40代の会社員です。



3歳年下の妻も40代で、転勤先で出会った同年代のご夫婦とスワッピングをするようになって、妻の浮気を知りました。



それは、男同士で打ち合わせをして、お互いのスワップセックスの様子を隠し撮りして、奥さんの秘密を聞き出して交換するというものでした。



私は、相手の奥さんからは、初体験が中2だったこと、相手は担任の先生だったこと、高校では近所の電気店の社長と援助交際をしていたこと、大学では中古車販売店の社長の愛人をしていて、SMプレイを撮影されて投稿雑誌に乗せられていたことなど、衝撃の過去を聞き出しました。






私は相手のご主人から隠し撮りしたDVDを受け取ると、PCで再生してみました。



妻はご主人にクンニされながら、短大1年のクリスマスに当時の彼氏とホテルで初体験したと言いました。






「だから私・・・主人が2人目なんです・・・はあ~~ん・・・」






その後もご主人に抱かれながら・・・。






「奥さん、ご主人が2人目ということは、私が3人目ということですね?」






「ああっ・・・あっ・・・ち、違います・・・ああん・・・あなたは4人目です・・・ああっ」






妻は喘ぎながらそう答えました。






「奥さんは浮気したことがあるんですか?」






「ま、前の夫の赴任地で・・・渡されたティッシュに書かれてた出会い系に電話して・・・ああん・・・あ、あ、あ、イクイクイク~~~」






「奥さんは淫乱だね。何度もイッて・・・本当は出会い系でたくさんの男とセックスしたんじゃないの?」






「ああん・・・ち、違う・・・1人だけ・・・ああん・・・もっと激しくして・・・」






そこには、私には見せたことのない激しいセックスをねだって腰を突き出す妻がいました。






「その彼に淫らなセックスを仕込まれたのですか?」






「ああっ・・・しゅ、主人には黙っててね・・・。彼はSだったの・・・ああっ・・・縛られてアソコを苛めらたの・・・。足を開いたまま縛られて、クリちゃんを吸い出されながらバイブを入れられて・・・吸い出されたクリちゃんにローターを当てられて何度も潮を噴いて・・・ああっ・・・またイキそう・・・」






ショックでした。



妻はS男性にマゾ調教をされていたのです。






「どれくらいの間、マゾ調教をされていたんですか?」






「はあはあ・・・、1年くらいです・・・ああん・・・こっちに転勤になるまでの最後の1年・・・ああっ・・・週に1回会って・・・撮影もされました・・・ああ~~~」






妻は白状しながら激しく仰け反って白目を剥きました。



私との営みではあれほどのイキ方はしない妻が、マゾ調教を打ち明けながらイキ乱れていました。






妻は、私とのセックスには満足していないような気がしました。



妻がマゾ調教をされた時に撮影されたデータがどこかにあって、妻はそれを観ながらオナニーしている気がして、妻がどこかに隠していないか探し始めました。



そして先日、フラッシュメモリーを見つけて、中身を見ると、そこには膨大なデジカメ写真のデータがありました。



荒縄の期待に頬を紅潮させる妻の姿がありました。



裸になって手足を縛られ、屈辱のM字開脚で陰部露出を強いられ、クスコで膣奥まで晒されていました。



赤いスポイトのような物体を陰核に吸い付かせて顔を赤らめていました。



恥辱の淵に追い込まれ、垂れ流した愛液が肛門まで濡らしていました。






貞淑だと思っていた妻の淫戯性癖の数々が、鮮明な画素数で記録されていました。



凌辱される羞恥に潤む陰唇。



目覚めたマゾ快楽に恍惚の表情を見せる妻は、縄を食い込ませ、吸い出された陰核を虐げられ、潮を噴いていました。



浮気相手の陰茎を生挿入され、あられもない恰好で出し入れされる様子を撮影されていました。



精液を口に出されて、妻はそれを飲み込んだのでしょうか?






日付を見て、撮られた日が全て月曜日であることに気付きました。



つまり、週末に私に抱かれるまで、縄の痕が消えることを計算していたのでしょう。



前の勤務地では最後の1年間、月曜の妻は昼間の凌辱に喘いだ後だったのです。






ひとつだけ動画がありました。



柔肌に容赦なく縄が軋ませ、M字開脚の恥辱に自然と潤む膣口が剥き出しになり、それを動画撮影されて恥ずかしがる妻が顔を真っ赤にして映っていました。



小振りな陰唇を拡げられて、赤いスポイトのようなもので吸われている陰核がアップになり、羞恥の汁を流す様子が映ります。



赤いスポイトのようなものを外されても吸い出された陰核は剥き出たままで、その腫れた陰核を摘ままれ、懇願しています。






「ああーーーっ!もう許して下さい・・・」






吸い出された陰核への強烈な刺激と喰い込む縄の疼きに欲情して、仰け反りながら反応していました。



吸い出された陰核を嬲るローターの振動に、「ひいいいいいいーーーーーーーーっ!」と切ない絶叫と共に、ピュピュピュ~~と潮を噴きました。



何度もイカされ、真っ赤に充血した陰核が震えていました。






縄を解かれても、妻には身体を動かす力が残っておらず、一方的に犯され始めました。



生の陰茎で激しく突かれて何度もイカされて、敏感な身体が勝手に反応してアクメに啜り泣いていました。



イキ果てて白目を剥いているのに身体はビクビクと感じて、激しい腰の打ち付けに乳房も揺れています。



生の陰茎に掻き回されて我を忘れて腰を震わせる妻に男は一際激しく腰を打ち付けると、ブルブルと痙攣するように妻に腰を押しつけていました。



男は妻の膣奥に射精したようでした。



何度もイカされて朦朧としている妻は、自分が中出しされたことにも気付かない様子でした。



男の陰茎が抜かれ、膣口から精液が流れ出た感覚で、やっとそのことを知ります。






「な、中に出したの?ウソでしょ・・・?」






「四十で孕んだらお笑いだな。もしできてたらダンナの子として産めよ」






「嫌よ!何で中に。嫌ぁぁぁぁぁーーーーーっ!」






泣き喚きながら妻は精液を掻き出していました。



データの日付を見ると、今の赴任地に引っ越す5日前でした。



きっと最後のセックスだったのでしょう。



幸い妊娠はしなかったようですが、転勤して最初の生理が来るまで妻は気が気ではなかったでしょう。






私はフラッシュメモリのデータを寝室のPCにコピーして、スクリーンセイバーに妻の羞恥写真が出るように仕込みました。



数日後、妻が観念した様子で跪いて私に謝罪しました。






「何でも言われた通りにします・・・だから、あなたの傍に置いてください・・・」






そう言って泣きじゃくる妻は今、私の性奴隷です。



ピルを飲ませて、いつでも中出しできる肉壷です。



クリバキューマーという強烈な吸引器で、現在陰核を吸い出し中です。



いずれ妻の陰核にピアスを通して、その恥ずかしい姿を混浴で晒してやるつもりです。