スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュースを買ってあげたお礼にセックス








83 :なまえを挿れて。:2012/10/10(水) 09:23:26.20

5年前の初夏だと記憶している。



夜中に近所をムラムラ・ウロウロしていたら、自販機の前に女が

佇んでいるのを見つけた。

そこは、自販機が数台並んでいて、その向かいに東屋みたいなのが

立ってるんだ。女はその東屋側にいた。



女はこちらに気付くと、妙に親し気に微笑んできた。

 

 











 

84 :なまえを挿れて。:2012/10/10(水) 09:25:07.39

ムラムラパワーかな、何かピンときて

「こんばんは、何してるんですか?」

と声をかけた。

すると

女「お兄さん、ジュースおごってくれない?」

俺「ん?いいけど…」

女「じゃぁ…」

と言うと、女は俺の腕に手をかけ、そっと東屋の暗がりに誘導した。



女は、んふふと笑いながら俺の股間のジッパーを下ろして、チンポを弄りはじめた。

ムラムラしていたのもあり、妖し気な雰囲気もあり、チンポは即ギンギン。

それを確認すると、女はどこからかゴムを取り出し、膝まづいてチンポに被せた。



それからそっと俺を押し倒し、馬乗りになって、自分の秘部にチンポをヌっと挿れ、

動きはじめた。







85 :なまえを挿れて。:2012/10/10(水) 09:25:42.18

…が!これが、痛かった!

東屋の床はコンクリで、大粒の砂利がまばらにあり、ケツとか腰とかが非常に痛くて…



「いたたた」と女に告げ、バックからリトライ。今度はスムーズに。



深夜の住宅街に響く、バックから腰を打ちつける音。それを自覚した途端、

あっという間に射精感がこみ上げる。

「イクぞ」と腰をひっつかみ、それまでより乱暴に腰を打ちつけ、女の中に

ドバッとを吐き出した。



しばらく余韻に浸っていると、女が動き、ヌルッとチンポが吐き出された。

女はそれを手に取り、ゴムをとって、ティッシュで軽く拭いてくれた。



まだ汚れの残るチンポをしまい、財布を開けると、500円玉が一枚見えた。

それを女に

「これでジュース買って」

と渡しその場を去った。

女は

「ありがとう」

とにっこり笑っていた。










コメント

タイトルとURLをコピーしました