僕が27歳の時に結婚し、すぐに家を購入した。



家が完成するまでの間、月2万ほどのかなり安いボロボロなアパートで住んでいた。






嫁の朱美と僕は似たような性格があって、それは人に頼まれると、たとえ嫌なことでも断ることが出来ないという点。



はっきりいって、かなり気が弱くて小心者の2人だった。



だから、家もあっさり買わされっちゃったんだけど。






そのアパートは非常に壁が薄く、隣の部屋の声やテレビなんて筒抜け状態のように聞こえてくるところだった。



家が完成するまでの1ヶ月半の我慢と思い、耐えながら住んでいた。






僕と朱美が隣へ引っ越しの挨拶に行くと、前田愛によく似た可愛い子で、なんでこんな子がこんなボロアパートに住んでいるんだろうと思った。



ちょっと一目惚れしてしまった僕は、朱美に隠れて仲良くなろうと思ってしまった。






朱美が実家へ戻って1週間いない時があり、チャンスだと思った僕はその子の部屋へ入るためにちょっとしたお菓子を持って行った。






「ありがとう。もしよかったら、汚いけど部屋に入りますか?」






僕は遠慮なくお邪魔させてもらった。



奇遇にも、その子の名前も嫁と同じで、漢字は違うが『明美』だった。



僕は明美と世間話をしてる時だった。



玄関を強く叩く音が聞こえた。



明美が玄関の扉を開ける。






「あなた、また来たの?今はお客さんが来てるから帰って」






見ると、障害のある男だった。






「前に施設で働いてた時の人なの。私のことが好き好きって、本当に困った人なの」






そう明美が教えてくれている間も、その男は僕が近くにいるというのに、平気で明美に抱きついたりしている。



ちょっと僕は羨ましく思ってしまった。



明美は、男のそんな態度に慣れてるようで、「ごめんね。この人、良いも悪いも分かってないから、『だめ』って言っても分かってくれないの。だから許してね」と言った。



せっかくの明美と2人きりの時間を邪魔されて少しがっかりした。



それからも僕と明美は話を続けたが、その男はずっと明美の後ろから抱きついていた。



その男の手が確実に明美の乳を触っている・・・。



正直、羨ましかった。






すると、明らかに男が手のひらで明美の乳を揉み始めた。






「こらっ、だめ、人がいるでしょ?」






いくら明美が注意をしても、その男はやっぱりまるで理解をしてない様子だった。






「帰りましょうか?」と僕は言ったが、「大丈夫。いつものことだから気にしないで」と言われ、帰ろうにも帰れなくなってしまった。






明美と会話を続けていても、僕は男の手の動きが気になって仕方なかった。



どうしても明美の胸ばかり見てしまう。






男の行動はさらに大胆になっていった。



なんと男は明美の服の中に手を入れて胸を触り始めた。






「こら。今はだめだって。人がいるってば」






何を言っても全く理解がない感じで、さすがに僕は目を逸らした。



僕に見られていては明美も恥ずかしいだろうと思い、体を後ろを向け、「僕は後ろを見てますから」と言ったが、正直気になって仕方ない。



たまたま姿見に明美と男が映っていたので、僕は目を逸らしたふりをしながら、鏡の中の人の様子をずっと観察していた。






明美の服を捲り上げて、男は明美の赤いブラの中に手を入れた。



明美の生乳が見えた。



とても小さな胸で、乳首もまるで男のように小さかった。



あまりの貧乳に内心がっかりした・・・。






その夜、僕はムラムラしていて、帰ってきた妻の朱美を襲ってすぐにエッチをした。



明美と朱美の胸は、比較するまでもなく、明らかに朱美の大きな胸の方が好きだった。



その日は興奮して2回もして、本当に気持ちよかった。






それから数日が過ぎて、僕と朱美がまったりとテレビを観ていた時だった。



チャイムが鳴り、玄関を開けると、例の男が立っていた。



僕が「隣だよ」と言っても全く理解出来ていないようで、男は靴を脱いで勝手に部屋に上がってきた。






朱美が、「誰?」と言った。






「なんか隣の人の知人らしいけど、障害があって良いも悪いも分からない人らしい。きっとお隣さんと勘違いしてるから、これから隣に行って呼んでくるよ」






僕がそう言って隣の明美の所へ行こうとした時だった。






「キャー!何するの?!」






朱美の声がした。



見ると男が嫁に抱きついていた。






「こら、人違いだって。離せって」






そう言っても伝わらず、その男を力ずくで振り払おうとしたら、思いっきり顔面を殴られた。



ものすごい馬鹿力で僕では太刀打ち出来ず、やはり隣の明美を呼ぶしかないと思った。



しかし、あいにくお隣は留守のようで、ドアにはロックがかかっていた。



僕が再び部屋に戻った時には、朱美は思いっきり後ろから男に抱きつかれていて、朱美の頬に青あざがあった。






「怖いよ。さっき抵抗したら思いっきり頬を殴られた」






「こら、離せよ!」






引き離そうとすると逆にまた殴られてしまった。






「もう隣の人が帰ってくるまで待つしかないよ」






明美の帰りを待とうと部屋を出て行くと、「お願い、それだけはやめてー。いやあー」と明美が泣き叫ぶ声がした。



慌てて部屋に戻ると男が朱美の胸を揉んでいた。



僕はどうしていいか分からなかった。



しかし・・・朱美の胸を目の前で揉まれてる姿があまりにもエロくて、なんかAVを見てるようだった。



見慣れたはずの嫁の胸で、こんなに興奮したのは初めてだった。



僕は変な興奮を覚えていた。



お隣さんが帰ってきて、男が部屋から出ていった後、嫁から、男に襲われたときにマン汁が溢れていたことを聞いた・・・。



それが、僕たち夫婦が人前でするエッチの快感に目覚めたきっかけだった。






僕ら夫婦は以来、車の中や野外でエッチをするようになった。



誰かに見られているかもしれない、いつ誰かが来るかもしれない・・・。



そんなシチュエーションでのエッチが、言葉では言い表せないほど快感だった。



2人で混浴に行った時も、若い男女や中年の前では恥ずかしくて出来なかったけど、爺婆しかいない混浴では朱美の体に巻いてあるバスタオルをわざと外して、爺に朱美の体を見せたりして楽しんだ。



完全に朱美の胸やマン毛に目が釘付けな爺がいて面白かった。



だんだん羞恥心がなくなっていく朱美の変化はちょっと怖いけど、それよりも今は、次はどんな露出プレイをしようか考えることで頭がいっぱいだ。