こうして1回戦が終わり、全員全裸のまま、ビールを飲みながら会話をしていた。






B「すげぇエッチするよな、まじにエロかった」






俺「こんなにエロかったんだな、まさかお前がって感じ」






R子「誰にも言わないでよ、恥ずかしいから」






B「何、そのパイパンまんこ、いつも彼氏に剃られてるの?」






R子「うん、伸びたらすぐ剃られるんだ」






俺「マジかよ、他の奴とエッチできなくするため?」






B「写真とか撮ってるんじゃないのか?」






R子「うん、彼氏って変態だからなんでもありかな」






B「でも、お前もそれに耐えているんだから完璧なMだぜ」






R子「そうなのかも」






俺「じゃあ、今日みたく3Pとかしたことあるのか?」






俺はR子のまんこに指を入れながら話していた。






R子「うん、何回か。彼氏の知り合いと」






B「そうなんだ・・・。俺たちがリードしているんじゃなくてリードされていた感が強いよな」






Bは何を考えているか、俺が触っているまんこに指を入れてきた。



男の指が2本が入っているR子のまんこは音を立てていた。






B「ハメ撮りとかして、どっかに投稿しているとかしてるんじゃないの?」






R子「それはないと思うけど・・・『友達に見せた』とかは言ってた」






俺とBは、ここまで変貌したR子に驚きを憶え、帰るまでの間たっぷりと遊んでやろうと考えていた。



男2人にまんこ弄られて、エッチな質問にも素直に答えるR子。



もう男の願望すべて叶えてくれる気がしていた。



まだ午前1時、時間はまだまだある。






俺「R子、今日は泊まっていけよ」






B「そうだな、俺も泊まるからお前も泊まれよ」






R子「うん、いいけど、もう飲み物もないよ」






俺「じゃあ近くのコンビニに買いに行こうか?」






B「そうだな、行くか」






R子「じゃあ、うち、服着るね」






B「どうせ行くなら面白いことしようぜ」






BはR子のブラとパンツを奪い取った。






R子「ちょっと・・・そんな格好で行けないよ」






B「彼氏にされているんじゃないのか?深夜だし、田舎だから誰もいないから平気だよ」






R子はしょうがないなという顔で、ノーブラノーパンで外に出た。



俺とBの間にR子を挟んで歩き始めた。



Bは後ろからR子のスカートを捲り上げ、お尻を出させていた。



俺も調子に乗ってブラウスのボタン3個開けさせておっぱいを触っていた。



R子は恥ずかしそうにしながらも感じていて、「誰か来たらどうするの?」と言いながら歩いている。



BはR子のまんこに手を伸ばし、「こんなに濡れてるぞ」と俺に指先を見せてきた。



てかてかに光っているBの指先は衝撃的だった。






買い物も終わり家に着いた途端、Bが「まんこ見せてよ」と言ってR子のスカートを捲った。



俺も、「さっきまで全員裸だったんだから、みんな脱ごうぜ」と言って全裸になった。



Bも同調して全裸になった。



R子は一応女の子として恥じらいもあるのだろう、脱ぐ気配なし。



俺とBは冗談を交えながらR子の服を全部脱がした。






何度見てもきれいな裸をしている。



顔は美人ではないが、ブスでもない、中の上くらいだろう。



肉付きは、決して痩せてはいないし、お尻も十分すぎる肉感もあるし、なにしろ柔らかい。



おっぱいは上向きのDカップ近くありそう。






Bは、もう待てないのかR子に、「まんこ見せて」と襲いかかる。



俺は笑いながらその光景を見ていた。



ちょうどまんぐり返しの格好にさせて、まんこもお尻の穴もばっちり見えていた。



肛門のしわもビラビラの形もはっきりくっきり見えている。



Bは指であそこを広げて、「さっき歩いてるときも感じまくっていたよな」と言いながじっくりと見ている。



R子はやはりMなのか、じわじわと濡れてきているのがわかる。



毛がないので、垂れたその液体は肛門までを濡らしていた。






またR子の表情もそそる。



同級生で、まじめに勉強して薬科大を一発合格、みんなからはまじめなお嬢様で通っている。



それに俺は高校1年から知っているし、憧れはなかったけれど、いざこうなると凄く興奮するものだと思った。



正直、エロとは無関係だと思っていた。



Bも同じことを言っていた。



まんこの形状もはっりと憶えているし、それにR子から「電気を消して」とは言われなかったし。



色は肌の色に近く、左右対称のビラをしていた。



パイパンで、凄く濡れやすかったのでエロかった。






話は戻るけれど、Bは言葉責めでR子を甚振っていた。






「今まで、ここに何本入れた?」



「大学に行ってから毎日入れられているのか?」



「何人にこのまんこ見せた?」



「クリが感じるのか?」






BにはSの素質があると思った。



俺も調子に乗ってBと一緒にまんこに指を入れて、「今、何本の指が入ってる?」と聞いたりした。



R子は恥ずかしがりながら・・・。






「いや、恥ずかしい。あまり見ないで。ああん、感じちゃう」






「さっき歩いているとき、後ろに人がいたの知っていたか?」



「レジで、お前のおっぱいをじっと見ていたよ」



「あのバイトの兄ちゃん、横から乳首が覗いていたから見放題だったよな」






そう言われるたびにR子は体をくねらせ、まんこを濡らしていた。



喘ぎ声も、我慢しながら、時折大きな声で喘ぐ。



どうせ普段は顔を合わせない間柄だから、やるときはやるよという感じになってきた。



俺とBはSっぽい話し方でR子の体を弄んでいた。






BがR子の口に肉棒を咥えさせた。



俺は、ひたすらR子のアソコを弄っていた。



元気になったBの肉棒を俺をどかせて、R子のアソコにあてがった。






B「入れて欲しいんだろう?」






R子「ああん・・・」






B「ほら、入れてやる」






R子「ああ・・・感じる」






俺はR子のアソコを間近で思い切り見ていた。



Bの肉棒は見たくはなかったけど、肉棒が出し入れされている様は見たことがなかったからだ。



R子のアソコは、なんでも受け入れることが出来るような感じがした。



俺はR子の口に自分のモノを宛てがい、ちょうど69のような体勢になりながら出し入れしている部分を見ていた。






俺「凄いな、ジュクジュク音しているぞ。こんなふうに広がるんだ」






R子「ああ・・そんなに見ないで、恥ずかしい。でも見られると感じる・・・」






吐息を切らせながら小さな声でR子が言った。



Bは体位を代えて騎乗位になった。



俺は立ち上がり、自分のモノをR子の口へ。






Bは「もうイキそうだ」と腰の運動を弱めた。






R子が、「中で出さないで」と言ってBのアレを抜いた。






俺はすかさずR子の口からモノを引き抜き、R子のアソコに入れた。



もう濡れ濡れで、何の抵抗もなくスルッと入った。



Bは抜かれた肉棒をR子に咥えさせ、口の中で果てた。



俺はイキそうにもならず、ただ腰を動かしていた。



そんな俺に対してBはやたらと話し掛けてくる。



やつも俺のアソコとR子のアソコが出し入れされている様を見ている。



同性に見られるのは嫌だったけど、R子が感じまくっているので頑張った。



足を上に持ち上げ、肝心な部分が見えるようにサービスもした。






「入ってるのが見えるだろう、R子?」



「さっきまで透明だった汁も白く濁ってきたぞ」



「本当にお前はすけべな女だな」



「声がデカいから隣の部屋まで聞こえるぞ」



「いい声出すな、エロい喘ぎ声」






まあ出るわ出るわ、Bの本性が(笑)






R子「入っているの見える、やらしい、あぁ、気持ちいい、見ないで、恥ずかしい」






もう獣のようなセックスになっていた。






その後、俺たちは1年後に再会するんだけど、そのときもやりたい放題だった。



あくまでも付き合う気のない友達だからできること。



あれからBは目覚めたらしく、ドSっぷりを発揮している(笑)