にゲストとして招きたいと強く薦められたが、一期一会の方がお互いの為だからと断った。



彼女達はあの後・・・禁欲を続けるのだろうか?



ひょっとして火を点けてしまっただろうか?



こちらも後悔の念はあった。



あのスリムな一番毛深い彼女と、あと2~3回交わったらと・・・。






その夜、妻と駅弁を楽しんだ。



妻のオマンコは既に黒アワビ化しているが、今でも最高のオマンコだ。