大学の時、バスケットのサークルに入っていた。



1年の時だが、試合で相手のファウルを喰らい、転倒して腰を強打して痛めた事があった。



軽い捻挫のような症状で、3~4日安静にしてれば良くなるという事で、一人暮らしのアパートで静養する事に・・・。



二つ年上の3年生のマネージャーの先輩が付き添ってアパートまで来てくれた。






この先輩は、メガネを掛けてちょっと地味な感じの大人しめの人だった。



ちょっと天然で不思議系のジャージが似合うタイプ。






帰り際に、「明日、また様子見に来るね?玄関まで鍵開けに来るの大変だろうから・・・この合鍵借りてくね?」と玄関に掛けてあった合鍵を持って帰った先輩。






翌日、学校へ行く前に様子を見に来てくれた。



そして、夕方にも来てくれて・・・。






先輩「何か食べたの?」






俺「いいえ、食欲なくて」






先輩「ダメだよ、食べなきゃ」






作ってくれたパスタを食べてテレビを観ていたら・・・。






先輩「そうだ!そうだ!2年のT君が、君に渡してくれって・・・DVD預かってきたよ?『一緒に観てやって下さい』って言われた」






プレイヤーにセットする先輩。



T先輩って聞いて悪い予感がしたが、止める間もなく・・・。



無修正のAVが始まった。



いきなり、フェラシーン!






先輩「キャァああ!な、何、コレっ!」






飛び上がってオロオロする先輩。






先輩「やだやだ!こんなの初めて見る!す、すごぉい・・・ヤダァあ」






喚いているが、止めようとはしない先輩。






セックスシーンが始まる頃には、画面に釘付けで静かになった。



俺もこの光景に勃ってしまった。



静かな部屋の中でAV嬢の喘ぎ声に混じって、先輩の荒い息遣いが聞こえた。






DVDが終わった頃、真っ赤な顔をした先輩が俺の方を振り向き、「男の子って・・・みんな見るんだ・・」って呟いた。



俺の股間をチラッと見た先輩は、「やだぁ・・・おっきくなってるの?!」と両手で口を覆った。






俺「そりゃぁ、健康な男なら勃ちますよぉ」






先輩「おっきくなったの見たの・・・初めて・・・」






俺「えっ?!先輩・・・ひょっとして処女?!ですか?」






先輩「そ、そうよ!悪い!」






口を尖らせる先輩。






先輩「君はどうなのよ?」






俺「いや・・・俺も、童貞です・・・すんません」






暫く沈黙が続いた後、「ちっちゃくなっちゃったの?!」と俺の股間を指さす先輩。






俺「はぁ、興奮も醒めちゃったので・・・」






先輩「ふ~ん・・・ねぇ、見せて?実物見てみたいの・・・」






俺のスウェットとブリーフを一気に脱がす先輩。






俺「いやっ!あの・・・イテテ」






動くと腰がまだ痛い。






先輩「いいから寝てなさい。見るだけだから」






マジマジと俺の半勃起のチンポを見る先輩。






先輩「おっきくならないねぇ?」






俺「そりゃぁ、刺激がないと・・」






先輩「どんな刺激?」






俺「エッチなの見たり・・・手で触ったりとか・・・」






先輩「ビデオみたいに舐められたりとか?」






俺「そ、そうです」






先輩「そっかぁ・・」






恐る恐る手で触って弄る先輩。



若気の至りで、そうされるだけですぐに勃起してしまった。






先輩「すごぉい!すぐにおっきくなるね!」






目を丸々として見入る先輩。






先輩「こうすると出ちゃうの?」






ビデオの真似にして手コキする先輩。






俺「ああっくっ・・・」






先輩「気持ちいいの?」






俺「は、はい・・・もっと激しくして下さい・・・」






先輩「こぉ?」






俺「あああ、はい!」






先輩「気持ちいいんだ・・・」






俺「あああ・・・出る!」






俺は勢い良く射精して、先輩の顔から首にぶちまけた。






「キャァ!」とびっくりする先輩。






我に返ってティッシュで拭い、チンポも拭いてくれた。






先輩「すごいね・・・びっくりしちゃったぁ」






俺「すんません・・・」






先輩「でも・・・小さくならないね・・・」






俺「先輩が触ってるから・・・」






先輩「そうなんだぁ・・・」






でも優しく触るのは止めない。






先輩「まだ・・・出るの?」






俺「は、はい・・・たぶん・・・でも時間掛かるかも」






先輩「どうしたらいいの?」






俺「舐めてもらえれば・・・すぐに出るかもぉ?」






我ながら大胆な発言をした。






先輩「こぉ?」






チロチロと舌先で舐めだす先輩。






俺「ああああ・・・そ、そうです!」






先輩「ビデオみたいにやればいいのね」






さっき見たビデオを思い出しながら拙くフェラする先輩。






俺「あああ!出ます!」






すぐに先輩の口の中に射精。






先輩「ンンン!」






目を丸くして口で受け止める先輩。






先輩「ごほごほっ・・・にがぁい」






むせながらティッシュに吐き出した。






先輩「すごいね・・」






俺のチンポを拭き、トランクスとスウェットを穿かせる。






俺「せ、先輩のも見せてくれなきゃズルいっすよ」






先輩「ええ・・・そうだね・・・でも、腰が治ってからね・・・」






俺「約束っすよ」






先輩「うん・・・」






腰が治ってから、童貞と処女で初体験を済ませた。