隣の奥さんと関係してしまいました。






マンションの3階に住んでます。



夏、窓を開放していると、隣のよがり声がたまに聞こえてきました。



美人というより、肉感的な奥さんです。



それまで2・3回、夫婦同士で麻雀をした事があります。



牌を掻き混ぜる時、奥さんの指に触れて、ドキドキしましたが、それだけでした。






ある日の午前、会社の資料を忘れた事に気付き帰宅。



しかし嫁は留守でした。



しかも家の鍵も忘れていたのです。






どうしてもその日に必要な資料だったので、ベランダ伝いに入ろうと、隣のブザーを押しました。



隣の奥さんは在宅中で、Tシャツにスカートという格好で出てきました。






状況を説明して入れてもらい、ベランダの柵を伝わって行こうとすると、「危ないですよ」と止められました。






それより「ベランダの間の仕切りの上の隙間を、乗り越えたほうが良いのでは」と言うのです。






それではと椅子を借り、それを足場によじ登りました。



ところが腰がひっかかり、どうしても越えられません。






見かねた奥さんが、「私がやってみるわ」と言ってくれました。






バトンタッチして今度は奥さんが挑戦。



俺は万が一怪我をされては大変と後ろでカバー。



お尻の辺りに手をかまえ、落ちそうになったら支えてあげるつもりでした。



俺の為に頑張ってくれているのだから、この時やましい気持ちはありませんでした。






奥さんは上の縁に手を掛け上がって行きます。



脚が椅子から離れたとたんズリ落ちました。






思わずお尻に手を当て支えました。



奥さんはまた上がって行きます。



足を持ち上げました。



それから動きが止りました。






どんな状況かと見上げると、俺の家側に上半身を乗り入れ、腰から下が残っています。



そして俺の眼にスカートの中が丸見えになっていました。






薄いパンティとそこから伸びた太腿が・・・。



俺は見てはいけない物を見てしまったと、一瞬眼を逸らせました。






しかしやはり眼はそこに釘付けになってしまいました。



パンティに包まれたはちきれんばかりの丸みを帯びたお尻が俺の目前にありました。






薄いブルーのパンティでした。



結局奥さんも通り抜けられず、俺はベランダの柵を越えました。



柵を伝って無事我が家へ入りました。



忘れ物も取って、再び隣へ行って、お礼を言いました。






隣の奥さんは、「柵を越えたときドキドキしちゃった」と。






そこで俺も思わず、「奥さんのパンティを見た時、ドキドキしちゃった」と言ってしまいました。






「やはり見られてしまいました?恥ずかしい」と顔を赤らめてスカートを押さえる仕草。






「こんなおばさんのパンティ見ても仕方ないでしょうけど・・・」



「とんでもない!もう一度見たいです」






「ダメです!」



「もう一度・・」






「ダメ!」






・・・と、ちょっと鬼ごっこ風になり、居間の中を追いかけっこ。






はじめはふざけた雰囲気だったのですが、段々止められなくなっていました。



とうとう部屋の隅のソファに追い詰めました。






奥さんはソファに座り込み、膝を折り、スカートで抱え込むように身体を丸めました。



俺は膝を抱え込む腕を振り解こうとしましたが、がっちりロックされて取れません。






そこで常套手段、脇の下をくすぐる作戦に出ました。



奥さんは身をすくめ、ソファに横倒しになりました。






「俺は何をやっているんだろう」と一瞬思いましたが、もう勢いです。






奥さんの背後から羽交い絞めに入っていました。






奥さんの髪が俺の頬をくすぐります。



首筋に俺の唇が当たります。



膝を抱えていた腕のロックも簡単に外れました。






奥さんが仰け反り、俺は奥さんを抱えたまま、ソファの上で仰向けになっていました。






ソファから転げ落ちないように、奥さんを抱え込みます。



両脚を拡げ、奥さんの腰を挟み込み、奥さんの脚に巻きつけました。






本格的に奥さんの首筋に唇を這わせました。



耳を柔らかく噛みました。



奥さんは抵抗しません。






奥さんの腰を抱えていた手を上げ、乳房を後ろから揉み上げても、その手に掌を重ねるだけでした。



そこでTシャツの裾をたくし上げ、乳房を鷲掴みにしました。



ブラはしていませんでした。



指の間に乳首を挟みこみながら、ゆっくり揉み上げます。



奥さんの身体を少し持ち上げて、Tシャツの捲れあがった背中に、舌を這わせました。






更に奥さんは仰け反り、俺に倒れこんできました。



横目で彼女の表情を見ると、眼を瞑ったまま突き上げてくる恍惚を堪えているように見えました。






俺はゆっくり手を腰から、太腿に沿って下げて行きました。



スカートの裾に触れました。



逆に手を来た方へ戻して行くと、指に引っ掛かって捲くれ上がってきました。






手を徐々に内側に入れていきました。



ねっととした肌の感触と、温もりが伝わってきました。



パンティの裾に触れました。






あれだけ見たいと言ったパンティの薄いブルーは残念ながら見えません。



パンティのふくらみに掌を当てると、しゃりしゃりとした感触に当たりました。



指を曲げ谷間に沿わせます。






奥さんは「うっ!」と小さな息を吐き、俺の掌に手を重ねましたが、その動きを止めようとはしませんでした。






そこで俺は更に指を谷間をなぞりました。



少し引っ掻くように指を動かしました。



すると小さな芽を探り当てました。






しばらくその芽を探っていると、その当たりから湿り気が染み出てきました。






それに直に触れたくなり、パンティの裾から指を入れました。



その辺りはもうしっとり濡れていました。



指は柔らかな草原の中から湧き出る源の谷間をすぐに探り当てました。






その谷間に指を送り込みます。



泉は次から次へ湧き出てくるようでした。






俺はもうたまらなくなって、身体をずらすと、ズボンのジッパーを下げ、やっとの思いでいきり立った物を引っ張り出しました。






もどかしくて、奥さんのパンティを脱がす余裕さえありませんでした。



パンティの裾の隙間を無理やり拡げ、怒張したものを滑り込ませます。






そしてなんとか指で谷間に誘導すると、思いっきり突き上げました。






きしむように入って行きました。



しかし一度入ってしまうと、湧き出る泉が包んでスムーズに挿入できました。






・・・と思った瞬間、奥さんの内部からくる締めつけが、まとわりついてきました。



少し抜いてから、それにぶつけるようにねじ込んでいきました。






俺の腹の上で、奥さんのお尻が回転しながら、踊ります。



俺はもうたまらなくなって、奥さんの身体を押し退けて抜くと、思いっきり射精していました。






ズボンのファスナーの周りは、半乾きの白いこびりつきが付いていました。



腿の辺りにもシミになりそうな痕がありました。






ソファに横たわった奥さんは、捲れあがったTシャツから豊満な乳房がはみ出たまま、大きい息遣いの度に揺れていました。



あれだけ見たかった薄いブルーのパンティの裾も、そこからはみ出た陰毛も濡れて光っていました。






やがて物憂げに上半身を起こした奥さんは、捲くれ上がったTシャツの裾を下ろし、乳房を覆いながら部屋を出て行きました。






すぐにタオルを2枚持って戻って来て、俺の横に跪くと、1枚のタオルでズボンの白いシミを拭ってくれました。



俺は気恥ずかしくて、ものを言う事はもちろん、奥さんの顔を見ることも出来ず、されるがままでした。



奥さんはもう1枚のタオルで、まだ半立ちの俺の一物を優しく拭いてくれました。



まだ鈴口には液が残っています。






しごくように拭いてくれるので、柔らかくなりかけていたのに、みるみる内にまた勃起してきました。






すると奥さんは、タオルを置いて素手でゆっくりしごき始めました。



それではたまりません。



また、いきり立ってきました。






奥さんは大きく息をつくと、舌でしゃぶり始めました。



亀頭の周りを丁寧に舐めていたかと思うと、いきなり咥えました。






深く咥え込むと、音をたてて浅く深く上下しました。



動きが止ると、口の中で舌が亀頭を探ります。



やがて口を外すと、いきり立った物を握ったまま、俺の口にキスしてきました。






たちまちお互いの舌が絡み合いました。



唇をはずすと、俺の耳元で「また感じてきっちゃった」と囁き、今度は短くキスすると、スカートをたくし上げました。






白い肌に黒い茂みが見えました。



パンティは穿いていませんでした。






俺を跨ぐと中腰になり、俺の怒張した物を握ったまま自分の谷間にあてがい、そのまま腰を下ろし始めました。






奥さんの中に入って行くのが見えました。



みるみる内に、締め付けに覆われ、渦の中に入って行きました。



奥さんの身体が激しく上下しながら、回転します。






今度は身体を入れ替え、俺が上になり、激しいピストン運動を加えました。






奥さんの構造は、俺を最高に怒張すると思われました。



奥さんはあえぎながら、「今日は安全日だから中で逝ってもいいのよ」と言ってくれました。






その後も続いています。






しかし、結構隣というのは大変です。



連絡はもちろん携帯で取れますが、鬼嫁にはもちろん、隣の旦那、近所の人に見つかったら普通以上の修羅場になるのは、眼に見えています。






細心の注意を払っています。



階段ですれ違ってもドキドキします。



マンションの階段は声が響くので、「こんにちは」とか「おはようございます」の挨拶だけです。






そしてすれ違い様に手を握ったりします。



その瞬間に他の部屋のドアの音がしたりすると、思いっきりびっくりします。






まだ中学生・小学生の子供がいるので、夜はなかなか会えません。



月に一度ラブホに行けるかどうかです。



奥さんの家の車も1台しかないので、電車で30分郊外に行ってもらって、待ち合わせます。






いつも待ち合わせる駅は変えています。



そこで俺の車で拾ってラブホに行きます。






山の中のラブホで、各部屋が戸別になっているので、誰にも会わないので安心です。



朝10時頃にはラブホに入ります。



コンビニで買った食料品と飲み物を持って・・・。






入るなりいきなり行為に入ります。



奥さんは俺より7歳年上という事もあって、積極的にリードするタイプです。






よがり声も大きく、タオルを咥えてそれを堪えるのが良いと言います。



それからバスルームで一刻じゃれあいます。



そのまま2回目の行為に及ぶ事もあります。






そして食事をしながら、カラオケや近況を報告しあい、仕上げの交尾に入ります。



夕方4時には、奥さんは帰宅。



俺はそれから3~40分遅れで帰ります。






この日は互いに十分SEXを堪能できるのですが、やはり月1回では物足りなくなりました。