私が風紀委員だった中学3年の時のことです。






体育祭があって、風紀委員は校内の見回りをすることになっていました。



私はお昼過ぎに同じ学年のA美ちゃんと2人で回ったのですが、武道場の裏まで来た所で、女の子たちが「いや~ん」なんて声を出して騒いでいるので、2人でそぉっと覗いてみました。



すると、さっき部活対抗リレーを終えたばかりのバスケ部の子たちが、お互いの胸を触りっこしたり、ブルマーを脱がそうとしたりしてじゃれあっていたので、その前を通るわけにもいかず、しばらくの間隠れて様子を見ていました。






武道場は学校の敷地の隅っこにあって、外は林になっているので、裏手はほとんど人目につきません。



そんなこともあってか、バスケ部は周りの目を気にする必要もなく、脱がしっこに夢中になっているようでした。



そのうち3年生の一人が集中攻撃されてパンツ1枚まで脱がされ、そのパンツも脱がされようとしていた時でした。






突然、背後からの「何見てんの?」という一言にぎょっとして振り向くと、同じバスケ部の子が3人、ニヤニヤしながら立っていました。






「別に・・・見回り当番だから・・・」






私たちは当たり前の返事をしたのですが・・・。






「でも、脱がされてるの見てたよねぇ・・・」






彼女たちはいじわるそうな目つきで私たちを睨んできました。



私たちが返事に困っていると、3人のうちの1人が脱がしっこをしていた子たちの所へ行って・・・。






「さっきからN子(私)とA美がずっと覗き見してたよ」






私たちのことをチクったのです。






すると、キャプテンのM子が「え?見てたの?覗いてたなんて許せな~い」と言い、他の子たちも「そうだそうだ!」って感じで、私たちに言いました。






私は(恐らくA美ちゃんも)その雰囲気から嫌な予感がしたのですが、逃げることも出来ずにいると・・・。






M子「ちょっと2人ともこっちに来なよ」






そう言って、無理やり引っ張られて、みんなの前に連れ出されました。






そしていきなり背後から胸を掴まれ、思いっきり揉んできたのです。



A美ちゃんも同じことをされていました。



嫌がって離れようとしても、数人がかりで抑えてくるので抵抗すら出来ません。



そのうち立ったまま、今度はブルマーの上からアソコを指で思いっきり弄ってきました。



最初は何とか我慢できたのですが、だんだん感じてきて、体が熱くなってきました。



横ではA美ちゃんも股間を弄られ、声には出さなくても感じている様子でした。






その後はもう、バスケ部にされるがままです。



2人ともさっきの子みたいにパンツ1枚まで脱がされ、とうとうパンツも取られてアソコをばっちり見られてしまいました。



挙句の果てにはA美ちゃんとのレズプレイを強要され、ディープキスや69の体勢でお互いのアソコを舐めあったり、ここで話すのも恥ずかしいくらいのことをさせられました。






結局30分ぐらいしてようやく解放されましたが、それ以来バスケ部の子たちに時々呼ばれては“解剖”されました。



A美ちゃんも、私とは別のところで同じことをされていたようです。