スポンサーリンク
スポンサーリンク

オナニーと委員長♀








高校の時、男子のエロさをバカにする女がいて

「男はみんなむっつり、体育の時絶対エロい目で女を見てる、やることばっかり考えてて気持ち悪い」

などなど、言ってることは事実だが、男を見下した態度が俺は気に食わず

「お前だって昨日オナニーしたくせに」

って、ぼそっと言ってやった。

 

 











そしたら顔を赤くして「ぐひい」とか言いやがった。図星かー。

オナニーしてんじゃねーの、と軽くカマかけてからかうだけのつもりだったんだが。

「昨日」という、意味もなく出てしまった言葉が大当たりだった(らしい)もんだから、混乱したみたいで。

してるってバレただけでも恥ずかしいのに、何で昨日したってわかるの、みたいな感じか。

 

「しとらんよバーカバーカ!」と慌てて言ってきたがもう遅い。

とりあえずおとなしくなったので良しとした。

かわいくも何ともない女なので、オナニー姿を想像しようとか、一切思わなかった。

 

しばらくして、この話がどこから漏れたのか、ゆたか(俺)にはオナニーしてる女がわかるらしい?という噂が、一部の男子の間に流れていた。

 

「何でわかるんだよ」とか聞かれて、何だかおもしろいので適当に話を作った。

バカな男どもは嘘だろうがほんとだろうが、エロ妄想で盛り上がれればいいんだろって思ったので。

 

「フェロモンでわかる。フェロモンとはエロいにおいのことである」

「オナニーかセックスした翌日の女は、においでわかる」

「処女でもオナニーしてればエロいにおいがする」

 

とか適当に話してたわけだが「わかるわけねーよ」「いやでもほんとだったらすげー、」などとみんなは盛り上がり始めた。

信じられんけど、でも信じてみたいって感じだった。

ちなみに俺も含めてみんな童貞。

俺は唯一、一時期彼女がいたことあるので、その仲間内では女を比較的よく知ってるやつだと思われてた。

 

男の1人(”A”)が、委員長♀はどうなのかな、と聞いてきた。

(”A”)はまじめでかわいい委員長♀がちょっと気になってるらしい。

俺から見ても確かにまあまあかわいい。

でもあのまじめちゃんはまだエロとは無縁じゃね?と思ったが、その委員長♀が昨日学校帰りに、男と歩いてるのを(”A”)は見たという。

「彼氏なんかな、その男と昨日やったんかな、ゆたかにはわかるんだろ、教えれ」と言われた。

 

俺がどう答えたところで、嘘か本当か確かめようがないだろうに…まいったなあ、と。

 

「いや、こういうのは、かなり近づいてニオイくんくんしないと、わからんから」

と逃げようとしたんだが。

 

みんなは、じゃあくんくんして来ればいいだけじゃん、と俺をけしかけた。…墓穴を掘っちゃった。

こいつら絶対、俺が適当に嘘言ったのをわかってて、からかってるんだな、ということにようやく気付いた。

 

ただ(”A”)だけは、期待と不安が入り混じって本気でドキドキしてるみたいだった。



移動教室の前の休み時間、委員長♀を含めてまだ何人かが残ってる教室に、俺は投入された。

みんなは廊下から見守ってた。

 

座ってる委員長♀の後ろに近付いて、髪は長いけどしばってあるから丸見えになってるうなじ、の辺りをくんくんした。

 

汗とシャンプーか何かのにおいがして頭がぼわーってなった。

 

そしたら急に委員長♀が振り向いた!

すごい近くで目と目が合った。

 

「ゆたか君!何っ??」

 

やべー。思わず廊下のほうを向いて助けを求めようとしたが、みんな逃げてた…あいつら…

 

委員長♀は、まだ俺の顔をじーっと見ていた。

何これ、こんなにかわいかったっけ、どきどきする…。やべー。逃げたい!

 

しかし(”A”)のためにも、俺はなんらかの答えを出さないといけない。

今思えば(”A”)には適当に、委員長♀は昨日やってないよ~、エロいにおいしなかったよ~、と言えば済んだ。

でもテンパって「あのー、あのー、」しか言えないまま固まってしまった。

 

しかも気付くと、教室に残っていた何人かの生徒が、こっちに注目してる!

 

まだ俺を見てる委員長♀、恥ずかしくて目を合わせられない俺。

ようやく出た言葉は、

「いいいい委員長♀って彼氏いるの?」だった。

 

その答えを(”A”)に伝えれば、とりあえず最低限の任務は果たせるだろーって思ったから。

 

ところが周りでは

「ゆたかが委員長♀に告白したーっ!!」って騒ぎに!

 

え?え?え?

 

委員長♀「あ、あ、あの、あの、私も好き…」

 

え?え?え?

 

これが馴れ初めになってしまった…。

 

もちろんあとで(”A”)に知られた。

(”A”)たちが逃げたせいで変な流れになったんだから、俺わるくない!と言い張ったが、最初にバカなウソついて墓穴掘ったのも俺なので、強く言えず。

 

委員長♀に、あれは誤解ですほんとは好きじゃないです、とも言えず、何となく付き合うことに。

でもかわいいし、頭もいいから話も面白いし、俺はすぐに委員長♀を本気で好きになった。

 

クラスメイトには告白の顛末からバレバレだし(”A”)には恨まれるし、恥ずかしいのと罪悪感で肩身の狭い毎日だった。

 

(”A”)は「俺もともと委員長♀にベタ惚れだったわけじゃないし、まあ許すよ」

「その代わり委員長♀とヤったら、事細かに報告すべし、おかずにしたい!」

 

と言われ、俺は意地でも、(”A”)と合わずに済むようになる卒業までは、委員長♀とするまい、と決めるしかなかった。

黙ってても雰囲気でバレそうだから。

キスもしなかった!

 

彼女なりの、控えめでかわいらしい萌エロフラグの数々をぶち折り、ようやく卒業後にキスとHを同時に達成した夜、ベッドの中で、あの日の告白の真相を告げた。

 

すると彼女「そうだったのかー!男ってバカだな(笑)でも結果オーライ」

 

彼女「で、どうだった?分かった?」

 

俺「何が?」

 

彼女「私が前の日に…ひとりでしてたかどうか」

 

俺「エッチなにおい分かるのは嘘だって言ったじゃん」

 

彼女「多分今と同じにおいしてたと思うよ…」

 

え?え?え?

 

くんくん。終わり。








コメント

タイトルとURLをコピーしました