初体験は20年前。



18歳の時、相手は友達のお母さんでした。






友達は交通事故で亡くなり、その前の年にご主人も亡くしておられ、お母さん1人になっていました。



葬儀も終わり、49日も過ぎて訪れる人も少なくなっていましたが、私は友達と仲がよかったので、ちょくちょく仏前にお参りに行きました。






そんなある日、いつものように仏前に手を合わせ、お母さんと話をしていました。



お母さんはいつもは気丈夫なのですが、訪れる人も少なくなっていたせいか、突然涙ぐみました。



私はお母さんを慰めようと肩を抱えました。



その時、お母さんの化粧の香りにふらっとしました。






実は、前の年に私も母を亡くしており、母に飢えていました。



なぜか突然、私はお母さんの唇に唇を重ねました。



お母さんはびっくりしてはね退けようとしましたが、私は唇を離さず、服の上から胸を触っていました。



やがてお母さんは大人しくなり、唇を少し開けて私の舌を入れさせてくれました。



私はすぐにお母さんのパンツの中に手を入れようとしました。






お母さんはゆっくりと唇を離し、「こんなおばさんとしたいの?」と聞きました。



私が「はい」と言うと、お母さんは「経験あるの?」と聞くので、正直に「ありません」と言うと、お母さんはにこっと笑ってから立ち上がって玄関の鍵を掛けました。



そして私の前に座り、私のズボンとパンツを一緒に下ろしてくれました。






私のチンポはすでにビンビンでした。



お母さんは「まあ!元気」と微笑み、私のチンポを握りました。



その途端に私はイッてしまい、お母さんの顔にザーメンを掛けてしまいました。



お母さんは「初めてだからね」と微笑み、チンポを咥えてくれました。



私は、(これがフェラチオか!)と感動しました。






すぐにチンポは立ったので、お母さんは自分の服をパンツを脱ぎ、「オメコ見たことある?」と聞きました。



私は「写真しかありません」と言うと、「おばさんのだけど見る?」と言うので、「はい」と言って見せてもらいました。



オメコを舐めることは本で知っていました。



私がオメコを舐めると、お母さんは向きを変えてのチンポを舐めてくれました。



(これが69か!)と感動しました。






お母さん「入れる?」






私「はい」






お母さんは足を開いて私のチンポを握ってオメコに入れてくれました。



2~3回腰を振ったらすぐに射精してしまいました。



お母さんは「あらあら」と言いながら、「まあ、もう子供のできる心配はないから大丈夫よ」と笑っていました。






お母さん「まだしたいでしょ?」






私「はい」






お母さん「ゆっくりと教えてあげますよ」






そのあと3回オメコをさせてもらいました。






その次の日からは、行けばオメコをさせてくれました。



お母さんとのオメコは1年ほど続き、400回ぐらいオメコをさせてもらいました。



その1年間でフェラで出したのを飲んでもらったり、アナルに入れさせてもらい、アナルでイカせてもらうなど、オメコの全てを教えてもらいました。



あんなにオメコしたことはその後ありませんでした。