お持ち帰りしちゃったんで初めて報告する側に!






中学からの腐れ縁の愛美を誘って2人で花見に行って来ました。



はっきり言ってお互い異性として意識してなかったと思います。



チューハイとパンケーキ(彼女の好物)を買って行き、まったり花見をしました。



日も完全に沈み、桜がライトアップされ始めた頃、夜桜の下にいる頬を赤く染めた彼女を見て、急にドキドキしてきました。






やべ・・・こいつ可愛い。



いや、落ち着け俺。



ここで突撃したら玉砕じゃないか!



まだ早い!



クールを装え!






なんて自分に言い聞かせ、俺は一つの結論を出しました。






(よし、もっと飲ませよう)






まだこの時は、ヤリたいとまでは思ってなかったんです。



ただ純粋に愛美が可愛くて、それを見続けたかったってくらいで。



俺は、「ちょっとコンビニ行ってくる」と言ってダッシュでビールを買いに行きました。



さすがにチューハイ数本じゃあホロ酔い程度にしかならないので・・・。






コンビニから帰ってきて、人混みの中で愛美を探していると、ちょこんと座って桜を眺めているのか、遠い目をしている愛美・・・。



1人だけ浮いてました、いい意味で。



俺は見つからないように、少し離れて携帯を見るふりをしてしばらく見続けていました。



このまま時間が止まったらいいのにと思いました。



しばらくして愛美のところに戻りました。



いつもはシャキシャキしゃべる愛美ですが、軽く酔っているのかおっとりした口調になっていました。






「遅かったね~」






この一言が俺の止まった時間を物語っていたように思えます。



早速買って来たビールを取り出し、2人で開け乾杯。



俺は酒に強い方ですが、愛美は弱いみたいで、ちびちびとビールを飲む仕草がまた俺を興奮させていきました。



他愛もない話でも、酒と夜桜にあてられた俺には十分でした。






(ヤリたいかも・・・)






そう思い始めたのもこの頃です。



ですが、俺と愛美はずっと友達だったので、急にそういった関係に発展するのは難しいんじゃないかと思ってました。



高校の時に何度も聞いたエロ話の中に、「うちは絶対に結婚してからエッチする!」という短くて重い一言があったのを思い出しました。



しかし、酒のパワーを借りた俺の脳内は記憶をも消してしまう勢いでした。






(構うもんか、やれ!やれ!やっちまえ!)






目も虚ろで服装も乱れ気味。



まさに泥酔状態の愛美を見た俺は意を決して、「これからどうする?」と聞きました。



後のことなど全く考えてません、はい。






「ん~・・・?」






どうやら完全に出来上がったみたいで、まともな返事は返ってきませんでした。






「送るのもしんどいから、ホテルで寝ない?」






ついに俺は最終兵器の引き金を引いてしまいました、もう戻れません。






「いいけど・・・眠い・・・」






お酒万歳!



マッハで片付けて俺の車で最寄りのラブホへ。



飲酒運転?そんなの知ったことか!






1人じゃ歩けないくらい酔っている愛美を支えるようにして入っていきました。



この時、こっそり肘でおっぱいツンツン。



柔らかかったっす!






部屋に入って、とりあえず愛美をベッドに寝かせ、荷物を適当に放り投げ、愛美の横に座りました。



上着を脱ぎ、愛美の上着も脱がせ、椅子に重ねて掛けました。



ちょっと酒が抜けてきたのか、辺りをキョロキョロする仕草にもまた興奮。



Tシャツを脱がせる時、汗をかいてて脱がしにくかったので、「バンザイして~」と言うと素直にバンザイしてくれました。



バンザイの格好で上半身はブラのみ。



俺は膝をベッドにつきながらTシャツを脱がせたので、愛美を見下ろす形に。



上目遣いでこっちをじーっと見ている愛美の顔のすぐ近くに胸の谷間が・・・。



俺も愛美の目を見つめながらそっとブラを外しました。



背が低めでスレンダーな体には似合わない綺麗なお椀の形をした、それでいてお餅のような張りのあるおっぱいが。



おっぱいに夢中だった視線を愛美の顔に戻すと目が潤んでいました。






(ヤバイ・・・まずかったか!?)






焦った俺は、「ごめん、嫌だった?」と聞きました。



すると愛美は潤んだ目のまま俺に抱きついてきて、「今日だけ・・・いいよ・・・」と意味深な一言を口にしました。



いつもと違う甘えた口調。



愛しくて心臓がドキドキして、もうやることはひとつしかなく、おっぱいを優しく愛撫しながらスカートをゆっくり下ろしていきました。



パンティを下ろした瞬間が一番興奮した記憶があります。



なんとも形容しがたい、征服感と罪悪感が混じったような切ない気持ち・・・。






ほぼ無言でキスを繰り返し、愛美のアソコをゆっくり愛撫していきました。



すごく熱かったのを覚えています。



指を出し入れしている時の愛美の喘ぎ声は息子に直接響くようでした。






そろそろいい頃だと思い、キスをしながらゆっくり挿入しました。



中は温かくて、入れただけでイキそうでした。






「うちで良かったん?」






ふと聞こえたこんな言葉。



なんと答えていいか分からず、流してしまいました。






正常位だけで俺の息子が限界を迎えました。



まだまだやりたいことはあったんですが、耐え切れませんでした。



処理をしている間、愛美はボーっと天井を眺めていました。



桜を眺めていた時のは違った萌えがありました。






後日談になりますが、翌日から私と愛美は付き合い始めました。



今までと何も変わってませんが、きっかけとしては良かったと思います。






「◯◯(俺)にお持ち帰りされた~」と友人に喋ってる愛美を見て、これはこれで可愛いかなと思った彼女バカな俺がそこにいました。