スポンサーリンク
スポンサーリンク

妹「お兄ちゃん、何か飲む?」兄「ああ、オマ○コーヒーを淹れてもらおうかな」









妹「えっ?おまん・・・」



兄「オマ○コーヒーだ、はい復唱」



妹「い、言えるわけないじゃん!」



兄「ん?なんで顔赤くしてるんだ?ただの飲み物だろ?」



妹「だ、だって・・・その、おまん・・・」



兄「ひひ、可愛いな」



妹「もう!お兄ちゃんのばか!」



兄「そうだな、よしわかめ酒でいいや」



妹「わかめ酒?」



兄「ああ、ちっと悪いけど買ってきてくれるか?」



妹「うん、酒屋さんに行けば売ってる?」



兄「あー、どうかな、うん、まぁ材料くらいは」



妹「はーい、じゃ行ってくるよ」



珈琲のすべてがわかる事典



元スレ

妹「お兄ちゃん、何か飲む?」

ちょっと寄り道!!

garss0086どうしても付き合いたい女がいる奴、この方法で3分後に彼女の反応が変わる。

一重で顔が整って い る 女 の 子 の 清 潔 感 は 異 常

【動画あり】24歳美人ママが生後10ヶ月の息子をレ●プして逮捕された件

エロすぎて発売中止になったガンガンの読切り漫画「悪魔と俺」

カプコン、モンハン4を3DSに出すと発表! → 株価暴落

【画像】エロ漫画レベルな巨乳でクソ吹いたwwwwwwww

ダッチワイフと3Pしてたら○にかけた

話題のアイドル級美少女18歳AV女優「小島みなみ」のエッチな画像

暇だからオナホールについてなんでも答える

人形みたいな美肌でロリパンツ脱いだ裸体の自分撮り写メうp

酒屋



酒屋「へいらっしゃい!あれ、なんだ兄くんのとこの」



妹「どうもです!」



酒屋「今日もお兄ちゃんの代わりに来たのかい?」



妹「はい!」



酒屋「偉いねぇ、何が欲しいんだい?」



妹「わかめ酒ください!」



酒屋「えっ?」



妹「あれ?置いてないですか?わかめ酒」



酒屋「いや、えっと置いてあるっていうか・・・」



妹「あ、材料くらいはあるんですよね?」



酒屋「最近の子は進んでるねぇ、えっと、これでいいかな」



妹「これがわかめ酒ですか?」



酒屋「うーん、あのね、わかめ酒ってのは――」



バーン!



妹「こらー!」ドン!



兄「おほっ、一升瓶かよ、男前な買い方だなぁ」



妹「おっ、おおおおお、お兄ちゃん!」



兄「はは、買えたか?わかめ酒」



妹「買えたよ!材料買えたよ!酒屋さんが説明してくれたよ!」



兄「うんうん、良かったなぁ勉強になって」



妹「いいわけないでしょ!アホー!」バチコーン



兄「あいてぇ」



妹「はぁ?、もうあの商店街行けないよ・・・」



兄「まぁそういう日もあるさ」ポン



妹「触るなカス!」ゲシッ



妹の部屋



妹「はぁ?、ほんっとにお兄ちゃんったらバカでアホなんだから・・・」ブツブツ



コンコン



兄「ごめんよー、部屋入れてくれー」ガチャ



妹「入ってくるな!」



兄「まぁまぁ、そんな事言うなよ、血を分けたこの世にたった二人の兄妹じゃないか」



妹「だからってね、私怒ってるから!」



兄「うんうん」



妹「酒屋さんすごい気まずそうに説明してくれて、もう顔から火が出たよ!」



兄「ごめんな、妹のいろんな可愛い顔を見たかったから」



妹「かっ、可愛いなんて言っても……誤魔化されないんだからねっ!」



兄「本当の事なんだけどなぁ、まぁリビングにおいで」



妹「だっ、誰が行くもんか!」



リビング



兄「ほら、妹の大好きなレモンスカッシュだぜ」トン



妹「こんなもので誤魔化そうだなんて・・・ごくごく」



兄「ちゃんとレモンも切ったんだ、可愛い妹の為に」



妹「・・・おかわりっ!」



兄「あいよ、粉入れて冷水いれてっと」トクトク



妹「・・・・・・反省してますか?」



兄「うん、もちろんさ、はい出来た」トン



妹「まったくもう、ごくごく」



兄「じゃぬぎぬぎしましょうね」



妹「ブフォッ!」



兄「おいおい、汚いなぁ」



妹「げほっ!げほっ!アホ!誰がこんなとこで脱ぐのよ!」



妹「・・・・・・」



兄「なんだかんだつきあってくれる妹ちゃんが好きさ」



妹(はぁ、なんで下半身裸なってるんだろ・・・)



兄「さて、せっかく一升瓶買ってきてくれたんだし」キュポン



妹「ま、まさか、ダメ!許さない!」



兄「我儘だなぁ、おっぱいじゃ無理そうだからわかめ酒にしたのに」



妹「貧乳で悪かったね!貧乳で!」



兄「妹の乳なら大きくても小さくても大好物だよ」



妹「なっ、なによ!ダマされないんだからね!」



兄「うんうん」トクトク



妹「ひやっ!冷たい!」



兄「すぐ人肌に温まるよ」



妹「うぅ、なんかヒリヒリする」



兄「ごらん?ワカメが揺らいでるみたいだろ?」



妹「・・・・・・知らない!」



兄「ムフフ、すべすべ太もも」ナデナデ



妹「こっこらっ!触るな!」



兄「でもちゃんと押さえておかないと、床に落ちちゃうさ」



妹「もう結構滴ってるよ・・・」



兄「そっかぁ、じゃ急いで飲まないとな・・・・・・じゅるるるっ!」



妹「うわぁ・・・アホっぽい・・・」



兄「美味い!これは美味でござる!ぺろっぺろぺろぺろ」



妹「ひやぁ、ヌメヌメした舌が這い回って気持ち悪い!」



兄「これがいいのさ、うん、じゅるっじゅるじゅる」



妹「・・・・・・なんだか体が火照る?」



兄「粘膜から入るんだろうなぁ、うん、じゅるじゅる」



兄「ご馳走様でした!」パン



妹「はぁ・・・はぁ・・・うぅ、なんか暑いぃ」



兄「そりゃ大変だ、急性アルコール中毒かもしれない!」



妹「ほ、ほんとに?大丈夫なの?言われて見れば苦しいかも・・・」



兄「治すには・・・」



妹「う、うん?」



兄「全裸になった兄妹で抱きあい体を温めるしかないな・・・」



妹「・・・えっ?」



兄「俺の先輩がそれで妹の命を救ったんだ、本当に!」



妹「ああ、うん、○んだらいいと思う」



兄「ひどいなぁ、ほら、上も脱いで脱いで」



妹「くぅ、体に力が入らないカモ・・・」



兄の部屋



ドサッ



兄「へへっ」パサパサ



妹「はぁ……はぁ……え?本当に脱いでるよこの兄……」



兄「兄妹で恥ずかしがることないだろ?」



妹「……お兄ちゃんのソレがそんなになってなかったらね」



兄「しょうがないさ、最愛の人が素っ裸でCOMEON!してるんだから」



妹「……うぅ、なんかひどい事されてる気がする」



兄「まぁね、多少はね?失礼します」モゾモゾ



妹「うわぁ!」



兄「正面からぎゅーがいいかな?それとも上からかな?後ろからかな?」



妹「・・・・・・」



兄「選ばないなら後ろから・・・」



妹「しょ、正面からぎゅーでいい・・・」



兄「どうだい?落ち着くだろう?」



妹「……お腹に当たってるのよこのアホ兄」



兄「そういうこともあるかな」



妹「はぁ……眠いから起こさないでね」



兄「うん」



妹「……」



兄「ちょっと挟むくらいならいい?」



妹「だめ」



兄「そうか、うん、まぁしょうがないね」



妹「しょうがないね・・・」



兄「頭よしよしは?」



妹「・・・許可します」



兄「よしよし」



妹「・・・・・・はぁ、おやすみ」



おわる 真昼間からなにやってんだ



昭和の少年サンデーって感じ



ちょっと昭和のサンデー買ってくるε≡≡ヘ(´∀`)ノ



昭和のサンデーこんな過激じゃねーだろwwww



―――

――



妹「ふぁ・・・ん・・・!?」



妹(お、お兄ちゃんが素っ裸で私に抱きついて寝てる!?)



兄「すぴぃ・・・」



妹「そっか・・・あの後寝ちゃって・・・」



妹(お互い裸でとか・・・ガッチリホールドされてるし・・・)



妹(えっ?叩けばいいの?どうしよ・・・っていうかあそこにあれ当たってるし)



兄「ひひ・・・」モゾグィ



妹「ひぅっ!?」



妹「こ、このスカタン!アンポンタン!」



バチコーン☆



兄「きゃん!」



妹「へ、へへ、変なものあててんじゃないわよ!バカ!変態!離せ!」ポカポカ



兄「すいませんでした」



妹「わ、分かったらいいのよ!シャツも貸してくれたし?」



兄「うん」ジィ



妹「どっ、どこ見てんのよ!」



兄「そりゃお前可愛い妹のおまんまん・・・」ジィ



妹「うぅ!パンツとってき・・・なくていいわ、帰って着替える!」ムク



妹「ほんっと変態なんだから!」



ノッシノッシノッシ



兄(おぉ、おぉ、シャツの下から見えるケツとそこから伸びる生足が・・・)



妹「シャワー浴びるけど覗いたら○すからね!絶対覗くなよ!」



兄「うん、分かってるさ」



バターン!



お風呂



カッポーン ザバァ



妹「はぁー!お兄ちゃんったら二人暮らし始めてからエッチなことばーっかりして!」



妹「ほんとはもっと、一緒に遊びたいだけなのに・・・」ボソボソ



ザバァ



妹「はぁ、汗かいちゃった・・・なんだかこっちも変に熱いし・・・」クチ



兄「うん、お酒の影響かなぁ」



妹「かもしんないよね・・・お酒弱いんだから無理して・・・あれ?」



兄「あ、石鹸とってくれるか?」



妹「へ、変態兄には石鹸より!こっちじゃアホ!」ボカッ



兄「おふっ!?」



妹「ふふ、これよこれ、なんだと思う?」



兄「て、鉄拳ですかね?」



妹「ふふ、あったりぃ」



ゴッシゴシ



兄「カユイとこはありませんか?」



妹「ない!」



兄「そうかー、じゃ後ろはこんなもんかな」



妹「う、うん、あとするし、スポンジ貸してよ」



兄「いや、前も俺がするよ、今日は迷惑かけたもんな」



妹「い、いいよ前は!っていうかそっちのが迷惑!」



兄「うんうん」ゴシグニュ



妹「んっ・・・お、おっぱい揉むな!」



兄「洗ってるのさ、こうやってスポンジで円を描くように」グニュグニュ



妹「あっ、や、やだ!」



兄「やだじゃないだろ?こうやってマッサージして大きくするのさ」グーニグニ



妹「うぅ・・・変態」



兄「し、ししし、下のほうも洗っとくんだな」



妹「な、なんでそんなどもってるのよう」



兄「へへ、そのほうがいやらしいかとおもって」



妹「手つきが既にいやらしい!」



兄「おへそ綺麗だよな、綺麗に産んでもらって良かったなぁ」



妹「そ、そう?まぁ、自分でもちょっといい形かなぁみたいに」



兄「うん、お腹スベスベだなぁ」ナデナデ



妹「んっ……お兄ちゃんの手暖かいね」



兄「妹の体を触れて、心があったかいのさ」ニュル



妹「ひやっ!そ、そこはダメ!」



兄「嫌よ嫌よも好きのうちってな」ニュルニュル



妹「だめ、だめだったら・・・」



兄「毛が手のひらにあたってきもちーなこれ」ニュルニュル



ツプ



妹「!?」



兄「お、ここが穴か、結構下の方にあるのな」



妹「ちょ、ちょっと!そこはしゃれになんないから!」



兄「兄妹に遠慮は無しにしようぜ?」ヌチュ



妹「お、お兄ちゃんが一方的に、遠慮してないんじゃない・・・」



兄「うんうん、もちょっと指入れていい?」クチクチ



妹「いいわけないでしょ!変態!」



兄「ダメかぁ、じゃお豆さん探し・・・ん、ここかな?」



妹「あふっ!?」



兄「なるほど、しこり的になってるのな・・・」グリグリ



妹「あっ・・・いたっ!?」ビクッビク



兄「こら、腰が逃げてんぞ」ピタ



妹「うわっ、お尻にあてないでよ!」



兄「前門の指、後門の兄チンってな」



兄「・・・・・・」ムズムズ



妹「はぁ・・・はぁ・・・もうお風呂出る」



兄「その前にさ」



妹「・・・・・・何?」



兄「入れていいかな、コレ」グイ



妹「ひっ!?」



兄「こうやって指でツプツプしてると、妹の一番気持ちいいとこに入れたくなったんだな」ニュルニュル



妹「だ、だめ!実の兄妹なんだよ・・・」



兄「ほら、この指をお兄ちゃんのチ○チンと思ってごらん?」ググッ



妹「いっ痛・・・」



兄「あれ、お前始めてだっけ」



妹「・・・そ、そうよ、だから」



兄「だから、お兄ちゃんに奪って欲しい?」



妹「んなわけないでしょ!」



兄「じゃ素股でいいや」



ニュルニュル



妹「な、なんで私が上・・・?」



兄「下だとタイルがいてーよ?」



妹「あ、うん、そっか・・・ちょっとは考えてくれてるんだ・・・」



兄「お兄ちゃんですから」



妹「普通のお兄ちゃんはこんなことしない・・・はぁ、えっと、こすればいいよね」ニュル



兄「うん、妹のまんまんに当たってると思うと兄チ○コ暴発しそうだよ」



妹「い、いやらしいこと言わないで・・・」ニュルニュル



兄(なんだかんだで尽くすタイプなんだよなぁ・・・)



ニュルニュル



兄(いいアングルだなぁ、貧乳だから恥ずかしがってる顔もバッチリだし)



妹「んっ・・・」ヌチヌチ



兄「うっかり入ったりしないかな?」



妹「ない!」ヌチヌチ



兄「残念だなぁ」



妹「お兄ちゃんおかしいよ」ニュルニュル



兄「気持ちいいけどこのままだとちっと出そうにないなぁ」



妹「・・・どうすればいいの?」



兄「脱衣所で俺上になっていい?」



妹「や、やだ、お兄ちゃん上だとほんとにチ○チン入れられそう・・・」



脱衣所



妹「あっ、んん・・・」



兄「いやーやっぱ素股は正常位だよな!」ヌッコヌッコ



妹「しっ、知らない!こんなの始めてだし!」



兄「うんうん、全部お兄ちゃんが教えてやるからな」グリグリ



妹「うぅ・・・」



兄「うし、最後は入り口に押し付けて出していいかな?」



妹「い、入り口?」



兄「えっと、こう」ツプ



妹「はっ、入ってる!入ってるから!」



兄「亀頭半分くらいだよ、ノーカンだって、ああ、やわらけぇ」



妹「の、ノーカンなわけないじゃん!」



兄「うおっし、出すぜ!」シコシコシコ



妹「うぅっ・・・ニンシンさせられる・・・」



兄「おらっしゃぁ!」



ビュルルルッ ビクン



妹「あっ、な、なんかかかってる!?」



兄「・・・ふぅ」



妹「な、なにやりきった顔してるんだバカ!」ポカッ



兄「ヤリきってはないけどながはは!」



妹「どいてよね・・・んしょ・・・うわ、す、すごいことなってる・・・」



兄「ほとんど外に出たから大丈夫だよ、うん」



妹「はぁ、流してこよ・・・」



兄「手伝おうか?」



妹「いらない!」



エロは無理だった、おわる



十分エロイだろwww



十分かけてるぞ



第三話



翌日



兄「いっただきまーす!」



妹「子供じゃないんだからご飯くらいではしゃがないでよ!」



兄「いやー、だって妹が飯作ってくれるとか最高だろ」



妹「ばっ、バカじゃないの!?早く食べちゃってよね!片付かないじゃない!」



兄「うんうん、もぐもぐ、玉子焼きあめぇwwwww」



妹「そ、それはお兄ちゃんが・・・」



兄「ああ、そうだよお兄ちゃんは甘い卵焼きが大好きさ、あーん」



妹「・・・なにバカみたいに口あけてるの」



兄「今度はお豆腐が食べたい、あーん」



妹「・・・あーん」カチャカチャ



兄「あーん、はぐっ!美味い!妹の箸で食う豆腐は至高の味だな!」



妹「なっ、なに馬鹿な事言ってるの!間接キスなんかじゃ・・・ないんだからねっ!」



玄関先



妹「お兄ちゃん鍵持った?」



兄「うん、原付の鍵に付いてるし」



妹「そっか、えっと、これ」



兄「ん?なにかな?」



妹「ランチボックス、魔法瓶になってるから、多分腐らないと思うし・・・」



兄「お、おお、愛妻弁当!」



妹「あっ、あいさい!?」カァッ



兄「おいおい、顔真っ赤だぜ?ひひ」



妹「ばっ、ばかっ!早く仕事行きなさいよ・・・」ポカッ



兄「おぉ!妹のお弁当で元気いっぱい働いてくるわ」



妹「・・・・・・が、頑張りなさいよね!お兄ちゃんが家計支えてるんだから!」



兄「うん、行ってくるよ」ポン



妹「あ、頭触るな!」



工事現場



ガコーン!



兄「わっしょい」



現場監督「おぉ、頑張ってるな」



兄「へへ、なにせ妹を養わないといけませんから」



監督「そうかそうか、もうちっと経ったら少し給料に色つけてやっから頑張れよ」



兄「ありがとうございます!」ペコ



ゴスッ



監「おわっ!?」



兄「す、すいません!」



監「がはは!まぁ気合入れて仕事してくれ」



兄「へいおやっさん」



お昼



兄「いただきます」パン



兄(1段目は日の丸弁当か、熱いしな、酸っぱいもんでシャキっと)



兄(2段目はウインナー、玉子焼き、ブロッコリー、プチトマト)



兄(品数は少ないけど、量が愛の量だなきっと、うん)



兄「グァツグアツ」



兄「美味い!」



兄「お茶も付いてたな・・・」



コポコポ



兄「こ、これは味噌汁…!」



兄「和食派だからね、ありがたいよ、ここにはお茶もあるし」



兄「よいしょっと」



兄「すいません、お茶もらいます!」



玄関



兄「うっす、ただいま」



パタパタ



妹「おかいもうと!」



兄「ただうとだぜ」



妹「お仕事お疲れさま、お風呂入ってるよ」



兄「気の利く嫁だなぁ、よし一緒に入るか!」



妹「な、何言ってんのよ!だ、大体嫁だなんてそんな妹に・・・」



兄「ごめん、ちょっとだけ可愛い妹が背中流してくれたらとか思っただけさ」



妹「ふんだ、はやく入ってきてよ」



兄「うん、ああそうだこれ」



妹「・・・これ駅前の?また無駄遣いしてー」



兄「シュークリームだから1つで240円、ささやかなもんさ」



妹「しょーがないなぁもう」



兄(とか言いながら顔がニヤけてるぜ)



妹視点 授業中



妹(お兄ちゃんに水筒の中身お味噌汁だっていい忘れた…)



妹(大丈夫かなぁ、お茶と思っていきなりラッパ飲みしてむせたりして・・・)



妹(ないかな・・・でもお兄ちゃんだし・・・)



妹「ぐぬぬ・・・」



教師「おい、妹」



妹「は、はい!」



教師「次、読んでみろ」



妹「はい!えっと、ペーターはハイジの服をそっと――」



教師「よし、次は田中」



田中「はい」



妹(はぁ、気にしてもしょうがないか)



帰り道



妹「それじゃ、私はこっちから帰るから」



同級生「あれ?どうして?」



妹「夕飯のおかず買うの」



同級生「あー、そっかぁ、妹ちゃんは奥様だもんね」



妹「ち、違うよ!ただちょっとお兄ちゃん一人だと食事まともなのしてなさそうだし・・・」



同級生「うんうん、それで奥様、今日の献立は?」



妹「・・・筑前煮、かな」



同級生「うわ、すご」



妹「べ、別に普通だし」



同級生「いやー、若妻さんは和の達人ですな!」



妹「ちょっと、やめてよー!」



そして65へ



台所



グツグツ カチッ



妹「ちゅぴ・・・甘すぎないかな・・・?」



妹「ま、いっか、お兄ちゃんだし・・・」



妹(さっき背中がどうこう言ってたっけ・・・)



妹「はぁ、期待した目で見られると・・・」



―――

――カポーン



妹「強さ、これくらい?」ゴシゴシ



兄「うん、調度いいよ、ただ1つだけ問題点があるとしたら」



妹「なに?」



兄「なんで制服のままなんだ・・・」



妹「あ、当たり前でしょ!脱いだら何されるかわかんないし!」



兄「まぁ、これはこれでいいか、うん」



妹「よい、しょっと」



ザバァ!



兄「ふぅ、背中は終わりだな」



妹「前は自分でやってよ」



兄「お兄ちゃんは妹ちゃんの前も洗ってあげたのに・・・」



妹「そ、そんな目で見たって・・・してあげないんだからね!」



兄「いや、妹ちゃんならしてくれるね」



妹「しない!絶対しないから!」



兄「本当に?」



妹「もちろん!」



妹「・・・」ゴシゴシ



兄「後ろからだと服濡れちゃうぜ?」



妹「い、いいの!お兄ちゃんの汚いの見たくないし!」



兄「まぁそう言うなよ」クルッ



妹「・・・うぎゃぁ!」



兄「お、乙女の出す声じゃねーなおい」



妹「い、いいい、妹に背中流させて何大きくしてんのよ!馬鹿!」



兄「妹だって大事な嫁だもの、しかたないね、もうお兄ちゃんバッキバキ」



妹「で、できるだけ見ないように洗おう・・・」ゴシゴシ



兄「・・・」



妹「・・・」ゴシゴシ



兄「あ、もうちょい下」



妹「あ、うん・・・って!」



兄「うん、そこそこ上下に」



妹「あ、アホタレ!そんな事するわけないでしょ!」



兄「とかいいつつやってくれる妹ちゃんであった」



妹「へ、変なナレーションとかいらないから!もう・・・なんでこんなに・・・」ニュコニュコ



兄「こんなに?」



妹「な、なんでもないから!早く出してよ・・・」ニュコニュコ



兄「妹にご奉仕させてるのは視覚的に最高なんだけど、もう一押しないとなぁ」



妹「・・・」



兄「その、可愛いお口でしてくれるとか」



妹「・・・口で何をするの?」



兄「舐めて」



妹「はっ!?」



兄「兄ちゃんの可愛い息子にキスしてやってくれよ」



妹「む、むむむ息子って!?第一普通に人とするキスもしたことないのに!」



兄「なんだそんなことか・・・・・・ちゅっ」



妹「んうっ!?」



兄「これでクリアーだな!」



兄「すいませんでした」ボロッ



妹「こ、これに懲りたらエッチな事するのやめてよねアホ!」



ダダダダダッ バタン!



兄「・・・・・・やっちまった」



兄「やらかい唇だったなぁ、舌入れたらヌトヌトしてるのかな」



兄「ううん、しかしこの昂りどう処理すべきか・・・」



―――リビング



妹「はぁ・・・はぁ・・・」



妹(お、おおお、お兄ちゃんとキスしちゃったし!?)バックンバックン



妹(し、心臓止まる・・・・・・)



妹「なんだよー!もうアホ!どうせ好きとか遊びで言ってる癖にあんなことして・・・」ボフボフ



妹「・・・バカ」



食卓



兄「お!今日は筑前煮かぁ!」チラッ



妹「むー」ギロッ



兄「い、いただきます・・・」



兄(セ○クス一歩手前までした時もこんな怒ってなかったのに・・・なんてこったい)



妹「……もぐもぐ」



兄「う、美味いな!筑前煮とか渋いね、兄ちゃんの好みだね!」



妹「……クックパッドで見て作っただけだし」



兄「いやいや!レシピ通りに作って美味いってのは才能だよ、火加減とかあるし」



妹「ふぅん……もぐもぐ」



兄「兄ちゃんの自慢の嫁だよ、うん」



兄(やべぇ、会話が続かない、毎晩どんな会話してたっけ……ああ、下ネタばっかりだった)



妹「ま、美味しいならいいけど……」



毎日下ネタ全開なのか



食後



ジャー カチャカチャ



兄(いつもだったら洗い物する妹にそっと忍び寄って抱きしめたりしてるのに…)



<打ちました!三遊間を抜けて…ヒットです!



兄(なんという虚しさ)



妹「……」チラッ



妹(しょんぼりしてる……はぁ、許してあげるべきなのかな)



カチャカチャ



妹(……背中がちょっと物足りない)



全部許しちゃえよ



妹「私、お風呂入ってくるから」



兄「は、はい」



バタン



兄(いつもだったら覗きにこないでよって振りされるから覗けるんだが……)



兄「……」ソワソワ



兄「あぁ、テレビつまんねぇ、妹の顔のほうが面白いな」



兄「……よし!覗こう!」スック



―――

――チャポ



妹「・・・」



妹(ちょっと甘かったかな……お兄ちゃん辛党なほうだし……)



妹(はぁ、軽いんだよねお兄ちゃん)



妹(今日は覗ききてないんだ)



脱衣所



兄「む、パンツ発見……」



兄「いつもは奥のほうに隠してるのに今日は無防備だな・・・」ゴソ



兄「確保」



ガラッ



妹「なーにが確保よ」



兄「お、おぉ?すみません?」



妹「パンツ、戻して」



兄「はい」ポン



妹「……入る?」



兄「へっ?いいのか?」



チャポン



妹「ちょっと狭いんだからもっと詰めてよ」



兄「はい」



兄(ゴクリ……目の前に妹の顔が……)



妹「い、言っとくけど!」



兄「は、はい!」



妹「許したわけじゃないから、ちょっと抱っこしてもらってるだけなんだから!」



兄(勘違いしないでよね!)



妹「勘違いしないでよね!」



兄「ひひ」



妹「な、何笑ってんのよ!ばか!」



兄「なんでもないんだぜ」



兄(しかし、対面座位の格好ってのはどうなんだ、腹にまんまん当たってるぜ)



兄「あ、そういやよ」



妹「な、なに?」



兄「こうしてると子供の頃抱っこしてやった事思い出すなぁ」



妹「あ、うん、懐かしい・・・」



兄「お前なんか兄ちゃんの腹くらいしかなかったし」



妹「えぇ……いつの話」



兄「保育園に連れていってた頃さ」



妹「……あんまり覚えてない」



兄「毎日行くの嫌がるお前を抱っこして保育園まで連れてったもんさ」



妹「……」



兄「降ろすとな、置いてかないで!ってしがみついてきて、いやー可愛かったなぁ」



妹「そ、そんなこと言った覚え無いもん!」



兄「うーん、ビデオにでもとっといたら良かったぜ」



妹「まぁ、昔から面倒は見てくれたよね……今は逆だけど」



兄「なはは!違いねぇ!」



妹「お兄ちゃんに抱っこされると落ち着くのは昔の記憶のせい?」



兄「かもなぁ、よしよし」ナデナデ



妹「ん……」ギュッ



兄「素直な妹ちゃんは天使だな、うん」



妹「い、いつもはどうだっていうのよ」



兄「小悪魔……にしちゃヘタれてるかな」



妹「意味わかんないし……温まるまでぎゅーしてて」



兄「はいはい、お風呂でたらアイスコーヒーでも入れてシュークリーム食おうな」



妹「うん」



再び食卓



妹「はい、お兄ちゃん」トン



兄(マ○コーヒー……は無理か、明日はしてもらおう)



妹「なに?」



兄「なんでもないよ、ほら、生クリームかカスタードどっちかな?」



妹「カスタード!」



兄「ほれ」



妹「……ずっしりしてる」



兄「大きいのに安くて、しかも美味いから人気さ」



妹「ふぅん……パク」



兄「どうだ?」



妹「えっと、美味しい」



兄「よしよし、もぐ……美味い」



妹「あ、クリームついてる」



兄「ん?どこだ」ゴシゴシ



妹「動かないで……はい、とれたよ、ぱく」



兄「おぉ……恋人っぽかったな今の」



妹「こ、恋人!?バカ何言ってんのバカ兄!」



兄「ひひ、まぁいいじゃないの」



妹「はぁ……生クリーム美味しいしちょっと頂戴」



兄「いいよ、お前のもくれよ」



妹「うん」



兄「あーん」



妹「えっ?」



兄「食べさせ合いだろ、常識的に考えて」



妹「そ、そんな恥ずかしい事できるわけないでしょ!」



兄「あむっ、ん、もちょっとこっちに」



妹「はぁ……もぐ、はい!」グイッ



兄「おぶっ!?」



妹「ひひ、口の周りベットべト!」



兄「ぐぬぬ・・・」



兄(そうだ!)テーン



兄「こらっ!母さんが食べ物を粗末にするなって言ってただろ?」



妹「あ、う、うん……ごめんなさい、わかめ酒するお兄ちゃんが言えた義理じゃないと思うけど……」



兄「罰として舐めとりなさい!」



妹「……へっ?」



兄「ほら、勿体無いから!」



妹「じ、自分で綺麗にしたらいいじゃん!」



兄「ほー、お兄ちゃんに責任転嫁するような妹だったのかい?」



妹「ぐぬぬ・・・」



妹「ぺろ、ぺろ……」



兄(こりゃたまらん)



兄「どうだ?美味い?」



妹「甘いけど、舌触りは結構最悪!」



兄「そうかそうか、ん、味見しよう、れろっ」



妹「ひゃっ!?」



兄「なるほど、カスタード味だ」



妹「うぅ、ベロあたっちゃったし……」



兄「まぁまぁ、兄妹で遠慮はなしだぜ」



妹「……はぁ」



兄(可愛いな唇貪って舌で全部舐めて唾液流し込みたい)



妹「……綺麗になったよ」



兄「うん、ありがとう」



妹「兄得なだけなイベントだったね」



兄「それがいいんだ、さ、続き食べようぜ、どっち食べる?」



妹「じゃ、お兄ちゃんの生クリーム」



兄「ほい」グイ



妹「あむあむ……食べにくいね」



兄「しょうがないさ、もぐもぐ」



妹「ごちそうさまでした」



兄「もういいのか?」



妹「うん、お腹いっぱい、それ多いんだもん」



兄「そうか、じゃ兄ちゃんがさらえちゃうかな」



兄「モグモグ」チラッ



妹「ゴク……はぁ、アイスコーヒーおいし」



兄「……」テーン



兄「妹ちゃん、妹ちゃん」



妹「なに?」



兄「コーヒーくれ」



妹「手元にあるじゃん、なみなみと」



兄「口の中の」



妹「はぁっ!?ベロあたっただけじゃ飽きたらず妹とまたキスしたいの!?」



兄「キスじゃない、コーヒーの譲渡さ」



妹「……」



妹「ん……じゅるっ」



兄「はふはふ、じゅるじゅる」



妹「じゅるっ……あ、こぼれちゃった」



兄「まぁコーヒーはなくてもいいさ」



妹「さ、さっきと言ってること違――」



兄「ちゅっ……じゅるっ、れろ」



妹「んんっ!?」



兄「じゅる……兄ちゃんの唾飲んでくれ、ぺろれろ」



妹「う、うそそんなの……んんっ……」



兄「じゅる……じゅるり」



妹「ん……ん……」ゴクン



兄「ふぅ、ご馳走様でした」



妹「へ、変態……!」ポカッ



兄「あれ?ソファにこねーの?」



妹「……」



妹(さっきのキスで腰抜けた……!?)



兄「ははーん、立てないんだな?」



妹「そ、そんなわけないでしょ!こんなの……」ググッ



兄「お、おい、無理すんなよ」



妹「無理なんて……きゃっ!?」



バッターン☆



妹「あいったたた……」



兄「うへぇ、おもいっきりいったな、大丈夫か?」ガシッ



妹「大丈夫……ちょっとつかまらせてくれたら」



兄「パンツ丸見えだな……ん?染みてね?」



妹「なっ……なななな、見るな!ばか!」バッ



兄「持ち上げるぜ、よいしょっと」



ズアッ



妹「わわわっ」バタバタ



兄「暴れると落としちゃうぜ、お姫様」



妹「うぅ、どこ連れてくの?」



兄「ソファだけど、どこだと思ったんだ?」



妹「ど、どこでもないし!」



妹(お兄ちゃんにお持ち帰りされるかと思った……)



ポフッ



兄「これでよしっと」



妹「あ、ありがと」



兄「うん、ところでさっき染みてたの気になるなぁ、調べないとな」



妹「え?だ、ダメダメ!絶対させない!」



兄「ここは妹高原か……いや湿地帯だな、ネトネトしてる」



妹「みっ、見ないで!変態!」



兄「まぁまぁ、ノーパンで凄んでも迫力ないぜ」



妹「さっ、最悪!最低!」



兄「兄ってnを抜くと愛になるんだぜ……ぺろっ、ぺろぺろ」



妹「ひうっ!?ど、どこ舐めてるの!?」



兄「コーヒーが染みたのかもしれないしな、綺麗にしておかないと、じゅるじゅる」



妹「うぅ……んっ、あふっ」



兄「うーん、これは舐めても舐めてもヌトヌトが出てくるね」



妹「ばか……ばか!」



兄「栓をしようか」ジジジ



妹「……えっ?」



兄「栓しないとな」ニカッ



妹「だ、ダメだよ!初体験がお兄ちゃんとか絶対だめ!」



兄「まだ生意気な口を聞けるのか、れろっ、じゅるじゅる」



妹「くぅっ!?あっ……あ、だめ」



兄「お豆さんが特産物だな、れろれろ」グリグリ



妹「そ、そこだめだって……あ、んん・・・」



兄「ちゅるっ、じゅるるっ、匂いはないな若干塩辛いような」



妹「……あ、んんん」



兄「声出したってとなりの家のベスくらいしか聞いてないさ、ぺろっ」



妹「……やだぁ、あっ…・・」ビクンッ



兄「強情な妹だぜ、へっへっへ、れろれろ」



20分後



兄(やべぇ、気合入れてクンニしすぎた)



妹「あぁ??、はぁ、はぁ・・・・」グッタリ



兄「これで生意気な口も聞けなかろう」



妹「はぁ、はぁ、お、お兄ちゃぁん?」



兄「ん?」



妹「私のこと、本当にすき?」



兄「もちろん世界で1番好きさ」



妹「……それじゃ、えっと、その」



兄「いい?」



妹「……ゴム、してくれたら」



兄「ぐぬぬ……しっかり者め」



ピチピチピチ



兄「準備おk」



妹「はぁ……はぁ、な、なんかピンク色」



兄「ブルーとかイエローが良かったか?」



妹「い、いいよなんでも……」



兄「どんな格好でして欲しいとかある?」



妹「よ、よくわかんないし、お任せだけど……でも」



兄「でも?」



妹「……お兄ちゃんの顔、見えるのがいい」



兄「あいあい、抱っこしながらにしような」



妹「……うん」



兄「尻もっといてやるから、自分で入れてごらん」



妹「じ、自分でとか無理だよ……」



兄「しょうがねぇな、兄ちゃんによっかかといて」



妹「う、うん……」



兄「えっと、この辺かな……」グリグリ



妹「も、もうちょっと下……」



兄「ん……」ツプ



妹「あっ……そこぉ……」



兄「こ、ここが妹の穴か……妹山脈は高く険しかった…」



妹「へ、変なこと言わないでよ……一思いにぐさっといって……」



兄「色気ねぇなぁ、いや、そこがいいか、うん」ズププ



妹「い、いたい……ってかちょっと気持ち悪い……」



兄「ごめんな、兄ちゃん男だからさきっちょがグイグイできもちーわ……」



兄「今、手離したら一気にいきそうだな」



妹「だっ、だめ!」ギュッ



兄「冗談だって、ゆっくり、ゆっくりな」グプグプ



妹「ん……いつっ」



兄「参ったな、そうやって腰逃げられたら亀頭ちゃんしかINできないぜ」



妹「お、お兄ちゃん?」



兄「うん?」



妹「キスしてくれたら……手、離してもいい」



兄「おお……可愛いぜ、ちゅっ」



妹「んっ……お兄ちゃん」



兄「まぁ、離さないけどな……ちゅるっ」



妹「んん……」



兄「ベロ出して…うん、れろっ」



妹「んちゅっ……」



兄「ちゅっ……」



兄(ちっと力抜けてきたか・・・よし)ズズズッ



妹「んっ!ちゅっ!」



兄(必○なキスしてきてるや、いもぺろ)



兄「よしよし、可愛いよ、ちゅぅ」プツッ



妹「あっ!?」



兄「おおっ!?」ズルン



妹「い、いたっ……注射の2倍くらい痛かった……」



兄「あ、あんまりたいしたことねーのな……根元まで入ったぜ、触ってみ」グイッ



妹「う、うん……うわ、ほんとに刺さってる……」



兄「生で中出ししてーなぁ」



妹「だめ……ばーか」



兄「分かってるよ、うん、ギュウギュウ柔らかく絞られて気持ちいい」



妹「でもね、お兄ちゃん?」



兄「ん?」



妹「結構好きかも……お兄ちゃんとべったりで」



兄「そっか、可愛いなぁ!よし、ゴム越しだけど種付けだ!」グイlグイ



妹「あっ……いたっ!?」



兄「ごめん、痛いか」



妹「うん、でも、そこまででもないし……いいよ?」



兄(せっかくの対面座位だし動いて欲しいけどさっきまで処女だった妹には無理か……)



兄「んじゃちょっとづつな」ヌチヌチ



妹「うん……気持ちいい?」



兄「ぶっちゃけ動かないでも出せるくらい気持ちいよ」



妹「そ、そうなんだ……」



妹「お兄ちゃん、ちゅー」



兄「うん、ちゅっ、ちゅうちゅう」



妹「ちゅー、ん……えへへ、お兄ちゃん」ギュッ



兄「はぁ、たまらん」ユサユサ



妹「んっ…・んっ・・・」



兄「一発目出すかぁ」



妹「い、いっぱつめ?」



兄「ああ、今晩はヤリ通しだ」



妹「!?」



兄「はぁっ、はぁ」ヌチュッヌチュッ



妹「うぅ……処女だったんだから優しくしてよ……」



兄「ああ、世界一大事に一晩中愛してやるからな、んっ……」ビュルルッ



妹「あ、すごい気持よさそうな顔……出してる?」



兄「ああ、ゴムがなかったら一発妊娠な量だぜ」



妹「うわ、怖ぁ……ふふ」



翌日



チュンチュン



兄「うぇへへへ……妹ちゃん」モゾモゾ



カコーン!



兄「あいでぇ!?」



妹「ほらっ!起きてよお兄ちゃん!」



兄「お、お玉で叩くとか○す気かい!」



妹「○んじゃえばいいんだよばーか!」



兄「ぐぬぬ、昨日はあんなに可愛かったのに」



妹「!?」ボッ



兄「へへ、真っ赤になりやがった」



妹「も、もうバカ!お兄ちゃんなんか知らない!」



おわる







コメント

タイトルとURLをコピーしました