スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした15









奥手で恥ずかしがりだった嫁のユキ。仲良くなったケイスケさん夫妻との刺激的な体験を経て、すっかりと淫乱な女性になりました。



ケイスケさんと、ケイスケさんの奧さんのマコさん、そして僕とユキ。4人で同室でするスワップや、複数プレイは麻薬的なほどの快感を僕にもたらしてくれました。



そして、ユキとマコさんは、ほぼ同時に妊娠しました。ケイスケさんは先天的障害で、精液の中に精子が極端に少なく、通常の性交で妊娠できる可能性は、10%もないと医者に言われています。



そして、僕はユキとマコさんに、ケイスケさんもユキとマコに、何度となく中出しをしているので、僕とケイスケさんのどっちの種かは確証がありません。

ただ、確率から行くと、両方とも僕の種だと思います。マコさんもユキも、そしてケイスケさんですら、僕の種で2人が妊娠したと思っているようです。



ただ、僕だけは違います。ユキが妊娠したのは、ケイスケさんの精子と、ユキの卵子が結びついてそうなった……そう思っています。そうであって欲しいと思っています……。

自分の愛する妻が他人に妊娠させられる……それを望む僕は、狂っているのかもしれません。



妊娠すると、さすがに乱れたセックスの日々は終わりました。40歳間際だったマコさんは、本当に子作りを焦っていました。そんな中出来た赤ちゃんだったので、その喜びようは凄いモノがありました。ケイスケさんもそれは同じで、4人で集まっても、性的な事はなくなり、産まれてくる赤ちゃんの話ばかりになりました。



ある意味、普通の関係に戻ったわけですが、僕は寂しさを感じていました。僕はマコさんに対して、はっきりと恋心を持っていましたし、ケイスケさんに抱かれるユキを見て、手も触れずにイクほどの興奮を覚えていました。

それが急になくなったのは、やっぱり寂しいです。



そんな寂しさも感じながら、日々が流れ、安定期に入りました。

『浩くん、あのね……マコさんとずっと話してたんだけど、私、明日からケイスケの家に行くからね。うちにはマコさんが来るからね』

もう、誰が見ても妊娠してるとわかるくらい膨らんできたお腹をさすりながら、ユキが言いました。

「えっ? それって、一日だけって事?」

『違うよ。出産間際までだよ』

少しの迷いもなく、決定事項の通知みたいに言うユキ。



僕は、あまりのことに言葉もなくなります。でも、妊娠しているユキが、他の男と夫婦生活をする……それは、考えただけで震えるほど興奮します。



僕がわかったと告げると、ユキはニッコリと嬉しそうに笑いました。すると、インターフォンが鳴りました。出てみると、宅急便でした。

結構大きめの段ボールが4箱届き、不思議に思っていると、

『マコさんの荷物だよw 私のも、もう送ってあるからw』

と、ニコニコと言います。僕の許可なんか関係なく、すでに決定事項として動いていたみたいです……。



『浩くん、しばらく会えなくなるから、今日はエッチしようね♡』

「え? いいの?」

妊娠以来、さすがに怖くてセックスはしていませんでした。たまにユキが手でしてくれたりはありましたが、つわりとかもあり、口でしてもらうことはありませんでした。



安定期に入ると、つわりとか不快感が嘘のようになくなったみたいです。



そして夜になり、シャワーを浴びて先にベッドに寝ていると、妊婦とは思えないようなセクシーな下着を身にまとったユキが入ってきました。

スケスケのビスチェと、マイクロミニみたいなスカートの付いたショーツ。

妊娠で大きくなった胸が、丸見えになっています。そして、大きくなったお腹も丸見えです。

妊婦の神聖な感じと、エロい下着の娼婦みたいな感じが混じり合い、尋常じゃないくらいのエロさをかもし出しています。



『なんか、久しぶりだからドキドキするねw』

ユキがそんな事を言いながら、ベッドに潜り込みます。その姿を見て興奮状態の僕は、すぐにユキにキスをしました。

唇が触れるだけのキスは、毎日のようにしていました。でも、舌を絡める濃厚なキスは、もしかしたら妊娠する前以来かもしれません。



『浩くん、愛してる』

キスをしながら、そんな事を言ってくれるユキ。もう、愛おしくてたまりません。

僕も愛してると言うと、

『ごめんね、明日から他の人の奧さんになっちゃうけど、忘れないでね……』

と、少し潤んだ目で言われました。でも、その言葉でバカみたいに興奮する僕がいます……。



『あれれw なんでこんなになっちゃったの? ふふw 変なの~』

ユキが、僕のはち切れそうに勃起したペニスを、指でつつきながら言います。

恥ずかしさで、顔を赤くしながら何も言えない僕に、

『半年以上もケイスケの奧さんになるから、アソコの形変わっちゃうねw 浩くんのじゃ、ますます感じなくなるかもねw』

こんな風に言葉で責めるユキ。あの奥手で恥ずかしがりだったユキが、痴女のように僕を責めます。



僕は、もう我慢出来ずにユキにむしゃぶりつきます。荒々しくビスチェをまくり上げると、妊娠で大きく張った感じになった胸にむしゃぶりつきました。乳輪も乳首も、すっかりと黒ずんできたユキ。可愛らしい顔に似合わないグロなそれが、余計に僕を興奮させます。



『アン♡ 浩くん、気持ちイイぃ……乳首、もっと舐めてぇ♡』

ユキは、すっかりととろけた顔でおねだりします。ユキも久しぶりのエッチなので、興奮が高まっているのだと思いました。

乳首を舐めて、指でも責めると、

『あっ! ッあっ! ンふぅ……あぁっ! 気持ち良いよぉっ。浩くん、愛してる♡』

と、可愛らしくあえぎます。妊婦とするエッチは、不思議な感じでした。もうすでにお腹の中には生命が宿っていて、子作りする必要はない状態です。それなのに、セックスをする矛盾。本当に人間は、楽しみのために生殖行為をするのだなと思いました。



必○で責める僕ですが、ユキは感じながらも、終始余裕がある感じです。僕の頭の中では、ユキがケイスケさんとのキスでイッた場面が浮かんでいます。キスだけでイッてしまったユキ……僕ではとても無理だと思います。



嫉妬と敗北感を感じながら、僕はユキのアソコを舐め始めました。ショーツを脱がすと、ユキのアソコはもう濡れていました。ショーツを脱がして、マイクロミニっぽい布だけになった下半身。中途半端に下腹部が隠れるのが、余計にエロい感じです。丸見えよりも、少しでも布があった方がエロく見えるのは、なぜなんでしょうか?



そんな事を思いながら、ユキのアソコを舐め始めます。すでに大きくなっているクリトリスを舐めると、

『ンふぅ……あ、あっ! 気持ちイイぃ! 皮剥いてぇ……直接舐めてぇ♡』

と、はしたない注文をつけてきます。

僕は言われるままに、クリの皮を指で剥きながら、直接肉の芽を舐め始めました。

『あぁっ! んンッ! ふ、うぅ……そう、そこぉっ! もっとぉっ!!  噛んでぇっ!』

ユキは、そんな注文をつけてきます。軽く噛んだりされるのは、ケイスケさんとのエッチの時にされたことです。



僕は、痛くしないように軽く噛むと、

『んンあぁっ!! もっとぉッ! もっと強くぅ! ンヒィあぁっ!』

と、ユキはあえぎます。おっかなびっくりで、もっと強く噛むと、

『ンひぃっんっ! イクっ! イクっぅっ! 浩くん、イッちゃうぅっ! あぁぁっー!』

と、大きくあえいで果てました。



『ふふw イッちゃった♡ ねぇ、私もするね』

ユキはそう言うと、僕のペニスをくわえてきました。

『大っきいいね♡ こんなに大きかったっけ? すごいね♡』

そんな風に言いながら、パクッとくわえてきました。くわえると同時に、舌が複雑に動き、同時にバキュームもしてきます。

久々でしたが、ユキのテクは衰えていませんでした。もともとユキは、フェラが下手どころか、したことがありませんでした。

それが今では、ケイスケさんに仕込まれて、職人みたいなテクニックです。



自分の嫁が、他人の手によってフェラ名人にされる……最悪なことなのに、最高に興奮する僕がいます。



あっという間にイキそうになり、それをごまかすように、さらにユキのアソコを舐めようとしました。

ユキを誘導して、69の格好になります。こんな恥ずかしい格好を、ユキは恥ずかしがりもせずに出来るようになりました。

ケイスケさん夫妻に見られながらセックスをするうちに、羞恥心が薄くなったのだと思います。



僕はユキのアソコを舐めようとして、固まりました。さっきは見えませんでしたが、69の格好になると、ユキのお尻から何か金属製のリングが出ているのに気がつきました。



「こ、これ……なに?」

僕は、嫌な予感しかしませんでした。

『ふふw 引っ張ってみて♡』

ユキは、いたずらっ子みたいな言い方をします。

僕はそのリングに指をかけると、引っ張りました。思いの外抵抗感が強く、かなり力を込めて引くと、黒い台座みたいなものが見えてきました。



ユキのアナルが広がり、黒い台座みたいなものが姿を見せ、引っ張るたびに台座の見える範囲が大きくなります。

『んぁっ、んンッ!』

ユキは、痛そうというよりは、気持ちよさそうな声をあげます。僕がけして入れることを許されない穴。ユキのアナルは、ケイスケさん専用と宣言されています。



さらに力を入れると、イキなり黒い塊が飛び出てきました。それは、根元が細く、先に行くに従って膨らんでいる形状で、栓みたいな感じでした。実際、あとで知りましたが、それはアナルプラグというもので、栓そのものでした。



『ンあぁっ! ヒィ、あぁ……』

スポンとアナルプラグが抜けて、ユキはガクガクッとしました。強い快感を感じたようです。



アナルプラグが抜けると、ユキのお尻の穴は広がったままです。そして、強い栗の花の匂いと共に、白い液体が流れ出てきました。

69の格好でそんな事になったので、僕の胸に白い液体がこぼれて液だまりになります。



「な……これ……ケイスケさんとしたの?」

僕は、まさかと思いながらも、その可能性しか思いつきませんでした。



『そうだよ♡ しばらく会えなくなるから、浩くんにサプライズプレゼントしようと思ってw』

と、ユキは笑いながら言います。僕は、その笑顔と同時に、射精していました。

『キャッ! もう~w 浩くんはホントに変態さんだなぁw』

ユキは、笑いながらそんな事を言います。



僕は、裏切られたと思いました。妊娠以来、セックスはしていませんでした。当然、ケイスケさんとユキがしているはずがないと思っていました。疑ってもいませんでした。



「い、いつから? ケイスケさんとはいつからしてるの?」

僕は混乱とショックで、震える声で聞きました。

『えっと、妊娠して1ヶ月くらいかな? あっ、でも、お尻でしかしてないからね! 安定期に入るまでは、危ないもんね』

ユキは、そんな事を言います。僕は、怖くなりました。まったく気がつきませんでした。4人で食事をしていても、エッチな話題にすらなりませんでした。



こんな風に、僕に隠し事をしていたユキ。とても現実とは信じられません。



「マコさんは? 知ってるの?」

『もちろん、内緒だよ。浩くんは、マコさんとしてなかったの?』

「当たり前じゃん!」

『へぇ、そうなんだ。どうして?』

「どうしてって、ユキを裏切ったり出来るわけないじゃん!」

『裏切る? どうして?』

「だって、ナイショで会うなんて……」

『父親と会うのに、許可がいるの?』

ユキは小悪魔というか、悪魔のようなことを言います。



「そんな! だって、俺の子だよ!」

『本当に? そう思う?』

意味ありげに言うユキ。ユキのその言い方に、僕は急速に自信がなくなっていきます……。



「そんなこと……」

『浩くんは、どっちが良いの?』

「……」

『やっぱりw 浩くんが望むから、ケイスケので受精したんだよ♡』

「そんなこと……」

出来るの? と、聞けない僕。



『私にはわかるよ。母親だもん。ケイスケので受精したって、わかる』

ユキは、本気で言っているように思えます。僕は、何も言えませんでした……。



そして、結局そこでセックスは終わりました。これからしばらく会えなくなる前の、最後の機会だったのに、挿入する事もなく終わってしまいました。



そのあとは、シャワーを浴びて一緒に寝ました。2人でベッドに入ると、ユキは抱きつきながら、

『ヒロ君……しばらくの間、ケイスケの奧さんになるけど、忘れちゃダメだからね』

泣きそうになりながら言うユキ。変な感じでした。ユキが始めたことで、僕は意見すら出していません。

「悲しいなら、やめなよ」

僕は、ごく当たり前のことを言いました。



『ダメだよ。だって、生まれたら、またしばらく会えなくなると思うし……』

「そんなにしてまで、一緒に暮らしたいの?」

『うん♡ だって、こんなチャンス、もうないかもしれないから』

「……帰ってくるよね?」

『どうかな? わかんないって言った方が嬉しいんでしょ?』

「……うん」

『正直だねw 変態なヒロ君も大好きだよ♡』

そう言って、頬にキスをしてくれました。



そして、しばらくすると寝息が聞こえ始めます。マコさんと久しぶりにセックスできるのは、僕も当然嬉しいです。でも、半年もユキがケイスケさんの奧さんになるのは、さすがにプレイの域を超えている気がします。



でも、半年後にユキが帰ってきて、すっかりとケイスケさん色に染められているのを想像すると、胸が痛いくらいドキドキします。

そんな事を考えながら、気がつくと僕も寝ていました。



朝になると、ユキが朝食を用意して待っていました。

『おはよ~。今朝はちょっと気合い入れてみたよ』

にこやかに笑いながら言うユキ。確かに、結構なボリュームの朝食がテーブルに並べられていました。

「凄いね! 美味しそう! いただきます」

僕は、そう言うと食べ始めました。休日の朝は、朝食を摂らないこともあります。でも、今日は食べながら、胸がいっぱいになってきます。

これっきり、二度と会えなくなるわけでもないのに、僕は泣きそうになりながら食べました。



僕のその様子に気がついたユキは、やっぱり目が真っ赤になっています。

『いっぱい食べてね』

声がかすれている気がします。



そして、何となくしんみりした空気のまま、朝食は終わりました。



そして、ユキは部屋を出て行きました。

『浩くん、元気でね。行ってきます』

ユキは出ていく間際、悲しそうに言いました。でも、お別れのキスもありませんでした。

ユキが出ていくと、僕は涙を流してしまいました……。



でも、感傷に浸る間もなく、マコさんがやって来ました。

マコさんは、ドアを開けて入ってくると同時に、僕に抱きついてキスをしました。

ユキと同じ時期に妊娠しましたが、年齢の違いもあるのか、ユキよりお腹が大きく思えました。小さかった胸もかなり大きくなっていましたし、全体的にふくよかになったきがします。



そんなマコさんが、僕の口の中に舌を突っ込み、凄い勢いでかき混ぜます。

そしてそのまま僕を壁に押しつけるようにすると、僕のペニスをまさぐります。

『凄いね♡ もうカチカチじゃんw』

マコさんは、挨拶もすっ飛ばしてこんな事をします。ユキとケイスケさんみたいに、こっそりと会ってセックスをしていたわけではないので、相当欲求不満がたまっているようです。



僕とキスをしながら、スカートをまくり上げ、ショーツを膝まで降ろすと、壁に手をつき立ちバックの姿勢を取ります。

ユキがいなくなり、感傷的になっていましたが、そんな気持ちも吹っ飛びました。

『パパ、早く赤ちゃんに、こんにちはって言ってあげて♡』

マコさんは、とろけきったような顔で言います。僕は、ファスナーを降ろすと、そのまま生で挿入しました。ググッと肉をかき分けながら、マコさんの膣中に僕のペニスが消えました。妊娠前、マコさんのアソコは、ユキの拳が入るくらいに拡張されていました。

久しぶりということもあるのか、マコさんのアソコはキツキツで痛いほどでした。



『ンおぉぉぉっ! パパぁっ! 凄いぃっ! 大きいよぉっ! あぁっ! コレ、ずっと欲しかった! ンあっ! あっ! あぁっ♡』

マコさんは、本当に気持ちよさそうにあえぎ出します。他人の奧さんと、コレから数ヶ月もの間、夫婦として暮らす。それは、凄く背徳的で、恐ろしく淫靡な感じがしました。



マコさんの膣奥まで入れて、思いきりガンガン突いてみようと思いましたが、先にマコさんが動きました。僕に腰をぶつけるようにして、自分でピストンを始めます。立ちバックで、女性の方が腰を振るのは、何度見てもたまらなくエロいです。



「マコさん、会いたかったです」

僕が、思っていたことを言うと、

『マコって呼んで! パパぁっ! 会いたかった! 愛してるっ! もっとしてっ!』

マコさんが、泣きそうな声で言います。僕は、その大きくなったお腹が心配になりますが、マコさんがガンガン腰をぶつけてくるのにつられるように、腰を振り始めました。



『あっ! あぁっ! 凄いぃっ! パパっ! イッちゃうッ! もっとぉッ! 赤ちゃんの部屋ノックしてぇっ!』

マコさんは、凄いことを口走りながらイキそうになっています。僕も、久しぶりの膣肉の感触に、もう限界でした。



「マコっ! イクっ! イクよっ!」

『イッてぇっ! パパぁっ! 愛してるっ!』

そう言いながら、同時に果てました。

『う、うあぁ……熱いの、わかる……へへw 赤ちゃん、溺れちゃいそうだねw』

マコさんは、幸せそうに言いました。



こうして、マコさんとの夫婦生活が始まりました。当然、最初は違和感ありありでしたが、すぐに慣れました。

そして、マコさんの性欲に、驚かされる日々でした。マコさんは、安定期までの5ヶ月、ずっとセックスしたかったそうです。でも、やっと授かった子に、万が一があってはいけないと、オナニーすら我慢していたそうです。



健気なマコさんに対して、ケイスケさんは内緒でユキとアナルセックスをしていたと思うと、なんか釈然としません。



マコさんは性欲も凄いですが、僕への気持ちがとても強く、嬉しいのと同時に、ちょっと怖いと思うこともありました。



そして、マコさんとの夫婦生活を続けながら、僕の頭の中はいつもユキのことでいっぱいでした。どんな風に日々過ごしているのだろう? どんなエッチをしているのだろう? そんな想像が浮かんでは消えていきます。



ユキは、ケイスケさんにお尻の処女を捧げました。それだけではなく、アナルセックスするために腸内を綺麗にするとき、ケイスケさんに一番恥ずかしい姿まで見られてしまっています。



あの奥手で、超恥ずかしがりだったユキが、人前で排泄姿をさらすなんて、絶対にあり得ないことだと思います。でも、ユキは何度もさらしてしまいました……。







コメント

タイトルとURLをコピーしました