スポンサーリンク
スポンサーリンク

病弱の自分に代わって、妻を他の男に抱いてもらう








789 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:50:13

この前初めての妻の貸し出しというか他の男に抱いてもらったので報告してみる。





彼女は子供の頃からのほぼ幼馴染みたいな付き合いの子で俺より4歳年下。

俺が27の時に結婚したんだけどその後俺が29の時に病気をやってしまったのね。

所謂くも膜下出血だったんだけど。

元々体弱かったんだけれど激務とストレスでやってしまった。

復帰まで1年以上掛かったんだけど幸いあんまり後遺症も残らず社会生活は送れるようになった。

ただ正直言って身体はついてこない感じ。

すぐに疲れるし、すぐに体調崩すし絶対に無理できない状態。

 













夫婦仲は良くって彼女は俺が病気になってから本当に親身に世話してくれた。

幼馴染なだけに友達っぽいさばさばした付き合いみたいな所もあったんだけど

病気の時もずっと手を握ってくれたり本当に泣ける位に看病してくれた。

俺がそんな状態だったから彼女は仕事も辞められず

(彼女は派遣じゃないんだけど大手のSIerにプログラマとして働いてる(所謂偽装請負っぽい形態))

俺と仕事を支えながらがんばってくれた。





790 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:50:35



で、幸い病気の方は入院検査と自宅療養を経た後、まあ仕事は出来る用になって職場にも復帰できた。

でも病気以降正直夫婦生活の方があんまり出来なくなってしまった。

気持はあるんだけどあんまりうまくいかない。

もともとそんなに強くないってのもあるけど病気の影響が大きかった。

元々週に1回か2回位だったんだけど、病気以降は2週間に1回程度。

正直彼女は美人だし俺も気持ち的にはあるんだけどどうしても夜まで体力が持たないんだよね。

気持ばっかりあるんだけど夜も9時頃になるとどうしても起きていられなくなってしまう。



土日の休みで体力を温存してゆっくり1回のSEX位が正直今の俺の体力だと限界。

それも毎週は無理だし、その1回ですら彼女を満足させるってのとは程遠いような状態。



彼女は「えっちなんてどうでも良いよ。早く体治そうね。」

って言ってくれるんだけど言われる度に逆に俺の中で焦りがでてしまうっていう

なんか悪循環に陥ってしまうようになったのね。

病気して2年位の後には

だんだん上手くいかなくなって、その2週間に1回もうまくいかなくなってた。

セックスレスっぽい状態かな。でも俺がやりたくない訳じゃない。

上手くいかないって言う状態。



御互い仲が今までと変わらずというか寧ろもっと良くなってる位なんだけどそれだけに

正直ずっと凄く心に重しが乗っかっているような状態だった。



で、病気とか療養中とか、良くなってもそういう精神状態の時って疑心暗鬼にもなるし

彼女が浮気して無いかとか凄く猜疑心の塊みたいになって苦しむようになった。





791 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:50:56



はっきり言ってまともに考えれば彼女が浮気なんてしてるわけ無いんだけど

(気持だけじゃなく時間的に考えても浮気は無理な生活)

ちょっと帰りが遅くなった時とかそう言う時に頭の中で自分の劣等感と合わさって凄くどす黒い気持になるようになって。



そんな気持が半年も1年も続いてなんとか表面上は彼女に気取らせないようにはしていたんだけど

あんまりにも疑いすぎて寧ろ浮気しててくれた方が気が楽だと思っちゃうくらいに悩んだ。



そういう状態が病気以降、最近まで本当にずっと続いてた。

正直精神的にはもう壊れてたと思う。表には出さないようにしてたけど。

でも半年位前かな。からだの調子が本当に良くなくて、その時ついぽろっと

「浮気しても良いよ。」って言っちまった。



そしたら「そんな事考えた事も無いし絶対しない。」と。

涙出るくらい嬉しかったけど正直言ってそれでも俺のこの気持は解消されないだろうな。と思ってた。

で、案の定次の日にはもう鬱みたいな状態。

で、ずっと考えてて、インターネット見ててさ。

それまで刺激的だとは思ってたんだけど所謂スワッピングとかそういうの見てたら。

なんかそういう方が俺としては落ち着くのかなってそう思った。



俺が病気以降ずっと不安に思ってて恐くて恐くてしょうがないのが彼女に捨てられたらどうしようって事なのね。

病気の時にずっと一緒にいてくれて本当に助かって、失ったらどうしようって本気で考えるようになっちゃったわけ。

その上SEXが上手くいかないとかさ。最悪じゃん。俺だけが駄目で、

どうしようもなくて身体も上手く動かなくてそれが本当に恐いわけ。





792 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:52:02



だからなんか寧ろ俺の把握できる範囲内で、

俺が判断して浮気してもらった方が良いのかもしれないってずっと考えるようになったのね。

俺の見てないところで彼女が離れていくかもしれないっていう恐さは感じないですむかもって思った。

あとこれも本当なんだけど彼女に罪悪感も感じてた。多分満足して無いだろうな。男としてどうなんだろ俺。

っていうのもずっと感じてた。



で、何回も何回も考えて、1ヶ月以上ずっと考えて、で、彼女に全部言った。

病気以降自分がどう考えているかとか、何が恐いかとか、それがどうしても払拭できない事とか。

決して嫌いになったわけじゃないって事も寧ろこの事で離れていかれたらその方が恐いって事も全部伝えた。



で、最初のほうは彼女も「馬鹿なこと考えないで」とか言ってたけど真剣に話したら

俺の言いたかった

彼女にSEXを満足して欲しい。

気持は俺の方を向いていて欲しい。



っていうのを理解してくれるようになってきた。

正直に言ってSEXには満足して無いだろ?って言ったら

確かに満足はしてないかもしれない。でもそんなの関係ないし俺の事が好き。って言ってくれる。

でもそれじゃ俺は満足できないって伝えて、

寧ろ俺の事を考えないでSEXをして欲しい。その上で気持は俺の方を向いていて欲しい。

凄く我侭な話かもしれないけれど俺を助けて欲しいってそう言った。

お前が責められる浮気なんじゃない、寧ろ楽しんでくれれば俺の気持も満足するからってそう伝えた。



で、まあ彼女も1週間位考えて一度だけならやってみてもいい。

でもいくら俺の云う事でも凄く私は傷つくかもしれないし、やっぱり嫌だったらもう2度としない。

そうしたら俺が疑心暗鬼にならないくらい一緒にいるから。



っていうそういう話になった。





793 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:53:13

で、まあどうしようという話から

インターネットとかでそういう相手を探す(出会い系とか)とか、そういうのを考えて。

彼女はどうすれば良いのか判らないし俺が決めてくれれば良いって言ったけど

俺が本当に楽しんで欲しい。男が、風俗で浮気するとかそういう気持ちでいいからって言って

本気で二人で相手を考える事にした。



で、結局出会い系は恐いねっていう話になって、でもスワッピングとかそういうのも

俺がじゃなくて彼女だけって言うのもやだっていう話。



で、そんな話をしてたら彼女がぽろっと

「職場で仕事してるちょっと年上の人に実は良く食事とか誘われる」みたいな話をした。

必ず断っていたらしいんだけどその言い方が気になってよく聞くと

その相手は偽装請負の請負元の大手の社員の人らしいんだけど

仕事はかなりできて年は俺より少し上らしい。

で、仕事で失敗した時とかによくフォローとかしてもらったらしい。



「その人とSEXしてみたいとか思う?」

って聞いたら最初は思わないとか言ってたけど

「真面目に彼女の気持としたらどう?」

って言ったら興味はある。って答えた。出会い系とかよりは良いと。



正直その話、凄く心はつらかったんだけど。

彼女がちょっとでも良いなって思う男の話な訳だから。

でもその男だったらどうだろうって言ってみた。



「でも絶対そんな事持ちかけられないし。だってこんな事いえないもん。」

って言ってるけどその男の話を聞くと身長は高いしガタイも良くてスポーツマン系で顔も結構いいっぽいのね。

俺とは違うタイプだっていうのもあって彼女は興味があるのかもしれないと思って。

「だったらその事は言わなくて良いよ。普通に食事してきなよ。で、SEX誘われたらしていいよ。」

ってそう言った。





794 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:53:45



「ええ、ない、ないよ。」

って言ってたけど何回も聞いた結果

正直出会い系だったら多分出来ない。でも誘われた時に食事に行くなら大丈夫かも。

ってそう言うようになった。



本当に楽しんできて欲しい。

彼女にSEXを満足して欲しい。

気持は俺の方を向いていて欲しいし、俺は彼女の事を愛してる

って事を何回も言って、で、次に彼女がその男に食事に誘われたら食事に付き合うっていうそういう事になった。



で、実際に彼女が誘われたのが今年のGW前。

この話をしてから2ヶ月位経ってた。

GWに入る直前の水曜日に金曜日に飲まない?って誘われたって彼女が言ってきた。

彼女が「この前の話、本気?誘われて、返事どうしたら良い?」って言ってきて

はっきりいって聴いた瞬間、辛くて辛くてちょっと吐きそうになった。



でもなんだろ。ちょっと安心感みたいなものもあった。

これで彼女が浮気するかもしれないとかそういう悩みが無くなるんだっていう。

俺の知っているところで俺の把握してる範囲でだけ浮気してくれるっていう。



で、「いいよ。」って言った。





795 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:54:07

当日、金曜日は仕事休んで俺は家にいることにして、彼女には俺の事気にしないで良いよ。って言っておいた。

もし嫌になったら帰って来ていいよって言おうとしたんだけどやっぱりそれを理由にして彼女が辞めても、

やめなくてもどっちでも嫌な気持になるかもしれないと思って辞めた。



自分でそうしたのに彼女が仕事に行って、昼間からずっと気持が塞いでた。

夕方になるに連れて不安感がどんどん膨らんで吐き気とかすらしたけどずっと本とか読んで耐えてた。

夜はカップラーメン食べて、で、ベッドに行ったんだけど寝れなくて

何時間も彼女が抱かれてるかもしれないって何回も寝返りをうちながらずっと考えてた。



彼女は1時頃帰ってきて、で、結局俺は寝れずに待ってたんだけど。

彼女は帰ってきて、で、俺が気にしてるのわかってたんだと思うけどすぐに報告してくれた。

聞いたら、飲んで、まあ普通に仕事の話しながら下ネタとかの話に徐々に移動して。

で、飲んだあと口説かれたと。彼女は返事はしなかったけど俺の言うとおり拒否もしなかった。

ただ男は今日無理やりって言うんじゃなくて手を握ったり今度遊びに行こうみたいに行ってきたらしい。

そして帰り際タクシーで肩抱かれてキスもされたって聴いた瞬間、判ってたけど凄い暗い気持になった。



で、彼女は○○サンに俺に内緒でGW中1日会えないかって言われたんだけど。

って俺に言ってきた。

その時にはもう心臓がバクバクしてて、

「その時に抱かれると思う?」

って彼女に聞いたら「多分・・・」って答えてきた。

心の中はぐちゃぐちゃだったけど彼女に罪悪感を持たせたくなかったから務めて明るく振舞った。

「飲んで、楽しかった?」とか彼女が楽しくて良いんだよって事を彼女に一生懸命言った。



で、彼女は5月の4日にその男と会って来た。

前日も凄く彼女が悩んでたから「○○サンを彼氏だと思っていいよ。明日だけ。」って言って

しがみ付いてくる彼女に何回も楽しんできて欲しいって事と俺の我侭だって事を言った。





796 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:54:28

5/4になって、彼女は10時位に家を出て、8時くらいに帰ってきた。

一日中俺は前と同じでずっと考えたままだった。

前回よりも絶対抱かれてるっていう確信があったから気持は重かった。

出来るだけお洒落して家を出る彼女に「本当にいいの?」って言われた瞬間辛くて辛くてちょっと吐きそうになった。

「○君が嫌っていうなら今すぐ電話して断るよ。」って言われて冗談めかして「行ってきなよ!楽しんできて良いから。」

って答えた。



彼女は8時位に帰ってきて、彼女が帰ってくるまで本当何日も待った位に時間が遅く感じられたけど

ドアが開いた瞬間、ドキッとした。

彼女は帰ってきてすぐ「ごめん、シャワー浴びるね。」って俺に言ってすぐにシャワー浴びて

それから話をした。



正直なんかこう、俺も興奮してたんだよね。

彼女がシャワーを浴びて、俺も「普通じゃ話できない」って言って、シャワー浴びて、

で、二人で裸でベッドで話した。



彼女が凄く罪悪感の感じてる顔をしてたから冗談ぽく

「○○サンとやった?」

って言って話を聞き始めてでも

「うん・・・」って言われた瞬間目の前が真っ暗になった。



何時頃?って聞いたらお昼を食べて午後2時頃にラブホテルへ。

「遊びに行こう映画でも見に行こうって○○サンは言ってたのにすぐにラブホテルだったの?」

って聞いたら気まずそうに頷く。

会ってすぐ車の中でキスされてホテル行きたいって言われたらしい。





797 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:54:56

2時から6時までのサービスタイムのあるホテルだったらしく、6時までいたらしい。

喋るのも恥ずかしいらしく本気で恥ずかしがってるので彼女の身体を触ったりしながら色々聞いた。

彼女がしゃぶってきた時に

「○○さんのしゃぶったりした?」

って聞いたら「うん・・・」

「どうだった?大きかった?」

って聞いたら「大きかったけどそれより腹筋が凄かった・・・」とか。

彼女も俺にどう言って良いか判らなかったみたいだったから正直に話してくれるのが一番嬉しいって伝えて

そしてそれを聞かせて欲しいって下手に出て彼女に教えてもらった。



「何回したの?」

「3回かな。○○サンがいったのは。」

「全部入れられて?」

「口でぎりぎりまでってのはあったけど・・・最後はコンドームして中でだった。」

「いっちゃった?」

「・・・うん。」

みたいな。話してるうちに興奮して俺も久しぶり位に完全に勃起してSEXしながら話した。

彼女も興奮したみたいで色々話しながら。



「気持ちよかった?」

「最初は○君(俺)と違うから嫌だったけど・・・気持ちよかった。」

とか

「正常位だったけど腰動かしちゃった。○○サンに○さん(彼女)ってえっちなんだねって言われちゃった。」

とか。

話しながらSEXして、俺とのSEXで久しぶりに彼女がいくのが判って、何か本当に嬉しかった。

こんな事覚えてるのも変だけど4日、6日って1日置きでSEXできて、そういうの本当に久しぶりだったり。





798 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:55:58

SEXの後、当たり前なんだけど○○サンは彼女にまた会いたいって言っていたと彼女が言って

そしてそれには彼女は答えなかったらしい。

彼女がどうしようって俺に聞いてきて、

だから俺が

「○○サンの事好きになっちゃいそう?」

って聞いたら

「それは絶対に無い。」

「○君がして欲しいっていうからしたし、SEXの気持ちよさはあったけど

○君に対する好きには絶対にならないと思う。」って彼女が言って

俺も

「俺と同じ好きにはなって欲しくない。でもこういう形での浮気をしたことで、

彼女は全然悪くないのは勿論だけど気持が楽になった」

っていう話をして、誘われたら(勿論俺に報告して)会うって事になった。





799 名前: うさちゃんねる@まとめ@ピンキー [sage] 投稿日: 2009/05/23(土) 16:57:25

でも彼女はそれでも罪悪感はあるっぽくて(特に俺がやっぱり嫌な気持じゃないかと思うらしい。)

「もういいかも。」「大丈夫じゃない?もうあんな事しなくても」

って言って来たから俺が冗談ぽく

○○サンの事は彼女の仮の彼氏って呼ぼう。って言ってそれ以降○○サンの事は仮の彼氏って呼んでる。

冗談っぽくそういうと○○サンっていう固有名詞よりも記号化されるからか彼女も言いやすいらしい。



で、何で今日ここに書いたかって言うと今日、彼女が○○サンと2回目会ってるから。

○○サンは最初彼女に一ヶ月に一回位会いたいみたいな事を言ったらしけど我慢できなかったぽくて

彼女を今週の木曜日に誘ってきた。まだ彼女も慣れてなくて昨日とかもずっと話をして、結局彼女は行く事にした。

今日10時から出て、まだ帰ってきてない。

正直ずっと気が重いのは当たり前だけど、正直凄い興奮してるってのもある。

前回のもあって○○サンは変な事とかもしなさそうだしちょっと安心みたいのもある。





何かずっともやもやしてたから書いてみた。

俺みたいな奴いるのかなーって思って。

書くのに2時間も掛かった。読みにくかったらスルーしてください。



彼女に他の男に抱かれてもらって正直本当に辛いし、

今本当に今も彼女は多分抱かれてるのを考えて凄く焦燥感に駆られてるんだけど

数年間のもやもやは少し取れてる気がする。





駄文失礼。





817 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:04:01



土曜日ですが、ここに書き込んだ後、前回と同じく8時位に彼女は帰ってきました。

俺も悶々として待っていたのですが、出来るだけ普通にただいま、おかえりと言って、

この前と同じように彼女はシャワーを浴びました。



聞いた所ラブホテルの石鹸の匂いをさせているのが嫌だから、だそうです。

この前よりは御互い落ち着いてました。

私は食事をせずに待っていたのでその後彼女が食事を作って、話をしました。

今日もした?(当たり前ですが)と聞いたら

「う、うん。その、してきたよ。」

と言ってきました。



「どっか遊びに行ったりはしたの?」

「あー、あの、えっと。ううん。違う所には行かなかった。」



ラブホテルに直行したとの事。

「そっか。」

「○○サン、俺君の事凄い気にしてて大丈夫って何回も聞かれた。」

「なんて答えたの?」

「・・誤魔化した。」





818 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:04:41

彼女が視線を逸らせたので

なんていって誤魔化した?等々問い詰めると

「いや、だって上手く答えられないから、○○サンと会いたかったからって答えたよ・・・」

と。自分で言わせたくせに彼女が赤くなって○○サンにそう言っているのを想像して勝手に傷ついたりしました。



多分皆が想像されるよりは普通にこの事を会話しました。

勿論微妙な会話は御互い詰まりますけれど

お互いのルールとして出来るだけこの事は明るく話そうみたいな形にはなっていますし、

俺も嫉妬心を彼女に見せないようにはしているので多分、他所から聞くと凄く奇妙な会話だと思いますw



そんな感じでご飯を食べながら最初の時とは違ってどういう話をしたかと言うのを具体的に話しました。

「あの、さ、俺君。私、○○サンに、その、遊びに行こうとかも誘われてて。」

「どういう事?」

「その、ディズニーランドとか行きませんかって。」

「そう。」

「で、それは断ったんだけどそれでよかったかな。」

「なんで断ったの?」

「ちょっとそれはやだ・・と思って。

だって俺君と行きたいし別に○○サンと行きたいと思わないから。

で、そういうので会うのはちょっと。って言った。」

「SEXだけしたいって事言ったんだ。」

「そんな事言って無いし!酷くない?」

「冗談冗談」

「あ、でもまあ、○○サンにはそういう意味の事は言った。

○○サンも俺君の事(病気の事)知ってるし、まあそれで納得してくれた。

というか、多分、○○サンもそれで良いんじゃないかな。

で、それで、いいよね。」

「うん。彼女がそう思うならそれで良いと思うよ。」

「うん。そうする。で、ディズニーランド行こうよ。」





819 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:05:02



そんな感じの普通のいつもの会話が出来ました。

強い嫉妬を感じていなかったかというと嘘ですが、

彼女も多分俺のそういう気持ちを考えてくれているのかそういう話し方をしてくれてます。



で、でもやっぱり彼女が○○サンに抱かれてたっていうのは興奮もあって、

ご飯食べて、風呂に入った後、ベッドの中で細かい話をしました。

(俺が病気以降、二人で夜9時~10時にはベッドに入る事が多いので)



「2回目だったけどどうだった?」

「あー。あの、その裸になるのは、ちょっと抵抗薄れたかも。」



ベッドの中で彼女と抱き合いながら

○○サンの前で裸になってるんだよな・・・とか当たり前なのに結構ずきんとしながらも色々聞きました。





820 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:05:27



>805さんじゃないですが、そういう事は気になってはいたので

「○○さんと前からSEXしたいとか思ったことある?」

「それは無いけど・・・」

「無いけど?」

「本当のこと言っていい?」

「うん。」

「この前も、今回も○○サンとHするのは、ちょっと興奮しちゃった。

仕事で色々教わったりした人だからかな。」

「・・・仕事で怒られるみたいに責められたりとか?」

「・・・俺君はっきり言うね・・・うん。まあ。」

そういうのを聞くと俺が興奮するっていうのは彼女も判っているらしく

(まあその前に正直に話したほうが良いんだよねっていうのはずっと御互い確認しあってはいます。)

結構御互い体とかを触りあいながら悪戯っぽく話しをしました。



「どういう風に?」

「俺君に言っていいのかなあ。」

「良いから言って。」

「その、結構Sっぽいんだよね。○○サン。」



そういう話を聞く度に俺が知らない時間を彼女が過ごしていると感じて

心臓が破裂しそうなほど嫉妬するのと、最初考えていた事とで凄くこう複雑な感情でした。





821 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:06:08



「例えば?」

「あー、えっと。○○サンは私に確認してからなんだけど、

後ろからした時にお尻叩かれたり・・・あ、跡がつくようなのじゃないけど。」



「(後ろからもしたんだ・・と思いながら)そうなんだ。叩いていいって聞かれたの?」

「うん、軽く、だけど良い?って。

あ、あと、何故か俺君と対抗してる、、のかな。多分俺君に気を使ってるからと思うんだけど、

『気持良いか言ってみろ』とか、『最近こんなに感じた事ある?』とか・・そういうのを答えるまで聞いてきたり。Sっぽいでしょ?」

「言った?」

「・・・え、だって言って欲しそうだったから・・・でも俺君と一緒にいるのが一番好きだよ。」

「言ったんだ。今俺に言ってみて。」

「・・・・・・「すごい感じる。」」

「本当に?もう一回言ってみて。」

「もう・・・「○○サン、凄い、感じる」って言ったw。」

「それだけじゃないだろ。」

「あー、○○サンの、褒めたりはしたかも。」

「どうやって?」

「硬い・・とか。」

「言ってみて」

「・・・『○○さんの、・・・凄い硬い・・』みたいな。」

・・・夫婦のベッドの話なので恥ずかしいですねw。

御互い身体を触りながらの会話なので了承下さい。



「SEX気持ちよかった?」

「・・・なんかやらしい女になってるみたいな気がする。あと罪悪感もあるし。」

「彼女が気持ちよかったら俺も嬉しいからさ。

それに本当に彼女に『浮気させてあげてる』っていうのが俺の中では良いみたい。すげー嫉妬してるけど。」

「んー。良くわかんないけど本当に俺君と一緒にいるのが一番好きだよ。」



というような話をしながらSEXをしました。





822 名前: 789 [sage] 投稿日: 2009/05/25(月) 12:09:09



土曜日ですが1回目より彼女は慣れたと言っていて○○サンも同じだったようです。

ホテルにいた時間は長かったようですが2回したと言っていて、ゆっくりとするようなSEXだったようです。

後はあまりした事がない69をして、彼女は最初そのつもりじゃなかったのに細身で背が低い為、

軽々と持ち上げられてそういう体勢にされたそうで凄く恥ずかしかったようでした。







はっきり言って凄い嫉妬はある、というかいたたまれない位の嫉妬があるしこれ書いてても手が震えるくらいだけど、

今回それと同時に彼女の本音が聞けるっていうのが俺にとっては安心するのかもしれないと思った。



例えば俺が今まで失敗してた時(疲れて硬くならなかったとき)彼女は

「良いよ。その代り抱っこして。」

みたいな事を言ってくれてたんですね。

でも俺の心の中では「勃起が中折れするとか凄くいたたまれない。彼女に悪い」みたいに思ってた。

で、彼女の言葉は嬉しいんだけど「本当はどうなんだろう。」ってちょっと思ったりしてた。

でもこうやって聞いて彼女が(多分意識せずに)○○サンに多分言われてもいない

凄い硬いって言ったっていうのを聞いてショックなんだけれど彼女も気付いていないかもしれないそういう部分を

聞けるっていうのが俺には良いのかもしれない。

聞いて、聞いた瞬間敗北感っていうか、○○さんに(現時点では)そういう部分で負けてるっていうのはあるんだけど

少なくとも彼女がそういうのを欲しいと思ってるって言うのを知れたっていうのか。

そういうのですね。



以上です。

駄文失礼しました。










コメント

タイトルとURLをコピーしました