スポンサーリンク
スポンサーリンク

【盗撮・覗き】親友のオヤジと不倫してた母














10年ほど前、俺が中3の夏休み、毎年恒例の町内自治会の一泊旅行があった。



いつもは親父と祖母の2人が参加するのだが、その年は親父が7月から半年間、海外技術援助でF国へ派遣されて不在。



祖母は老人会の用事で参加できないと言うので、俺と母親(M子、34歳)が参加した。







大人の中に子供は数人だけ。



親友のSが、親父と親一人子一人なので毎年参加していた。






夜の宴会で大人たちは酒を飲んで騒いでいたが、子供達は食事が済むとすぐにゲームセンターへ行った。



8時半頃、Sの親父(Y男、42歳)が、「これから皆でカラオケに行くから、ゲームが終わったら俺達の部屋で一緒に待ってろ」と言い、部屋の鍵と有線放送のアダルトが観られるカードをSに渡した。



やはりゲームよりアダルトの方が良いに決まっている。



早速Sの部屋に戻ってアダルト動画鑑賞。



ワクワクドキドキ、パンツと手のひらを濡らしながら観た。






一区切りついたところでSが風呂に誘うので、続きが観たかったのを我慢してついて行った。



しかし、夏の暑さと湯の熱さで、すぐに風呂から上がってしまった。



火照る身体を冷すのと興味本位で部屋とは反対の方向に行ってみると、一般客用の大広間があった。



もう営業は終わったのか、電灯は消え、防犯灯だけで薄暗かった。






俺とSはその中を奥へと進み、突き当たりの障子を開けた。



廊下があり、向かいに小さな部屋があるのか片引きの障子がいくつか並んでいた。



その一番左端の部屋から、人が呻くような、すすり泣くような声が聞こえてくる。



俺たちは顔を見合わせて立ち止まった。






勇気を奮い立たせて障子の前に立つと、柱と障子の隙間から光が漏れてくる。



わずかに開いた隙間に目を当てて覗いてみた。



なんと、先ほどまで観ていたアダルトと同じ光景が目に飛び込んできた。



部屋の電気は消されていたが、庭の水銀灯の灯が窓のカーテンを透して中が見えていたのだ。



まるで影絵を見ている様で、男も女も顔は分からなかった。






女が仰向けに寝て膝を立てている。



その上に男がうつ伏せに寝て、女の立てた膝の間に頭を埋めて何かを吸い込むようなジュルジュルという音を立てていた。



女は男の息子を両手で握り、口に咥えては舐め、口から離すと大きな喘ぐような声を出していた。



シックスナインの形だ。



(当時はこの言葉を知らなかった)






しばらくして男が体の向きを変え正常位の形になった。



男は自分の息子を握って女の股間に宛てがうと一気に挿入した。



男の腰は始めはゆっくり動き、だんだん速くなり、激しくなった。



つられるように女の声も大きくなっていく。



急に男の動きが止まると、女が意味の分からない大きな声を上げ、男の背中を両腕でしっかり抱き締めていた。



その後、繋がったまま長いキスをしていた。






「すごく感じちゃった。気持ち良かったよ。パパのこと大好き」



「俺もすごく感じちゃった。2回目も最初と同じほど出ちゃった感じだけど、赤ちゃん出来ていないかなあ」






「大丈夫よ。今日は安全日のはずだから。ねえ、もう一回いいでしょう」



「Mちゃん、好きだなあ!よし、じゃあ、もう一回!ここエアコン切れて、暑すぎるよ。Mちゃんも俺も汗でベトベトだ。ねえ、風呂に入ってから部屋に行こう。もしかして、もう2回いけるかも」






「わっ、本当!!嬉しいなあ。じゃあ決まり。お風呂に行こう」






男と女が浴衣を着始めたので俺とSは急いでその場を離れ、2人の顔を確めようと風呂の入口の前に立った。



しかし、ちょうど自治会長の奥さんが風呂から出てきて俺達を見つけ、「子供がこんな時間まで起きていてはいけません」と言って無理やり部屋まで連れて行かれ、顔を確めることができなかった。






その夜、Sの親父が帰って来ないのでアダルトの続きを見ながらSの部屋で眠ってしまった。



ふと夜中に目が覚め、あの男と女の光景を思い浮かべて、女の声が母親の声に似ていたような気がした。



男は誰だろうと考えながら再び眠ってしまった。






俺も来春には高校受験、2学期が始まると成績のことが気になりだし、あの宿での出来事どころではなくなっていた。



それでも町内の中3全員が集まるクリスマスには出席した。



みんな高校進学の事には一切触れず、他愛ない話に盛り上がって憂さを晴らしていた。



そんな中、Sパパがラブホテルから女と一緒に車で出て来るのを誰かが目撃したらしいという事が話に出た。



女は下を向いていて誰だか分からなかったらしい。



男も42歳と言えば男盛り、浮気をして当然と言う者と、絶対ダメだと言う者で論争になった。



結局、結論は出ず有耶無耶になってしまったが、ひとりSは恥ずかしそうに小さくなっていた。






夜10時もなると、女子もいるのでみんな家に帰り始める。



Sが俺に新しいDVDが手に入ったから観て行けと言うので、彼の家に立ち寄った。



新しいと言ってもアダルトの内容はほぼ同じ事の繰り返し、それでも最後まで観てしまった。



遅くなったので泊めてもらう事にし、彼のベッドの下に布団を敷いてもらって寝た。






俺にしては珍しく夜中に小便したくなり、1Fにあるトイレに行った。



階段を上がろうとすると、廊下の奥の部屋から微かに灯が漏れ、人の声がする。



俺はそっと部屋の前の立った。



なんだか、あの日の宿の光景が思い出していた。



引き戸を指一本分だけ開けて目を当ててみた。



なんと、思い出していた光景そのままだった。



その夜は顔もはっきり見えた。






男はSパパ、女は俺の母親だった。






母は布団の上で四つん這いになり、Sパパが後ろから母の股間に息子を挿入して激しく腰を振っていた。



母は声にもならない喘ぎ声をあげていた。



犬が盛っている様子を連想した。



しばらくしてSパパが母の下腹を思いっきり抱き寄せて動きを止めると、母は大声を上げながら前のめりに倒れ込んだ。



Sパパは今まで自分の息子が入っていた母の股間に口を当て、ジュルジュルと音を立てながら吸い出している。



いっぱい口に溜めると母を引き寄せ、キスしながら口の中のモノを分け与えていた。



母は嬉しそうにそれを飲み下し、今度は男の息子を綺麗に舐めると、再びキスをしていた。






「パパの赤ちゃんは私だけのものよ。他の誰にもあげないからね。パパ大好き」






「Mちゃんは俺だけのもの。他の誰にも触らせないからな。Mちゃん大好きだよ」






母親の名前はM子だから「Mちゃん」、SパパはSを略して「パパ」と呼び合っていたのだ。



あの宿での男と女は、Sの親父と俺の母親だった。



あれ以来、時々母親がいない日があったが、Sパパとラブホテルに行ったのか・・・。



夜、母親の部屋に電気が点いていない日は、ここに来て2人の愛を確め合っていたのだ。






いよいよ、親父が帰って来る日が近づいてきた。



俺は勉強はそっちのけで母親を見張った。



でも、夜はどうしても眠くて俺の方が先に寝てしまう。



何度か失敗したが、ある日、とうとう夜中に母親が出掛けるのを見つけ、後をつけた。



やはりSパパの所だった。



母親が着くと、待っていたかのように玄関のドアが開き中に入り、ガラス越しに2人が抱き合っている影が映っていた。



俺はどこに合鍵があるかを知っているので、中の灯が消えると鍵を使って忍び込んだ。



前と同じ廊下の一番奥の部屋に灯が点き、囁きあっている声がする。






「パパ、もうすぐ主人が帰って来るわ。パパと逢えないなんて★ぬより辛い。一緒に★にたい」



「Mちゃん、そんなに悲しまないでくれ。生きている限り、きっと逢える日があるから辛抱して」






「なんでこんなに愛し合っている者が一緒になれないのかしら。嫌で仕方ない者同士が一緒にいることもあるのに」



「この世の中は思ったようにいかないのが当たり前なのさ。今度生まれ変わったらMちゃんと一緒になろうね」






「ええ、きっとパパと一緒になるわ。いっぱいパパの子供を産んで、楽しい家庭を作りたい」



「Mちゃんは若いけど、俺はもう42だからなあ。そんなに体が持つかなあ、すぐに50になっちゃう」






「パパったら(笑)。生まれ変わったらのお話よ。もっと若いうちに一緒になればいいのよ」






俺はそっと部屋の前に近づいて、前と同じように引き戸の隙間から中を覗いた。



ベッドに裸のSパパが座り、その膝に母親が向かい合わせで跨がるようにしてゆっくり腰を振っていた。



腕はSパパの首に回し、見つめ合って話していた。






「Mちゃん、もうずーとコンドーム使ってないけど、赤ちゃん出来ていないかな」



「大丈夫よ、もし出来てたら主人に離婚してもらうわ。パパと一緒になれるよね」






「もちろん、Mちゃんと一緒になりたい。でも2人とも子供がいるし、住む場所も考えないと」



「私はパパの行く所ならどこでもついて行くよ。あっ、パパ感じちゃいそう、一緒に感じて」






「Mちゃん、もう感じちゃうの?先に感じて、俺も感じるから」






そう言いながら2人は正常位の形になり、Sパパは激しく腰を振り出した。






その時、階段から足音が聞こえてきて、俺は慌てて向かいのリビングに飛び込んだ。



その時、何かに躓いて大きな音を立ててしまった。



部屋の電気は消え、話し声も物音もしなくなった。



Sがトイレから出て来ると、Sパパが部屋から出てきて、代わってトイレに入った。



俺はその間に玄関から外に出た。



暗い夜道を、とぼとぼと一人で歩いて帰った記憶はいつまでも消えない。






1月中頃、親父は帰国した。



家庭の中は今まで通りだ。



親父と母親が喧嘩した様子もない。



祖母も変わった様子はない。



俺も試験勉強にラストスパートをかけた。



無事、第一志望の高校に合格し、親父も母親も喜んでくれた。



しかし、親友のSが、Sパパの仕事の都合で急に転居することなった。



俺がそのことを聞いて帰った翌日、母親は目を赤く腫らしていた。






あれから10年、俺も社会人になり役所に勤めている。



親父が脳梗塞で倒れ、呆気なく亡くなってしまった。



先日、四十九日の法事があり、その次の日、家族3人で遺品の整理をした。



わずかだったので、ついでに家の中も大掃除をするとたくさんのガラクタが出てきた。



一応、要る物と不要の物とを分けていると、一通の茶色の封筒が出てきた。



表に親父の字で『M子の件』と書かれていた。



中には一枚の念書が入っていて、宛名はSパパのY男になっていた。






1.Y男は、今後一切、M子に逢うことを禁じる。



2.Y男は、できる限り早く町内から転居する事。



3.Y男、M子共に文書、あらゆる通信を使って連絡することを禁じる。



4.Y男、M子は写真、映像等はすべて焼却、消去する事。






他にも何項目かあった。



発行人は親父の名前になっていた。



親父はSパパと自分の嫁の事を知っていたのだ。



しかし慰謝料の件はどこにも書かれていなかったところをみると、親父は寛大に許したのだろう。



俺はその念書を、不要の物の方へと分けてやった。






























コメント

タイトルとURLをコピーしました