その日はこの冬第一の寒波が過ぎ去って、少し暖かな日だった。



渋谷の街はクリスマス一色。



道ゆくカップルの笑顔で溢れている。



午後2時半に、伝言ダイヤルで知り合い待ち合わせた菜美ちゃんと会うために、会社を抜けた俺だったが、いきなり『飯だけで金くれ』女だったので、さよならする(されたのか)。






時間が空いてしまった。



会社に戻るのもいいが、前日寝過ぎて体がだるい。



家に帰ろうか。



そう思いながらも、俺は行きつけのテレクラの電話番号をプッシュしていた。






入室後、2時間ほど。



自宅や援助娘を撃退していた俺にコールが回ってきた。



雑踏のノイズが聞こえる。






「外から?」



「そう」






「渋谷?」



「うん」






「今日は何してたの?」



「今、バイトが終わったの」






「これからは?」



「なんにも。予定ないよ」






「じゃあさ、遊びに行こうか?」



「うん、いいよ」






「どこにいる?」



「そこ、どこなの?」






「うーん、109の裏辺りかな」



「俺は109パート2の前から掛けてるの」






「じゃあさ、109の前で待ち合わせは?」



「えー、ハチ公の前にしようよ」






「人多いからわかるかな」



「わかるよ。俺、髪の毛茶色だし(笑)」






「わかった。服とか教えて」






店を出たのは午後5時5分だった。



店の人に、5時半までに戻って来なかったら部屋を明け渡していい旨を告げる。






ハチ公前に着く。



像のすぐ近くに座っていると言っていた。



茶色の服、茶髪、白いカバンに猫の模様を探す。



それらしい女の子がいた。



ぐるぐる見回ってみるが、どうもその女の子しかいない。



彼女が立ち上がった。



まるで「私だよ」とでもアピールしているみたいに見える。



意を決して近づく。






「長谷川さん?」






「うん」






「行こうか」






彼女はこくりと頷き、いきなり俺の左腕に自分の右腕を絡ませてきた。



こんなに積極的な女の子は初めてだ。



見かけによらず甘えん坊なのだろうか。






「どうする?」



「なんでもいいよ」






「二人っきりになりに行こうか」



「うん」






俺は(こんなにうまくいっていいものか?)と思いながらも円山町へ突進。



部屋に入り、上着を脱ぎ、ストゥールに腰掛けながら世間話。



その時に顔をじっくりと見た。



髪は背中の真ん中に届くまでの茶髪。



でも根元は黒いので色を抜いてからは少し経っているよう。



ルックスは・・・ちょっとヤンキー入ってるけれど、よく見ればまだ幼さを残している。



上着のせいでよく判らなかったスタイルだが、これがナイスボディ。



厚手の服を着ているのだが、それを突き上げるほどのバスト。



腰はキュッと引き締まり、足も細い。



スタイル100点、ルックス70点というところか。






でも、それから20分ぐらい、延々と音楽の話をした。



彼女が髪の色を抜いたのはバンドでボーカルをやっていた頃で、15歳からだという。



ここを読んでいる方には分かりにくいかもしれないが、『黒夢』『BUCK-TICK』などのファンで、いわゆるエクスタシー系(メイクをし、髪も脱色・染色したり、立たせたりしているビジュアル指向を指す。サウンドはポップよりかは若干メタルが入っているような感じ)のファンだった。



俺が仕事で彼らと会ったことがあると言うと、彼女は驚いた顔で音楽の話を続けた。



俺も応えてあげる。



この時点までエッチなことは一切言ってないし、していない。






「がっかりしたんじゃない?俺に会って」



「そんなことないよ。そっちこそ、がっかりしたんじゃない?」






「ううん。スタイルもいいし。びっくりしてる」



「またぁ。・・・でも似てる」






「誰に?」



「ちょっと知り合いに」






「ふーん。誰?」



「聞かないで、それは」






「うん、わかった」






俺は彼女の背後に立ち、「ほんと腰がキュっとくびれてるし、腰はバンッって張ってるし」と言いながら、彼女のラインをさわさわと撫で回す。



すると彼女が俺の手を取って胸に押し当てた。



遠慮なく揉んでみる。



柔らかい。



マシュマロ系のおっぱいだ。






「大きいね。それに柔らかい。嬉しいな」






そう言いながらバストを揉む。



彼女は振り返って俺を見る。






「やっぱり、似てる・・・」






(昔の彼の話かな?)とも思いながら、「その人とエッチしたの?」と聞く。






「ううん」






もちろん手は動かしたまま。



彼女の顔は変わらない。






「ふーん、このおっぱいいくつぐらいなの?」



「75のD」






「ということは90センチあるんだ。90・60・88ぐらい?」



「えー、どうしてわかるの?ピッタリ」






「人生経験を重ねるとわかるようになるんだ(笑)」



「へえー」






「髪の中から耳が出てる。ミッキーマウスみたいだね」






すっと耳たぶを撫でると、初めて彼女が反応を示した。






「あんっ」






「どうしたの?感じる?」






指で擦ってみる。






「あああっ、だめっ、俺、そこ、弱いの」






「へえー、じゃあ、こうしたら?」






俺は耳たぶの縁を舌でスーッとなでながら、胸を少し激しく揉み上げる。






「ああっ、だめ、ほんと、俺、だめ」






「じゃあ、これでおしまい」






彼女から舌と手を離す。



なんだか恨めしそうな目で見る彼女(以下、めぐみ)。






「どうしたのかな?そんな目で見て」






「え・・・だって」






「キスして欲しかったら、俺の目を見て、『キスしてください』って言わなきゃいけないよ」






一拍置いてめぐみは俺の目を見て、「キスしてください」と言った。



口づけする。



めぐみは最初から舌を入れてきた。



甘い唾液の味。



とろとろした感触が口の中に広がる。



ねちょねちょという卑猥な音が部屋に広がった。






「はい。おしまい」






俺は部屋に入った直後にセットしたバスの様子を見る。



もうお湯は入っていた。



めぐみのところに戻る。



めぐみは立って俺を見つめていた。



何も言わずに正面から抱きすくめる。



俺の胸にめぐみのバストが当たる。



やはり大きい。



そのまま、めぐみの耳に攻撃を始めた。



耳たぶの縁をすっとなぞり上までいくと、耳たぶの中に舌をねじこんで掻き回す。



すっと撤退させたかと思わせて、今度は耳たぶの裏をねぶり、耳の穴にふっと息を吹きかける。






「ああ・・・感じる、感じちゃうから・・・」






「そんなに感じるの?」






「うん、すごおく・・・ああっ」






手でバストを少し乱暴に揉みながらも、耳を攻撃。



かすれ声で囁く。






「めぐみは、一番どこが感じるの?」






「耳、耳なの・・・だから、お願い・・・」






「お願い、何?そうか、もっと舐めて欲しいんだね。ごめんごめん」






舌の全面を使って耳たぶから、その裏まで舐めまくる。



驚いたことにそれだけでめぐみの体は痙攣していた。



ベッドに押し倒し、キスをしながら服を脱がせる。



ブラをしておらず黒いキャミソールだけだ。



ピンクの乳首が勃起している。



バストが大きい割に可愛い大きさの乳首だ。



指で転がす。






「あんっ、遊ばないでぇ」



「めぐみは何人の人にここを舐められたのかな?」






「ええ・・・知らないっ」



「言わないと、こうするよ」






乳首の含み舌でベロベロと舐め回す。



かみかみしながら、もう一方の乳首を唾液をつけた指で転がしながら。






「ああんっ、だめっ、感じちゃうっ」






ビクッ、ビクッという痙攣がめぐみの体を走る。



かなり敏感な体らしい。






「敏感なんだね。じゃあ、ここはどうかな?」






空いていた手で背中をスーッと撫でる。



指の爪の甲で、触るか、触らないかという感じだ。






「ああっ、はあ、はあ、だめぇ」






「めぐみは色んなところが感じるんだね」






「私、全身性感帯だから・・・」と自爆発言。






左手の指は右乳首攻め、右手は背中さわさわ攻め、口は左乳首レロレロ攻め。



乳首だけでなく、周囲をくるくる周りながら舌を這わしたり、時に乳首をとっかえたりしてねっとりと舐め回した。






「ああっ、ねえっ、こんなの初めてだから、許して」






「まだ、何にもやってないようなもんだよ」






下に手を伸ばす。






「あ、生理中なの。だから・・・」






「できないの?」






「私は別にいいけど・・・いいの?」






一度やってみたかった体験だったので頷く。






「お風呂、入る?」






「うん」






俺は一旦行為をやめてバスルームに入った。



お風呂の中でまじまじとめぐみのオールヌードを見る。



バストはあんなに柔らかいのが嘘のように、つんっと上を向いた乳首。



張りがありそうだ。



腰もきゅっとくびれ、バンッと張った腰。



完璧なスタイルだ。






「ほら、見てごらん」






ペニスを突き出す。






「・・・。大きい・・・」



「本当?」






「うん・・・こんなの入らないよぉ」



「大丈夫だよ。めぐみは舐めたいんじゃない?」






「え・・・はい」



「じゃあ、お願いしないと」






「おちんちん、舐めていいですか」



「いいよ。これからはちゃんと俺に許可をとらないといけないよ」






「はい・・・」






めぐみは舌先でチロチロと舐め始めた。



手で柔らかくしごきながら亀頭を含み、舌でネトネトと刺激を送ってくる。



俺の手はめぐみの乳首をさわさわと転がす。



めぐみはそれだけでびくっびくっと体を震わせながら、俺の亀頭を攻め続ける。






「大きく含んでごらん」






めぐみは喉元までペニスを咥え、大きなストロークで上下し始めた。



舌は相変わらず亀頭を撫で回している。



上手い。



しかし、フェラごときでイクはずもない遅漏の俺だ。



10分ほど舐めさせて、「もう、いいよ」と声を掛ける。



ベッドに行く。



めぐみはバスタオルを巻いてやってきた。






「ね、お願い、暗くして」



「だめだよ。俺、明るい方が好きだもん」






「だって、恥ずかしい・・・」



「じゃあ・・・」






顔などが辛うじて見える程度の光量に落として、めぐみに言う。






「さあ、めぐみは何をして欲しいんだい?」






「キス・・・キスしてください」






口づけする。



めぐみの舌が俺の舌、歯、歯茎にまで這い回る。



俺もめぐみの口の中に入ろうとするが、彼女の舌の動きがあまりにも激しいので、割り入れられないほどだ。



唇から再び耳へ。



さっき攻撃したのとは逆だ。



めぐみはこちらでも激しい反応を見せた。






「あああっ、ね、だめなのっ、耳だけはっ」






「めぐみはエッチな女の子なんだね。さっきの返事は?ここを何人に舐められたのかな?」






そう言いながら乳首をねぶる。



周囲をペロペロ舐めたかと思えば、乳首に吸いつき、引っ張る。






「やーんっ、引っ張らないでぇ」






「そう言われるとやりたくなるよ」






再び引っ張り、口の中に顔を出している乳首をレロレロする。






「あんっ、だめっ、こんなの初めてだよぉ」



「返事は?」






「さ、30人ぐらい・・・舐められました・・・あああんっ」



「そんなに舐められたのか。お仕置きしなきゃ」






再び耳攻撃。






「いやんっ、やめてっ、ぐしょぐしょになるぅ」



「めぐみはいじめられると感じるんだね」






「そうなのっ。私、マゾかもしれないっ・・・ああんっ・・・めぐみ、マゾです」



「じゃあ、もっといじめてあげよう」






「ああ・・・」



「めぐみはテレクラで何人とエッチしたの?」






「・・・」



「言わないと、こうだぞ」






おもむろにめぐみのクリを刺激する。






「ああああっ!!だめっ、そこもだめっ」



「めぐみは全身感じるスケベな女なんだな」






「・・・」



「返事は?」






「はい・・・めぐみは・・・めぐみはスケベで淫乱です・・・もっと、もっとめぐみをいじめて・・・感じさせてください・・・」






乳首を舌と右手で、左手はクリをほじくりながら言葉責めを繰り返す。






「めぐみはいつ初めてセックスしたの?」






「・・・18の時」






「まだ3年しか経ってないのに、30本もここに入れたのか?」






指をぐっぽりとオマンコに入れてビブラートさせる。






「あああっ・・・いやっ、いやっ、許してっ、感じすぎるっっ、感じすぎますからっ」






「感じすぎるから、して欲しいんだろ?」






「ああっ・・・はい・・・そうです・・・いやん、違うぅ、でも、でも」






めぐみはベッドの中でのたうちまわる。



俺は挿入しようと体勢をとった。



ところが・・・、入らないのである。



頭だけは入るが、どうしても前に進まない。






「やっぱり、やっぱり大きいから、大きすぎるから入らないよぉ」






数分試行錯誤したが、俺は断念した。



代わりにフェラしてもらう。



めぐみは右手でしごきながら、左手でタマタマを撫で回す。



時にはアナルにまで指を進める。



ディープスロートで激しい口内ピストンだ。






俺は腰を動かし始めた。



イラマチオ状態だ。



めぐみはそれでも舌を使ってくる。



15分ほど続いただろうか、それでも俺はイカなかった。



めぐみに手でしごくよう命じる。






「ううっ」






俺はやっと放出した。



めぐみの腹にだ。



もちろんめぐみに掃除をさせる。






「さあ、綺麗にしなさい。きちんと舐めて、飲まなきゃいけないよ」






めぐみは「はい」と小さな声で応え、再び綺麗に掃除をした。






時間がなくなったので、部屋を出る。



ごはんを食べに行くことになった。



しかし、それから深夜に及ぶ第二回戦があることなど、誰が予期しただろう。



俺たち二人は再び渋谷の雑踏に紛れていった。






<続く>