10年前のまだ学生だった頃、近所の学習塾で採点のアルバイトをしていた。






学習指導者は「恵子」。



当時30代前半、子供2人。






生徒は8時には居なくなる。



その後、2人でもくもくと採点。






彼女はブラジャーの色が浮かび上がる程度の白いブラウスに、レザーのタイトスカート、黒のストッキング。



この組合せが多い。



小柄だが魅力的なボディ。



いくぶんガリ勉ッポイ感じもあるが、魅力的なボディが忘れさせる。






生徒がまだ教室にいる時に、トイレにゴキブリが出た。



彼女は近くにいた自分のところに慌てて飛んできた。



なぜか腕を掴まれた。






はじめて、肌が触れた。あれ?






採点に区切りがつき、教材をしまう。



恵子は掃除をはじめる。






「お先です」と言って、いつも帰る自分。






帰ろうとした時、たまたま恵子が自分の前を歩いていた。



白いブラウスに浮かぶ淡いブルーのブラジャー、タイトスカート。



そんなものが自分を惑わせた。






後ろから力いっぱい抱きしめた・・・というより、力強く、その大きな胸を揉んだ。






「はっ、ああ・・・」と言いつつ、ボディをくねらすが、抵抗らしい抵抗なし。






そのまま、うなじを伝い唇を奪った。



猛烈に欲しいと思った。






ブラウスのボタンを外し、ブラジャーを捲り上げ、乳首を含んだ。



ストッキングの上から、タイトスカートの中に手を滑り込ませた。



温かいふくらみを激しく押す。



もう濡れている。






淡いブルーのレース地の小さなパンティを乱暴に剥ぎ、クリをダイレクトに責めた。



よがる大きな声が、また狂わせる。



テクニックなんかなかった。



ただ舌で舐め上げ続けた。



激しくくねる下半身を押さえつけ、クリから舌は離さない。



腰を突き上げる形で、恵子は果てた。






電気を消して、街灯の明かりが差し込む部屋で、恵子の裸体を見る。



渇いている、欲しい、という感情が怒涛のように押し寄せる。






長い時間、お互い愛撫しあった。



きれいな肌だと思った。



丁寧に舌を這わせた。



美しい裸体の恵子を、正面から腰を持ち上げ貫いた。



あっけなく絶頂を迎えた。



いつまでも舌をからませながら、抱きあった。






あれから10年。



社会人になってからは会っていない。



あの恵子が夫と2人で当地に遊びに来る。






きらいな恵子になっていなければ、冷静に、落ち着いて、貫いてやりたいと思う。