最初は行きずりの一夜だと思っていましたけど・・・。



これは後輩の彼女を奪いとった時の話です。






加奈は、僕の一つ年下の22歳。



本当は僕と付き合いたいと思いはじめ、僕の所属するサッカークラブのマネージャーになったのですが、チームの後輩から強引に告白された事と、ちょうどその頃僕が足を故障して治療の最中という事もあって、加奈のアタックを受け流して、はっきりしない態度を見せていたため、俺からの返事はノーだと考えた加奈は、後輩と付き合うようになりました。



後輩を悪く言うわけではないのですが、独占欲や嫉妬心が強い彼では、加奈の気持ちに応える事は難しいと思っていましたが、やはり加奈もそういった彼の一方的な思いを辛く感じるようになり、付き合い始めて二ヶ月位のある日、相談に乗って欲しいとメールをもらいました。



後輩が仕事の関係で一日家を空けるということで、加奈もこの日を待ってくれていたようでした。






その日の夕方、加奈のマンションの下へ迎えにいきました。



薄いピンク地の浴衣姿で現われた彼女は、夕焼けの光りと重なり、男として彼女を自分のものにしたいと強く実感した瞬間でした。



この日は夏祭りで、河川敷で見た花火が終わるまで、まるで当たり前のように彼女の手を握り、同じ空間を共有している事に幸せを感じました。



相談があるという前から、何が言いたいのかわかっていましたし、彼女がなぜ今日のパートナーに僕を選んだのかは、お祭りの中で見せる笑顔や態度が物語っていました。



人混みの中を進む時、彼女の腰をグッと左手で僕の方に引き寄せながら、加奈の自分に対する気持ちがどうのこうのというよりも、絶対に後輩から奪ってでも加奈と一緒にいたいと思っていました。






お祭りが終わり、「一杯飲もうか?」という問いかけに優しくうなずく彼女。



日本料理屋とカウンターバーを合わせた、行き付けのお店に彼女を連れていきます。



それまでお互い避けていた、後輩の彼の話題に・・・。






「あのね・・・私の気持ちは変わらなかったよ・・・今までずっとだよ。くぼっちに嫌われてると思って今の彼と付き合うようにしたんだよ」






そう言った彼女は瞳を潤ませながら僕の方を見つめます。






「俺も加奈が好きだ。俺の所に来てくれ」






そう言うと彼女は小さくうなずき、大粒の涙を流して、カウンターの上の僕の腕をギュッと握り締めてきました。



こんなに愛しい彼女に、ずっと寂しい思いをさせて来たのかと思うと、自然に彼女の頭を抱き寄せ、唇を重ねていました。






僕の自宅に戻り、二人でシャワーを浴びます。



程良く大きな乳房と眩しいくらいの白い肌を見ると、僕の興奮は最高潮に達していた。



唇をお互いがむさぼりながら、髪を洗い終えた彼女の体を優しく洗うと、息遣いを荒くし、全身が赤身を帯びていきます。



たまらず、彼女の乳首を口に含むとピクンと反応する・・・。



クリトリスを指先で触りながら、「加奈のかわいいクリ、すごく濡れてるのわかるか?」と聞くと、「いやぁ・・・いじめないでよぉ・・・あんっ」と悶えます。



その可愛さにもっといじめたくなり、加奈の中に指を一本だけ入れるとすでにグチョグチョ。






「そこ・・・気持ちいいの・・・私おかしくなっちゃうよ」と異常に感じている様子です。






かなり感じやすいのか、Gスポットを一分も刺激しないうちに、体をそり返しながら、「イッちゃうよぉー!!ダメダメ!!あぁーん!!」と大量の愛液を流しながら果てていきました。



腰砕けの加奈をバスタブの上にチョコンと座らせ、体をピクピク揺らす彼女の膣を指で刺激しながらクリを愛撫してあげます。



もう充分に濡れまくりの加奈ですが、もっといじめたくてしょうがありません。



Gスポットだけを強く弱く、スピードを早めたり遅くしたりしながら刺激を続けると、かわいい加奈の膣から、透明の大量の潮が吹いてきました。



声にならない声で、快感を表現する加奈は、失神寸前のまま、僕の左腕に両手でしっかりつかまって、可愛らしくも色っぽく綺麗な潮をバスタブの外まで吹きました。



こんなに美しいものを見せてくれた加奈に愛情いっぱいのお礼のキスをします。






「加奈・・・大好きだ。キレイだよ」と耳元で囁き、加奈を抱きかかえ、濡れたままの姿でベッドへ向かいます。






加奈は僕のものをそっと触りながら、「これ・・・いっぱい私の中にはいるの?」と上目遣いのまま、口の中に含みます。



加奈の舌と唇の感触から伝わるかわいさと女性の魅力に、久しぶりにセックスをする幸せを感じていました。






大きくそり返る僕のモノを握る加奈に、再び熱いキスをしてあげます。



そのままベッドに寝かし正常位で加奈の中へ入っていく・・・。見つめ合いながらゆっくりと彼女の熱い鼓動を感じとり、だんだんと激しく突きます。



快感で気が遠くなりそうな加奈にディープキス・・・。



舌を絡ませながら、必★で僕に伝えようとする彼女・・・。



何度も何度も絶頂を迎える彼女の膣は、次第に締りを強めます。



バックから突き上げる姿が鏡に写る様は、より興奮を高めます。



立ちバックの最中には再び潮を吹いていました。



騎乗位で乳房を揺らす加奈はすでに、目がトロンとして、意識を保つのが精一杯のようでした。



そのまま彼女を寝かせ、再び正常位でMAXのスピードで突き上げます。



最後は一緒のタイミングで果てるように彼女にイクよと伝えます。






「中にください・・・全部・・・・・・」という加奈の想いに、僕はさらに激しい腰使いで、






「あぁ・・・もうダメだ!出すよ?!加奈っ!!」



「くぼっち・・・大好き!私の中にください・・・」






気を失いそうな位快感に襲われる彼女の体の中に、信じられない位に大量の精子注ぎ込みました。






しばらくそのままで、加奈の全身を愛撫し、最後は唇に愛情を注いだキス・・・。






「加奈・・・愛してる。受け止めてくれてありがとう」



「私・・・いま幸せだよ・・・大好き。ずっと離さないで・・・」






その日は加奈の手を握り締め、僕の胸の中で寝かせました。



その後、加奈は自分で別れ話を切りだし、後輩と別れました。



納得のいかない後輩に、僕の存在を話すと絶望したように別れを受け入れたようです。






僕と加奈は、あの夜だけのつもりで会う約束をしていた。



でも結果として二人の気持ちを確かめ合う一夜になったのだ。



加奈の中に僕の全てを注ぎ込み、加奈は僕を受け入れた・・・。



今は幸せの絶頂かもしれない。






出会いは二度とないもの。



生きていく中で、無理矢理にでも自分の気持ちを通す事は、時として必要なことなんですね。



ゆきずりではなくなりましたが、彼女の可愛さと純粋さは、僕にとって間違い無くアバンチュールな出来事でした。






加奈。愛してます。



これからもお互いキレイでカッコイイ二人のまま、成長していこうね。