うちの家系は胸が大きくて、母も妹も巨乳だ。






私も小6でCカップ。



中1でDカップ、中3でFカップと順調に大きくなり、いつもクラス1の大きさだったし。



男子からも注目されてた。



大きいのが嫌で隠す子もいるが、私は自分の胸が好きだったし自慢だった。



だって、すごい優越感なんだよ。



男子も私の胸を目で追ってるのが分かるし。






だから、人一倍おっぱいには興味がある。



大きそうな子とは必ず仲良くなって、胸の話や大きさのこと聞いたりする。



触りあったりして、大きさを確かめる。






まあ、私より大きい子は今までいなかった。



(※おでぶさんは除く)






生徒はもちろん女の先生もチェックしてた。



(※若い先生のみ)






同じ方法で触らせてもらう。



若い先生は笑いながら触らせてくれるんだよ。






「美奈ちゃんには負けるよ」って恥ずかしそうに。



(中学生の小娘に負けたって屈辱感を漂わせて)






これもすごい優越感。



女として勝ったって思う。



学校の先生って貧乳が多い。



Bカップ止まり(笑)






でも、今年かわってきた奈保先生はやばい。



歳は29歳って言ってたけど、すごい巨乳だ。






修学旅行のお風呂は私の一番好きな時間。



みんなの胸を見れる。



Dカップくらいの子は結構いるけど、結構大きな子でも私の前では、少し卑屈になるような気がする。






私は口では謙虚に、「大きなったやん!」と言ってあげるけど、心では(勝った!)と思ってる。






そんな中で奈保先生が風呂当番だった。






他の女子が、「先生と美奈どっちが胸大きいやろ?」って先生に言い出した。






先生はもちろんジャージ姿で一緒には入ってない。



私はわざと先生の近くで胸を強調して・・・。






「先生の方が大きいに決まってるやン。大人やねんから」と言いながらも挑発した。






「すごい胸やね、肩こるやろ?先生も大変やねん」と言いながら、先生はニヤッと笑った。






そこはそれで終わったが、私は先生に他の先生の時のように近づいていったけど、うまくかわされてた。






そして、夏休み。



補習の帰り、先生に呼び止められた。



そして、先生の家に連れて行かれた。






「美奈ちゃん、すごく胸の大きさを気にしてるけど、女はそれだけじゃないのよ。もっと内面から磨かないと、だめなんよ。あなたを見てると、昔の自分みたい」






そう言って・・・。






「私の胸みたい?」






「うん、見たい」






先生はシャツを脱いで立ち上がり、薄いピンクのブラに包まれた胸を露わにした。






「すごい!負けたかも」






先生は私の制服を脱がせ始めた。






「きれいだよ、美奈ちゃん」






そして、ブラも外された。






「大きいけど張りがあるわね」






私は先生のブラを外した。



その瞬間、ブラで持ち上げられていたおっぱいが弾むようにこぼれ落ちた。



すこし重みで垂れてるけど、それがまた色っぽい。



乳首も可愛い。






そして、横の厚みがすごい。



私とは形が違うけど、おおきい!



そして何より柔らかい。



うちの母のおっぱいより大きい!



しかも母ほど垂れてない。






「先生負けました。先生の方が大きいです」






「勝ち負けじゃないって言ったでしょ。それに、あなたの方が垂れてないからサイズ的には大きいでしょ。あなたFって言ってたよね。私はEカップなんだよ」






「え~、でも先生のほうが全然大きいです」






「だから、そんなサイズなんかにこだわるのがダメなのよ」






そう言いながら先生は、わたしの胸に口づけてくれた。



そして、私のおっぱいに先生の柔らかなおっぱいを押しつけてきた。






「すごい弾力。先生の乳房、弾き返されそう」






「先生、すごく気持ちいいよ」






女性の胸がこんなに気持ちいいなんて初めて知りました。