スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラスのマドンナからの卒業









子供が受験を控えているからと単身赴任した赴任地で、絹代を見かけた。

中学卒業以来、30年ぶりに再会したクラスのマドンナの絹代は美しい良家の奥様だった。

「こんなところで絹代と再会するとは、驚いたな。いやしかし、相変わらず別嬪だなあ・・・」

「止めてよ。もう、46歳のおばちゃんよ。」

こんな会話からちょくちょく会うようになって、

「良家の奥様っていうけど、ホント、疲れちゃうのよ。」

「なんだ?旦那は可愛がってくれないのか?」

「結婚して22年よ。もう、ここ数年構ってなんかくれないわよ。まあ、どこかで女遊びしてるんでしゅけど・・・」

「勿体ないなあ。俺なんか、女房と会えるの月に2回くらいなんだぜ。何なら、俺が絹代を満足させてやろうか?」

「もう、何言ってるのよ。いい年して・・・んんっ・・・んあっ・・・」

絹代を抱き寄せ、30年前に憧れていた唇を奪った。

俺に体を預け、目を閉じた絹代・・・もらった・・・舌を絡めた・・・




ホテルの部屋のドアを閉めたら即抱きつき、スカートをまくり上げ、下着の上から女陰を溝にそってまさぐった。

絹代は、息を荒くして、膝から崩れ落ちた。

俺は、脚を広げさせて、下着の中に手を入れて女陰を直接弄り回すとそこはもうヌルヌルだった。

「もう、濡れまくってるじゃないか・・・」

「シャワー、浴びさせて・・・」




シャワーを浴びてきた絹代と入れ替わるように俺もシャワーを浴びた。

絹代が巻いていたバスタオルを剥ぎ取り、マドンナの美しい裸身を眺めた。

女房より肉付きが良いその女体を押し倒し、足を開かせて濡れた女陰を広げた。

「もう牝汁が出テルじゃないか。本当は絹代はスキモノなんじゃないか?」

絹代は何も言わず、俺に身を任せていた。

夢にまで見た中学のマドンナの女陰は、結婚18年の今でもハメまくっている女房のドドメ色の女陰とは違って、型崩れしていないところを見ると、夫婦の交わりは相当昔に殆ど無くなっている事を窺わせた。

「セックスしたいだろう?舐めてくれよ。」

絹代の口に男根を触れさせると、パクッと咥えてしゃぶり出した。

「これを中に入れて欲しいんだろう?」

男根を舐めさせながら69のお体勢を取って女豆に吸い付き震わせてやった。

絹代は艶めかしい咽び泣きを始めた。

「あっあぅ・・・おちんちん・・・い、入れて・・・ください・・・」

「旦那にいうみたいに、おねだりしてごらん?」

女豆を吸われて舌で転がされ、快感に耐え切れず絹代は嗚咽し始めた。

「主、主人とは・・・もう何年も・・・ああっ・・・」

「じゃあ、どこにどうして欲しいかいってごらん。」

女豆を転がすスピードを速くしてやると、堪え切れず絹代の腰が震え始めた。

「あうぅ~~絹代の・・・お、おまんこに・・・チンチンを・・・入れてください・・・」

クラスのマドンナの淫らなセリフに、興奮が高まった・・・




絹代を仰向けにして、ゆっくりと媚肉の感触を愉しむように男根を挿入した。

「おお・・・締まるな・・・」

「ああっ・・・あうぅぅぅぅん~~~」

俺は、絹代の中学時代のマドンナの頃の清純な笑顔を思い出しながら、女筒の感触に酔いしれた。

憧れのマドンナの生女筒の味わいに、果ててしまいたくなったが、人妻となったマドンナが久しく性を交えていない新鮮な細胞を犯しつくすだけ犯して、悶えさせて、俺の男根の虜にしてやりたかった。

連発できる年ではないから、俺が果てるのは、それからで十分だった。




ゆっくりとした律動で女筒のヒダを味わった。

何年も旦那を迎え入れていない間に、旦那の男根を記憶していた細胞が入れ替わり、今は俺の男根の記憶を刷り込まれていると思うと、何とも言えない征服感を覚えた。

「ああっ・・・んあぁん・・・はあっ・・・」

押し寄せる快楽の波に絹代の声が上ずっていった。

男根を見やると、牝汁が白く濁ってまとわりついていた。

人妻と言う身でありながら、中学の同級生に犯され、牝汁を垂れ流し、淫らにヨガっている絹代の姿が艶めかしかった。

上気して紅く染まっていく頬が色っぽく、しかし美しさを保っていて興奮した。

激しく根元まで突き込むと、マドンナを犯す興奮でいつもより勃起しているからなのか、絹代の女筒が女房より短いのか、子宮口に届いている感触があった。

俺は、思わず果てそうになるのを必○で我慢し、ピストンを早めた。

「あぁ、あぁ、あっ・・・あううっ・・・な、中に、いいわよ・・・」

途切れ途切れで絹代が言った。

「そんなことできるわけないだろう・・・」

躊躇する俺に、絹代が答えた。

「大丈夫・・・今日は・・・あううっ・・・安全日だから・・・真治君が・・・欲しい・・・」

絹代は、俺を受け入れ、身も心も交わりたいようだった。




絹代のヨガり声は次第に大きくなっていった。

自分の男根が、絹代の生殖器を震わせ、悦ばせ、求めさせた征服感んい酔った。

「あぁ・・・あっ・・・ああーーーーーーっ!」

絹代が登り詰め、女筒全体が収縮した。

「あーーーっ!・・あうぅ・・・あっあぁーーーーーーーっ!」

男根を締め、俺の精子を扱き取ろうと蠢いて絡みつく絹代の女筒・・・

間もなく絹代が逝きそうだった。

その美しい逝き顔を鑑賞しながら、マドンナの神聖な子袋の中を俺の精子で満たしてやる・・・

「き、絹代・・・」

ドッピュ~~~ドクドクドクドク~~~・・・

「あああああーーーーーーっ!」




絹代とは週に3,4回、安全日には子袋に、そうでない時は絹代の口内へ同級生精液を解き放った。

それは3年に及び、俺と絹代は愛し合った。

そして、月に2,3回、俺は女房を抱いて長年慣れ親しんだ夫婦の相性を確認した。

そして、俺は単身赴任を終えて女房の元へ戻れる内示を受けた。

今年3月下旬、絹代と最後の逢引・・・

3年間 × 週3,4回 ≒ 500回・・・絹代との交わり・・・

「真治君・・・あのね・・・主人・・・この頃、私が綺麗になったって・・・最近、抱いてくれるようになったのよ・・・」

「良かったな。やっぱり、不倫人妻は色気が出るから、旦那、気づいたんだな。絹代が恋してるってことに・・・これから、旦那に尽くせよ。」

「同級生 不倫転じて レスが去り・・・なんて・・・」




「じゃあね。真治君。多分、もう、一生会うことはないわね。」

「そうだな。その方がお互いにいい。もし、この次会っても、中学の同級生で会おう。」

「さようなら。」

「元気でな・・・」

ラブホからの帰り、郊外のスーパーの駐車場で絹代を降ろした。

絹代は、スーパーの入口で一度振り返り、そしてスーパーの中に消えた。

俺と絹代の3年間の性愛が、中学時代を共に過ごした年月と同じだと気づき、俺達はお互いから卒業したんだと思った。










コメント

タイトルとURLをコピーしました