私達は共働き夫婦です。



子供も社会人になり、それぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。






日曜日が仕事の妻が私に、実家の義姉にあるものを持って行って欲しいと頼まれ、別段用事のない私は10時過ぎに妻の実家に行った。



前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。






その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り、一人暮らしをしていた。






行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、私の大好きなビールも冷やしてくれていた。



その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、それまではのんびり出来ることになっていた。



妻と違い、義姉はお酒も結構いけることは妻から聞いていた。



私はランニングシャツにズボンというラフな格好で行っていました。



義姉も50歳前とはいえ、ジーンズにノースリーブのシャツを着ていた。






義姉は妻とは違って胸も大きく、お尻も張っていて、義姉を初めて見たころは相当のボリュームのある体型であったことははっきり覚えている。



しゃがんだり、腰を突き出す格好の姿勢を取っている時は股上が浅いジーンズを穿いているせいで、お尻の割れ目の半分近く丸見えであった。



尻フェチの私はそれが気になってチラチラと見ていた。



シャツから浮き出る両方の乳首もぽつんと飛び出て50歳前の義姉ではあるが興奮させられていた。






3本ぐらいビールを飲んだ私はリラックスしていたこともあり、仰向けに寝て休んでいた。



飲んでいる時はテーブルの向こうに座っていた義姉が気が付くと私の横に座っていた。






「健二さん、妹とは仲良くやっているの?わたしなんかもう離婚して3年、一人寂しく暮らしているけど、なにか欲求不満なことでもあるの?」と。






私は「えっ?なんでですか?」と聞き返すと、「今日、健二さんが来てから、なんども私のお尻や胸ばかり舐めるように見ているから・・・。こんな50歳前の私など見る価値もないのに・・・」と、妻と違いいつもはっきりものを言う義姉。






「気がついていたんですか?でも義姉さんの身体はすごくむっちりしていて健康な男だったら誰でも見てしまいますよ」と。






「お上手ね。こんなおばさんを捕まえて。でももし健二さんがいうことが当たっていたらこうして一人いることはないでしょう?離婚してからずっと男気のない生活なのよ」と義姉。






「えっ、本当ですか?そんな勿体無い。私だったらほっておきませんよ」と。






義姉は私のすぐ横に寄って来て「もし、今の言葉が本心なら、寂しい私を抱いてくれる?」と言うや、覆いかぶさるようにキスをして来た。






少し口元からビールの匂いが感じられた。



舌まで入れてきた義姉さんの行動に、私は完全にスイッチが入ってしまった。






一度身体を離れ、急いで服を脱いだ。



傍で義姉さんも同じように服を脱ぎ始めた。



お互い全裸になると私の手を取り隣の部屋に導いてくれた。



どうやら義姉さんが寝ている部屋らしくセミベッドが置かれていた。






胸を揉み、乳首を吸い始めると義理姉さんは「ああ・・久しぶり・・・もっと・・・気持ちよくして・・」と信じられない言葉が飛び出した。






私は69体位になり義姉さんの両足を広げ、股間に顔をうずめ恥ずかしい部分を舐め始めた。



義姉さんはぱくりと私の勃起しているペニスを舐めてくれている。



久しぶりのセックスにもう根元まで精液が来ている感じだったので、急いで正常位になり一気に根元まで挿入すると義姉さんは両脚を高く上げ、これ以上ないというくらい卑猥な格好になった。



2人の身体がピストン運動でばちばちと音がして一層卑猥な状況を醸し出していた。



そして射精してしまった。






終わって2人とも仰向けになって息を整えている間も義姉さんの手は私にペニスを握ってしごいていた。



興奮のためか私のペニスも間もなく勃起してきた。






それを合図のように義姉さんは「今度はバックでして・・・」と四つん場になって私の方に大きなお尻を突き出して来た。






おまんこもアナルも丸見えの状態。



私は急いで義姉さんのお尻を両手で掴み、思わぬ行動に出てみた。






・・・それは義姉さんのアナルに舌を這わしたんです。






最初はお尻を左右に振って嫌がっていたみたいだったけど、それでも執拗に舐め続けると、抵抗をやめ、むしろ舐めやすいようにより尻を突き出して来た。



気をよくした私は両手でお尻を広げ、舌の先をアナルに突き出すようにした。



一度も経験したことのないアナルへのペニスを挿入したくなり、手でペニスを握りアナルに当てた。



腰を前に突き出すと少し中に入った気がした。






カリの部分を入れようとすると義姉さんは「痛い。入らないよ。ちょと待って・・・」と、ベッドのそばの鏡台の中からビンを取り出し、私に渡した。



見るとそれは乳液だった。



私はたくさん手に取り出し、義姉さんのアナルが真っ白になるくらい塗りつけ、再度の挿入を試みた。






義姉さんは「慌てないでゆっくり入れて・・・」と、より両脚を広げた。






ゆっくりゆっくりと挿入した。



そして・・とうとう根元まで入ってしまった。



ものすごい締め付けになんともいえない興奮を覚えた。



そしてピストン運動を始めた。






それから2時間ほどして妻が迎えに来た。



二人はまったく何も無かったように振る舞った。






翌日、会社で仕事をしていると私の携帯に義姉さんから電話が入った。






「昨日のこと、あれっきりにするの?それとも・・・また・・・してくれる?」と、まるで恋人に囁くような声が聞こえてきた。






私は意地悪く「義姉さんはどうしたいんですか?」と聞くと、「意地悪ねえ・・・すっかり火をつけてしまって・・・妹だけでなく、私にも半分分けて・・・ちんぽを・・・」と。






「判った。じゃあ、今度、機会を作っていく時までに、義姉さんのあそこの毛が舐める時口に入ってやりにくいから・・つるつるに剃っておいてよ」と言うと、意外にも「いいわよ。あんなものいらないから、子供のようにツルツルにしておくから、思いきり舐めたり吸ったりしてよ。約束よ」と言って電話を切った。