叔母の洋子さんは母の従妹でバツイチの41歳です。



保険会社で新人教育のトレーナーや外交をしている。



昔から洋子さんには可愛がってもらっていて、どことなく好きだった。



僕はよく洋子さんの自宅に遊びに行ったりしていた。






去年から僕は、実家から出て1人暮らしをしている。



両親は心配していたが、親元から離れて自由だった。



それに洋子さんのマンションの近くだったから、たまに洋子さんも食事を心配してくれ、行き来していました。






週末の金曜日、洋子さんから食事に誘われて保険の話になり、年齢的にも若いからと安く保険に入ったんです。



洋子さんは食事をしながら飲むに従い酔ってしまい、だんだんエッチな話になっていったんです。






洋子さんは帰宅したままで着替えてませんでした。



洋子さんの膝上のスカートからムッチリした薄黒のストッキングの太腿が露出していて、それが凄く艶めかしく、僕は勃起していました。



すると洋子さんは僕の手を握ると、正座した自分の太腿に置き・・・。






洋子「気になる?叔母さんの脚・・・、さっきから見てるみたいだから・・・」






洋子さんは目が潤んでいるみたいで、僕の手をスカートの奥へと入れさせたんです。






僕「で、でも・・・、こんな・・・」






洋子「嫌?私じゃ、だめ?」






僕は洋子さんを見ながら指先でワレメを触ってやると、「ハアッ、ああっー」と顔を背け、いきなり喘ぎ顔になりました。



指先で上下に弄っていると、指先が硬くなっているクリトリスに当たるらしく、身体がピクッピクッとして・・・。






洋子「ああっー、ね、ねぇー?」






ショーツの脇から指を忍ばせるとトロトロに濡れていて、弄ってやりました。



ソファーに寄り掛かって両脚をM字に開いてあげました。



洋子さんはサスペンダーのストッキングにショーツを着けていました。



初めて見る叔母の痴態に興奮して・・・。






僕「凄いね?叔母さん・・・、こんなに濡れてる!」






指を這わしてクリトリスを弄ってやると腰が浮いて・・・。






洋子「ああっー、カズちゃん!」






そのまま弄っていると・・・。






洋子「ああっー、だ、だめよ!いやあーだ、ああっー」






洋子さんのショーツに手を掛けると腰を浮かしてくれ、簡単に脱がしてしまいました。



そしてヌルッと指を膣中へ入れピストンしたんです。



洋子さんはつま先立って僕にしがみ付いて来たんです。






洋子「ああっー、す、凄い!いやあーん」






抽送する度にピチャピチャと淫音がして、どこからともなくオマンコから厭らしい匂いがしていました。



親指の第一関節でクリトリスも擦っていました。



すると洋子さんは僕を抱き締める様にして・・・。






洋子「だ、だめぇ!ああっー、いやあーん、凄い!ああっーイキそう!お願い!」






僕「叔母さん!ソファーに座ってよ!」






洋子さんはソファーに座ると両脚を上げ開き、僕の指を再び迎え入れたんです。



クリトリスが剥けて小豆大の頭が出て、濡れて光っていました。



黙って抽送していると片足が僕の肩に上げられました。



薄黒く透けたストッキングの脚に頬擦りしながら、ゆっくり抽送していたんです。






洋子「ああっー、凄い!初めて!いやあーん、カズちゃんったら!もっとクリちゃん弄って!」






洋子さんの足首を持ち指を抽送していると、足指が反り足指裏に鼻先を寄せたんです。



1日中ヒールの中で蒸れて汗まみれになって濡れていました。



強烈な甘酸っぱい匂いに興奮して、嗅ぎながら抽送しました。






僕「ああっー、叔母さんの足、凄い匂いだね?でも、この蒸れた匂い凄く好きだよ!」






洋子「だ、だめぇ!いやあーだ、カズちゃんたら!いやあーん、厭らしいんだから!いやあーん、そんなことしたら、いやあーん、ああっー、凄い!だめぇ!厭らしいことしないでぇ!おかしくなっちゃうから!」






僕も洋子さんの足に興奮して・・・。






僕「ああっー、凄く厭らしい足だね?堪らないよ!」






洋子さんは悲鳴を上げ、小水を噴き上げ、仰け反ってイッてしまったんです。



2枚貝から噴き上がった小水はビュッビュッと飛沫ました。



痙攣している洋子さんの両脚を抱え込むと、僕は2枚貝に吸い付きました。



蒸れた垢臭やら残尿臭に興奮して顔中で舐め回したんです。






洋子「ハアーハアー、ああっーん、カズちゃん!凄くいいわよ!」






舐めながらズボンとパンツを下ろし両脚を抱え込むと、ゆっくり挿れていきました。



凄く暖かな肉襞に包まれ、ゆっくり抽送し足裏を前にすると再び嗅ぎ回したんです。






初めて嗅いだ洋子さんの強烈に蒸れた匂い・・・。






たちまち射精感に襲われた僕は、素早く抜きとり、洋子さんの腹部に大量に放出してしまいました。



洋子さんも再びイキ、ガクガクと痙攣していました。



ゆっくり重なると優しく抱き締めてくれて、「ふふぅ・・・、バカね!いやあーだ、カズちゃんたら!どこで覚えて来たの?こんなこと・・・」と言われました。






このことがあってからしばらく、毎日のように叔母とセックスしていました。