結婚2年目で嫁が浮気をして、緑色の紙を置いて出て行きました。



残されたのは同居していた義母の陽子、45歳。



仕事もしておらず行く所もないので、家に置いています。






嫁が出て行って3日目。



仕事が終わり家に帰ると陽子が出迎えてくれたので、抱き寄せて唇を合わせました。



陽子はびっくりして抵抗しましたが、しばらくキスしていると諦めたのか自分から舌を絡めてきました。



その場で陽子の服を脱がせて素っ裸にしました。






「こんなおばあちゃん、どうするの?」






なんて言っていましたが、45歳にしてはおっぱいも張ってるし、細身ですが158センチでいい体をしています。






自分も服を脱いで全裸になり、また陽子を抱き寄せてキスをしました。



2人で全裸で抱き合うのって凄く興奮します。



キスをしながら陽子の手を取り、あれを握らせました。



陽子はおずおずと握ってきます。






「あの・・・握らされるの、初めてです」






小さな声で陽子が言います。



経験がなかったようです。



そのままお風呂に入り、お互いに洗い流した後、陽子の前に立って咥えさせました。



舌で亀頭を舐めさせてから口に入れたのですが、下手です。



しょっちゅう歯が当たります。



それでも咥えてから、タマタマも優しく揉むように教えました。






そろそろ入れたくなったので、床に座って陽子を膝の上に座らせ、おまんこに入れました。






「ああ、凄い久しぶりです。男の人のを入れたの」






陽子が抱きついて腰を押し付けてきます。



どうやら嫁とのエッチを聞きながら自分でしていたようです。



小さい家なのに、お風呂場とか居間でもエッチをしていて、嫁のあの時の声が大きいので困っていたようです。






おっぱいを掴んでキスをしてやるとオマンコが締まってくるのが分かります。



しかも嫁よりもきつい。



対面座位もしたことがなかったと言います。






部屋に移って、もうびしょ濡れのオマンコに指を入れてクリトリスを舐めてあげたら、「ああ、駄目、イッちゃいます」と小さな声で言います。



可愛い義母です。



もう一度チンポを入れてあげました。






最近はお風呂上がりに全裸のままいじめています。



先日は、陽子がイキそうになった時、動きを止めて、チンポを抜いてしまいました。



陽子が、「なんで?もう少しだったのに」と恨むように言うので、まだ陽子の愛液がついているチンポを舐めさせました。






「え、でも、だって」






などと戸惑っていたので、陽子の口に強引に押し付けると、仕方なさそうにしゃぶってくれました。



まさか自分のマン汁を舐めるとは思ってなかったみたいで。



でも舌を出してチンポがきれいになるまで舐めてくれました。



そのあと、入れ直してイカせました。



何かすごく興奮したみたいです。



お風呂に入った後、素っ裸でじゃれあって、ベッドもそのまま一緒です。



朝になったらまた勃起しているので、陽子に咥えてもらっています。






世間の反応ですが・・・。



浮気した嫁の母親を押し付けられてる可哀想なダメ男。



周りの人はそう思っているみたいです。



義母も、“娘に裏切られて娘婿の厄介になっている情けない母親”を演じて楽しんでいるようです。






陽子とのエッチはゴムは使わず、いつも生です。



でも義母と子供は作らない約束なので、いつもおっぱいか顔にかけています。



そして出し終わったチンポを陽子に咥えさせ、綺麗にさせます。



精子を付けたまま、まだ濡れているチンポをしゃぶらされる陽子の顔は物凄くエロいです。






家の中ではノーパン・ノーブラで過ごさせています。



今度、そのまま表に連れて行こうかと思っています。



最近は露出させたくなったので、近所のオジサンが家に来たときも、義母にはノーパンで応対させています。



あと私の趣味で、陽子には腋毛を剃ることを許していません。






この間の日の午前中、陽子に薄いノースリーブを着せ、ミニスカートにノーパンで電車に乗せました。



オジサン連中が座っている座席の前に立たせ、吊り革を掴ませます。



オジサンさん連中は案の定、陽子の透けたブラジャーと、ノースリーブから見える腋毛に目が釘付けです。



陽子が赤い顔で俯いているので、余計にエロオヤジたちは興奮しています。



しかもミニでノーパンです。



陽子の恥ずかしさはもう極限。



でも放っておきました。






しばらく走っていたら陽子の脇が汗で光ってきました。



腋毛がいやらしく肌に張り付いています。



陽子が足をもじもじしています。



きっとお汁が垂れてきたのでしょう。






『もう許して』






私の目を上目遣いで見てきます。



2時間ほど楽しんでから家に連れて帰り、すぐに裸に剥いてやると、やっぱりびしょ濡れでした。



私のズボンとパンツを下ろすとすぐチンポを咥えて、「お願いです。もう意地悪しないで」と抱きついてきました。






「どうするの?」






「もう入れて下さい」






「どこに入れるの?」






「ああ、恥ずかしい、陽子の、陽子のオマンコにチンポをください」






可愛い声でおねだりするので、四つん這いにして後ろから入れてあげました。



嫁には出ていかれましたが、義母との生活は最高です。





















スポンサーリンク
スポンサーリンク
SM・調教
adminをフォローする
エロうさちゃんねる