俺と姉貴がセックスしたのは中学の時。



2歳違いだから1年だけ一緒に登校してた。



その通学途中で普通のエロ話になって、そこから近親相姦話になった。



最初はお互いに、「あり得ない」とか「気持ち悪い」なんて言ってたんだ。






んで、その数日後、体験談をネットで読んだ。



明らかに(作り話だろ!)ってやつから、(これマジか?)ってやつまで色々あった。



そこへタイミング良く、姉貴が部屋に入ってきた。






「何見てんの?」って言うから、「近親相姦の体験談みたいなの」って答えた。






「マジ?そんなのネットで書いていいの?」とか言ってたけど、「たぶん作り話がほとんどだと思うよ。エロ小説みたいな感じじゃない?」って言ったら納得してた。






それから姉貴も一緒になって見始めた。






「ちょっとこれ凄いね」なんて、俺より興奮してる感じで夢中になってた。






ひと通り読んだ後・・・。






「そういえば、小さい頃は一緒に風呂入ってたね?どれくらい成長したか見せてみ?」






なんてことを言い出した。






「バカじゃねーの?」って返したけど、内心は、(マジで見せたらどんな反応するのかな?)って考えてた。






姉貴は、「いいじゃん、減るもんじゃないんだし・・・あ!まさか・・・小さいから恥ずかしいんだろ?」って挑発してくる。






ここまで言われちゃ流石にカチンと来たから、立ち上がってズボンとパンツずらして見せてやった。



いきなり目の前にチンポ突きつけられて驚くと思ったけど・・・。






「へぇ~、立派に成長したじゃん!皮も被ってないし立派立派!」






なんか冷静に観察された。



俺の方がビックリだったよ。






「なんだよ・・・マジで見せられて驚くと思ったのに・・・」






俺はガックリ肩を落とした。






「なんだよぉ~褒めたじゃん!他人のいきなり見せられたら驚くけど、弟のなんだし平気に決まってるじゃん」






そう言われると、それもそうかと妙に納得できた。






「てかさ、もうちょっとよく見せてよ。剥けたチンコって初めて見るからさ」






てっきり彼氏がいて見慣れてると思ったから、(え!?)って思った。



聞いたら、まだ男と付き合ったことがなくて、処女だって自分でバラした。



処女でも弟のチンポは別物なんだって初めて知ったよ。



見るだけじゃなくて触ってもきたし。



俺、姉貴に触られて気持ち良くなってきちゃって、(立つなよ!立つなよ!)って思いとは裏腹にバッキンバッキンのフル勃起。






「ちょっと~!なに勃起させてんのよ!姉に触られて普通勃起するぅ?」






そう言いながらも全然手を離さないし、むしろチンポを擦るスピードが速くなってる。






「しょうがねーだろ!姉貴の手が気持ちいいんだから・・・俺だって初めて女に触られたんだし・・・」






姉貴の「処女」発言のお返しに、俺も「童貞」だってことを告げた。






「あぁ・・・そっか・・・うん・・・じゃあ私のも見とく?」






こう言われて思わず、「ふへ?」って声が出た。






「姉貴のもって・・・マンコ見せてくれんの?マジで!?」






それに対する姉貴の言葉は、「私だけ見るのも悪いしね。あんただって見たいでしょ?」だった。






「どうせならマンコだけじゃなくてオッパイも見たい!」ってお願いしたら、「全部脱げってこと?だったらあんたも全部脱ぎなよ!」と。






シャツを捲って見せてくれれば良かったんだけど、せっかく全裸になってくれるって言うから従った。



立ったままじゃ見にくいから、床に座ってもらってM時開脚で見せてもらった。






「姉貴さぁ・・・剃ってんの?天然?」






パイパンだったから不思議に思って聞いてみた。






「天然だよ!悪かったね!生えてこないんだからしょうがないじゃん!」






不貞腐れた顔で答える姉貴。



言われてみれば剃り跡が無かった。






恐る恐るマンコを触る。



表面は乾いて見えたけど、ビラビラの内側は濡れてた。






「オナニーで指を入れたことある?」って確認したら、「いつも入れてる」って言うから2本入れてみた。






簡単にニュルって入っていった。



そこから姉貴が喘ぎ始めちゃって、マンコの濡れ方も半端じゃなくなった。






姉貴の“女の顔”を見て、俺の中で何かが切れた。



気付いたら姉貴の股間に顔を埋めてて、指を激しく出し入れさせながらクリトリスの辺りをベロベロ舐めてた。



たまに姉貴が、「んん!」とか「あっ!」とかって声を出す。



そのうちにマンコがギュゥ~っと指を締め付けてきて、姉貴が硬直。



これがイク瞬間なのか?と、俺がイカせたってことが嬉しかった。



もっとイカせてやろうと張り切って続けたら、何度も姉貴は硬直してた。






息を乱してグッタリしてる姉貴のマンコから指を抜いて、代わりにチンポをグイっと捻じ込んだ。



すっかり蕩けたマンコは簡単にチンポを飲み込んだ。






「んふぅ・・・今度は何入れてるのぉ・・・?太くてちょっと痛いよぉ・・・」






まだチンポだと気付いてなかったから、さらに奥まで押し込んで完全に根元まで挿入した。






「まだ分からない?俺のチンポだよ」






そう言うと、『え!?』って顔をして自分の股間を見る。






「ちょっとぉ!何入れてんのよ!これじゃ近親相姦じゃん!」






その割には、「抜け」とも「止めろ」とも言わない。






「姉貴がエロいからセックスしたくなっちゃった」






悪びれずに俺は答えた。






「したくなったからって姉に入れるとか・・・信じらんない」






でも顔は笑ってる。



これはこのまま続けてもOKってことだろうと勝手に判断して腰を振った。



腰を振りつつ姉貴に覆い被さってキスもしたけど、嫌がるどころかギュっと抱きついて舌まで入れてきた。



また姉貴のマンコがギュ~っと締まって快感が強まる。



それで俺は堪え切れずに姉貴の中に出しちゃった。



激しいキスをしたままだったから、何も言わずに無断で。



姉貴も抱きついたまま俺の精子を受け入れてる。



ドビュッ!ドクドクッ!って感じで、物凄い勢いで精子が出てるのが分かる。






それまで散々「あり得ない」とか言ってた近親相姦が、まさかこんなに気持ちいいと思わなかった。



『普通じゃないセックス』ってことが気持ち良さを倍増させてるのかもしれない。






まだ精子が出てる途中だったけど、終わらせたくなくて、出しながらまた腰を振り始めた。



続けて2回目の射精も中で出した。



チンポ抜いたらマンコから大量の精子が流れ出してきた。



姉貴がティッシュを取ろうとして四つん這いになったんだけど、アナルまで丸見えのその後ろ姿がエロ過ぎ!



2連続もしたのにまたチンポが硬くなったから、バックからハメてガンガン突いた。



チンポで中の精子がかき出されて床に垂れても構わずに腰を振った。



んで、また中に出した。






さすがに3回も出したらもう限界でチンポはフニャフニャ。



姉貴もグロッキー。



2人でしばらく床に寝転がって休んだ。






そこで今は日曜の昼間で、1階には親がいるってことを、この時になって思い出した。






(音や声が聞こえてたかな?)






って心配になったけど、今さら遅いし、バレてたらバレてたで仕方ないと覚悟を決めることにした。



覚悟を決めたついでに、姉貴にはその後、ノーパンノーブラで過ごしてもらった。



姉貴が歩いた後に所々精子が垂れて面白かった。



まあ1階には音や声は届いてなかったらしくて普段通りの親だった。






それからちょくちょく姉貴とセックスするようになったけど、恋愛感情はお互いになかったな。



遊びのセックスでしかなかった。



だけどコンドームを付けたことは1度もない。



よく妊娠しなかったもんだ。