私は33歳の独身男で、小さいコンビニ兼スーパーの雇われ店長を10年程しています。



仕事柄パートの人妻さんと接する機会が多く、それなりに美味しい思いを今まで何度かして来ました。






私は今時の若いアルバイト店員は興味が無くて・・・人妻や熟女専門です。



私の持ち物は長さは日本人の平均サイズですが、太さが5cm以上あります。



自分で言うのも恥ずかしいですが、カリもソコソコ大きく、硬さも持ちも自信があります。






大概の人妻さんは私の肉棒を嵌めると最初は嫌がっていても大人しくなってしまいます。



今まで私は数人の人妻を食って来ました。



その内の何人かは肉奴隷に調教して来ました。






今回は、その中でも一番長く関係が続いた肉奴隷の貴子さん(夫・子一人有り)との情事を投稿します。






貴子さんのスペック。



身長163cm、体重55kg、B83(Cカップ)・W65・H82で、39歳です。



正直少し貧乳かな?



貴子さんのSEX経験は旦那のみらしいです。



顔が綺麗な割に、私が女性器を最初見た時は相当使い込んである感がしました。






貴子さんが店で働き始めて1ヶ月程経過した頃、私は色白スレンダー美人で明るくて元気でお客の受けの良い貴子さんを、自分の肉奴隷にしようと作戦を考えました。



私も最初の頃は仕事中、そんな素振りを一切見せずにいました。






私は履歴書で貴子さんの生年月日を知っていたのでプレゼント渡しました。






私「田中(貴子さんの姓)さん、仕事慣れましたか?」






貴子「はい・・・だいぶ慣れてきました」






私「田中さんは今日が誕生日でしたね?はいこれ」






私は包装された包みを渡しました。



中身は3万円程度のネックレスです。






貴子「あ・有難う御座います・・・」






少し驚いたようですが、受け取ってくれました。






次の日、貴子さんが「店長・・・あんな高価な品受け取れませんよ・・・」と私にプレゼントを返しに来たので・・・。






私「田中さんがお仕事頑張ってくれるから僕も大助かりなんですよ、気にしないで使って下さい」






貴子「・・・はい・・・分かりました」






少し困っていましたが、何とかプレゼントを受け取って貰いました。



そのとき私は心の中で、とりあえず仲良くなるきっかけ作りの作戦の第一段階成功と、ほくそ笑みました。






それから貴子さんは、私がプレゼントしたネックレスを付けてパートに来てくれました。



私もなるべく貴子さんには親切に接しました。



するとだいぶ親しくなり・・・信用してくれる間柄になって行きました。






3ヶ月ほど経った頃、貴子さんのレジでお金が合わなくなるトラブルが発生しました。



貴子さんが5千円札と1万円札を間違えて、お釣りを多く払ってしまったらしく・・・。



貴子さんは「どうしよう」と焦っていたところ、私がすぐに自分の財布からお金を出してフォローしてあげました。






貴子「店長良いんですか?」






私「大丈夫、よくある事だから・・・今度気をつけてね。オーナーには内緒にしておくから」とさりげなく言うと・・・。






貴子「すいません」と頭を下げて来た。






私「貴子さんが元気が無いと僕も困るから・・・」と笑顔で言いました。






この一件から貴子さんは私の事を凄く気に入ってくれたのか、更に親しくなりました。



家庭の事や旦那に対する生活の不満話も私に相談して来るようになりました。



私は第2段階成功と、またもほくそ笑みました。






年末になり、居酒屋でお店の社員で忘年会を行いました。



アルバイトやパートの奥さん全部で15人程います。



勿論、貴子さんも来てくれました。






貴子さんの家庭の事情は以前から聞いていました。



子供は中学1年生の女の子が1人で、旦那は43歳で会社員をしているのですが、不況でボーナスも減ったので家のローンや生活の為に貴子さんがパートに出るようになったらしい・・・。






勿論貴子さんは、僕の隣に座ってくれました。



ほとんど2人で話し込みました。



他のパートさんや若いアルバイトは、別で盛り上がっている様子でした。






若いアルバイト君が「店長と田中さんは仲良いですね、お似合いですよ~。ひょっとして2人はデキているんじゃないですか?」と囃し立てて来ました。






それを聞いた田中さんは何も否定せずに笑っていました。






僕は「田中さんに失礼だぞ、旦那さんが居るんだ・・・」と怒りました






そのセリフを聞いた貴子さんは、少し寂しそうにしていた感じでした。



私は脈有りだと思い、2人ともお酒が進むにつれて私は貴子さんにさりげなくアタックを開始しました。






私「貴子さんみたいな美人の奥さんと結婚出来たら★んでもいいですよ、旦那さんが羨ましい」






貴子「またー店長上手なんだから・・・彼女居るんでしょ?」






私が「居ないんですよ~、半年前別れちゃて・・・」






貴子「・・・そうなんですか?御免なさい・・・」






私「いえ、良いんですよ。貴子さんがパートに来てくれて僕も何だか元気になったから・・・」






貴子「・・・そう言って頂ければ・・・」






貴子さんは頬を少し赤らめていました。



それなりに酔っているようです・・・。






10時過ぎになり1人、2人とパートさんがゾロゾロが帰って行きました。






最後まで残ったのは・・・私と貴子さんの2人でした。



私は会計なので残るのは当然ですが、貴子さんも最後まで居てくれるとは思いませんでしたので・・・。






私「そろそろ帰らないと駄目でしょ?旦那さん心配してない?」






貴子「今日、子供は私の両親の家にお泊りで、主人は出張仕事で帰らないから、もう少し大丈夫です・・・」






私「・・・そうなんですか?場所変えてもう少し飲みますか?」と居酒屋を出ました。






2人でショットバーで飲み直しです・・・。



自然と会話の内容が仕事の話から下ネタになっていきました。






私「貴子さんは美人だから独身時代モテたでしょ?」






貴子「いえ、女子高でそのまま女子大だったし、全然男の人と縁が無くて・・・卒業して主人と知り合ってすぐに結婚したんです」






私「えっ?貴子さん、男・・・旦那さんしか知らないんですか?処女のままで結婚ですか?」






貴子「・・・そういうことになりますね?」






私「ますます旦那さんが羨ましい。こんな美人で素敵な貴子さんの体を独占できるんだから・・・」






私も酔っていたのか、いつの間にか下の名前で話していました。






貴子「クスッ・・・店長ったら年上のオバサンからかって・・・アルバイトの若い女の子が店長の事、男前だって噂してましたよ・・・」






私「いやいや・あいつら僕をからかってるだけですから・・・それより旦那さんとの夜の夫婦生活はいか程ですか?」






酔いも手伝ったのか?貴子さんは正直に答えてくれます。



そして、旦那とのSEXの内容までも答えてくれます。






貴子「・・・半年に1回位かな?主人淡白だから・・・」






私「もしかして旦那さん前戯もしないで貴子さんにすぐ挿入して終わりとか?それも正常位でしかした事無いとか?」






貴子「・・・そんな感じ・・・。店長・・・良く分かりますね・・・」






私「えー!勿体無い・・・。僕なら毎日貴子さんの事・・・抱きたいよ。バックとか騎乗位とかで何回も逝かせる愛せる自信があるよ・・」






貴子「・・・やだー店長ったら、さっきから冗談ばかり言って・・・変ですよ・・・酔ってるんですか?」






私「貴子さんと2人きりで飲むなんて初めてだから嬉しくて・・・」






さわやかな笑顔を見せた時、貴子さんの顔がドキッとした表情を見せたので、私はこれはいけそうだと思い、もう少し押してみようと思いました。



口当たりの良いワインを貴子さんに色々と勧めました。






貴子「本当これ飲みやすくて美味しい・・・飲みすぎてしまう・・・」と言いながら貴子さんは相当飲んでいました。






12時になりました。



店を出て僕は貴子さんとタクシーの後部座席に乗り込みました。



既に貴子さんは既にフラフラの泥酔状態でした。






私は運ちゃんに近所のラブホに行ってくれと言いながら、服の上から貴子さんの胸や太股をそろ~っと・・・触りました。



それでも反応は無かったので僕は、第3段階成功と、またもほくそ笑みました。






ホテルの部屋に入りました。



貴子さんの上着を脱がしてベッドに寝かせました。



起きない様にユックリと服を脱がせて下着姿にしました。



ベッドに寝かせてM字開脚に脚を開きました。



携帯で写真を何枚も撮りました。



貴子さんは完全に寝ていて・・・起きる様子はありませんでした。






ブラジャーの間から手を差し込み、乳首をコリコリ摘んで触りました。



手の平サイズの小振りの胸が可愛いくて堪りません・・・。






今度は股間部分の布をずらし、ビラビラを弄ります。



指を挿入するとなんと膣中は既に愛液でヌルヌルです。



僕は、貴子さん相当溜っているんだと思いました。






パンティーを片脚だけ脱がします。



股を開かせてアソコのビラ肉をクパァしました。



39歳の熟女のアソコは流石に使い込まれた感がありました。



ビラビラも黒ずんで、経産婦なので流石に膣穴も大きめです。






膣口をヒクヒクさせて女性器自体が生き物の様に蠢いて、妖艶な感じを醸し出していました。



勿論アソコの写真を撮りました。






そしてパンティーを元通りにして・・・。



寝ているマグロ状態の人妻を犯しても犯罪になるし面白くないので貴子さんを起こすことにしました。






私「・・・貴子さん起きて・・・貴子さん・・・」






貴子「う~ん?ココ何処。店長?・・なんでワタシ下着姿なの?」






私「貴子さんが休める所行きたいって言ったよ(もちろん嘘)」と言いながら、私はキスしようと貴子さんに迫りました。






貴子「・・・店長、駄目ですよ。私・・・人妻ですよ主人だって居るしこんな事・・・」






私はブラジャーやパンティーを脱がそうとしながら・・・。






私「僕・・・貴子さんの事大好きです。一回だけですから・・・僕の事嫌いですか?」と後ろから貴子さんに抱きつきました。






貴子「・・・店長の事は好きですけど、こんな関係は良くないですぅ・・・」






貴子さんは手足を“バタバタ”させてるが、力は無く本当に嫌がっていないと私は判断したので強引にキスしてみると・・・。



最初は口を閉じていた貴子さんが唇をユックリと開いて・・・なんと舌を出して来たのです。






舌を吸い上げると・・・。






貴子「・・・ン・ンハァ・・・店長・・・ダメですぅ・・・ああん駄目ぇ・・・」






私「・・・貴子さんそう・・・舌をもっと・・・絡めて・・・レロッ・レロッ・レロ・・・ピチャピチャ・・・」






貴子「・・・ンハァ・・・アン・・・アン店長・・・本当に駄目~」






私はキスをしながら貴子さんのパンティーを膝まで下ろして股間に手を差し込み、小陰唇とクリ辺りを優しく愛撫しました。






貴子「て・店長・・・アソコは・・・ダメ・・・指挿れちゃ・・・ダメ・・・」






指を挿入しようと膣口に軽く当てて押すと・・・指2本がチュプン・・・ジュルッと音を鳴らして簡単にオマンコの奥まで飲み込まれます。



私は貴子さんの膣中で指を広げたり捩ったりしながら掻き混ぜました。






貴子「あんっ・・・店長・・・そんなに広げちゃ・・・駄目ぇ・・・」






更に中は洪水状態でドロドロでした。



指に愛液が絡み付いていたので、それを貴子さんに見せつけました。






私「貴子さんこんなに濡れてますよ・・・糸を引いてます・・・貴子さん本当は欲求不満何でしょ?」






貴子「・・・久しぶりだから~、主人とずっとSEXしていないから~」






私「今日は僕が旦那さんの代わりになってもいいでしょ?」と言いながら、貴子さんの胸を両手で鷲掴みして愛撫しまくりました。






乳首も攻撃しました。






貴子「アア~ン・・・店長・・・乳首噛まないで駄目ぇ~、ワタシ乳・・・首弱いから~イクッ、イクッ・・・」






乳首を甘噛みしながらオマンコを指3本でジュブ、ジュブと激しく掻き回しました。



貴子さんは体をビクビクさせながら簡単に逝ってしまいました。






貴子さんが恥ずかしがるので、私は部屋の照明を暗くしました。



欲求不満の熟女の体を散々愛撫して逝かせた後は・・・もう私の言い成りでした。






私の勃起した肉棒を顔の前に出すと、何も言わないのに貴子さんは自分から私の陰茎を手でシゴキ始めました。






私「貴子さん・・・旦那さんと比べて僕の如何です?」






貴子「・・・太くて硬い」と言いながら・・・貴子さんは初めて見る旦那以外の他人棒を“パクッ”と咥えます。






私「・・・あっ・・・貴子さんの口の中・・・暖かい」






貴子「ウン、ハムン・・レロレロ・・」とぎこちないフェラですが・・・処女で結婚して旦那しか知らないので仕方がありません。






私は貴子さんをベッドの上に寝かせ、正常位で挿入しようと脚をM字開脚に開かせ、亀頭をヌルヌルの膣口にあてがいました。






貴子「・・・えっ、店長・・・スキンは?」






私は「後でちゃんと付けますよ~」と嘘をつきます。






当然生挿入です。



亀頭の部分が貴子さんの膣の中に入りました。






貴子「あ~ん店長のオチンチン挿ってくるぅ~」






私は一旦止めて焦らしました。






私「頭だけ挿ったよ、貴子さん先っぽだけで良いかな?」と言いながらチンポ抜きました。






貴子「嫌だ~、抜かないで止めないで店長のオチンチン挿れて」と懇願して来たので・・・。






私「貴子さんが僕の息子を持って挿入して」






貴子さんは私の陰茎の根元を掴み持ち、自ら膣口に宛がいます。






私「如何して欲しいの?」






貴子「店長のオチンチン欲しいから奥まで全部挿れて」






私が腰を前に押し込むと“グリュン”という感じで簡単にチンポが挿入出来ました。



正直貴子さんのオマンコは私が経験した女性の中では一番緩く感じましたが、膣奥は熱くうねっていました。






貴子「久しぶりぃ・・・アッ、ア~ン・・挿ってるぅ奥までぇ・・・」と言いながら貴子さんは涙目です。






私「旦那さん以外のオチンチン初めて挿れたね?セカンドバージン開通、如何ですか?」と聞きながら私は腰を止めたままにしています。






すると貴子さんの膣壁肉が私の陰茎の大きさを確めに“キューッ”と絡み付いて来ます。



その時・・・貴子さんの目に涙が・・・。






貴子「・・・恥かしです・・・けど・・・挿っているんですね?主人以外の男性のオチンチンが・・・」






私「そうですよ貴子さん・・・僕のチンポが貴子さんの体の奥深くまで挿っているんですよ」






貴子「これって浮気ですよね?いけない事ですよね?」






私「深く考えないで下さい今日だけですよ・・・貴子さんが僕と完全に繋がっているんです・・・旦那さんと比べて如何ですか?」






貴子「・・・なんか久しぶりだけど・・・違う感じです・・・主人としてる時より気持ち良いです。幸せ感じます」






私「違うって如何違うの?・・・教えて」と言いながら、陰茎を一旦引き戻し、勢いを付けて奥まで“ズブッ”と突き刺しました。






私の亀頭の先が貴子さんの子宮頸部に“グンッ”と当たりました。






貴子「・・・ンハァ~大っきいです・・・主人の時より更に拡がってる感じがして・・・奥に子宮に・・・当たります・・・」






貴子さんも満更でも無い様子です。



私は“グイグイ”と奥深くまで挿入すると、貴子さんは腰を浮かして手と脚を僕の背中に回して来ました。



『大好き固め』とかいう格好です。






所詮旦那に飽きられた欲求不満人妻です。



挿入してしまえばもう終わりです。






私は「貴子さん少し動いて良い?」と聞くと同時に“ニュル~ッ”と引きながら“ズブッ~”と一突きすると、「キャゥ~」と声を上げたので、ガンガン腰を振りました。






貴子「・・・ダメッ、店長・・ダメ~!壊れる!ワタシ壊れる、アン・・アン・・・アン」と言いながらも、貴子さんもお尻を上げて来て私に恥骨を押し付けて来ました。






次は後ろから挿入しました。



正常位の時よりもキューッと凄い締付けがきます。



嬉しいことに貴子さんはスキンの事は忘れているようでした。






バックでも陰茎の角度を変えて挿入しながら・・・。






私「こうすれば奥に凄く当たるでしょ?」






貴子「・・・アウゥー奥ゥー当たる・・・奥に子宮に当たる~気持ちいい~」






亀頭の先っぽが子宮頸部にゴツゴツと当たる度に喘ぎ声を上げていました。






私「貴子さん?旦那さんにこんな体位でして貰った事無いでしょ?」






貴子「・・・無いです~何時も正常位だけだったから~」






私「・・・貴子さん気持ち良いでしょ?本当はSEX好きなんでしょ?」






貴子「・・・気持ち良いですぅ・・・SEX好きーオマンコ好きぃ・・・」と叫んでしまい・・・私から見ても変態人妻です。






私は貴子さんを後ろから激しく突きながら色々質問しました。






私「貴子さん、本当は浮気した事ってあるんでしょ?」






貴子「・・・無いですぅ・・・無いですけどぉ・・・」






私「無いけど?って」






貴子「妄想やオナニーはしてるのぉ~」






私「どんなオナニーしてるの?」






貴子「・・・クリトリスを指でぇ・・・弄ったりして・・・アソコに指を挿入してぇ~」






私「それで?指は何本挿入するの?」






貴子「・・・2本・・・いや3本・・・4本の時もあるの・・・」






私「その後は・・・?」






貴子「・・・よく濡れたらぁバイブとか挿入してぇ・・・」






私「えっ?貴子さんバイブなんて持ってるの?」






貴子「・・・最近買ったの・・・主人が相手してくれないからぁ主人のオチンチンより凄く大きいの・・・LLサイズの買ったの~」






私「貴子さんはそれで毎日・・・慰めてたんだね、バイブ買うまで何挿入してたの?」






貴子「・・・野菜・・・キュウリとか・・・お茄とかトウモロコシとか・・・」






ビックリです。



貴子さんは案外淫乱人妻でした。



毎日オナニーしてたそうです。



だから旦那しか知らないアソコでも使い込まれたグロ感がありました。



トウモロコシで掻き回せば膣穴も大きい訳です。






私「そのバイブは旦那さんのオチンチンより良いの?」






貴子「・・・良いのぉー凄く~良いの~おっきいの~」と、何でも話してくれます。






私「貴子さん野菜は如何良いの?教えて?」






パンパンと貴子さんを後ろから突きながら聞きました。






貴子「長いキュウリは奥の奥まで~挿出来るから気持ち良いのっ!お茄は太いからぁ気持ち良いのぉ・・・」






私「トウモロコシは?如何使うの?」






貴子「ソレはぁ太くて長くてゴツゴツしてるからぁ一番良いのぉっ・・・掻き混ぜるとすぐワタシ逝っちゃうの~」






私「もしかして貴子さん?旦那さんじゃ満足していなかったの?」






貴子「・・・主人射精が早いから・・・ワタシ満足出来なくて・・・」






私「そうなんだ・・・今挿してる僕の肉棒は如何?」






貴子「店長のオチンチンが良いの~!本当はワタシ最近店長の事思って妄想した事あるの~!店長のオチンチン想像してバイブで自分で激しくズコズコしたの~」






私「僕も貴子さんの事想像してオナニーしてたよ、好きだよ貴子さん!」






貴子「・・・本当嬉しい・・・もっと突いてー突いてー貴子のオマンコ掻き混ぜて~」






既に貴子さんは私の手の中です。



散々突きまくり何度も逝かせました。



その日は中出しはしませんでしたが、貴子さんはもう私の言い成りでした。






その日から貴子さんと週一回はSEXする関係が始まりました。



生挿入は当たり前で安全日には中出しもしました。






続きです・・・。



忘年会の次の日から貴子さんの肉奴隷調教がスタートしました。



スーパーのバックルームの奥に事務所があります。



そこは防犯カメラの無い場所です。



仕事が終わるとたまにフェラさせていました。






その後は週一のペースでSEXしていました。



逝かせまくりでした。



3週目位のSEXからもう貴子さんは僕の性奴隷状態でした。






1年程関係が続きましたが、でも別れる原因が出来てしまいました。



不倫にはご法度の妊娠をさせてしまいました。



こんな感じでした。






私「貴子さん裏筋の所もっと吸い上げて奥まで咥えこんで」






貴子「店長こうれすかぁ~?ジュル、ジュルル~」






私「貴子さんフェラ随分上手になりましたね・・・今日もご褒美上げるからオネダリして下さい」






貴子「店長の生オチンチン下さい・・・貴子の欲求不満のスケベ穴に店長の太いので慰めて下さい、店長の形・・・もっと貴子に刻み込んで下さい・・・」






立ちバックでの挿入です。



貴子さんはフェラしている時点でアソコを濡らしていたのと、相当回数の私とのSEXで膣は私の形になったのでしょう、簡単にスンナリ奥まで挿入出来ます。






リズムをつけて突き始めると、変態貴子さんの本領発揮です。



僕の質問に答えてくれます。






私「貴子さん良いでしょ?このチンポ好きでしょ?」






貴子「・・・あんっ・・・良いいのぉ~店長のオチンチン・・・大好きなの~もっと・・・もっとぉ・・・」






私「・・・貴子さん・・・もっとって?どうするの?言って下さい?」






貴子「・・・あ~あん・・・店長の意地悪ぅ~オチンチンでもっと激しく~ガンガン子宮突いてぇ・・・逝かせてぇ・・・」






私「激しくして壊れても良いんですか?貴子さんのアソコの中が壊れたら不倫がバレて旦那さんに怒られますよ」






貴子「旦那なんかとSEXしないの~!店長がいるから~粗チンで早漏の旦那はもう要らないの~」






私「僕・・・嬉しいですよ貴子さん・・・これから本当に旦那さんとSEXしないんですか?」






貴子「旦那となんかしないの~!ワタシの体はもう店長の物だから~店長のオチンチンも貴子の物なの~!好きなの~店長の事愛してるの~」






私「貴子さん、今日は中に出しても大丈夫?」






貴子「たぶん大丈夫・・・だから一杯出して店長の熱いの貴子の子宮に注ぎ込んで~」






結局・・・貴子さんは妊娠してしまいました。



子供は勿論堕ろしましたが、それから何となく貴子さんとギクシャクし始めました。






ちょうど貴子さんの旦那が転勤で引越ししたため、貴子さんも店を辞めたのでそれきりでした。



今ではよい思い出です!