プールネタを一つ。



俺が小学6年生のころ、市民プールへ男友達4人と行った。



市民プールと言っても、原発でがっぽがっぽの町の市民プールが只のプールな訳がない。



屋内に50Mのプールがあって、隣にベンチを取り囲む形で水の流れ落ちるゾーン。



階段を上ると水着のまま入れる温水のジャグジーとサウナ。



屋外にはスライダー2本と水流プール。



子供用のスライダーと浅いプールには中心に遊具のような建物。






俺は流水プールで鬼ごっこをして遊んでいた。



見つからないように潜って隠れて流れに身を任せていたら・・・。






「ぼく、いっしょに遊ぶ?」






若めのお姉さんに声を掛けられた。



顔がニヤニヤしている。



どうも後をつけてケツを拝んでいると勘違いされたらしい。



訳が分からないまま突っ立ていると、「タッチ」と鬼にされてしまった。



友人たちはそのまま屋内へ逃げてしまった。






「お友達行っちゃったね。おいで」と言われるがままに寄っていく。






一緒の浮き輪に入り、色々お話をした。



胸が目につく。






「どうしてお尻見てたの?」






そう聞かれ、『誤解です』とも言えずに戸惑ってると、「エッチね」とキスされた。



オデコに。



見上げたら口にされた。



舌も入ってた。



アソコはビンビン。



我慢出来ずにお姉さんのアソコに押しつけてた。






急に手を取られ、「触っていいよ」と言われた。



本気でチンコが爆発するかと思った。



で、おっぱいをモミモミ。



最初っから水着の中に手を入れてた。



下は力いっぱい擦り付けてた。



このまま★んでもいいと思った。






「あっち行こ」






連れられ、女子トイレの個室へ。






「ハイ」とオッパイぽろりするお姉さん。






たまらず吸った。



エロ本で得た知識をフル活用した。



本能的に“焦らし”ていたらしい。



水着を脱がされる。






「あっ」と俺が声を出す「可愛い」と顔中べろべろされる。






「気持ちいいでしょ」としごかれる。






(な、なんだコレは!!!気持ちいいぞ!)






顔はお姉さんのよだれでべちょべちょ。



プール上がりなので、濡れた体と音がイヤらしい。






思わず「お姉さんのおまた見たい」と言ってしまった。






息もハァハァ状態。



お姉さんも少し肌が赤くなってて、乳首も立ってた。






お姉さんが下の水着を取る。



ツーっと糸が引いてた。



もう止められなかった。



それを指ですくって舐めながら、自分でしごいてた。



お姉さんも目の前でオナニーしてた。






刺激を楽しむのも束の間、両手を取られ、壁に押し付けられる。






「もっといいことしてあげる」






お姉さんの顔は少し恐くなってたが、それが余計にいやらしかった。



俺はもう涙目、ってか泣いてた。






パクッっとフェラされる。






「あうぅぅぅ」






なんか情けない声を出すのが気持ち良くなってきた。



手は振りほどけそうだったけど、そのままにしておいた。



お姉さんも自分で弄ってた。



と、ものすごい刺激がチンコに集中した。






「ひあっ」






思いっきし口に出した。



足の力が抜け、便器にドサッと腰が落ちる。






「お姉さんのも舐めたい?」






お姉さんのケツを掴んでマンコを口に引き寄せた。



マンコはいわゆる無修正サイトで見ていたので新鮮な驚きは無かった。



もうメチャクチャに舐め回した。






「ここをこう舐めて」など、指示を受けながら舐め回す。






すると豆みたいのがあるのに気付く。



チュルっと吸う。



急に「うんん~~」とお姉さんの声が大きくなる。



ガシッっと頭を捕まれ、「いい?いい?」とお姉さん。



俺は「?」。






ショー。



口にオシッコされた。



味は最低だったけど不快感は無かった。



臭いはむしろ、いいとさえ感じた。



結構飲んだかもしれん。






「ごめんね」とディープキスされる。






「じゃあ、お詫びに一番イイコトしてあげる」と言われた。






何するか分かってた。



心臓も爆発寸前。



だが、不安だったので「痛くない?」と、聞いてしまった。






「大丈夫よ」とお姉さん。






「重いから」と位置を交換。






お姉さんが便器に座る。



その時の“ペタッ”という音がものすごいエロかった。



足を開いて座るお姉さんに割り込む形でチンコを近付ける。






「どこ?」と震えた声で聞く俺。






にゅぷぷと挿入完了。






「うわっ、はぁぁぁ」と情けない声を出す俺。






お姉さんも「~~~」と感じてる様子。






腰を動かすと、何かがまとわりつく感じが気持ちいい。






「好き、好き」と訳もわからず連呼した。






オッパイ揉みながら、時折キスもした。



しかしすぐに俺がイキそうになる。






「でちゃうぅ」






「イ・・・イよ、出し・・・」






その直後、中で出した。



出る瞬間力をこめ、思いっきり突いた。



ソレを何回か繰り返すと、急に抱く力が強くなる(お姉さんは終止俺を抱きっ放しだった)。






「うううぅぅん~~~」






急に締め付けが強くなる。



潰されるかと本気で思った。






「ハァハァ」と2人の息が混ざる。



この終わった後の時間が一番長く感じた。






「お姉さんも気持ち良くなっちゃった」






キスしまくって、しばらく入れっぱなしだった。






「好き」を連呼する俺。






「もう一回」と腰を振っておねだり。






ヌプと引き抜かれる。






「もうおしまい。ね?」






「うん」






オナニーしながら答える俺。






「もう!」と言ってフェラしてくれた。






数秒でイッたと思う。






その後シャワーを一緒に浴びてバイバイすることになった。



俺は抱きついて「またしようよ」と言った。






「う~ん、土曜日か日曜日ならいるかもね」と、お姉さん。






それから何回かお姉さんとやった。



2ヶ月間くらい。



でも小遣いが無くなって行けなくなった後、何回かプールに行ったけどお姉さんは居なかった。



その時は、ふーんと妙に納得してた。






中学になってその事を思い出した時、お姉さんカムバァッック!ってな感じになって友人とプールへ。



居ないと思ってたし、当然居なかった。



なぜか笑いが込み上げてきて、「ハハッ」と笑ってしまった。



友人は「何?」と聞いてきたが、「何でもない」とだけ答えといた。



ちょうど5年くらい前の話。






追記。



お姉さんは本当に若くて18、9歳くらい。



胸は結構大きめで、形は絵に描いたかのようにキレイ。



顔は文句無しの美人・・・というよりカワイイ系だった。



今思えば、ああいうのが世で言う“ショタコン”なのではないかと・・・今さら気付いた。






あの経験のおかげで、優越感からか自信が漲り、行動も一回り大胆になりました。



こうやってイイ人生を送れているのも、ひとえにお姉さん、あなたのおかげですばい。